2021年10月29日 (金)

東北湯治はもう終了に、楽しい時間はすぐに終わるね。不自由非民主カルト党のアホの双璧、アホーアッソー、アベシンゾーがバカさらし。そのバカ晒以上のバカ爆発させたのが、立憲民主党の江田憲司って言う奴で、NISAにも課税するとさ。ここまで経済無知のあまりのアホくさ

23日の夜にネットで天気予報見ていたら、1週間ほど東北方面は雨マークが26日しかなく、ほぼ晴れマークってことで、急遽東北へ湯治ドライブに行くことに決定、24日日曜日早朝に東京を出発して、26日から鳴子温泉の定宿、川渡温泉の「高東旅館」で5連泊してのんびり湯治。一日何回か極上の温泉に入り、酒飲んだりしてダラダラ過ごす湯治生活は最高や。こういう楽しい時間はすぐに終わってしまうってわけで、明日土曜日にはもうチェックアウトだ。一気に東京へ戻るのも疲れるので、いつものことだが、奥会津方面経由で帰ることにして、どこかで車中泊だね。

 

パソコン複数持参してるので、湯治しながらの株式相場チェックしたり、音楽聴いたり、読書したり、パソコンがあるだけで何でも出来ちゃうほんま便利な時代やね。宿にはWi-Fiも完備なのでスマホでテザリングする必要もないので安上がりに済む。

 

というわけで、たまにネットでニュースチェックしたりするんだが、相変わらずマスゴミはゴミ情報垂れ流しで、自民カルト政権勝利への有権者誘導的悪質な記事ばかりだ。ほんまどうしようもない日本マスゴミのゴミぶりやな。

 

で、ニュース見ていてのアホくさなんだが、まずは毎度の低脳バカぶりを晒してもそのテメエのバカぶりを全く認識できないほど脳細胞が破壊されまくっている口ひん曲がり野郎アホーアッソーのクソ発言やな。北海道へわざわざ行っての選挙応援演説で、この口ひん曲がりクズ耄碌野郎が「昔、北海道のコメは『やっかいどう米』と言うほどだったが、今はやたらうまいコメを作るようになった。農家のおかげか、違う。温度が上がったからだ。温暖化というと悪いことしか書いてないが、いいことがある』とか、このバカにお似合いの認識不足を爆発させて、北海道の農業関係者たちを呆れさせたそうな。北海道のコメがうまくなったのは、農家や研究機関が長年努力して品種改良してきたためだろうが、政府なんてのは、温暖化でむしろコメがまずくなってきている現状を発表しているのに、脳細胞完全破壊のこのクソジジイを選挙区の有権者はいつまで祭り上げてんだよ。まあ、アベシンゾーと並んでの日本政界の悪質がん細胞みたいなもんだが。

 

そのアメポチで統一教会の手先の売国奴、アベシンゾーなんてのは、選挙応援とかに行っては反共のネガティブ発言こきまくってんだってね。まあ、モリカケ疑獄、桜を見る会疑惑、ゴミカビマスク問題、河井バカップル問題などテメエの犯罪でいつ逮捕されてもおかしくない現状で恐怖に震えての反共キャンペーンってとこかいな。その税金どこかへ垂れ流しの大問題の一つ、あのカビゴミだらけマスク問題だが、政府機関発表では、いまだに8000万枚以上が配布もされず死蔵され、保管費用だけでも6億円も無駄に消えてんだとさ。この感染防止機能皆無で、どこに発注されたかも不明で、税金どこかへ垂れ流しの常習犯アベシンゾーのゴリ押しだけで多額の税金が費消された大問題なんだが、アベの尻舐めマスゴミは追及もせずだ。アベシンゾーのゴリ押しマスク(調達の詳細も詳らかにできないってことは貴重な税金がアベの懐に転がり込んだってことでいいのかな。違うのなら、アベは詳細を国民に説明しなよクソ野郎が)なんだから、残っているマスクすべてをアベシンゾーが買い取れば済む話だな。こんなゴキブリ野郎に票を今回も投じるだろう山口県民ってのは、維新に票を投じる大阪府民と同類のクソゴミ共だな。

20211029-224557

不自由非民主カルト党のアッソーやアベのようなバカに匹敵するバカも野党にはわんさかだ。立憲民主党の党首らしいペンギンマンなんてのは資本主義そのものにも無知晒して、まるで正義のように金融所得課税強化とかわめきまくっているアホくさ。貯蓄から投資へと国民の金融リテラシーを上げ、少しでも投資しやすくするために投資単位を100株にし、NISAなどの少額投資の優遇措置も導入してきてんだが、ペンギンマンにはそういう金融リテラシーが完全に皆無。まあ、議員歳費で優雅な生活してるやつにはわからないんだろうな。

 

そのペンギンマンにも劣るような経済無知を晒したのが、同党の代表代行(しかも経済政策担当の大笑い)とからしい、元から大嫌いな江田憲司って奴だ。なんと、経済官僚出身のはずのこいつがBSフジのニュース番組に出演して、同党の政権公約で「1億総中流社会」を掲げたことに絡み、「今まで野党はばらまきだ、財源を示さない、と散々言われてきた。法人税と所得税の優遇税制は直す」と財源確保に向けた増税が必要だと主張したのに対して、キャスターが「それはNISAとか少額で低所得者が積み立てている株式運用に対しても30%にするのか。低所得者が積み立てている運用にも同じように30%(課税)?」と確認すると、江田は「(税金を)かけます」と明言したんだとさ。NISAに課税したらそもそもNISAという制度自体の否定じゃん。投票日直前に、江田って野郎は立憲民主党のネガティブキャンペーンしてんのと同じ(まあ元自民、維新のクズだが)だ。ここまでアホが経済政策担当とはあまりのアホくさにゲンナリ。やはり、現状の立憲民主党、とくに小沢一郎を貶めたペンギンマンらが牛耳る限り政権は無理だな。

| | コメント (0)

2021年10月23日 (土)

なにげにネットで天気予報サイトを眺めていたら、1週間ほど関東・東北は好天模様ってことで、急遽明日からの日程予定なしの東北湯治ドライブ旅行へ出発です

なにげにネットで天気予報サイトを眺めていたら、関東、東北とほぼ1週間ほどほとんど雨マークがない。あるのは10月26日の火曜日ぐらい。ドライブには最高の時期なので、速攻で東北方面への湯治ドライブ旅行へ明日から行くことに決定。まずは車にかけている車カバーを収納。今月始めの旅行から帰宅して以来それほど風の強い日もなかったので、ほとんどホコリもかぶっていなくて、窓ガラスを軽く吹いておくだけ。

あとは、パソコン2台を収納したバッグ、充電器類の小型ガジェットバッグ、メガネなどを入れたバッグ、カミソリなどの洗面具入りバッグと準備も直ぐに終了。車から離れるときには必ず携帯(10数年前に車上窃盗されて以来、貴重品は温泉入浴時にも常に持参していて、ロッカーなども利用しない)しているウェストポーチに財布、スマートキー、スマホ2台、家の鍵、普段飲んでいる薬など貴重品を入れておく。以前はカメラ2台などを収納したカメラバッグも持参したのだが、最近は手のしびれがきつくて、シャッターを切るのがうまく行かなくて、メモ代わりの写真はタッチでシャッターが切れるスマホのみになった。山のように所有しているカメラ関係機材がまったく機能していないのがもったいない限りで、処分するかどうか思案するばかり。

ところで、ドライブの日程だが、今回もいつもと同じで、日程・予定一切なしで、とりあえず東北方面へ北上していくだけが決まっているだけ。すでにアスピーテラインや酸ヶ湯方面では雪も降っているようなので、どのルートにするか毎度のことだが、悩むのも楽しいわけだが、今年は7月に腰椎の手術をしたし、今回もあまり無理をせずに鳴子温泉でのんびり湯治にするかな。そうなると連泊を何日にするかが悩むんだが、あまり長くても飽きやすい質なのでやはり5連泊ぐらいかな。その前と後をどうするか、ドライブ旅行って出発前に地図帳を広げて色々考えるの楽しいんだよね。ということで、明日早朝に東京を出発です。

| | コメント (0)

10月はじめに今年4回目の東北への湯治ドライブ旅行。今回も鳴子温泉の「高東旅館」に5連泊でのんびり湯治。知らないうちに衆議院選挙始まっているようで、資本主義無知蒙昧のペンギンマンが野党第一党党首では絶望だけ

なんだか知らないうちに衆議院選挙が始まっているようで、どうでもいいけどね。なにしろ立憲民主党の党首らしいペンギンマンがまるきり政権奪取する気がないようで、野党共闘にもなんだかヘタレぶり満開だし、同じヘタレの不自由非民主カルト党の岸田が金融所得課税強化を当面やらないような方針に対して、ペンギンマンがその金融所得課税強化をできない岸田を攻撃してたんだが、どうもペンギンマンは資本主義の本質を全く理解できていない思考硬直ぶりにげんなりするしかない。

 

現状では日本はデフレ(本当は生活密着の物価は上昇し、アベ売国政権下で国民の収入は低下し続けて、実質はスタグフレーション状況)で、韓国の給与水準以下になるほど日本は貧乏化してんだが、そこを批判攻撃しなきゃならないのに、貧乏化した国民が預金していても全く利子もつかない中、少しでも収入低下を補填しようと「預金から投資」の方向で株式投資にちょっとは興味を持つようになり、それを支援しようとNISA制度導入や株式売買面でも売買単位をかつての1000株から100株にして、少しの資金でも売買しやすくされ、ネット証券会社では1日100万円以内の売買では売買手数料がゼロというかつての高額手数料の時代では考えられない投資のやりやすい環境になっている。

 

そういうことをペンギンマンは理解できていないようだ。まあ、議員なんて与野党含めて、国民の生活向上なんてホンキで考えている奴はまあ希少種だろう。議員のイスにいれば莫大な税金が仕事せずとも転がり込んでくるんだから、株式投資なんていう儲けが保証もされず、ほとんどが大損して敗退していく世界には興味もないんだろう。ハイリスクハイリターンの完全自己責任の世界だからこそ、金融所得課税強化なんてのはわずかの資金で投資を必死でしている貧乏国民には迷惑なだけ。そういうことも理解できない野党党首なんてゲスゴミだな。岸田首相に本気で対抗したいなら、金融所得課税に関しては、株式売買益が年間500万円以下は無税、1000万円以下は10%、1000万円以上は20%、5000万円以上は30%とか独自の金融所得課税案を出すなりしなよ。

 

それなら、国民ももっと金融を勉強して金融リテラシーを向上させて、投資にも積極的になるだろうし、海外の投資勢力も野党が政権を奪取しても日本への投資を躊躇しないだろう。現状では野党が政権を取れば、資本主義の根幹である株式市場を敵視する視点しか見えず、日本の経済発展、国民所得向上にもならないんだが、まあ、ペンギンマンのように原発事故は「直ちに影響はない」なんていうアホをこきまくり、小沢一郎の魔女狩りに際しても仲間を売るような行動しかしなかったクズ野郎が野党第一党党首では、極悪犯罪者の売国野郎アベシンゾーをせっかく首相になったのに検察を動かして牢獄送りにする気概も見せないヘタレ野郎岸田以下ってことだ。岸田が肝を据えて、男気を発揮してモリカケ疑獄、桜を見る会疑惑、河井問題、ゴミカビだらけマスク問題などアベシンゾーの犯罪追及に乗り出せば歴史に残る首相になれるんだが、まあ、期待するだけ無駄ってのがすっかり自明になったが。

 

というわけで、まるで興味のわかない衆議院選挙なんだが、投票だけはするしかないわなと、期日前投票(比例はれいわ。参院選と違い山本太郎と書くとだめだからね)はすでに終了。天気が良さそうなのがちょっと続きそうなら東北への湯治ドライブだね。

 

その東北への湯治ドライブなんだが、10月はじめにも今年4回目のドライブ旅行をしてきたんだが、最近は体調がイマイチと言うか、手足のしびれがきつくてどうもキーボードを叩く気力がわかなくて、日記代わりのはずのこのブログを書くことも放置してきてしまった。

 

というわけで、自分の覚書でちょっとだけ事後報告。今回のドライブ旅行は7泊8日。最近はかつてのように一日に何箇所も日帰り入浴をする体力がなくなり、宿泊しないで車中泊の日は1日に1カ所程度にゆったりと入浴し、宿泊はお気に入りの湯治宿に連泊してのんびり湯治するのが合うようで、今回も鳴子温泉は川渡温泉の定宿「高東旅館」に5連泊して、昼飯は日本一だと思うほど安くてうまい東鳴子温泉にある「氏家鯉店」の鯉のうま煮とアライ、夜は同じく東鳴子温泉にある焼肉屋「八兆」での食事を飽きることなく毎日していた。八兆では大怪我して、長期入院・自宅療養していたマスターが想定外に早期復帰していた。元気そうでなりよりだった。で、一日に何回もごきげんな硫黄のかすかな香り漂うオパール色の素晴らしい温泉に浸かり、うまいもの食って、パソコンで音楽聴いたり、読書したり、株式売買したりダラダラ過ごす湯治生活はほんま最高だね。

 

| | コメント (0)

2021年10月 2日 (土)

岸田って、せっかく首相になれるのに、党内主要人事では自分の派閥議員はなしだし、マスゴミ予想の財務相にはアホーアッソーの義弟である鈴木俊一あてるとか、自分の本来の政策を貫きたいという信念も男気もなにもないんだね、アホくさ

以前から覇気の無さ、政治家として目指すものがさっぱり不明で、ゴロツキのバカでしかない売国野郎アベシンゾーに反撃すること一切できず、今回の総裁選でもアベシンゾーのモリカケ疑獄、桜をみる会疑惑、税金どこかへ垂れ流しのアベのゴミクズカビだらけマスク問題、河井バカップル問題(1億5千万円なんてのは岸田の仲間であるアベに批判的だった地元広島の議員を叩き落とすためにアベが汚い手段使ったのに、黙っているだけの情けない限りの女々しさ)等々様々なアベの犯罪疑惑の捜査・解明に、野田聖子が口だけでも積極姿勢見せたのに、岸田はやる気なしのあまりの情けなさ。もうそれだけで岸田になんの期待もないことになるんだが、宏池会の王道を歩む政治家なら、やる気があれば自分の貫きたい政治をやれるんだから、何を馬鹿の極みの愚鈍野郎アベシンゾーを恐れてんだよな、アホくさい限りや。アベの犯罪を暴く度胸を見せて漢になれる最大の手段である首相の座を手に入れるんだから遠慮することはない、歴史に残る首相になれるチャンスだよ。それこそ開成出身者としての男気と気概だろうが。チキンの岸田には永遠に無理なのか?


 


岸田の党内主要人事が発表されて、そのアベ・アホーアッソーの傀儡丸出しぶりにはげんなりやな。自分の派閥からは一人の議員も選出できない哀れさ。そのくせに自民党を変えるみたいなやる気もないことを吐くんだからそのアホくささは半端ない。閣僚人事でもマスゴミが騒ぎまくっているが、財務大臣に鈴木俊一って名前が上がってきているが、こいつの姉の夫が麻生太郎で、アホーアッソーは義兄に当たるんだとさ。なんの実績もないくせに毎度ふんぞり返った態度で暴言吐くことしかできなかったくせに財務相に長年居座り続けた財務官僚の操りヒョットコ人形野郎の代貸みたいなのが財務相になるだけだ。岸田って、ここまでバカのアッソーに対して卑屈になって、首相としてやる気があるんかいと思うほど。あまりのアホくさに反吐が出るわ。





党の選挙・カネの元締めであり、首相の意向を党に体現すべき幹事長にあの収賄疑惑で閣僚辞任したくせに「睡眠障害」なるどこから見てもアホくさい限りの仮病で病院に逃亡した卑劣漢の象徴みたいな人間のクズ中のクズ、アマリを当てたことで、アホくさは頂点やな。この睡眠障害野郎だが、国民に説明責任を果たすとかましたくせになんの説明も責任を果たすこともせずにヌケヌケと税金をたっぷり懐にしてきたクソだ。それがなんと、幹事長就任会見で「辞任会見で質問が出尽くすまでお答えした」だと嘯く始末。ここまで厚顔無恥のアホくさに、アマリの幹事長任命について岸田が「適材適所」というんだが、岸田ってのは人を見る目もないってのをテメエで白状してんだからどうしようもない。それとも、幹事長になれば記者とのやり取りも増えるし、収賄疑惑がさらに国民の知るところとなり、アマリ失墜の契機になるとでもの岸田の深謀遠慮でもあるのかな、そんなことあるわけないか。





ところで、基本的にどうでも良い話題なんだが、マスゴミでもネットでも秋篠宮家の真子さんの結婚をアホみたいに騒ぎ過ぎでうんざりやな。結婚なんて本人同士がやりたいならそれでいいだけじゃん。ほっといてやれよ。自分の選んだ相手の結婚が破綻しようが、それもどうでもいい。アメリカにどうして行って生活したいと言うなら、好きなようにすればいい、ほんま自己責任や。まあ、アメリカで頑張ってくれや。


 


最近あまり面白くもないので、好きなスポーツの一つの大相撲なんだが、白鵬が引退して親方「間垣」を襲名することになったんだってね。その際、「誓約書署名」ってのがあったそうだ。「現役時代の問題行動を鑑み、年寄として協会規則を守るなどの誓約書にサインした上での異例の承認」なんだとさ。そんなのこれまでにあったか。現役時代の問題行動って、そんなに責められるべき行動ってあったか?取り口がちょっと攻撃的だったとかのことか。格闘技なんだからルール守る限り別に問題ないがな。相撲協会ってそんなに偉そうなことを史上最高の横綱に向かって強要できるほどの聖人君子たちなのか、アホくさ。

| | コメント (0)

2021年10月 1日 (金)

不自由非民主カルト党のサル山のボスを選ぶ総裁選挙が公職選挙法の規制なくカネバラマキや恫喝爆発して、結局予想通りに岸田文雄に決定。あのブロック大王河野やネットウヨまがいの極右ババア高市でなくてまあ良かったが。チキン岸田が真の漢になるにはアベシンゾーの数々の疑惑を調査・解明する度胸があればだが、まあ無理か

「ぼくちゃんはなんと言っても立法府の長でありマチュ」と国会答弁でアホこいた世紀の売国愚物犯罪王アベシンゾー、能無しのアホの極みのくせに出自だけが自慢の日本語もまともに理解できない上から目線で暴言吐きまくるゲス野郎アホーアッソー、アベシンゾーのモリカケ疑獄、桜を見る会疑惑、莫大な税金どこかへ横流しのアベのゴミマスク問題、河井バカップル事件等々アベシンゾーの極悪犯罪を官僚を恫喝することで証拠などを隠蔽、破棄、改ざんなどを官房長官としてやらかしアベの犯罪隠匿のご褒美で首相の椅子もらったが、結局回答能力皆無晒すだけだった「出身地秋田の地元にはなんの貢献もしたことのない」無能スダレと続いた地獄の不自由非民主カルト党ゴロツキ政権だったが、その後を襲名する不自由非民主カルト党総裁選びが公職選挙法の規制も一切ない中、カネばらまき、アベの脅し電話など魑魅魍魎炸裂して、結局まあ予想通りというかチキンの象徴みたいな岸田文雄が選択された。「生まれ変わった自民党、国民に示す」なんて吐いてんだが、つまりはアベ・スダレゴロツキ政権を否定している意味になるんだ、チキンには無理。

 

国民の意見などを広く聞くために政治家としては利用しているはずのツイッターでテメエのことをちょっと批判されたり意見されると所構わずブロックしまくり、国民の意見などもとから何も聞く気がないことをテメエで証明しまくっていた政治家としてはありえない、あまりに小心チキンのくせに尊大ぶるのだけは誰にも負けないクズ野郎、世襲議員の典型的存在の一つ、河野太郎が選ばれなかっただけ良いか。1回目の投票では議員票で、突如アベシンゾーの取り巻きゴミクズ集団議員の一つでしかなかった高市早苗なるネットウヨまがいの極右のおばはんに負けてんだから世話ない。マスゴミはまるで事実であるかのように、「国民人気のある」河野なんて垂れ流していたが、まあフェイクでしかなかったってこと。あんな尊大な態度で会見で対応するくせに閣僚になるためにテメエが主張していた政策をぽんと捨ててしまうほどの節操の無さだし、しゃくれ顎に脂ぎった気持ち悪い顔面と見るだけでも嫌なやつだ。マスゴミによると、こいつが不自由非民主カルト党の広報本部長になるんだとか。国民の声に耳塞ぐクソが広報?冗談かい、岸田って本当はアホなの。

 

それにしても極右ババア高市のネット上でのどこから金が出ているか知らないが(まあ想定すればあいつ周りしかないが)宣伝というか国民騙しの洗脳垂れ流しはすごかったね。もとから河野以上にその政策やあまりに美人すぎる顔面などアベシンゾー並みに反吐が出るほどの存在だったので、まあとりあえず日本がさらにめちゃくちゃにならないで良かったけどね。

 

アベシンゾーの疑惑解明に少しは積極的な発言をしていた野田聖子がまあ一番マトモだったんだが、最初から無理とわかっての発言かもしれないけどね。それにしても、岸田という頭の出来はアベシンゾー、アホーアッソー、スダレなどよりは相当にいいんだろうが、政治家として矜持と度胸が根本的に足りない。アベシンゾーの数々の犯罪疑惑の解明には徹底的に消極的な発言しかしていないし、党の幹部人事がマスゴミで流れているが、幹事長にあのキューピーアマリを起用するって点でなんの期待もできないおっさんだということやな。せっかく総裁、首相の地位を得るのに疑惑の塊ゲスアマリを幹事長ってね、岸田ってやはりケツの穴の小さすぎるチキンなんだね。開成出身って言ってもこの程度のヘタレかい。というよりも、チキン岸田って根本的に政治センスがないおっさんやね。

 

アマリって、収賄疑惑の時に逃げまくり、なんの説明などもすることなく、アホくさい限りの嘘八百丸出しの「睡眠障害」なるボケかまして病院に逃げ込んだようなゲスの極みのアベシンゾー並のクズ野郎だ。そんなクズを党の幹事長ね、アホくさの限りやな。また、党幹部には岸田派の議員を当てないようなのもチキンと言うか、アベシンゾーやアホーアッソーへの媚ぶり満開でげんなりやな。しかも、もう存在自体が日本政治の最大のガン細胞でしかないアホーアッソーを副総裁に当てるような情報も流れている。得意なのは人の話をよく聞くことなんて吐いてんだが、その人ってのは国民ではなく、後ろから操っているアベやアッソーってことなんだよな。まあ不自由非民主カルト党なんてこの岸田っていうチキンおっさんではドラスティックに変えることは所詮無理ってことやな。アベシンゾーの数々の疑惑を調査・解明する度胸を見せれば真の漢である政治家になれるんだが、岸田では永遠に無理やな。とにかくこの利権死守のためだけのゴロツキ集団の吐く「改革」や「規制緩和」の詐欺はうんざりや。

| | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

アホくさばかりでげんなりの不自由非民主カルト党、そのクズ集団のサル山のボスを選ぶ総裁選なんてほんまどうでもええわ。それでも毎日大騒ぎして国民愚弄、騙しに励むマスゴミ。皇室女性の一人の結婚騒ぎをしつこく嗅ぎ回るヒマがあるならアベシンゾーやそのバカ嫁、クズ仲間を追い掛け回せよ

例の人間のクズ、ゲス野郎アベシンゾーがテメエの恨みを晴らすために批判的だった議員を落選させるために、あり得ない!額の1億5千万円をゴミでしかない河井バカップルの女に選挙資金に投入したわけだが、そんなもの買収資金に決まってんだろうが、それがなんと、その汚いカネが買収には使われていないことが確認できたと河井サイド調査で報告あったと、犯罪組織不自由非民主カルト党が明らかにしたアホくさ。犯罪者がテメの犯罪を調べた結果真っ白でしたという報告をして終わらせようとする、まあこれほどの犯罪組織が政権党とくるんだからまあ世界のお笑いだ。

 

まあ、世紀の疑獄事件モリカケ疑惑、桜を見る疑惑の会事件、ゴミカビだらけの莫大な税金がどこかへ消えてしまったアベのクズマスク問題等々犯罪まみれの売国野郎アベシンゾーの疑惑を一切問題にすることなく、国民騙し一直線だったクズゲス議員の集団が不自由非民主カルト党だもんな。

 

それも当然だよな。憲法破壊を夢想するくせに国会答弁でテメエのことを「わたくちゅは立法府の長でありまちゅ」と憲法の基本中の基本も無知を晒した究極のアホアベシンゾー、それと双璧の無能の象徴で、テメエの薄ら馬鹿ぶりを認識できないためにそれを糊塗するために上から目線の暴言吐いてマス掻くしかないクズ中のクズアホーアッソー、会見の質問には「問題なし」「指摘は当たらない」など官房長官時代にアホの限りの無能ぶりを晒すことによってアベシンゾーの犯罪隠蔽に貢献したお駄賃に首相の椅子を与えられたスダレ野郎を首相に担ぎ上げてきた金玉なしカネだけが命のゲス集団だ。

 

 問題だらけのデジタル庁担当相らしい平井のNTT接待疑惑なんだが、文春が接待疑惑を報じて、なんだかんだ言い訳三昧して、「事後的割り勘」だとうそぶくアホくさ。コイツラ不自由非民主カルト党のゲス議員には法律遵守や倫理観はアベシンゾーに精神破壊され続けて綺麗さっぱり喪失したようだ。アベシンゾーの犯罪隠蔽のための証拠隠滅、改ざん等を見て、どんな犯罪やろうが適当に口逃れしておけばアベの尻舐めマスゴミとそれに簡単に騙されるバカ国民はその程度で十分と開き直ってんだろうな。そんなアホな言い訳が通じるなら、泥棒しても後で返却すれば罪なしってわけかい。まあ、この犯罪集団不自由非民主カルト党のゲス議員にはそんな奴ばかりだけどね。

 

とにかくアホくさばかりの不自由非民主カルト党界隈なんだが、伊藤詩織さん準強姦逮捕状を逮捕直前にアベシンゾーの周囲に屯するゲス男を助けるために握りつぶした警察行政最大の行政犯罪を犯した奴、中村っていうのが、アベシンゾーのうす汚い仲間の犯罪隠蔽の功績もあって、今般警察庁長官にめでたくご昇進遊ばれて、日本の警察行政をこれから汚濁まみれにしてくれるんだとさ。そういう大問題でさえ、批判的報道も一切できないヘタレマスゴミのアホくさ。

 

ところが、その真逆で、地方のどうでもいい場所での線路横断なるチンケなことを11ヶ月後にわざわざ事件化して、共産党の山添拓議員を11ヶ月後に書類送検してんだよね。その埼玉県警本部長・原和也はアベシンゾーの秘書官を務めたヤツらしい胡散臭さ。アベシンゾーに尻なめすると出世コースは例の国税著長官に成り上がったクズ官僚と同じやな。山添議員は鉄道ファンで、いわゆる「撮り鉄」さん。昨年の11月3日に鉄道写真撮影で埼玉県長瀞町の秩父鉄道の敷地に無断で立ち入ったとして、埼玉県警によって鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で書類送検されたんだが、本人も(東大出身の弁護士や)容疑については認めていて、地域住民が使用している形跡があり通行可能な道と勘違いしていたと弁明してんだぜ。それをわざわ11ヶ月後に案件化する必要があるのか?つまりは共産党の生贄だね。つまりは共産党議員の行動を公安が付け回していたって証拠で、そんなチンケなことやって粋がっている公安って意味あるんかい、税金の無駄遣いの極み。そんなにヒマなら、アベシンゾー、アマリ、下村博文、などまともに捜査してみろや。

 

ところで、スダレがコロナ対策やるのにうんざりして、アベシンゾーと同じようにもとから国民のために働くことなど微塵も考えていなかったんで、逃げるように首相の椅子を投げ捨てたスダレなんだが、総裁選に出ないことの言い訳で「コロナに専念するため不出馬」と来て、大笑い。専念すると言いながら首相在任中に熱心だったことはコロナ感染に資するだけのテメエらの利権死守のためだけの「ゴートー」キャンペーンとか、世界中から人の流れを呼び寄せて感染拡大に役立つ(というのもほんまかいなという疑いもあるけどね。居酒屋、酒いじめをしてんのも感染との実証もないしな。そもそもコロナとインフルエンザってそんなに危険度違うの?ってこともあるしな)しかない、これまた五輪利権死守のための五輪強行開催なんだから、どこが「コロナに専念」だよ。それだけコロナ対策に専念したいのなら、アホの極みのゲス三世議員河野なんて馬鹿をワクチン担当にするとか、コロナ対策の責任体制を拡散化して無責任体制にしたのを、お前が「コロナ問題担当相」として一切の責任を集中化させて「コロナに専念」するのが本来だろうが。コロナ問題など興味もないくせにいい加減な野郎だ。というより、コロナ禍騒動を奇貨として国民締め付けが簡単にできるとわかったわけで怖いね。それに、コロナ禍騒動で誰が儲けているかを考えるとコロナのアホくさもわかるわけで。

 

というわけで、マスゴミが不自由非民主カルト党関係者しか総裁を選択する権限もなにもないのに、総裁選を毎日大騒ぎのゴミ報道垂れ流しのようだが、敵基地先制攻撃とか核融合発電とかアホの極みでネットウヨまがいのあまりに美人すぎてその顔面を見ているだけで気分悪くなりクラクラしてくる高市とかいう極右ババアなんてアベシンゾー仲間の采配なのかネット上には高市マンセーのゴミ広告だらけのアホくさ。こいつと並んで気味悪いのがテメエのことをちょっと批判されるだけでテメエのツイッターでアカウントブロックしまくり、国民の声一切聞く気なしのほんま極端に小心のくせに尊大ぶるのだけは得意の河野(こいつが国民人気があるってマスゴミがフェイク流すアホくさ)っていう三世議員のクズ。何しろこいつときたら、記者会見で質問に答えるのが面倒くさいのか、まともに答える能力が元からないのか質問に一切答えず「次の方どうぞ」を繰り返したアホの極みのゲス。しかも、コロナ禍でもワクチン担当相としてまともな仕事一切できずに、吉本とお遊びするようなアホくさ。一方、宏池会の流れをくんで一番マトモなんだろうけど、アベシンゾーの犯罪を調査するような気概もなく、河井バカップル問題もまともに対応できる度胸もなかった小心者の象徴みたいな岸田や、極妻と揶揄される野田おばはんのほうがずっとまともに見えるなんともどうでもいい不自由非民主カルト党総裁選のアホくさ。まあ、アベシンゾー、アホーアッソー、スダレ程度のバカでも首相が官僚のゴミ文章読むだけでできたんだから誰でも良いんだろう、アホくさ。

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

毎年お盆休暇明けの空いた時期にドライブしているんだが、今年はちょっと遅れて、8月28日から9月5日までの8泊9日に。のんびり湯治ということで鳴子は川渡温泉のおなじみの「高東旅館」に5連泊

7月に4回目の脊椎手術をして、7月下旬に東北ドライブして温泉療養湯治してきたんだが、やはり温泉にゆったりと入り、ダラダラ湯治していると体調もなんだか良くなるんで、お盆休暇明けには毎年のことで温泉ドライブしているんで今年もちょっと遅れたんだが、8月28日から9月5日まで8泊9日で東北ドライブへ行ってきた。コロナ禍でお盆といってもまあ例年とは違い空いていたんだろうが、お盆明けはさらに旅行客が少ないわけで、スイスイとドライブは快適だし、宿も空いていてごきげんだ。

というわけで、8月28日早朝に東京を出発して、毎度のように高速道路使用せずに、道の駅などに適当に寄り道しながら暗くなる直前辺りまで車を北の方へ予定なしで走らせ、結局480キロほど走って、道の駅「雄勝」まで到着して、そこで車中泊。シャトルに4年前に乗り換えて以来、後部座席を倒せば真っ平らのベッド状態になるので車中泊がまったく苦にならない。一人でドライブのときは最初からすぐに就寝できる状態になっているからほんま便利や。

今回も前回の7月末のドライブと同じように青森まで足を伸ばして、昨年末に新しい共同浴場ができた下北の下風呂温泉に宿泊を考えていたのだが、なんとその下風呂温泉なんだが、8月10日頃の豪雨でむつ市と大間を結ぶ唯一の国道が至るところでがけ崩れが発生して通行不能になり、下風呂温泉も宿泊不可能に。それじゃ、下風呂温泉に宿泊とセットで考えていた恐山行きも楽しめないので今回は残念ながら断念して、「雄勝」に行く途中で色々思案して、結局いつもの定宿鳴子温泉は川渡温泉の「高東旅館」に5連泊して、のんびり湯治することに決定して、予約電話を入れておいた。

29日からは川渡温泉なので道の駅「雄勝」からは快適ドライブコース国道108号ですぐなので、道の駅「雄勝」の産直売り場で買い物をして、午前9時半頃のんびり出発して、午前10時半ごろには東鳴子温泉に到着。薬王堂で宿泊中の飲み物や食べ物など買い込みして、予約しておいた鯉のうま煮とアライをお馴染みの氏家鯉店で受け取り、11時頃には高東旅館にチェックイン。

早めのチェックインは楽で良い。ばっちりとWi-Fiもつながるので、持参しているパソコンでネットで株式チェックしたり、音楽聞いたり読書したりのダラダラのんびり湯治で、一日に何回も温泉入浴して、夜はこれまたおなじみの焼肉「八兆」へ。八兆はマスターが5月末に大怪我して、若い従業員の方がヘルプも受けて営業しているんだが、今回も定休の火曜だけでなく水曜も休業となり、3回しか行けなかった。ただ翌週は1週間休業したのでまあ良かったが。そのマスターだが、29日の夜に八兆へ行ったときにたまたま来店していた。入院から自宅療養中とのことで、怪我の状況が痛々しかった。職場復帰はまだ未定とのことだったが、元気そうだったので一安心だ。

のんびりダラダラ湯治を楽しく過ごして、9月3日高東旅館をチェックアウト。まずはスイカを買うために尾花沢市へ。スイカ3個(7月のときも買ったが、やはり旬を過ぎているのか、質はちょっと落ちていた)を買って、大石田町へ寄り道して、大好きな最上千本団子を購入。毎度のコースで大江、長井、米沢、会津坂下で車中泊予定の道の駅「金山」へ。この道の駅は使いやすい休憩所があり、トイレもきれいで、東北方面へドライブしての東京へ戻る際の定番車中泊地となっている。

翌日はいつものように一気に東京へ戻るつもりだったが、道の駅「金山」に最近東北電力の立派な水力発電広報施設ができていたのだが、これまでいつも観覧時間外だったので、一度ぐらい見学しておくかと、じっくりと見学し、その後は金山町にいくつかある素晴らしい共同浴場のうち今回は大塩温泉にゆっくりと入浴。そのため、東京へ戻ると夜遅くなってしまうために、4日の夜は道の駅「湯の香しおばら」で車中泊して帰宅することに。これが結局正解で、日曜日帰宅にしたことで夜遅くには雨も止み、、雨の中走ることもなくなった。東京には昼過ぎに帰宅。今回は青森まで走ることもなかったので、走行距離は1113キロだけに。次のドライブは9月末か10月はじめかな。

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

スダレらが五輪開催強行正当化で吐いてきた詭弁を「五輪」を「帰省」に替えて、ネットで拡散されていた五輪構文一覧が面白い

東京五輪を利権死守するために強引開催に向けて、PCR検査など極端に抑制して、感染数を少なくしてきて、海外から五輪関係者をいい加減な検査、適当な監視体制で日本に入国させ、五輪閉会した途端に感染者爆発のアホくさ。スダレごろつき政権は科学的検証も毎度のごとくなくても「五輪開催と感染数増加は関係なし」と国民を馬鹿にして、移動や帰省自粛、まともな補償もせずの居酒屋などの営業自粛は強要するが、利権だけが命のIOCのバッカ会長が勝手に銀座ブラブラするのは「自己判断」(丸川五輪担当大臣)とくる詭弁の連発。ネットに、この手の東京五輪開催強行正当化のためにスダレらが吐いた台詞を、「五輪」を「帰省」に置き換えた「五輪構文」で拡散されていて、なかなかおもしろい。

国民1「中止の考えはない。強い警戒感を持って帰省に臨む」


国民2「バブル方式で帰省する。感染拡大の恐れはないと認識している」


国民3「帰省を中止することは一番簡単なこと、楽なことだ。帰省に挑戦するのが国民の役割だ」


国民4「安心安全な帰省に向けて全力で取り組む」


国民5「コロナに打ち勝った証として帰省する」


国民6「(帰省は)今更やめられないという結論になった」


国民7「『帰省するな』ではなく、『どうやったら帰省できるか』を皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしいと思います」


国民8「もしこの状況で帰省がなくなってしまったら、大げさに言ったら死ぬかもしれない。それくらい喪失感が大きい。それだけ命かけて

帰省する為に僕だけじゃなく帰省を目指す国民はやってきている」


国民9「家族に感動を与えたい。帰省はコロナ禍収束の希望の光」


国民10「我々は帰省の力を信じて今までやってきた。別の地平から見てきた言葉をそのまま言ってもなかなか通じづらいのではないか」


国民11「(帰省中止要請は)自主的な研究の成果の発表ということだと思う。そういう形で受け止めさせていただく」


国民12「言葉が過ぎる。帰省中止を決める立場にない」


国民13「帰省が感染拡大につながったエビデンスはない。中止の選択肢はない」


国民14「(帰省について)政府は反発するだろうが、時間が経てば忘れるだろう」


国民15「帰省することで、緊急事態宣言下でも帰省できるということを世界に示したい」


国民16「帰省について限定的、統一的な定義は困難」


国民17「実家を訪問するという認識。帰省するという認識ではない」

| | コメント (0)

中央政治もスダレ自民カルト政権の下劣ぶり満開で酷いもんだが、地方の方も負けてませんね。最近特に笑えたのが、金メダル噛みのキモいおっさん河村たかし名古屋市長のゲスぶり

アホな政治屋ばかりが跋扈する悲惨な日本なんだが、地方の方も愚かな有権者が自分たちの首を絞めるだけのこと山のようにやってんだよな。大阪なんて、クソごろつき政治屋連中の烏合集団でしかない維新を知事や市長に祭り上げて地獄を見続けているんだが、いまだに覚醒しないようだからまあ自業自得だし、鳴子温泉に頻繁に行くんで、ちょっと気になる宮城県知事も酷いもんだ。まあ、マネシタ政権塾出身というだけはある政治屋だが。名古屋の有権者も大阪並みのアホばかりという証明が、あの気持ち悪い下品な名古屋弁らしきものでしゃべる河村たかしを、愛知県知事のリコール騒動の胴元みたいな存在だったのに、それさえ放置で知事5選をやらかしたことやな。

 

その河村たかし名古屋市長が4日のことだが、東京五輪ソフトボールで金獲得の後藤希友投手の表敬訪問(そもそもなんだが、なんでこの手の表敬訪問ってのが必要なのか皆目不明。首長になんで敬意払う必要あるの)を受けた際、メダルを紐ごと思い切りかじるアホをしたんだよね。さすが、ゲスでキモいおっさんらしい汚らわしい行為なんだが、こいつならまあやりそうなことで、驚きもないけどね。しかも、その後の釈明か言い訳か謝罪か知らんが、まるで謝罪にもなっていないいい加減さ。

 

後藤選手所属でこの河村のゲス行為に怒り心頭のトヨタ本社まで謝罪にテメエは直接に行かないで、部下に行かせて、テメエは車の中で縮こまっていて、「車の中からお詫びしときました」 ときた。「お詫びしときました」ってね、それ日本語としてどうなんやね、これからはこの手のドライブスルー謝罪でいいんかい?とにかく以前からそのゲスぶりが匂い立つこのおっさんだが、「金メダルいうのは本人の努力半分か6割7割か知りませんけど、あとはまぁトヨタさんの力とかコミニティーの力もありますんで、名古屋の人間として大変嬉しいと、まぁそういう事ですね」「宝物だったわけで、すいませんね。配慮が足らず申し訳ないね」とか、「まあそういう事ですね」「すいませんね」「申し訳ないね」など、どこまでもスダレのゴリ押し五輪で金獲得の選手をとことん小馬鹿にしているね。名古屋市民もこんな奴を市長に5回も選んでしまったことを深く反省したほうがいいが、まあ無理か。

| | コメント (0)

利権だけが命で、コロナ拡散危惧を無視して五輪をゴリ押し開催し、想定通りにコロナ感染爆発させ、無策無能をいまさらに露呈のスダレ首相だが、質問答弁のある場からは逃げまくり、官僚用意の文書さえまともに読めない、まあアベシンゾー級の馬鹿だからどうしようもねえや

時事通信の流した記事「感染拡大下、国会審議に消極的 衆院選にらみ「菅首相隠し」狙い―与党」がツイッターで話題になっていたので、どれどれとその記事を読んでみた。

 

記事は「新型コロナウイルスの感染爆発が各地で深刻化する中、与党は菅義偉首相が出席しての国会審議に消極的だ。野党による臨時国会の早期召集要求を事実上拒否し、2~3時間の衆参厚生労働委員会などの閉会中審査を行うにとどめている。秋の衆院選に向けて首相が野党に追及され、さらなる打撃を受ける事態を回避する狙いが透ける」というのが巻頭の記事で、それによると、閉会中審査は7月以降に衆参各4回を短時間で実施だが、野党の首相出席要求は実現せず、緊急事態宣言などに関する国会報告も西村大臣に任せ、国会登院は6月16日の通常国会閉会日が最後なんだとさ。とにかく答弁しなければならないような場からはスダレ野郎は逃げまくり、薄ら馬鹿内閣記者会相手の立ち会見で官僚の用意した文書を読むだけの馬鹿でもできることやるだけ。まあアホーあっそー、犯罪王アベシンゾーも同じような能なし対応でやってきたわけで、なんとも情けないバカが首相という世界の恥さらし自民カルト政権ってことだ。

 

この件に関して、ツイッターで「黒瀬 深@Shin_Kurose」なるアカウントのツイートで=いや首相隠しもなにも今コロナ対応に当たってるから出て来れないんでしょ。野党の皆さんはいつも「国会が開かれない!」と文句を言う割には「こういう事を議論したい!」とは言わない。で、いざ国会が始まれば揚げ足取りばかり続けて途中退室でしょ。そんなもん開く必要ない=なんていうお笑いツイートがあった。ここまでアホなツイートできるってどんだけ腐れ不自由非民主カルト党が好きなんやねということやな。首相動静見てみなよ、なんだかすごく暇そうだよ。8月11日なんて、午前8時頃から午後2時頃までなにせずにボーッとしているような感じで、11日が休日と勘違いしていたんじゃないの。

 

もう1本時事通信の記事のタイトル「長崎原爆忌、1分遅刻 あいさつ読み飛ばさず―菅首相」というのがあった。こんなことが記事にされるなんてどんだけ情けない首相なんだよ。まあ、もとからアベシンゾー級の頭脳脆弱なアホで、官房長官時代なんて、アベの犯罪を隠蔽することだけが任務のような会見しかできず、「問題ない」「指摘は当たらない」「回答の必要はない」などアホの限りを晒したボケナスで、そのアベの犯罪隠蔽のおかげで政治家としてもなんの実績もないゲス政治屋が首相に祭り上げられたんだが、首相になっても記者の質問内容を全く理解できずアホ回答するわ、官僚などが事前質問に用意した文書さえまともに読めない恥晒しまくってもアベ並みにそれに対して恥も感じない奴なんで、こんな記事垂れ流されるのも、さすがの政権の尻舐め記者にも馬鹿にされているってことだよな。

 

ところで、ツイッター眺めていたら、この挨拶に関して、NHKが字幕出さないことが書かれていた。前の広島の原爆忌での挨拶ではその挨拶文がマスゴミに事前配布されているので、NHKがスダレの挨拶中にその文書内容を字幕で流していたために、スダレの文章読み飛ばしが視聴者にバレてしまったために、スダレのアホぶりがばれないように今回は字幕を出さなかったわけで、自民カルト政権の広報翼賛国民騙し機関NHKらしい忖度ってことやな。それにしても、アホーあっそー、アベシンゾー、そしてこのスダレ野郎となんとも情けない限りの知能最低のクソが続くもんだわ。

 

なにしろ、広島の原爆平和式典でスダレが読み飛ばしてしまったのが「わが国は、核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要だ」というもので、挨拶の中でも最重要部分じゃないか。後で、のりで紙が癒着していたとか、謝罪が絶対できないゲスクソ野郎のアベシンゾーのクソDNAを真似したかのような情けない言い訳のあほくさ。つまりはこのバカは事前に官僚に書いてもらった文書さえ事前に読んでもいなくて、原爆被害者へ寄せる心なんて元から微塵もなかったってことの証明だな。まあ、コロナ禍対策のいい加減さ見てみればわかるが、アホーあっそー、アベシンゾー、スダレとどいつもこいつもテメエらの利権しか頭になく、国民の命、幸福なんて興味ナッシングってわけやな。

 

まあ、スダレは国会での所信表明演説でも、質問答弁でも官僚がでっち上げた原稿をそのまま読むだけなのにもかかわらず、内容に元から興味もなく、中身もアベシンゾー並みに理解もできない低能なんで読み飛ばしたり、読み間違えたりが当たり前というアホ爆発だしな。広島の平和式典の挨拶でも、上記の読み飛ばし以外に、「広島市→ひろま市、 原爆→げんぱつ、 死没者慰霊式→しぶつ者慰霊式」などアホ極まる読み間違い晒してんだからどうしようもないクズだ。こうなると、出身地秋田県湯沢市の恥、汚点みたいなもんだな。金メダリストに祝電をかける時にも、原稿を見ながら電話していたようだし、さすがのバカに付ける薬はないわ。アベシンゾーなんてのはそれ以前の生ける屍みたいな脳なしゲスクズ犯罪王ではあるが。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

気づいたらブログを1ヶ月以上も放置。たまには書かなくちゃね。4回目の脊髄手術の術後療養も兼ねて7月末には8泊9日の温泉ドライブ。なんと、8月下旬にはドライブ旅行と考えていた下北半島の下風呂温泉などが水害で大被害に

3月ころから発症した右脚の坐骨神経痛があまりに酷いんで、その原因である腰椎黄色靭帯嚢腫除去の手術のために7月1日に入院して、2日に無事手術完了して、結局2週間入院して14日に退院した。入院中に3本ブログを書いてはいたんだが、退院後はブログのことなどすっかり忘却、株式以外は音楽や映画でダラダラ過ごして、術後療養湯治ということで7月22日から30日まで毎度おなじみの鳴子温泉は川渡温泉の高塔旅館に4連泊したのを含めての青森津軽から七戸、三八上北を適当に湯巡りして、最後は只見川沿いの大好きなコースをドライブしての毎度のルーティンコースをドライブしてきた。東北も暑かったが、夜は東京とは違いぐんと涼しくなり、道の駅での車中泊でも問題なく熟睡できて、旅行を楽しめた。


 


というわけで、どうでもいい利権五輪は開会式もまったく見ず、東京に戻ってもあまりの暑さにへたり気味で、もとから興味ナッシングの五輪は競技のほとんども見ることなく、ニュースなんてもまるで見ないで過ごしていたら、あっという間に利権祭りは終わっていて、人の流れが一気に増加もあって、コロナ感染も想定通りに爆増して、国民の命なんてものにはなんの興味もないスダレ政権のボロボロぶりが開陳されるばかりのアホくさ。国会議員になるまで投票をしたこともないというクソ女、テレ朝アナだった丸川五輪担当デージン様(夫婦別姓には反対のくせに、テメエは別姓のクズゲスババア)は利権しか頭にないバッハIOC組長が銀座を勝手にぶらぶら散策したのを「不要不急かは自己判断」だとさ。しつこく国民には外出、移動、営業自粛を強要しながら、そうですか。ということで、国民の皆様も「自己判断」で好き放題に外出、旅行、外食を楽しみましょう。クソ政権のまともな補償もしない自粛強要に奴隷のごとくに従う必要なんてないってことやな。盆休みはどんどん帰省し、旅行もどんどんやりましょう。



ところで、毎年のようにドライブで行っている下北半島で、今月末にも恐山、下風呂温泉、大間へのドライブ旅行を計画していたんだが、これまで見たこともないような水害がその地域を襲った。むつ市から大畑、下風呂温泉、大間を結ぶ唯一の国道279号は海沿いを快適に走れる最高のドライブコースなんだが、海岸に山が直ぐ側に迫っているような地形で、今回の大雨ではその山が到るところで崩落して、国道279号を土砂が覆っている箇所がかなりの数に及び、これは復旧には相当の時間がかかる模様で、コロナ禍で痛手の大きい観光産業は壊滅的なんじゃないだろうか。素晴らしい硫黄泉と美味しい海鮮の味わえる大好きな下風呂温泉のことがほんま心配や。昨年末に新しい立派な共同浴場が完成したばかりなのに一刻も早い復旧を祈るしかない。その国道279号の寸断状況がよく分かる空撮映像があった。


| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

無能の極みのスダレ首相が国民の命や生活なんて関係ねえ、俺たち(IOC、JOC、筋肉脳選手、政治屋等々)の利権死守のためには五輪強行だが、その間お前ら国民は黙って自粛していろと恫喝の緊急事態宣言を東京に4回目発令のアホくさ

入院中のベッドでウツラウツラと惰眠状態で、たまにネット見ていたら、スダレ首相が事前質問当然に提出させての官僚書いた文書読むだけの死んだ目を晒して会見して、東京になんと4回目になる緊急事態宣言を12日から利権祭り五輪期間中も出して、国民に自粛恫喝をやるそうな。1年以上前にあの気持ち悪い反吐が出そうな腐敗臭漂う知性皆無の弛みきった顔面の犯罪王の売国奴アベシンゾーがコロナを克服したとか、毎度おなじみのあのゲスクソ野郎の嘘八百吐いてんだが、知能幼稚園児以下のアベシンゾーは釈明とかしたかな?まあ無責任の極みのゴロツキクソクズゲス売国無知無能無恥野郎アベにまともな人間性求めるだけ無駄なんだが。





緊急事態宣言出して、国民には外出自粛しろ、営業時間も脅迫短縮され死亡寸前の居酒屋で酒飲むなとか喚きまくっているくせに、海外からコロナ禍拡大必至の奴らを優先優遇して入国させ、利権死守のためには国民の命を守る気なしの売国奴アベシンゾーのDNA継承の愚鈍ゲス野郎の集積スダレ政権が五輪絶対強行というまさに戦前の一億玉砕軍部並みのキチガイ状態なんだが、こんな記事があった


◆◆◆◆◆◆◆


田崎史郎氏、東京五輪開催中の緊急事態宣言に「オリンピックを静かな形で行おうという意志の表れ」


7/8(木) 9:39配信<


 


政治ジャーナリストの田崎史郎氏が8日、テレビ朝日局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。


 


番組では、政府が、新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京に4度目の「緊急事態宣言」を出す方針を固めたことを報じた。沖縄も延長する方針で、期間はいずれも来月22日までの予定。


 


田崎氏は、緊急事態宣言下で東京五輪を開催することに「オリンピックだと人の流れが起きやすい。で、まん延防止等重点措置でもちょっと危ないから緊急事態宣言っていうことですよね。オリンピックを静かな形で行おうという意志の表れです」と解説した。


 


この発言に出演者から「国家の緊急事態宣言の中で安心・安全なオリンピックをやろうというのは矛盾したメッセージに聞こえてしまう」と指摘されると田崎氏は「どこまで完成したものになるか分からないですけど、選手団、関係者、かなりPCR検査とか移動範囲を制限する措置はやっているんです」と答えていた。


◆◆◆◆◆◆◆<


しかし、テレビマスゴミもいつまでこの不自由非民主カルト党政権の幇間野郎を使ってんだよ。こいついかにも政権事情に通じたような知ったかぶりをニヤけた顔晒して吐いてんだが、恥というもの感じないのかな。まあ、ゴロツキアベシンゾーからのチンケな税金強奪贅沢接待程度でジャーナリストとしての矜持なんてポイと捨てられる悲惨な悲哀感しかない下劣なおっさんだが。それにしてもね、「オリンピックを静かな形で行おうという意志の表れです」とくると、この幇間野郎の哀れさが満開だ。


 


で、スダレ首相の4回目の国民に自粛強要発表会見だが、あいも変わらずの事前質問当然に提出させてのヤラセのスダレの無能開陳会見だったのが明白な映像を指摘のツイートがあった。「尾張おっぺけぺー」さんのアカウント見てください。


 


 

| | コメント (0)

2021年7月 6日 (火)

椎間関節膿瘍除去手術も残っていた血抜きドレンも取れてスッキリに。東京都議選は毎度の低投票率でたいした変化も無し。都民ファーストなる偽善党の当選した女議員が免停中に事故起こして「大きな事故ではまったくない」と開き直りのアホくさ


3月頃から発症した右脚の坐骨神経痛の原因と思われる椎間関節膿瘍(改めて入院診療計画書見ていたら、病名が腰椎黄色靭帯嚢腫となっていた。まあどうでもいいんだが)で7月1日に入院、手術が7月2日に順調に終了して、術後3日後の5日には体に残っていた唯一のチューブ、血抜きドレンも撤去されてスッキリで、術後の傷跡の痛みもほとんど感じなくなり、3回の食事も完食できて、リハビリも開始してあとは退院がいつになるかのみ。普段はご飯は一日に茶碗1膳程度しか食べないのだが、入院中はこれまでの3回の入院もそうだったが、3食とも美味しく食べられるし、午後9時消灯、午前6時起床みたいな感じで、酒も食事以外の食べものも禁止なのでまあ、栄養管理された食事が美味しくなるのも当然だが。


4日に投開票された東京都議選だが、まああいも変わらずの低投票率で、大した変化もないか。都民ファーストとかの偽善臭丸出しの大阪でのゴロツキ政党維新と同類の不自由非民主カルト党の補完クズ集団もたいして減少せず、都民の政治意識なんてその程度のものっていうだけだけどね。


 


ところで、その自分たちだけファースト党から立候補し、再選された木下富美子都議が選挙期間中、無免許運転をして事故を起こしたそうで、しかも免許停止の行政処分中だったというから、遵法精神皆無のクズだったというわけで、まあ、犯罪王アベシンゾーとか、不自由非民主カルト党や維新、自分たちファーストなんてそんなゲスクズばかりなんだろう。

しかもこの木下都議だが「大きな事故ではまったくない」とほざき、無免許運転については、「免停期間が終了していると勘違いしていた。認識不足とはいえ、やってはいけないことだった」と開き直る有様。どこまでもアベシンゾーのふざけきった開き直りのゴロツキ対応がチンピラ政治屋にまで伝染しているようだ。

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

3月頃から発症の坐骨神経痛の原因と思われる椎間関節膿瘍摘出手術無事完了。で、ネット見ていたら、世紀の売国愚物アベシンゾーが五輪反対は「反日的」だと極右ゴロツキ雑誌で開陳とは、さすがの馬鹿だわ

椎間関節膿瘍なる脊椎・脊髄の病気で7月1日に入院、7月2日に手術が無事終了して、4回目の全身麻酔による脊髄手術となった。手術後は左腕には点滴チューブ、左指には酸素計測具、そしてウロバッグに繋がる尿カテーテル(毎度のことなんだがこのカテーテルが嫌なものなんだが、今回は翌日午後には点滴チューブとともに抜かれ、歩行補助器使っての歩行も可能となり、トイレも自分で行けてホッとした)、手術2日目には足に装着のエコノミー症候群を防ぐためのポンピングブーツも撤去、残るは手術痕の血腫を防ぐための血抜きドレンだけとなった。今回はこれまでの切開手術とは違い、初めての内視鏡下の手術となったのも歩行も早期にできるようになった要因かな。まあ、これまでの手術がより大掛かりだっただけだが。


 


今年9月末までは完全無料の楽天モバイルで購入契約の楽天ミニをテザリング利用でモバイルルーター代わりに使用しているんだが、ネット利用もまだ無料だし、快調にネット接続もできてほんま便利や。で、3日ぶりにネット見ていて、売国野郎アベシンゾーっていうクソが五輪反対は「反日的」と喚き狂っている記事があった。そんな愚鈍野郎の発言など完全無視が一番なんだが、ゲス野郎の尻舐めマスゴミはあいも変わらずのアホかいなというとこか。


 


毎日新聞の記事で


◆◆◆◆◆◆◆


安倍晋三前首相は発売中の月刊誌「Hanada」で、東京オリンピック・パラリンピックについて、「歴史認識などで一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対している」と批判した。具体的には共産党や5月の社説で中止を求めた朝日新聞を挙げた。


安倍氏は五輪の意義について、「(日本人選手のメダル獲得などの)感動を共有することは日本人同士の絆を確かめ合うことになる」「自由と民主主義を奉じる日本がオリンピックを成功させることは歴史的な意味があり、日本にはその責任がある」と強調。五輪開催を批判する野党については「彼らは、日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているのではないか」とも述べた。


(以下略)


◆◆◆◆◆◆◆


さすが先天性愚鈍の売国ゲス野郎らしいクズ発言だ。そもそもこの日本と日本人が大嫌いで、それに沿った日本破壊、日本人殺しばかりの愚策をうんざりするほど長期に渡りやり散らかした、テメエこそ「反日」の総元締めのような日本と日本人にとって悪魔そのもののクソ野郎が、なんだ五輪反対が反日とは笑止千万というか、やはりとことんうすらバカでしかないことをテメエで、しかも日本最低の売国ゲス極右のゴロツキ雑誌で開陳してんだから、このバカはテメエが発言している場、テメエの発言の意味さえ理解できていないのだろう。ほんま悲惨な脳細胞しかない愚物だわ。それよりもテメエの緊急に日本人に向けて丁寧に説明すべきことが山ほどあるんだよ。モリカケ疑獄問題、桜を見る会事件、ゴミカビだらけマスク問題、カワイバカップル問題、国会答弁で嘘八百吐きまくったことなど、テメエがこれまでまともに国民に向かって説明したことがあるか。まあ、国会答弁で、「わたくちゅは立法府の長でありマチュ」なんて、憲法完全無知を国会の場で晒しても恥さえ感じないクソの極みのバカ野郎だが。


 


だいたいや今回の五輪そのものがこの愚物ゲス野郎の「福島原発はコントロールしてマチュ」とかの世界に向けての大嘘、原発事故を矮小化するこの詐欺師まがいの愚物の発言からスタートし、予算含めてその後もあらゆることが嘘八百まみれの偽善のIOC、JOC,それに寄生する政治屋などの利権あさり野郎たちのただの運動会でしかない。都民にとっては迷惑でしかない利権祭りでしかない。それが、五輪反対が「反日的」ね。毎日新聞もこんなクソの愚鈍発言を批判もしないで垂れ流ししている隙があるんなら、お前らゴミ記者が放置しているアベの山のような疑惑追及をしろよ。


| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

今日も7月に入っての椎間関節嚢腫手術のための事前検査など。宮内庁長官が会見で「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と語ったことを、加藤官房長官は「宮内庁長官が自分の考えを述べただけ」と、天皇の意思を踏みにじる逆賊そのものの侮辱発言

坐骨神経痛が酷いんでMRI検査して腰椎の脊柱部分に脊髄神経を圧迫している嚢腫があるのが判明していたんだが、痛み止めをとりあえず飲んで様子見していたんだが、あまり薬も効果なく、結局その原因である椎間関節嚢腫を摘出する手術を7月に入って実施することになったわけで、2004年の胸髄症、2012年の頸椎症性脊髄症、2013年の腰椎の脊柱菅狭窄症と3回の手術に続き、4回目の脊髄手術なんだがほんま鬱陶しい限りや。現状ではまともに歩けず、7〜80メートル歩くと痛みのためにしゃがんだり、座る場所を探してちょっと休んではまた歩きだすというわけで、まあ手術しかないわけだ。全身麻酔なので医者に任せるしかないけどね。

 

というわけで、今日も手術前の胸部のCT検査、エコー検査、先週実施した血液検査などの結果を踏まえた内科検診だった。さらに、看護師から入院に関しての説明もいろいろ。まあ、過去3回も脊髄手術受けているから慣れたものとはいえ、手術ってのはほんま面倒くさいね。明日も別の箇所のCT検査と手術についての執刀医からの説明がある。

 

そんなわけで、頭の中は手術のことしかなく、腐れ政治屋やIOC、JOCなどがゴリ押しで強行しようとしているコロナ拡散になるしかない利権まみれ五輪なんて元からどうでもいい体育祭りだし、都民にとっては迷惑でしかないんだが、国民の命などには興味ゼロのクソ野郎アベシンゾーの犯罪隠蔽に貢献しただけで首相に祭り上げられたアベシンゾーと同類の無能のおっさん、スダレなんて国民がどれほど不幸になろうがまあ興味もないんだろうしね。

 

ところで、天皇陛下が名誉総裁を務める東京五輪について、宮内庁の西村長官が24日の会見で、天皇が新型コロナウイルスの感染状況を心配しているとし、「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と語ったそうな。西村長官は「私が肌感覚として受け止めているということ。直接そういうお言葉を聞いたことはない」と説明したそうだが、政治的意味合いもある五輪に関して天皇が直接表明できないのを忖度しての宮内庁長官としての阿吽の呼吸発言だろう。

 

ところがだ、西村長官発言に関し、厚労相としてなんの機能も果たせなかった、これまたアベやスダレと同類の無能のテストだけが得意だった官僚あがりのおっさん、加藤官房長官は24日の会見で「宮内庁長官自身の考えを述べられたと承知している。安全安心の大会を実現していく。そして国民のみなさんに安全と思って頂けるように取り組んでいく。引き続き関係者と緊密に連携しつつ、安全安心な環境を確保することを最優先に、大会に向けた準備を着実に進めていきたい」とさ。なんの根拠もまともな対策もできないのに、毎度の安全安心のアホスローガン。しかし、この西村長官の考えを述べただけのものという加藤発言だが、政治的発言となることを避けている天皇の意思をこれほど侮辱する発言はないんじゃないか。まるで天皇がいちいち俺たち政権の姿勢に文句言うんじゃねえよと傲慢になっているのと同じだ。まさに逆賊だな。国民の命を心配する天皇に対して、どこまでもてめえらの利権しか頭にない不自由非民主カルト党の売国奴ぶり発揮ってとこだな。

| | コメント (0)

2021年6月22日 (火)

坐骨神経痛が酷いんで6月初旬に療養湯治で鳴子温泉5連泊するも、結局は手術するしかない状況となり、7月に入り入院、病名は「椎間関節嚢腫」で、4回目の全身麻酔による脊髄手術となった

コロナ禍と五輪はあいも変わらず利権まみれのクソどもが国民の命などなんの興味もないわの体で五輪強行開催してIOCの五輪賄賂貴族やJOCなどの筋肉脳などが跳梁跋扈して、戦前の軍部の精神力と大和魂あれば勝利なんていう雰囲気で、ワクチンしか頭にないスダレは安心安全でコロナに勝った五輪にするとかアホこくばかりなんだが、そもそもインフルエンザのようにウィルスが絶滅するなんてありえないわけで、なのにコロナに勝つって気が狂ってしまってんだろうな。まあ、稀代の悪党アベシンゾーの悪事を隠蔽するために、人事権掌握されていた財務省の姑息な官僚どもが官房長官スダレの意向も忖度して公文書改ざん隠蔽廃棄など犯罪やり放題でアベを牢獄入りから救った戦後史上最大の凶悪事件なんだが、そのために犠牲となった真の公僕だった赤木さんが自殺に追い込まれたわけだが、その赤木ファイルがようやく公開されたが、なんと毎度の黒塗り満載の、どこまでもクソクズゲス売国無知無能無恥野郎アベシンゾーの犯罪隠し一直線か、日本の政治、司法には正義はないんだろうね。アベシンゾーと並ぶゲスの極みの政治屋アッホーアッソーは再調査なんてするわけねえよと人間のクズらしく居直ってます。

 

まあどうでもいいやな。どうせこんなゲス野郎ばかりが屯する不自由非民主カルト党でも支持するアホがいっぱいいるんだしね。というわけで、3月はじめ頃から発症していた坐骨神経痛があまりに酷いんで、ゆっくり湯治しかないだろうと、6月初旬に久しぶりに7泊8日で東北ドライブしてきて、普段なら青森まで足を伸ばして温泉ブラブラなんだが、そんな余裕とてもなく、なにしろ、家でも座ってじっとしていたり、車の運転している時(つまりはただじっと座って足先ちょっと動かしているだけのいわゆる安静状態)などは右側の尻から足首までの痛みが和らぎほぼ痛みがなくなるんだが、立ち上がり、歩いたりすると激痛が走る始末。

 

ドライブ中も初日は一気に480キロ程も秋田の車中泊予定の道の駅までほぼ痛みもなく走れたんだが、コンビニや道の駅で買い物やトイレなどで車外に出て、ちょっと歩くと激痛が特に右ふくらはぎ外側がひどく、しゃがみこんでしまうほどで、道の駅でも買い物する余裕もなく、トイレ利用だけで、コンビニやドラッグストアでの買い物でも、店内であまりの痛みに何回もしゃがみこんでしまうほど。病院に行く時(これまでは足にしびれがあっても、家から病院までの2キロほどを普通に歩いて行っていた)も、バスと舎人ライナー(といってもたった1駅だけ)利用で、始発バスの出る西新井駅までの1キロちょっとを、普通なら10分ちょっとで行けるのが、7〜80メートルほど歩いてはしゃがみこんだりして、4〜5倍の時間がかかるほどに。療養湯治で鳴子温泉5連泊するも、結局は手術するしかない状況となり、7月に入り入院、病名は「椎間関節嚢腫」で、2004年の胸髄症、2012年の頸椎症性脊髄症、2013年の腰椎の脊柱菅狭窄症に続く、4回目の全身麻酔による脊髄手術となった。

 

ところで、病名の「椎間関節嚢腫」とは、ネット上情報によると、坐骨神経痛を起こす原因にはさまざまな疾患があり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があるが、その領域に問題があれば他にもさまざまな疾患で坐骨神経痛を生じるそうで、その一つが椎間関節嚢腫だそうだ。脊椎は骨同士が椎間板が連結して、その両側後方に椎間関節という小さな関節があり、そこから関節を包む袋の一部が突出して中に液体が溜まってしまうことがあり、それが脊椎中の神経の通り道に向かってできてしまい、脊髄神経を圧迫するそうだ。悪性のものではないが、生じたところがよくないということのようで。MRI検査で初めて診断でき、自然経過で消失することもあるそうなんだが、症状が強い場合などは手術的な方法が根治療法ということで、手術です。今回は背中を切開するのではなく、内視鏡下での膿瘍摘出手術となった。

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

坐骨神経痛なんだがブロック注射治療もあまり効果なく、手術なのかな鬱陶しい限りや。疑惑だらけなのに一切の説明責任放棄のゴロツキ政治屋・アベが極右雑誌にしたインタビュー記事を恥ずかしくもなく記事にでっち上げる朝日新聞や時事通信の情けない記者たち

3月はじめ頃から発症している右足側の坐骨神経痛なんだが、痛み止め飲んで様子見して、今日は雨の中ヨタヨタと予約のいつもの病院に行き、原因とみられる腰椎の病変部分に脊椎ブロック注射をしてきた。以前も一度腰椎脊柱管狭窄症の手術前にブロック治療したことがあるのだが、ほぼ効果なく、結局手術になった。今回も注射後はなんとなく痛みが緩和した(といっても、10段階の痛みレベルで8ぐらいのが6程度に緩和した感じ)かなと思ったが、しばらくして歩きだすとなんだかそれほど変化なし。駅から自宅まで15分程度の距離を40分以上かかってしまう始末。やはり手術しかないのかな。鬱陶しいね。まあどうでもいい話やな。

 

ところで、時事通信の記事で

◆◆◆◆◆◆◆

茂木、加藤、下村、岸田氏列挙 「ポスト菅」で安倍前首相

2021年05月26日17時38分

自民党の安倍晋三前首相は26日発売の「月刊Hanada」掲載のインタビューで、9月末の任期切れに伴う同党総裁選で菅義偉首相の再選を支持する考えを重ねて示した。その上で、「ポスト菅」候補として、茂木敏充外相、加藤勝信官房長官、下村博文政調会長、岸田文雄前政調会長の4人を挙げた。一部で取り沙汰されている自身の再々登板は否定した。

 安倍氏は、後手との批判が絶えない政府の新型コロナウイルス対応について「菅首相は的確に判断している」と評価。「菅政権は(総裁選の時点で)たった1年しかたっていない。政権には春もあれば冬もある。歯を食いしばって、みんなで支えていくべきではないか」と強調した。

 
 

◆◆◆◆◆◆◆

同じ内容は朝日新聞もハナダの記事を引用して記事にでっち上げているが、大新聞様や大通信者様が極右のゴロツキ雑誌のそれもモリカケ疑獄や桜を見る会疑惑、カビだらけのゴミマスク問題、河井バカップルの1億5千万円疑惑などアベデンデンに絡む重大犯罪疑惑の数々について、国民には丁寧で真摯な説明を一度もせずにまたまた仮病で政権放り出して逃亡のゲス野郎アベがゴロツキ雑誌のインタビューに応じたものをさも重要なものかのように記事にでっち上げるさもしい根性は朝日、時事の記者は恥ずかしくないのかね。

 

だいたい、アベっていう野郎なんだが、質疑応答では事前質問出させての官僚答弁書を朗読するだけ、質問にはその質問内容を理解できずに支離滅裂答弁するわ、テメエのことを「わたくちゅは立法府の長でありんす」なんて吐く、憲法破壊を目論むくせに憲法の基本さえ理解していない徹底的なバカだぜ、そんなクソ野郎のたわごとなんて無視してネットウヨのバカどもにヨイショさせておけ。それより、こんな記事を垂れ流している暇があるなら、お前たち自身でアベデンデンに直接インタビューや取材をかまして数々の疑惑に関して言質を取らんかい。ああそうか、アベデンデンから税金不正に使ってのマスゴミのゴミ記者や幹部を招いての贅沢三昧宴会に参加しているから、ご馳走になったアベの犯罪は追及できないってことか。ほんま情けない限りのクズ記者どもやな。アベのバカもこういうバロンデッセを出して院政でも引こうとしているんかいな。それを許せないなら、スダレも男気を一生に一度でも出してみて、アベの犯罪を知悉する官僚、元官僚、政治屋を総動員してアベを牢獄へ追いやることしかないな。それができたら日本の政治史に光るぜ。

| | コメント (0)

2021年5月23日 (日)

韓国文大統領が訪米してバイデン米大統領と首脳会談したが、4月のスダレとの会談とのあまりの落差に日本の凋落ぶりを露呈だね

時事通信の記事で


◆◆◆◆◆◆◆


米韓首脳、昼食はカニ料理 韓国メディア「日米と対照的」


2021年05月22日18時40分


【ソウル時事】韓国大統領府は、21日の米韓首脳会談でバイデン、文在寅両大統領が昼食を共にし、「クラブケーキ」が用意されたと明らかにした。クラブケーキはカニ肉などを使った米国の名物料理で、海産物が好きな文氏の好みに合わせ、米側が準備したという。


 4月の日米首脳会談ではハンバーガーが用意されたが、当時は新型コロナウイルスへの懸念からバイデン氏と菅義偉首相はともにマスク姿で、距離を置くためテーブルの両端に座った。ハンバーガーは手つかずのままだった。米韓首脳はマスクなしで会談に臨んでおり、韓国の聯合ニュースは「日米首脳会談とは対照的な様子が演出された」と伝えた。


◆◆◆◆◆◆◆


笑っちゃうね。4月のスダレ訪米時と比較しての扱いのあまりの差に。ハンバーガーと高級なカニのケーキ。つまりは日本なんてアメリカにとっては都合の良い金づる。韓国のほうが重要だということだろうね。スダレなんて海外のメディアの質問にもまともに答えることもできない醜態さえ見せたから、ますますアメリカ政府にとってはアベ政権並みのヘタレ政権だと認識されただろうね。なにしろアベゴロツキ長期政権が日本のGDPをダラダラと縮減し続け、日本国民を韓国以下の貧乏にしたんだからな。しかも、文大統領は空挺部隊の優秀な軍人から弁護士、政治家と華麗なキャリア、対して日本は、アベなんて穀潰しの馬鹿だし、スダレも答弁能力も皆無の単なる利権漁りの政治屋だもんな。アメリカもコケにするわな。


 


20210523-11238


 


20210523-11215


 

| | コメント (0)

ニューズポストセブンサイトに週刊ポスト最新号に掲載の大新聞様に五輪開催の是非を問うた結果の記事があった。各社ほぼ回答拒否同然の体たらく。海外の開催中止を鮮明に社説で打ち出すメディアとは大違い。そらそうだ、五輪スポンサーになっているわ、アベとは幹部が税金で盛大に夜の宴会三昧してたクソ機関だもんね

ニューズポストセブンに東京五輪開催に関して大マスゴミ様の姿勢を問うた記事があった。

◆◆◆◆◆◆◆

五輪スポンサーに雁首揃える大新聞6社に「開催賛成か」直撃

 

『週刊ポスト』(5月24日発売号)が、東京オリンピック・パラリンピックの是非を考える貴重なデータを公表している。スポンサーとなった71社の企業を対象にアンケートを実施し、1、7月開催に賛成か、2、開催の場合は無観客にすべきと思うか、3、有観客で開催の場合、社員に会場での観戦を推奨するか、という3つの質問を投げかけた。国民の7割、8割が反対する巨大イベントを3720億円もの協賛金で支えている彼らには、「なぜ五輪を後押ししているのか」を答える義務がある。

 実は、こんな当たり前の報道が他メディアでできないことこそが日本の重大事なのだ。その理由は簡単だ。世界のどこでも、これまでの五輪ではあり得ないことだったが、今回は国内の大手新聞社すべてが五輪スポンサーに名を連ねているからである。五輪には莫大な税金が投入され、環境負荷や国民負担も伴う。開催の是非はもちろん、開催方法や予算の執行状況などを国民が監視できるよう自由に報道するのがメディアの役割だ。だからこそ、世界では五輪スポンサーにはメディア企業は入れないのが原則だし、まして大手メディアが勢ぞろいしてスポンサーになるなど禁じ手なのである。

 おさらいしておくと、4種類あるスポンサー契約のうち、3番目にランクされるオフィシャルパートナー(協賛金は約60億円)になっているのが「読売新聞グループ本社」「朝日新聞社」「毎日新聞社」「日本経済新聞社」で、4番目のオフィシャルサポーター(同約15億円)になっているのが「産業経済新聞社」と「北海道新聞社」である。それぞれ系列のテレビ局を持つから、事実上、国内すべての全国紙と全国テレビネットワークがスポンサーとして五輪を推進する立場にある。彼らはアンケートになんと答えたか。それは記事の末尾に紹介する。

 自分たちも五輪ムラの住民だから、日本の新聞やテレビニュースは「海外のメディアで五輪中止の社説が出た」という間接的な報道はするものの、自分たちの社説、社論として堂々と中止を主張するところはない。この「令和の大政翼賛報道」を作り上げたのは森喜朗・前組織委員会会長とされる。メディア首脳と頻繁に飲み会を開いて手なずけてきた安倍晋三・前首相も一役買ったのは間違いない。二人は同じ派閥の親分・子分の関係でもある。その遺産を受け継いだ菅義偉・首相や組織委員会が国民世論を無視して強行開催に突き進んでいられるのは、そういう翼賛体制をよく理解しているからだろう。つまり、日本の大手メディアはとっくの昔に五輪マフィアに取り込まれ、牙を抜かれているのである。

 元JOC職員でスポーツコンサルタントの春日良一氏も疑問を呈する。

「メディアが五輪スポンサーになることに疑問はありますね。協賛することで、IOCの関係筋などからの情報収集の質と量がグンとアップすることは間違いありません。それは報道のうえでもメリットですが、より大きなメリットは、オリンピックの盛り上がりに乗じたイメージアップや販売増、広告増でしょう。そのために五輪批判ができないとすれば問題ですし、逆に批判したとすればスポンサーであることと自己矛盾してしまいます」

 さて、「五輪翼賛会」に参加した新聞各社はアンケートにどう答えたか。

読売新聞グループ本社「当社は『安全な大会の実現に万全を尽くすことが大切だ』と社説で繰り返し述べています。ただ、観客の有無については東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の結論が出ていない段階で、お答えしかねます」

朝日新聞社「お答えをいたしかねます」

毎日新聞社「新型コロナウイルス変異株による感染が拡大する中での東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催につきましては、選手やスタッフ、観客の安全が確保される一方で、医療体制に悪影響を与えることがあってはならないと考えており、5月1日付社説でも取りあげたところです」

日本経済新聞社「お答えはしません」

産業経済新聞社「回答は差し控えさせていただきたいと存じます」

北海道新聞社「ご回答を控えさせていただきます」

 読売と毎日はかろうじて回答を寄せたが、「安全が大事」とか「医療体制が大事」などというのは当たり前すぎて社説に値しない。菅首相が壊れたレコードのように繰り返す答弁ペーパーとほとんど同じ文言である。しかも読売は、組織委が結論を出していないことには答えないというのだから、もはや組織委の下部組織であることを自任しているのではないかとさえ感じる。

 そして、これだけの国民の関心事に当事者として回答しない朝日、日経、産経、北海道は、今後、自分たちはどんな理屈で当事者たちを取材するのか不明だし、もはや紙面で何を言っても読者の共感は得られないと覚悟すべきだろう。

◆◆◆◆◆◆◆

なんじゃいこれは、ほんま情けないね日本の大マスゴミ様は、まあ想定通りだけどね。朝日新聞なんて「お答えいたしかねます」ってね、それじゃ答弁能力皆無で官房長官時代に「問題ない」「指摘は当たらない」「答えるのは控える」とかアホ一筋を貫いていたスダレバカ首相と同じやないけ。ああ、それでね、これまでも今でもアホ揃いの記者クラブが事前質問を差し出して、官僚が書いた回答文書を官房長官や首相が棒読みするだけの会見をしてもらっても文句も言わない世界的にも稀有なジャーナリズム精神完全放棄の既得権益死守するだけの会見でじっと黙って下向いてパソコンキーボード叩くだけのアホ記者クラブでのほほんとサラリーマン生活ドップリというわけだ、あほらし。

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

たまたま見た山形県の温泉、海老鶴温泉のHPに利用は県内在住者だけと。こういうのって何か意味あるの?

GWの連休明けはいつも温泉湯治ドライブ旅行に行くんだが、今年は坐骨神経痛で体調悪い(というか、座っていると痛みは殆ど無いし、運転するのは大丈夫なんだけどね)のもあるし、なんだか毎年天候がいい時期でドライブに最適なのに今年はまるで梅雨状態で運転する気も起きないけどね。

 

そのドライブ旅行では、毎回山形県を通るし、日帰り温泉もいっぱいあるので楽しみにしている地なんだが、その山形県の日帰り温泉の一つで、なかなか良い湯である海老鶴温泉のHPをたまたま覗いたら、「当面は来店を県内の方のみに限らせていただきます」とあった。これって、なにか意味あるんだろうか。県内でも県外でも感染をしていない人間なら別に利用してもなんの問題もないだろうが。つまりは県外の人間は山形県に来るなって言ってんだろうね。なるほどね、コロナ収束しても一切この海老鶴温泉を利用することはないだろう。ずっと永遠に山形在住者だけを相手にしてな。ほかにもこの手の温泉施設あるのかな、調べる気力もないのでどうでもいいけど。山形県って昨年確か県境の道路を封鎖して県外の車をシャットアウトしようとか何とかの情報がネットで流れていたが、なんか閉鎖的な県民なのかいな。

 

20210522-215552

| | コメント (0)

一時は元民主党のホープみたいな存在だった山尾志桜里はすっかりダークサイドに落ちて、今や櫻井よしこなど憲法破壊派連中とつるむまでに

不自由非民主カルト党のゴミ議員は当然なんだが、ダークサイドに落ちて憲法破壊、国民生活無視なんていうゴロツキまがいがわんさかの政治屋界隈なんだが、閣僚になった途端にそれまでのなんだかリベラル主張をあっさり放棄してアベデンデンにゴマすり状態になり、スダレ政権のもとでも閣僚の座を射止めたことでさらに腐敗臭を増した河野太郎なんてのがそのダークサイドに転落の象徴的存在なんだが、元民主党にいた議員でもその手のがいっぱいいる。民主党代表選にまで登場した細野豪志なんて転向なんて生易しいもんじゃないほどの胡散臭さ満載でダークサイドに転落組で、その細野豪志を15年の民主党代表選挙で推薦人に名前を連ねたほどなのに、今や転落に次ぐ転落でネットウヨまがいの連中とつるむようにまでなって、ダークサイドに堕したのが山尾志桜里かな。

 

一時は元民主党のホープのような存在で国会質疑でも活躍していたんだけどね。国民民主党と立憲民主党合流協議では、国民民主党分離の元凶となったし、その件ではネットウヨの持ち上げる雑誌「正論」に論文まで掲載するまでに。さらにアベのゴロツキ思想の代弁者的存在の稲田朋美との対談までして、自民党の尻舐めまでするほどに。議員パスの不適切使用とか、不倫騒動の相手だった倉持麟太郎の前妻自殺があったりとか、波乱状態に。さらに今年の5月3日の憲法記念日には、なんと憲法破壊を狙う極右売国組織「美しい日本の憲法をつくる国民の会」主催の「第23回公開憲法フォーラム」に櫻井よしこなど憲法破壊狙いのクソどもと参加と来て、完全にダークサイドに落ちてしまったわけで、元からそういう思想だったかもしれないがなんとも残念な政治屋だ。以下の2つの画像がそのダークサイドに落ちた証明みたいなもんだな。

 

Photo_20210522212501

 

Photo_20210522212502

| | コメント (0)

答弁能力皆無、ただただアベデンデンの犯罪隠蔽だけに執心したご褒美で首相の座を手に入れたアベデンデン並に知性皆無のスダレ首相のコロナ対策のグダグダぶりなどのアホくさ

それにしても坐骨神経痛ってのははじめての症状なんだが、これほど耐えられないものとはね。とにかく尻からふくらはぎにかけてズキズキとした痛みが襲い、歩くこと、いや、ただ立っていることすら難儀なんだよね。多くの人がこの症状に悩んでいるようなんだが、まさか自分がこの痛みに襲われるなんて想像もしていなかった。座っていると痛みが緩和するので、とにかく座ってばかりになるので体には良いことないわな。普通に歩けることのありがたさが身にしみている。まあ、どうでもいい話やね。

 

ところで、「問題ない」「指摘は当たらない」など答弁能力皆無を開陳した官房長官時代なんて、ただただご主人様のアベデンデンのモリカケ疑獄、桜を見る会疑惑、カビだらけの多額の税金どこかへ垂れ流しのゴミマスクなど多くの犯罪を官僚抑圧し、マスゴミ恫喝してアベの牢獄入り阻止のためだけに勤しみ、そのおかげで思ってもいなかった首相の座を手に入れた政治理念なんて元から皆無のセコい利権政治屋スダレの政策能力皆無の限界が露呈されているのが今回のコロナ禍を通じてのスダレのグダグダ行き当たりばったりのコロナ対策のアホくさ。

 

まともな会見をすると臨機応変な対応をする能力がアベデンデン級にナッシングなので、相も変わらずの質問事前出しのヤラセぶら下がりだけ。そのやり取りを見てもわかるが、ちょっと事前質問から外れた質問が来ると、何を聞かれているのかも理解していないようなグチャグチャの妄想返答で、目が泳いでいてその小心ぶりを見せてくれるアホくさ。まあ、憲法破壊に勤しんだアベデンデンのクソDNA引き継いで憲法の国民主権、基本的人権尊重、平和主義を破壊し続けて、一億玉砕への道を進みたいのが現状のゴロツキばかりの不自由非民主カルト党ってことなんだろうな。

 

馬鹿ばかりの低能スダレ政権なんだが、その中でも屈指の馬鹿なんだが、マスゴミの国民騙しのおかげで大臣にまでなってしまった(国民には大迷惑)のが、関東最低の偏差値の高校から大学にしか進めなかったのに、なんと従米売国の手先としてアメリカ最高ランクのコロンビア大学に(表向きは)留学したという、突然に偏差値急騰した驚くべき頭脳の持ち主、「その質問はセクシーじゃないね」コイズミガキ大臣だ。

 

こいつは、俺ってなんてすごいんだろうと自己愛だけのやってる感だけの、国民には迷惑でしかない環境問題にはなんの有効性もないレジ袋有料化(レジ作業が面倒くさくなっただけでなく、ゴミ袋として有効活用していたので、消費者はレジ袋を百円ショップなどでまとめ買いするとかでレジ袋自体の数量は変化なしの現場の生産性を犠牲にしただけのアホくさの限り)、ポリストロー・プラスプーン(もともとレジ袋と同じで石油の余剰物から作っているんだけどね)廃止とかのチンケすぎるアホ政策。環境相としてコイズミバカガキがやってきたのが、このチンケなことだけ。そらそうだこのバカはこの手のものが石油から作られているってのをこれまで知らなかったという小学生低学年並みの知能をドヤ顔で披露するほどの究極の馬鹿だしね。こんなウルトラバカ政策は国民には迷惑千万なことなのに、取りやめることをしない、戦前の独善軍部のアホぶりと同じなんだよな。間違いを認めることができない体質はまあアホの典型アベデンデンから継承するバカの集積体スダレ売国政権の竹ヤリ体質なんで、一度決めたらどんな悪手でもそれで特攻ってわけで、五輪もそうやな。

 

今回の五輪なんて当初は既存の競技施設を利用して安価に開催する、復興五輪(今や五輪と復興とはなんの関係もないようだ)だとか何とか国民騙しを吹聴していたんだが、マリオアベ詐欺師が「福島原発はアンダーコントロールしてマチュ」とかなんとか詐欺言辞で世界を大々的に騙して開催決められた途端に、政治屋、IOC(ヨーロッパのスポーツに寄生する利権強奪しか目にない落ちぶれ貴族らの利権団体)、JOC、ゼネコンなど諸々の魑魅魍魎が利権奪取だけに血眼になり、まだまだ普通に利用できる競技施設を破壊して、コイツら利権にしか目がない連中に汚いカネが転がり込むように国民騙しがうまく行われて、投入されるカネがどんどん膨らみ続けて国民の貴重な税金が無駄に費消されて、それら社会保障や医療などに使われるべきはずだったのが縮小して、結果、コロナ禍を通じて医療体制の不備、アベがテメエより頭の良い人間(国会でわたくちゅが立法府の長でチュとドヤ顔するほどの憲法無知なので、ほとんどの人間がアベより知能高いだろうな)憎しで大学などの最も大事な基礎研究に投じられるべき税金が急減して、コロナ禍でも日本が自国でワクチン製作ができないような低開発国並みに落ちこぼれ国家になったというわけだ。

 

まあ、アベゴロツキ政権なんてその日本の歴史上最も有害無駄悪質な長期政権を通じて、日本のGDPは縮減を続け、今や中国や韓国以下の収入に多くの国民が喘ぐ貧乏国家に転落したってことやな。それでも覚醒しないのが奴隷根性が染み込んだ自民マンセーのアホ国民やな。だいたい昼飯食うのに日本ほど安価に食える国はない。牛丼などの値段(大好きな夜の居酒屋などもね)見れば自明だけどね。最低賃金見ればそれは当然だし、それだからこそアジア中から観光客が殺到していたわけだ。バブル期の日本とは真逆の状態に陥っているわけだ。ブッシュの尻舐めコイズミ売国野郎からアベ、白痴のアホーアッソー、再びの低能児アベデンデン、答弁能力皆無のスダレと続く不自由非民主カルト党(福田首相だけがちょっと違った)の日本・日本国憲法破壊、日本人貧乏化の成果ということやな。

 

| | コメント (1)

2021年5月19日 (水)

コロナワクチン接種での防衛省システムの瑕疵指摘の朝日と毎日の記事で両社を恫喝の岸防衛相の兄弟らしいアベデンデンが両社を「極めて悪質な妨害愉快犯」と愚兄愚弟らしくアホなツイートしてます

20210519-162224

 

コロナワクチン接種での接種予約に関する防衛省のシステムの瑕疵指摘の記事を掲載した朝日と毎日の両社を「極めて悪質な行為」とツイートして、国民の安全を守るべきシステムの欠陥を国民に謝罪することもなく、そのシステムの欠陥を調査して記事にして、国民の安全に寄与したメディアを、政権・官庁に都合の悪いことは記事にするのは許せないとばかりに、両社を恫喝ってのは、まさにメディア恫喝でゴロツキ政権を維持してきたアベデンデン野郎譲りのA級戦犯売国クソ野郎・岸信介の末裔らしい岸防衛相ってとこなんだが、その愚兄愚弟の一匹らしくアベデンデンも両社を「極めて悪質な妨害愉快犯」とアホなツイートしてます。なにが愉快犯だよ、8年間のゴロツキ政権を通じて、日本、日本国憲法を破壊し、日本人を貧乏化したお前こそ愉快犯の典型じゃねえか。まあ、このゴキブリ以下のキモい生き物は、選挙応援したときに批判の声を上げた国民を「こんな人達に負ける訳にはいかない」とうそぶいたクズ野郎だもんな。

 

コイツはコロナ化対策なんて面倒くさくて、やってられねえよとばかりに、またまた仮病のウンコ垂れ流し病とかで政権放り投げだして逃げたくせに、メディアで取り上げられないと生きがいがないのか、アホな戯言など時に吐いてその低能ぶりを世間にさらしてます。そんな時間があるなら、テメエのモリカケ疑獄問題、桜を見る会疑惑、ゴミカビだらけの役立たずゴミマスク問題など数多くの犯罪疑惑を国民の前で丁寧に真摯に一度でも説明してその責任を果たせってとこだ。まあ、いまだに生息しているのか、アベヨイショのバカウヨどもなのか、防衛省欠陥ワクチン予約システムそのものの問題より、報道の使命をたまに発揮したかのような防衛省のシステム欠陥を指摘したメディアの方を批判、叩くクズどもがわんさかとは、この9年のゴロツキアベ・スダレ売国クソ政権でいかに日本人の多くが脳を破棄され、アベデンデン並の低知能に陥れられたってことかな。

 

アホ揃いのスダレ政権の中でも屈指のバカ、閣僚のくせにテメエのツイッターアカウントで批判的なツイートした人間や、直接批判も引用もしていないツイッターアカウントまでブロックしまくり、国民の知る権利を侵害しまくりの気持ち悪いデザインのマスク(下の映像のマスクは星条旗じゃん。お前はアメリカの手先か)で粋がっている油ギッシュな面がキモいクズ政治屋コーニョタローもこの問題でアベ並のアホ晒しているようで。まあ、コイツほど閣僚に持ち上げられた途端に転向まっしぐらのクシャ親父はいないけどね。

 

20210519-172859

20210523-05255

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

坐骨神経痛で体調最悪で政治なんてどうでもいい気分なんだが、ツイッターで知ったアホくさ2つ。ひとつは、コロナワクチン接種で防衛省のシステムに欠陥指摘で、岸防衛相が朝日・毎日新聞を恫喝。もうひとつのアホくさは、河井案里の1億5千万円に関して二階もアマリも「関与してねえ」とさ。それって、黒幕はアベと示唆ってことじゃん(笑)

たまにはブログでも。3月はじめ頃から発症した坐骨神経痛なんだが、これまで脊髄手術を胸髄症、頚椎症性脊髄症、腰椎の脊柱管狭窄症と全身麻酔の大きな手術を3回も経験してんだが、手足のしびれなどはあっても今回のような痛みは初めてで、MRI検査して腰椎の一部に病変が新しくあるのがわかり、それが坐骨神経痛の原因なのかどうかとりあえず痛み止めを飲んで様子見中なんだが、リリカを飲んでもあまり痛み緩和の効果はなく、立ったり、歩いたりするのが難儀極まる。座っているときは痛みがかなり緩和されるんで、座ってばかりだ。

 

しかし、尻からふくらはぎにかけての右足のズキズキする痛みは座っているときにもあるわけで、パソコン見ていてもネット徘徊もあまりすることもないというより、ゲスな売国不自由非民主カルト党政権のクズどもが何をしようがどうでもいい気分で、映画観たり、音楽聴いたりダラダラ過ごすばかり。たまに趣味の株式売買だ。株式の方は昨年3月の大暴落の影響がまだ残っているんだが、現状での今年に入っての売却益は160万円ほど、ゲットした配当金・分配金が110万円ほどになっているし、まあ適当に対応していくだけやな。

 

ところで、コロナ禍を通じて実によく分かるんだが、ゲス野郎アベのゴロツキDNAを継承するスダレ(というより、スダレなんてのは官房長官としての答弁能力皆無のアベ並のアホでしかなかったんだが、アベの犯罪隠蔽一筋の論功行賞として首相の座にありついただけの能無し)政権なんてのは、テメエらの利権死守にしか興味なく、五輪もその思考でしかなく、とにかくコロナ禍で国民が経済的に苦しもうが、くたばろうがそんなことアベ以来なんの興味もない奴らだということだ。

 

世紀の売国ゴロツキ政治屋、アベデンデンなるクズ野郎なんてのは、コロナ禍を奇貨として利権まみれの体質を丸出しにしたカビクズだらけのチンケなゴミマスク騒動なんてのは、テメエの手下の自民くず議員でさえ誰も使わなかったクズマスクに数百億円の貴重な税金を垂れ流して、どこかに大量の税金を転がした大犯罪で、モリカケ疑獄や桜を見る会疑惑などと並ぶ犯罪の巣窟政治屋アベデンデン野郎の極刑に値する犯罪なんだが、アベの尻舐めに堕したマスゴミ、検察などが、小沢一郎魔女狩りとはまるで正反対に一切の追及もしないアホくさぶりで、犯罪の巣窟政治屋アベは生き恥をさらし続けているわけだ。

 

まあそういうことなんだが、野党として不自由非民主カルト党ゴロツキ政権を倒すべき第一党の立憲民主党のペンギンマン党首なんてのはまるでその気概なく、弁護士らしい詭弁弄するだけのアホくさ。まあ、アベの犯罪追及をできなかっただけで野党党首失格なんだが。

 

体調悪いんであまり熱心にネットでニュースも見ていないんだが、というより見るだけで気分悪いし、アホくさい限りや。たまたまツイッターで知ったんだが、そのゴロツキ政権の傲慢体質が匂い立つようなアホくさが2つ。

 

ひとつは、「朝日新聞出版と毎日新聞の記者、ワクチン接種で虚偽予約」ってやつやな。自衛隊による東京と大阪での新型コロナウイルスワクチン大規模接種で、朝日新聞出版と毎日新聞の記者が架空の接種券番号などを使って虚偽の予約をしたとして、18日の会見でアベの兄弟らしい岸防衛相って奴(この岸って政治屋を初めてまともに顔面見たが、デンデンも腐敗した弛みきった気持ち悪い顔面なんだが、同じアホ兄弟らしく、気味悪く黒ずんだゾンビみたいなツラしてんだな。兄弟揃ってのメディア恫喝脳みそ腐敗世襲政治屋コンビってとこかいな)が両社に抗議する意向を示したとさ。やはり、こいつもアベの兄弟らしく思い切りのアホやな。防衛省のシステムにバグがあることを記者が発見してくれたんだぜ。パソコンソフトや半導体などバグを発見するってのは大事なことなんだよな。それが、防衛省のシステムにあったんだろうが、記者に感謝を表明するどころか恫喝かよ。そんなアホ政権がデジタル庁とか、アホくさの限りや。

20210519-174530

 

20210520-230512

 

もうひとつのアホくさは、河井バカップルの片割れ、河井案里への1億5千万円支出について、不自由非民主カルト党の耄碌爺さん、二階幹事長が改めて関与を否定したとさ。で、幹事長と並んで選挙責任者だった仮病で入院して犯罪追及逃れして、いまだに国民にきちんとした丁寧な説明を一切していないアマリが、「ミーも1ミリも関与してまへん」ときたもんだ。で、耄碌爺さんの側近の林幹雄幹事長代理が、なんと「根掘り葉掘り、党の内部のことまで踏み込まないで」と報道陣を恫喝だとさ。多額の金が絡む汚い選挙犯罪の件で「根掘り葉掘り踏み込むな」だと、マスゴミの連中はそんな恫喝されて、「ハイハイ」と引き下がったんかよ。アホくさ。でだ、党の選挙責任者二人が「関与してない」とほざくなら、他の候補とは段違いのありえない多額の1億5千万円を候補に与えられるのはほかに誰がいるんだといえば、それは陰険なアベしかいないじゃん。選挙当時の総裁だぜ、つまりは二階もアマリも犯人はアベデンデンでごじゃいますと白状しているようなもんじゃないかい。それでも、ヘタレの検察は動かないわけかい。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

25日の3つの衆参選挙ではアベデンデンのクソ政治踏襲のスダレ政権にゲンナリなのか自民3敗のアホくさ。米アカデミー賞は中国人39歳女性監督の「ノマドランド」が作品賞、監督賞、主演女優賞受賞の快挙

セクシーデージンことアホすぎるコイズミガキの検証も何もないやってる感だけドヤ顔さらしパフォーマンスのレジ袋有料化とか庶民に負担押し付けるだけの超愚策だし、火男能無しバカ老人アホーアッソーは相も変わらずの暴言かましてはバカのクソらしく一人悦に入るようなアホクソさ連発だし、スダレなんて、官房長官時代の「問題なし」「指摘は当たらない」などのテメエが質問に臨機応変に答える能力がないからこその姑息極まる会見対応していたことからもう自明のあまりにこれもコイズミガキ並の低能晒し続けても官僚の書いてくれた質問回答書などを、これまたアホの象徴みたいなアベデンデンのゲスなやり方を踏襲して必死に朗読するだけで務まる首相なんていうのも、今や貧乏化まっしぐらの日本にはお似合いってことかな。どうでもいいけど。

 

ところで、最近は体調最悪なんでニュースなんて基本どうでもいい感じでほとんどチェックもしないのだが、たまたま見たツイッターで知ったんだが、4月25日にスダレ政権初の国政選挙となる衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙が投開票されていたんだってさ。それで、金まみれ自民党は当然のごとくに全敗したそうな。それも極めて低い投票率でね。つまりは低投票率は自民カルト党に優位なはずなんだが、それでも敗退って、そらね、モリカケ疑獄、桜を見るクソの会疑惑、莫大な税金をどこかに横流ししてしまったゴミとカビまみれのうす汚いマスク問題等々アベデンデンの数多くの犯罪案件がまるで追及もされず、ゴロツキアベが野放し状態という無法国家日本なんだから、それを放置のスダレだし、奴隷根性の染み込んだアホすぎる日本人でも少しは覚醒してくるだろうよ。しかし、笑えるのが、憲法の表現の自由を守ろうとした知事をリコールしようとしたゲスゴロツキ集団右翼連中と組んでリコール活動に励んだ空前絶後のクズ政治屋の嫌らしい気味の悪い名古屋弁かます河村ナンチャラ市長が4選されてしまったことかな。ゴロツキ集団維新をのさばらせてしまって、医療崩壊の地獄状態で自業自得の大阪府民と並ぶアホが名古屋市民ってことやな。

 

というわけで、25日の選挙に関することはどうでもいいんだが、26日(アメリカでは25日)はアメリカアカデミー賞の授賞式やった。昨年前は2,3月だけ契約して、アカデミー賞の生放送を楽しんでいたWOWOWも契約しなくなったんで、2ヶ月遅れになった今年の授賞式がどんな形式で実施されたのかはまったくわからなかった。まあ、結果だけわかればそれでいいわけで、ネットのある映画サイトでの情報発信を株式相場チェックしながら見ていた。昨年からコロナ禍もあり、映画館で映画を観ることが激減し、家でブルーレイなどで楽しむことが主になってしまい、この半年映画館で1本も観ていない。こんなことは生涯初めて。毎年大量に観ていたしね。しかし、最近はアヴェンジャーズとかなんだかどれ観ても同じようなものばかりで、興味が激減したのもあり、過去の映画のほうが観る楽しみが多いんだよね。

 

まあ、そういうことで、今年のアカデミー賞のノミネート作品は当然のことに1本も観ていないので、予想の楽しみもない。受賞発表はスタッフ賞から最後の作品賞へというのが毎度のパターンなのだが、今年はなぜか一番最後の受賞発表が主演男優賞になってしまったようだ。ネット上ではいろいろ取り沙汰されているが、まあどうでも良いやということで、今年の受賞者・受賞作品は以下の通り。時間経過を追って書いていたので、並びは上が最終発表の主演男優賞になっている。内容チェックしてみると、幾つかぜひ観てみたい作品があるね。

 

主演男優賞は『ファーザー』アンソニー・ホプキンス

主演女優賞は『ノマドランド』フランシス・マクドーマンド

作品賞は『ノマドランド』

歌曲賞は『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』「Fight For You」

作曲賞は『ソウルフル・ワールド』トレント・レズナーなど

編集賞は『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』ミッケル・E・G・ニルソン

撮影賞は『Mank/マンク』エリク・メッサーシュミット

美術賞は『Mank/マンク』

助演女優賞は『ミナリ』ユン・ヨジョン

視覚効果賞は『TENET テネット』

長編ドキュメンタリー賞は『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』

短編ドキュメンタリー賞は『コレット(原題) / Colette』

長編アニメ映画賞は『ソウルフル・ワールド』

短編アニメ映画賞は『愛してるって言っておくね』

短編実写映画賞は『隔たる世界の2人』

音響賞は『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』

監督賞は『ノマドランド』クロエ・ジャオ

衣装デザイン賞は『マ・レイニーのブラックボトム』アン・ロス

メイク・ヘアスタイリング賞は『マ・レイニーのブラックボトム』

助演男優賞は『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題) / Judas and the Black Messiah』ダニエル・カルーヤ

国際長編映画賞は『アナザーラウンド』

脚色賞は『ファーザー』フロリアン・ゼレール&クリストファー・ハンプトン

脚本賞は『プロミシング・ヤング・ウーマン』エメラルド・フェネル

 

「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督はまだ39歳の北京生まれの中国人で、アジア系女性監督としては史上初の快挙だ。監督賞は女性監督としては『ハート・ロッカー』(2008)のキャスリン・ビグロー監督以来史上2人目、しかも作品賞、主演女優の主要賞受賞だ。フランシス・マクドーマンドは「ファーゴ」「スリー・ビルボード」に続く3回目の主演女優賞。

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

MRI検査して、坐骨神経痛はやはり腰椎の一部に異常があるのが要因かなと。暇に任せてネット見て、今日のアホくさ。捏造・隠蔽政治の悪党アベデンデンが朝日新聞を「捏造体質」とかますアホくさ。小池都知事が午後8時以降は店舗などの照明消せだとさ。まるで戦前の灯火管制のアホくさ

前の久しぶりのブログ記事で「2月下旬から右足に坐骨神経痛(これは症状であり、原因は腰部の脊柱菅狭窄症かすべり症かな。脊椎手術これまで3回受けてんだが、こういう坐骨神経痛は初めてや)が出てきて」なんて書いたんだが、予約ができたMRIの撮影を今日してきた。脊椎手術を3回もしているんでMRIには慣れてはいるんだが、あの閉鎖空間とガンガンうるさい音に晒され続ける20分間ほどはほんま嫌なもんや。というわけで、撮影終了して、診察になって、やはり腰椎の一部に異変があるようで、それが神経を圧迫している可能性が大きい。とりあえず、前回の診察時から処方されている痛み止めのリリカ(プレガバリン)をちょっと処方量を増やして様子見に。次回診察はGW連休明けになり、状態が改善しないようなら手術の可能性もあるわけで、コロナ禍と合わせて暗いうんざりする連休になりそうだ。

 

体調も悪いので、ネット見る気力もあまりないのだが、診療から帰宅して、ちょっと株式チェック。あまり良い雰囲気でもない相場やね。まあ、今年に入ってからは売却ばかりしてきて、持ち株の投資額に占める比率は減少していて、現状では31%ほどになっていて、ゲット予定配当金・分配金も昨年末には270万円ほどあったのが、195万円ほどまでに減少しているほどだ。所有銘柄も一時の40超えから現在は20銘柄と少なく、うち4銘柄は1単位だし、ほとんどは最安値圏で買っているしで、まあ慌てても仕方ないし、株は我慢が肝心ということでのんびり行くしかないやね。で、暇に任せてパソコンでちょっとネット見ていたら、アホくさがいくつかあった。適当に挙げると。

 

まずは毎日新聞の記事で

◆◆◆◆◆◆◆

安倍氏が朝日新聞批判「捏造体質変わらないようだ」具体例示さず

毎日新聞 2021/4/22 20:40(最終更新 4/23 01:48)

 安倍晋三前首相は22日、東京都内で行われた講演で、朝日新聞の報道について「なかなか、捏造(ねつぞう)体質は変わらないようだ」と批判した。「捏造」の具体例については言及しなかった。

 安倍氏は、若手議員への教訓として「私は(衆院)当選3回のときから批判されてきた。ずっと批判され続けても首相になったので君らもしっかり批判されろと言っている」と述べた。そのうえで朝日新聞の経営状態について「なかなか今厳しい状況にあるという説もある」とも指摘した。【遠藤修平】

◆◆◆◆◆◆◆

これほどアホくさなものはない。毎日新聞も無批判にこんなものを記事にするなよ。詐欺師まがいの売国奴アベデンデンが朝日新聞をけなしているのがそんなに嬉しいのかい。アベデンデンっていうクソ野郎が、モリカケ疑獄や桜を見る会疑惑、疑惑まみれのカビだらけのゴミマスク問題などテメエの犯罪疑惑をまったく説明もしていないことを放置して、メディアを具体例も挙げないで「捏造体質」とかますこいつこそ「捏造まみれ」そのもののクズ野郎なんだが、嬉しそうにクソの発言を垂れ流すその体質こそアベの尻舐めに堕した日本マスゴミの劣化なんだよな。クズ野郎が「批判され続けて」なんてほざいているが、日本語を理解できずその批判を詐欺まがいのアホな言い訳などで逃げ続けただけで、批判などに真正面から真摯に答えたことなど、このクソは一度もない。毎日新聞の記者もそういうアベデンデンの悪質な首相時代の捏造・隠蔽ぶりを記事にすることがお前たちの仕事なんだが。

 

その気持ち悪い限りの稀代の悪党政治屋アベデンデンがコロナ禍をまんまと利して、何の役にも立たないテメエの利権関係だけを潤すだけでしかなかったカビ、ゴミだらけの小さすぎるガーゼマスクの配布という莫大な税金をどこかの利権収奪屋に垂れ流しただけの凶悪犯罪があったが、いまだにアベデンデンはその疑惑に対して一言の説明などもせずに国民を愚弄し続けている。そのゴミマスクに関して、時事通信の記事にこんなのがあった。

◆◆◆◆◆◆◆

「アベノマスク」評価は? 全戸配布開始から1年―使用3.5%「意図伝わらず」

<2021年04月18日07時34分

 「アベノマスク」とやゆされた布マスク2枚の全戸配布を政府が始めてから、17日で1年が経過した。「税金の無駄遣い」と批判が相次ぎ、届いたマスクを福祉団体などに寄付する動きも広がった。政府は「一定の効果はあった」と主張するが、芳しい評判は聞こえてこない。<

東京都台東区の「ギャラリー・エフ」は昨年4月、不要分を有効活用しようと、店の前に「アベノマスクポスト」と書いた回収箱を設置した。毎日50枚程度が投函(とうかん)され、集まったマスクは山谷地区の労働者を支援する団体に送った。現金を同封する人もおり、送り先から感謝されたという。しかし、オーナーの村守恵子さん(75)は「なぜ無駄遣いと考えずに先走ってしまったのか。もっとやることがあったのでは」と、そもそもの政策に疑問が拭えない。

厚生労働省によると、全戸配布にかかった費用は総額約260億円。日本郵便のシステムを活用して約1億2000万枚を配り終えたのは、開始から2カ月後の昨年6月20日ごろ。既にマスク不足はある程度解消した時期だった。

情報基盤会社プラネット(東京)が昨年7月時点で実施したインターネットによる調査では、アベノマスクを使っていると答えたのはわずか3.5%にとどまった。有識者でつくる民間臨時調査会が昨年10月にまとめた政府の新型コロナウイルス対応についての報告書は「(マスク値崩れの)効果をある程度持ったことも確か」と評価しつつ、「総理室の一部が突っ走った。あれは失敗」という官邸スタッフの証言を引用。「政策意図が国民に十分に伝わっていたとは言い難い」と総括している。

◆◆◆◆◆◆◆

時事通信の記者もこんな甘ったるい記事を書いて、アベのゴミマスク問題を批判した気分にでもなっているんだろうか。配布開始時期、マスゴミはその税金ドロそのものでしかない疑惑だらけなのに調査報道でもしたか。まるでスルーだった。時事通信の元政治記者のボンクラ自民翼賛テレビコメント屋の田崎スシローなんてのはアベマンセーでゴミマスク問題なども国民騙しに励んでいたんだが。アホくさ。

 

アベデンデンが朝日新聞を批判したとの記事が掲載されていたアベデンデンのあまりにキモい腐敗したようにたるみ切った顔面があったんだが、そのキモい顔見ただけで体調がさらに悪化したわ。その記事の広告がパンティってのがまさにいわゆるアベっていう脳タリンの中においてのゲスにはぴったりが大笑い。パンティでキモい顔面を隠蔽すってことか。

 

Photo_20210423185901

 

20210423-200731

 

もううんざりの極みのコロナ禍。マスゴミは毎日毎日感染数など嬉しそうに垂れ流し、飲食店いじめの自粛強要がさも正義のように流すアホくさ。そもそも日本の政府、自治体は科学的根拠なく、適当すぎる基準などでコロナ禍対策のアホくさ。マスゴミは感染数や死者数を毎日うるさく発表して国民恫喝に励むが、日本では病気や事故などで毎日4000人ほどの人間が死んでいるんだよね。そういう現実から見たらコロナで死んだ人間の数の少なさ。しかも、インフルエンザで死ぬ人間は毎年かなりの数がいるんだが、その数はこの所まったくいないのか、触れもされない。まあどうでもいいけど。ところで、実質的にはなんのコロナ禍での対策もできていず、適当な会見だけしているパフォーマンス屋、緑のたぬき回転寿司婆さん、小池都知事が23日の定例会見で、新型コロナウイルス対策で人出を抑制するため、午後8時以降は街灯を除いて店頭などの照明を消すよう業界団体などを通じて要請すると明らかにしたとさ。

なんやこれ、この婆さんだが、自分が何を言っているのかわかっているのだろうか。午後8時以降に店舗などの照明を消すこととコロナ感染対策になんの関係があるわけなんだ。まるで戦前の灯火管制じゃん。その前に禍々しいちんどん屋ごっこをしている聖火を消せや。あまりのアホくさに坐骨神経痛がさらに激化したわ。

20210423-202512

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

体調全く優れず、ネット見る気力もなく、ブログなんて書く気ナッシングで、気がつけば2月中旬以来書いてなかったな。で、生存確認で久しぶりにゲス政治屋どもに関する駄文

銀被せが外れた奥歯、縦に裂けてしまった奥歯と1月中旬に歯2本に支障を来したんだが、歯の治療、とくに縦に裂けた歯は神経を抜く処置をする必要があり、保険治療だと1回の治療が大体30分だからチンタラとダラダラ治療が続いてほんまうんざりなんだよね。混んでいるから予約がなかなか取れずに、結局裂けた歯の治療は6回あり、終了したのは3月末に。とにかく、歯ってのは1本が状態悪いだけでかみにくいし、気分悪いんだよね。その間にとうとう70歳になってしまった。しかも2月下旬から右足に坐骨神経痛(これは症状であり、原因は腰部の脊柱菅狭窄症かすべり症かな。脊椎手術これまで3回受けてんだが、こういう坐骨神経痛は初めてや)が出てきて、ネット情報など見て、ストレッチなどしてみても痛くなるばかりで、座っていると痛みは緩和するのだが、立ち上がって歩くと尻からふくらはぎ下まで痛みがズキンと走り、歩くのも難儀や。そんなわけで、ネット徘徊もあまりする気力もなく、ブログなんて書く気も起きずに、気がつけばブログも2月中旬から書いていなかった。

 

まあ、書いたところで、収益になるわけでもないし、たんなる日記みたいなもんなのでどうでもいいんだが、それにしても、たまにツイッターなど見るだけでも、詐欺師まがいの売国政治屋アベデンデンのクソDNAをそのまま悪継承したスダレ政権のヘタレぶりは凄まじいね。官房長官時代からアベデンデンのモリカケ疑獄やさくら見る会疑惑などアベの犯罪の隠蔽にだけ執心し、「問題ない」など質問にまともに答えることできない無能力ぶりを晒し続けてきたアホなので、その政権の閣僚、不自由非民主カルト党のゴキブリ議員(完全にボケ状態の超高齢ニカイがこども庁=官僚の権益増やすだけの馬鹿の極み。老人庁なども作れや=推進のトップの超絶アホくさ)などアベデンデンのアホDNAに真っ赤に伝染してしまった奴らの魑魅魍魎丸出しのゴロツキ満載ぶりにはアホくさの限り。

 

コロナ禍でももとからコイツラのテメエらの利権死守にしか興味なく、国民の命を守ることなどハナから興味ナッシングの醜悪さが匂い立つばかり。アベデンデンの長期の日本破壊工作で、日本人はすっかり貧乏になり、今や韓国や中国の給与水準以下の貧乏国民ばかりに成り果てて、コロナ禍でもその対策のヘタレぶり、ワクチン接種の世界でも最底辺の実施率。そして、日常商品の物価は急激に上昇してんだが、能無しの日銀が未だにデフレ対策とかほざくアホくさ。しかも、年金、社会保障などどんどん劣化していくばかり。それでも、奴隷根性の染み込んだ日本国民は怒りもせず、コロナ禍で自粛せんかいと国、自治体首長から発せられると言われるがままにおとなしく従うアホくさ。

 

まあ、不自由非民主カルト党マンセーしかできない記者クラブの利権にべったりハマっている大マスゴミの国民騙しの洗脳記事がその奴隷を作り出してきた元凶なんだけどね。その奴隷根性染み込んだ国民の中でもアホの極みの一つが大阪府民というアホ集団だろうね。ハシゲ以来ゴロツキでしかない維新というゲス集団のクズを知事や市長に無批判に祭り上げ続けてきて、現況ではコロナ感染状況最凶最悪の地獄状況だ。だいたい、ハシゲ時代から医療、伝統芸術とかカネのかかるモノを断舎離し続けてきたのが大阪や。それを支持し続け、アホの極みの大阪都構想などという利権収奪のために莫大な税金使って住民投票繰り返しにも唯々諾々だったわけで、そのツケがコロナ禍で完全露呈して、医療崩壊してんだが、まあアホな大阪府民の自業自得やな。どうでもいいけど。それにしても、テメエの政策責任一切忘却して、まるで他人事のように会見する吉村っていうイソジン知事(不急の手術などは延期せよともう滅茶苦茶。不急の手術って美容整形ぐらいだろうが)もアベデンデン級のクソやな。松井かなんだか知らないが雨合羽市長共々大阪府民にはお似合いだということか。

 

大阪だけじゃなく、東京都知事やっているらしい緑のたぬき回転寿司婆さんもひどいもんだが。最近はあまりやっていないようだが、一時は都庁職員に作らせたプラカードを掲げるだけのアホくさ会見をマスゴミに垂れ流させて選挙運動まがいのばかりだったし、世界中が都市封鎖とかわんさかなのに、五輪ヤルのバカ一直線。そのバカぶりの頂点に達したのが、先日の変異株上昇を受けて発した「通勤を含め、エッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京へ来ないでいただきたい」と訴えたことやな。東京へ来ないでという一方で、東京五輪は実施するとくる支離滅裂。実施しないと利権まみれの連中にとってはまずいんだろう。まあ、勝手に五輪をやればいいんじゃない。世界からは観客は来ないし、選手も選考もできていないし、来られるわけもないし、日本人選手だけで無観客でやればいいじゃん。エントリー全種目日本人で金銀銅メダル完全独占の史上初の快挙だわ。それにしても大阪はじめ、東京ほか飲食店の営業短縮自粛強制のアホくさ。飲食店は怒りを爆発させて良いよな。

 

最近で一番のアホくさはなんと言っても、無能の象徴、関東最底辺の偏差値大学しか行けなかった小泉バカガキの失笑発言かな。「皆さん知ってましたか。プラスチック製品って石油から出来てるんですよ」ときた。さすが無知の象徴野郎だけある。そんな事も知らなかったようで、今になって知って、ドヤ顔ときたアホくさ。レジ袋、さらにアホ度を増したプラスプーン等有料化などのキチガイ路線一直線で、一般国民の負担増加させて喜色満面のドヤ顔晒してます。そんなにCO2削減と温暖化という科学的にも立証されていないことでこんなバカにかき乱されるアホくさ。ならば、ペットボトルも廃止しろや。まあ、こいつは原子力マフィアの手先環境ゴロツキ運動家ヒステリー少女グレタ・ツンベリと同類だが。こいつと並ぶ、アホ政権のバカの双璧、アホーアッソーの暴言爆発も相変わらずで、そのキチガイぶりを批判もせずに「麻生節」とかアホこきまくってきたマスゴミの罪のあまりの深さ。最近もこの火男面のアホゲス爺が福島原発の汚染水を「飲んでも問題ねえわ」とかかまして、そのアホぶりを爆発させてたね。まあ、アホに何言ってもカエルのツラにションベンなのだが。

 

Photo_20210419014101

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

アベデンデンの犯罪追及もできない情けない記者クラブマスゴミに対し、フライデーがアベの問題は終わっていないと追及記事。文春など週刊誌しかまともにジャーナリズム精神ないのかよ

シンキローの後釜五輪組織委会長に密室で決められたシンキローの子分でしかないセクハラ・パワハラやり放題の五輪フリーク・筋肉脳の橋本聖子が決まったんだが、これって、笑ってしまうほどのシンキロー院政の利権だけしか思考にないまさに不自由非民主カルト党らしい税金にたかることしか出来ないゴロツキ集団の常套手段。五輪と政治は別なんて表向きは言うものの、橋本も自民はいやいや離党したものの、歳費が欲しいんで、会長職のギャラも含めて税金たっぷり懐にしたいんでどうしても議員は辞めないわな。ボランティアを強制される国民なんだから、議員歳費があるんだから、当然に会長職は無給の完全奉仕と考えていいんだろうね、橋本おばさん。

 

モリカケ疑獄、桜を見る会疑惑、ゴミとカビだらけの数百億円がどこかへ雲散霧消したゲスマスク問題など、どれもこれも解明も全くされず、アベの尻舐めマスゴミは調査報道もせず野放しで、アベの丁寧な国民の納得できる説明も皆無で、国会でウソ八百吐きまくったと国会当局から言われてしまうほど詐欺師まがいの政治屋がアベなんだが、2回目の仮病詐欺で首相職を放り投げて逃げているくせに、あのたるみきった気持ち悪い顔晒して、橋本の会長就任に関しても偉そうなことほざいてます。ほんまコイツの映像見るだけの吐き気しかないわ。

 

Photo_20210219235701

 

ところで、アベデンデンの犯罪追及もできない情けない記者クラブマスゴミに対し、フライデーがアベの問題は終わっていないと追及記事を載せてます。大マスゴミ様が記者クラブという甘い構造にべったりハマっていて、まともに機能しない日本の気色悪い現状では文春やフライデーのような週刊誌しかまともにジャーナリズム精神ないのかよということやな。

235

| | コメント (0)

東京五輪組織委の会長にシラミの脳みそシンキローの後任としてシンキローの子分そのものの体質も同類の筋肉脳の橋本聖子が秘密選考で決まったが、リテラがその橋本のパワハラ・セクハラ、極右体質を詳細に書いていてなるほどだね。まあ自民ゴロツキクサレ党そのものを体現しているだけの女やな

そのリテラの記事だが、詳細に橋本の問題をえぐってる。


◆◆◆◆◆◆◆


五輪組織委会長に決定の橋本聖子が高橋大輔の他にもセクハラ! 池江璃花子選手の白血病に「神様の試練」、ガバナンス不要論に政治利用


 


「性差別発言」で辞任を表明した東京五輪組織委員会・森喜朗会長の後任人事だが、候補者検討委員会から就任要請を受けた橋本聖子・五輪担当相がこれを受諾し、大臣を辞任。本日夕方、理事会で新会長に選出された。


 さっそくメディアでは、橋本氏について「女性」「アスリート経験者」「バッハ会長とも関係良好」など条件を満たす人物として取り上げられているが、しかし、この人事も結局は川淵三郎氏のときと同じ「密室禅譲」に変わりはない。


 後任人事をめぐっては、森会長が川淵氏を新会長に“密室禅譲”をおこない、「差別発言をして辞任する人物が後任を指名するのはおかしい」「正当なプロセスを踏んでいない」と猛批判が巻き起こったことを受け、一度は川淵案でOKを出した菅官邸が一転して介入し白紙にさせた。その際、後任最有力として浮上したのが橋本五輪担当相だったが、橋本氏を後任に押し上げたのは言わずもがな菅首相だ。


 菅首相は橋本氏が「女性」であることを重視したと言われているが、もっとも大きい理由は、橋本氏を会長に据えれば政権の意向を押し通させることができるからだ。今年、総裁選と解散総選挙を控える菅首相にとって、東京五輪の開催は支持率が低下するなかでワクチンと並ぶ「最後の切り札」。橋本氏を“操り人形”にし、何がなんでも五輪を開催するという方針を貫かせようというわけだ。


 しかも、橋本氏は森会長の“傀儡”でもある。そもそも橋本氏は、森会長が自身の派閥である細田派で育てた秘蔵っ子。橋本氏自身、五輪担当相に就任した際には「森会長は私を政界に導いてくれた、父みたいな存在」と語り、対する森会長も「パーティとかで私が演壇に向かうと、いつも手を取って助けてくれていた。でもこれからはさすがにマズいよなー」などと語っていた。


 つまり、森会長と武藤敏郎事務総長の支配下にある組織委にとっても後任に橋本氏を据えることは好都合であり、橋本氏を推すことで菅首相は森会長の顔を立てたのだ。


 今回、組織委は検討委員会を立ち上げたことで「透明化」を強調したが、結局は検討委員会も菅官邸が敷いた「後任橋本」ありきのレールの上を走っただけ。現に、組織委は会合非公表、検討委員会のメンバーも非公開という事実上の「密室」をつくり上げ、議事録の公開を求められても、武藤事務総長は「プライバシーに関わる。それはちょっと私は、非常に大げさに言えば、人権問題に関わりかねない。やめるべきだと思う」などと口にしている。


 ここまで国内外から猛批判を受け、本来ならつまびらかにすべき選考過程を「人権問題」という無茶苦茶な理由で明らかにしないという異常さ──。これは「後任橋本」という人事が、オリンピック憲章の「政治的中立」に反した“政治的な思惑”のみで決定されたことの何よりの証左だ。


 


■高橋大輔選手へのキス強要をIOCも把握し難色 仏AFP、英BBCなどが一斉に報道


 しかし、「女性」の橋本氏を新会長としたところで、国際社会が納得することはないだろう。無論、それは橋本氏がフィギュアスケートの高橋大輔選手に対しておこなったキス強要という「性暴力」の問題だ。


 これは「週刊文春」(文藝春秋)2014年8月28日号に報じられたもので、記事によれば、ソチオリンピックの閉会式が終わった後に選手村でおこなわれた打ち上げパーティーで、当時、日本選手団団長だった橋本議員が高橋選手に抱きつき何度も強引にキスをしたとし、その様子が写真付きで掲載された。


 当時、橋本氏側は「無理やりではない」と説明し、高橋選手も「パワハラ、セクハラとは思っていない」と述べたが、スポーツ界で強大な権力を手中におさめる橋本氏に対して「いちアスリート」である高橋選手が抵抗することは難しいことは言うまでもない。つまり、橋本氏は権力を利用して悪質なパワハラ・セクハラ、性暴力をはたらいたわけだが、ところが、このとき自民党も日本オリンピック委員会もスケート連盟も、橋本氏に処分を下すことはなかった。


 性別に関係なく権力を利用した性暴力は否定されなければならないものなのに、不問に付した自民党とスポーツ界──。性差別と同様に性暴力に対して厳しい態度をとろうとしない日本社会の悪しき縮図がここにも見て取れるが、しかし、国内では水に流せても、国際社会は見逃さないだろう。


 実際、〈国際オリンピック委員会(IOC)も過去の週刊誌報道を把握し、難色を示しているとの見方も関係者の間にあった〉(朝日新聞17日付)といわれ、国際競技団体幹部も「ハラスメントに厳しい海外では一発アウト。国際オリンピック委員会(IOC)は歓迎しないだろう」と述べている(毎日新聞ウェブ版17日付)。さらに、「後任は橋本氏が有力」と報じられて以降、海外メディアもこの問題に注目。仏AFP通信は過去にキス強要が週刊誌に報じられたことがあると紹介し、英BBCの大井真理子記者もセクハラ問題を英語でツイートし、当時、この問題を報じた豪シドニー・モーニングヘラルド紙の記事にリンクを貼って伝えた。


 


■「週刊文春」が報道した「セクハラ常習」 男性に対しての“露出癖”の証言も


 高橋選手に対するキス強要について、海外メディアが反応したのは当然だろう。オリンピック憲章には〈あらゆる形態のハラスメントおよび虐待からアスリートを保護することを促進する〉とあるが、橋本氏はこれに反する「加害者」にほかならない。今回の新会長就任の打診では、橋本氏が難色を示したと言われ、その背景には会長就任で場合によっては議員辞職をせねばならず、そのときの金銭的な問題があるということと、もうひとつこの「性暴力」問題を気にしていたと報じられているが、正式に就任すれば海外メディアも本格的に報じることになるだろう。


 しかも、問題なのは、橋本氏が自身の行為を「性暴力」と捉えていない、ということだろ。


 というのも、本日発売の「週刊文春」によると、批判を浴びた当時、橋本氏はこんな弁明をおこなっていたというのだ。


「頑張った息子に、ママのところに来なさい、という思い。最初は嫌がっていたが、その後はそんなことはなかった」


 セクハラや性暴力をはたらいた加害男性が「娘のように思っていた」「嫌がっていなかった」だのと言い出すことは日常茶飯事だが、橋本氏の弁明はこれとまったく同じ。橋本氏の言い分は権力を持つ自分と抗えない立場に置かれた相手という非対称性を無視した無意味なものであり、同時に、自身がおこなったことが性暴力であることをまるで自覚していないという証明でもある(しかも「最初は嫌がっていた」と自分でも言っている)。


 その上、この「週刊文春」では「橋本聖子はセクハラ常習犯」と題し、元女性議員が「聖子さんはキス魔。髙橋大輔だからじゃない。女子会でも、ある程度アルコールが入ると、みんなにキスを迫るんです。鍛えているから、羽交い締めにされて」と被害を語り、男性に対して“露出癖”もあったことを伊達忠一・元参院議長が証言している。橋本氏が新会長就任の打診に対し難色を示したのは、こうした問題が今後どんどん掘り返されることを懸念した可能性もあるだろう。


 だが、橋本氏が組織委の新会長にふさわしくない理由はほかにもある。そのひとつは、白血病を公表した競泳の池江璃花子選手に対する発言だ。


 


■池江璃花子選手の白血病に「五輪の神様が池江の体を使って言ってきた」「コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない」


  2019年、池江璃花子選手が白血病を公表したとき、桜田義孝五輪担当相(当時)が「本当にがっかり」「盛り上がりが若干下火にならないか心配」と発言して非難を浴びたが、橋本氏が講演でおこなった発言はもっとひどかった。


「私はオリンピックの神様が池江璃花子の体を使って、オリンピック、パラリンピックというものをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかなというふうに思いました。あらゆる問題が去年から頻繁に、スポーツ界には起きました。池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきではない、ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさい、ということの発信を、池江選手を使って、私たちに叱咤激励をしてくれているとさえ思いました」(朝日新聞デジタル2019年2月16日付)


 メディアでは「オリンピックの神様が池江璃花子の体を使って、オリンピック、パラリンピックというものをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかな」というオカルトじみた発言にクローズアップするかたちで報じられることが多かったが、それ以上に批判されるべきなのは、その後につづく「池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきではない、ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさい、ということの発信を、池江選手を使って、私たちに叱咤激励をしてくれているとさえ思いました」という部分だろう。


 橋本氏は「オリンピックの神様」が池江選手の身体に試練を与えて、「スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきではない、ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない」とメッセージを送っているのだと解釈しているのだ。ようは「ガバナンスやコンプライアンスなんてどうでもいい」と言っているのに等しい。これこそ、政治利用以外の何物でもない。


 周知のとおり、当時日本のスポーツ界では東京五輪を前に、女子レスリング伊調馨選手に対する栄和人強化本部長(当時)のパワハラ、日大アメフト部の危険タックル強要問題、女子体操の宮川紗江選手に対するコーチの暴力と協会幹部のパワハラ、アマチュアボクシングでの不正判定や助成金の不正流用、ウェイトリフティング女子日本代表監督によるパワハラなどなど、「ガバナンス、コンプライアンス」の問題が次々と噴出していた。いずれの問題でも競技団体のコンプライアンス意識の欠如、ガバナンス不在が露呈した。対策や改善が急務である一方、暴力的指導や強権支配など悪しき体育会体質は根深いものがあり、その道筋はいまだ不透明だ。
 
 そんな渦中に、あろうことか選手の病にかこつけて「ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない」と言ってのける──。スポーツ界に多大な影響力を持つ人物が選手の立場に寄り添うどころか、選手の病を利用してスポーツ界の不祥事を放置すると宣言するとは、その神経を疑わざるを得ないものだ。


 


■東京五輪での旭日旗持ち込みにお墨付きを与えた橋本聖子五輪担当相の体質


 しかも、もうひとつ忘れてはならないのは、橋本氏は五輪担当相として「旭日旗」の東京五輪会場への持ち込みを禁止せず認める方針を打ち出した人物であることだ。


 この問題は、2019年9月に東京五輪組織委が「旭日旗は日本で広く使用されるため、それを防ぐ理由がない」「旭日旗自体には、どのような政治的意味も含まれていない。そのため禁止品目とは見なさない」として「旭日旗」の持ち込みを認める方針を示したことに端を発したものだが、これに対し、橋本五輪担当相も「旭日旗が政治的な宣伝になるかということに関しては、決してそういうものではないと認識している」とお墨付きを与えたのだ。


 「旭日旗」は紛れもなく戦前・戦中日本の軍国主義の象徴だ。韓国や中国のみならず、日本が侵略したアジア諸国からも批判が起こることは当然であり、まがりなりにも「平和の祭典」を標榜する五輪に持ち込むなど、国際社会の常識で考えればありえない判断だ。この橋本五輪担当相の判断は、明らかに森会長の意向に追随したのと同時に、その森会長とも極右思想をともにする当時の安倍晋三首相の意向を反映したものだが、橋本氏が組織委新会長となれば、こうした大日本帝国の侵略戦争の正当化というプロパガンダといった極右勢の五輪利用が繰り返されることは目に見えている。


 「新会長が女性」であることを隠れ蓑にして、政治的介入による事実上の「密室人事」をおこなって菅首相、森会長、安倍前首相の思惑が合致した「傀儡」を新会長に据え、組織委は性差別問題に向き合うことなく、今度は性暴力問題を黙認する──。これでは何も変わっていないどころか、あらためて腐りきっていることを明らかにしたようなものだろう。


(編集部)


◆◆◆◆◆◆◆


というわけで、まあこんな「男みたいな性格」(不自由非民主カルト党の竹下亘議員の橋本聖子評価)というか、親分の下劣利権だけ野郎シンキローそのままの体質を継承しているわけで、そんなのが偉そうに税金食い放題の迷惑でしかない五輪の会長にふんぞり返る運動会なんてまったくやる必要はないやね。まあ、現状の世界のコロナ禍事情見れば開催自体可能と思っている時点で狂っているんだが。マスゴミ含めて開催まっしぐら志向の連中は開催こそ利権享受なんだろうが。

| | コメント (0)

2021年2月18日 (木)

18日発売の週刊文春は=菅首相長男「ウソ答弁」証拠音声を公開する、橋本聖子はセクハラ常習犯=など面白そうな記事多く、dマガジン楽しみにしていたが、毎度の文春スクープ記事はカットで読めずがっくり

今日発売の週刊文春2月25日号は、その記事一覧を見るだけで読むのが楽しくなるようなもの満載だ。広告のタイトルから拾うと、

Photo_20210218163901

菅首相長男「ウソ答弁」証拠音声を公開する


高橋大輔「キス強要」写真,橋本聖子はセクハラ常習犯、五輪崩壊全内幕


NHK“驚きの有馬・武田降板”と菅・二階の怒りだ


など面白そうな記事タイトルが並んでいて、さらに昨日ブログ記事にした「自民党・白須賀衆院議員 緊急事態宣言下に麻布『高級ラウンジ通い』」なる記事もあるので、今日の発売を楽しみにしていた。と言っても雑誌を買いに走るわけでなくて、月額440円で雑誌250ほどが読み放題の「dマガジン」で読むつもりだった。

ところがだ、この雑誌読み放題が売りのdマガジンだが、実はほとんどの雑誌が全ページの記事を読めないのだ。雑誌によってはページ全体の数分の一しか読めないのも多く、週刊文春は最近の面白いスクープはほぼ全て読めず、文春オンラインとかネット上で記事をさらしてくれるのを待つか、よほど読みたければ買うしかない状態。まあ、基本部分がわかれば済むのがほとんどなので買うほどではないが。

というわけで、今週号は特に面白そうな記事が多いので、楽しみだったんだが、上記にタイトルを並べている記事はほぼ全て読めず状態でがっくりやね。まあ440円では週刊誌の1冊も買えないわけで、週刊文春以外も連載物など含めてかなりの部分を読めるだけでも楽しめるんだけどね。自動車やパソコン、グルメ、旅、グッズ紹介など趣味分野はまったく雑誌本体を買う気は起きないほどで、月440円は価値大だけどね。

| | コメント (0)

«島根県の丸山知事が県内聖火リレー中止検討を提案したそうで、コロナ禍で利権五輪のための無駄なお祭りだものな、当然だね、その知事を島根県は俺が仕切っていると思っているのか、竹下亘議員が偉そうに「知事の発言は不用意、注意する」だとさ、アホくさ