2017年1月 6日 (金)

日本の政治屋どもはどいつもこいつも「カイカクごっこ」自慢ばかりのアホ揃い。そんなにカイカク好きなら最も緊急な官僚組織のドラスティックな改革しろや。やる勇気もないくせに、カイカク詐欺はもううんざりだ

最近の政治屋の発するどうでもいいスローガンでダントツの回数薄汚い口から吐かれるのが「改革」なる意味不明のスローガンというか「まあカイカクと言っておけば馬鹿な有権者はかんたんに騙せるしな」程度の思考から来る政治屋どもの単なる口癖やな。

本来の改革とは全く無縁の自民クサレ党なんかがカイカクなどとほざくと失笑と言うかほぼ詐欺師にしか見えないからな。とくに口から息を吐くように嘘を吐きまくる先天性愚鈍の売国奴アベシンゾーなるゲスな生き物までがペラペラペラペラと「カイカク」と吐くに至ると、まずはテメエの頭脳を改革するのが一番だろうし、このバカを操っている官僚どもをドラスティックに改革するのがあらゆることに優先するんだが、知能指数が極端に低いこのゲス野郎には永遠に無理。

で、夕方のニュースをなにげに観たら、どこぞの新年会か何かを垂れ流していて、アホな都民をまんまと騙して都知事に成り上がったマダム回転寿司ババアがこれまた「東京大改革」とか中身さっぱり不明は詐欺言辞を吐いていた。都民としては一体東京で大改革って、そもそも改革すべきモノなんてねえよってことで、改革するなら超肥大化しまくっている無駄の極みの都の組織からだろうが。しかし、このおばはんにそんな気概があるわけでなし。これまでの(都民としては開催返上でいいよの)東京五輪をめぐる人気取りだけ狙いの醜悪なパフォーマンスの数々。結局大騒ぎするだけでなんの有効な解決もない魚市場移転問題と同じ。まあ、カイカクごっこして都民を騙し続けてくれ。で、回転寿司ババアなんだが、6日、(自民カルトのお友達で、労働者の敵)連合東京の新春の集いであいさつし、「7月の(都議選の)勝利まで一滴も飲まない」と断酒を誓ったんだとさ。どうでも良いよ、断酒を誓うほど酒が好きなのかよ。またまた、このおばはんお得意の都民騙しのパフォーマンスってとこか。

この政治屋の吐く無意味極まる「カイカク」なる、何もしていなくても言葉だけで有権者を騙し、自己満足に浸っている言葉だが、ノダ豚を幹事長にしてしまう究極の政治センスゼロの「政治屋ごっこに励む」レンホーおばさんも、その夕方のニュースで「我が党もカイカクを・・・・」ナンタラカンタラとこのおばさんらしくカイカクごっこ仲間を証明してました。まあ、ほんま鬱陶しくなるばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇をさえ見下す売国奴アベのウスラバカ脳内にあるのやはり今年も国民不幸にする「平和憲法破壊」のようで。民主党崩壊の戦犯豚ノダが「我が党はすでに水中に沈んでいる」と更なる自民党様への貢献発言

しかし、新年からアホのアベシンゾーの弛みきったアホ面を見るだけで新年気分も吹き飛び吐き気がするばかり。この独裁者気取りで天皇をさえ見下して、テメエの好き勝手放題に天皇を処遇するためにテメエの尻舐めの売国無識者(芸人学者御厨や極右のゴロツキばかりが集合の)会議まででっち上げる逆臣ぶり爆発させてんだが、まともな右翼などいればこんな売国ゲス野郎を野放しにしてなかっただろうな。

その売国ゲス野郎アベが年頭会見で、天皇譲位をめぐる国会での議論について、「決して政争の具にしてはならない。政治家はその良識を発揮しなければならない。」ときた。おいおい、その良識の欠片もない政治屋の象徴がテメエだろうが。まあ、こいつは一切の批判、諫言も関係ねえ(と言うかそれらの日本語自体を理解出来ない)世界で妄想こきまくるだけで、テメエのアホ政策などが全て問題なしと自画自賛しかできないほど精神的病状がますます悪化しているようで、速攻で病院に閉じ込めないとほんま日本は消滅するかもな。

しかもだ、経済の方は4年たっても悪くなる一方で、ほとんどの国民にとってはスタグフレーション状態だ。妄想でしかない効果ゼロのアベコベミクスかアホノミクスの3本の矢をまだ打つとか、全く完全に脳が腐りきっている。経済優先とか嘘吐きまくって、自民腐れ党の仕事始めには平和憲法全く無知のアホのくせにまたまた、「憲法施行から70年の節目の年でもあり、新しい時代にふさわしい憲法はどんな憲法か今年は議論を深め、形づくっていく年にしていきたい」と、売国ジジイの執念をまたまた吐くわけで、このバカには憲法破壊し、国民を不幸のどん底に陥れることしか興味が今年もないようで。ハワイで、オバマに終戦後のアメリカ様に感謝とか白々しく吐いていたんだから、それこそ憲法をアメリカの協力で作れたことを感謝するのがまず先なんだが、バカには理解不能か。それより、新しい時代にふさわしい憲法こそ現状の平和憲法なんだよゲス野郎が。

ところで、この先天性愚鈍売国奴アベシンゾーなるゲスな生き物がのさばる4年以上の日本史上最悪の国民皆殺し政権がでっち上げられるきっかけを作った民主党(なんだか知らないが現状では民進党なる党名になっているようで、どうでもいいけど)の当時の党首で首相をやっていたゴロツキ豚野郎ノダってのが、党の仕事始めで「政権を失ってから厳しい4年間が続き、われわれは、もう背水の陣ではなく、すでに水中に沈んでいる。そこからどうやって浮き上がり、岩肌に爪を立てて、よじ登っていくかという覚悟が問われる年だ」だとさ。やはりこういう民主党崩壊の最大戦犯を追放することなく、党内に飼ってしまい、さらには財務省の手羽先としての機能しかない事業仕分けなるアホをやりまくったレンホーが党首となってしまって、何を狂った(狂ったというよりはあのバカ女の虚ろな頭脳だからこそか)のか、戦犯豚ノダを幹事長にしてしまうアホ満開。小沢、鳩山などがいない時点で民主党にはなんの興味もなく、消滅していくだけのアホ集団だと認識していたのがさらに確信になったわけで、このテメエの民主党崩壊の責任もまるで感じないでの「水中に沈んでいる」発言には、さすが自民党のトロイの馬を証明したようなもの。どこまでも民進党を破壊したくて仕方ないようだ。これほどの糞を幹事長に選んだレンホーもまさに政治センスゼロってことで、まあ、このレンホーは自民党別働隊で国民騙しに邁進の回転寿司ババアとのなんだか連帯みたいな発言までしているわけで、勝手に崩壊してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

クラシック音楽漬けのきっかけになったカラスの「カルメン」の指揮者だったジョルジュ・プレートルが92歳で死去、合掌

3日のブログでウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのことを書き、その中で最近の指揮者ではジョルジュ・プレートルがお好みだったと書いたばかりのそのプレートルがなんと亡くなった。それもブログを書いた頃だ。好きな指揮者だっただけに残念。しかし、92歳であり、大往生か。合掌。

で、共同通信の記事で

◆◆◆◆◆◆◆

ジョルジュ・プレートル氏死去 フランスの指揮者

01/05 12:56、01/05 13:12 更新

 ジョルジュ・プレートル氏(フランスの指揮者)フランスのメディアによると、4日、同国南部タルン県で死去、92歳。詳しい死因は明らかにされていない。

 24年フランス北部ノール県生まれ。パリ国立高等音楽院卒。マルセイユ、リールなどのオペラ座指揮者を経て70~71年パリ国立オペラ座音楽監督。国際的指揮者としてウィーン、ミラノ、ロンドンなどで活躍し、マリア・カラスとの共演で人気を博した。

 08年と10年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートを指揮。各国の楽団を率いて来日公演も行った。(パリ共同)

◆◆◆◆◆◆◆

08年の指揮は評判が良く、ウィーンフィルから請われて10年も出演したんだよね。80歳代とは思えない闊達な指揮ぶりが印象的だった。フランスの指揮者だが、ウィーン交響楽団とも客演指揮で長い付き合いがあったし、ワルツなんかも肌にあったんだろうね。

クラシック音楽は中学1年の頃から趣味で聴き始め、小遣いを貯めては当時は贅沢品だったLPレコードを買って、同じレコードを何十回も聴いていたものだ。まだ数枚しかステレオレコードを持っていない中学3年生の時(1965年)かな、発売になったばかりのマリア・カラスの「カルメン」全曲盤をどうしても欲しく(とにかくカルメンが好きだった)て、貯めた小遣いに親からの援助で箱入り3枚組5000円のレコードを買った。レコード店からの帰宅時はもう超貴重品扱いで抱えて帰ったものだ。

そのレコードはレーベル部分が当時のエンジェルレコードとは違い、ゴールド色の豪華版で、指紋がつかないように扱ったものだ。そして、マリア・カラスの写真集と豪華対訳付き解説書付きで、何回対訳を読んだものか。なので、高校時代にその対訳のフランス語原文部分を読みたくて、ドイツ語(シューベルトの歌曲などのドイツ語原文で読みたかった)とフランス語を独学で勉強までしたぐらいだ。

そのカルメン全曲盤で知ったのが指揮をしていたジョルジュ・プレートルで、当時まだ40歳。その溌剌とした音楽作りに、その後プーランクのレコードなどを買った。クラシック音楽をますます好きにしてくれた指揮者だけに、いわゆる巨匠とかではないが、お気に入りの指揮者だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

株式市場も大発会で、新年相場がスタート。退屈な日々も解消。とりあえずある1銘柄を売却して9万円の新年お年玉ゲット。マネックス証券がリニューアルしたが、ログインさえできなかったり馬鹿らしいバグだらけでうんざり

株式市場も大発会で新年相場がスタート。退屈だった日々も解消なんだが、平均株価は時間経過とともにあれよの急騰で、400円超える上昇で、あっさりと19500円超えに。12月に売却した銘柄は全てが売却価格よりかなり上に。まあ、毎度のことで、持ち株すべて売却するとほぼすべての銘柄が上昇していくのが常なんで仕方ないやね。で、持っている銘柄は意外に上昇していない、ってのも毎度のこと。しかし、年明け初の売却益を得ておこうかと、一時は4000株ほど所有していたが、現状では500株のみとなっている銘柄を全売却。売却益約9万円をゲット。まあ僅かではあるが、お年玉として良いスタートということでチャンチャン。

ところで、契約しているネット証券3社のうち、マネックス証券が年明けからサイトをリニューアルしているんだが、なんだか異常に使いにくくなってしまっている。銘柄ごとに自動更新する株価ボードが単独で表示できなくなってしまっていて、複数銘柄の株価ボードを並べてチェックできないわ、株式売買状況を確認しようとすると、エラー表示で売買ができたかどうかの確認もできない最悪のバグやいろいろとバグがあり、どこがリニューアルだよのアホらしさ。後場に入ってさらにバグはひどくなり、パソコンによってはログインさえできないというか、ログイン画面さえ表示できなくなってしまった。最低最悪のリニューアルだ。大江アナの旦那もっとしっかり経営しろよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

能無し芸人馬鹿騒ぎだらけのクソ番組だらけ(うす汚い日本を目指すアベにはお似合い)の中、唯一堪能できた「ウィーンフィルニューイヤーコンサート」で、退屈だった正月も明日の株式市場再開で退屈も消えます

面白くもない芸人ばかりが馬鹿騒ぎする番組(しかも殆どがテレビマンが年末年始を豪華休暇取るために年末に激安ギャラの下請けプロダクションを総動員してでっち上げたもの)ばかりで、テレビをオンすれば気分悪くなるだけで、しかもニュースとくると売国奴アベシンゾーの広宣機関でしかなくなった皆様の敵エヌエチケーがアベシンゾーの腑抜け顔を垂れ流して、貴重な税金をこそ泥してのゴルフ、贅沢会食ぶりをマンセーするだけ、なんとも本当の意味での世紀末退廃の極地に達した日本の政治・マスゴミのゴロツキゲスぶりに反吐出るばかり。こういう税金に寄生するしか能のないアホなんだが、うんざりするのが毎度毎度「カイカク、カイカク」とわめきまくっていること。しかし、何をカイカクするか具体論をさっぱり吐けない愚鈍さ。それより、保守というなら良きものを徹底的に保守しろ。カイカクすべきはテメエの憲法破壊しか思考できないボケナス脳だけで十分だ。

まあ年末から三が日と東京は晴天続きで寒さも和らぎ気持ちの良い日々だったので、1日は毎年恒例のウィーンフィルニューイヤーコンサート(皆様の敵エヌエチケーもこういう番組だけ流していりゃ良いんだよ)を酒やりながら堪能。今年は同コンサート史上最年少35歳のベネズエラ出身の指揮者グスターボ・ドゥダメルがさっそうと登場、生きのいいワルツやポルカを聴かせてくれた。最近では最高齢だと思われるジョルジュ・プレートル(なにしろ、クラシックレコードの中でも最も愛聴愛盤のひとつマリア・カラスの「カルメン」の指揮者だ。65年の発売以来一体何度聴いたことか)が登場した年が一番のお気に入りだったが、今年もなかなか満足度が高かった。ベネズエラと言うと南米の石油国でクラシック音楽とは縁が遠そうだが、じつは政府が音楽教育に力を入れていて、教育を無視してアホな愛国教育と小学校からの英語教育導入なんていう植民地根性丸出し(まあ、アベシンゾーなる先天性愚鈍野郎がテメエと同類の植民地奴隷を作ろうとしてんだろうな)の日本の現状とは天地の差がある国で、その成果のひとつが、将来のクラシック音楽の指揮界を担う存在であろうドゥダメルなんで、その人材を認めるウィーンフィルも度量があるよな。ちょっと批判されるとヒステリー起こしてわめきまくるアホのアベシンゾーとのあまりの違い。

それにしても、正月は株式市場がないので退屈や。競輪・競馬・競艇に始まり、麻雀、パチンコ、さらには宝くじと賭け事は一切やらないのに、株式だけは80年頃から趣味でやりだし、会社を辞めて無職になった2000年頃からは唯一の収入源として、趣味ではあるが、旅行や外出以外の在宅中の平日は何台ものノートパソコンを駆使して午前9時から午後3時までの株式売買三昧、これほど頭を使って、スリリングでそしてカネも転がり込む一石三鳥の趣味を兼ねたものはない。

この株式売買のために、ノートパソコンを現状で10台以上保有(株式売買のためにはパソコンの不具合は困るために、マルチディスプレイよりもマルチノートパソコンが絶対に良い)し、前場は2階の自分の部屋で、後場は昼食後に居間で売買するんだが、ネット証券3社と契約しているので、常に3画面に各ネット証券を表示し、別に1台はニュースや、ネット徘徊用に利用で、ノートパソコンの持ち運びはほぼしないので、基本的に8台は株式売買のためにフル稼働。しかも最近はノートパソコンも激安になっているので、そのうちの3台はいわゆるChromebookで、3台ともASUSのもの(新品で1台1万5千円や2万円で購入)を利用。ほんまChromebookは大満足できるノートパソコンで、もう1台ほしいと思っているぐらいだ。

というわけで、明日から株式市場再開で、退屈も消えるってことだ。ところで、昨年は株式市場は激動で、2月、6月(いわゆるブレグジット)や11月のトランプ当選などで一時的に大暴落があったのだが、そのたびに買いまくって、多いときには投資金額の45%ぐらい(無職なんで危険回避のために持株比率は20%以下に抑えるようにしている)の額を持ち株にしていた(売買もかなり多かったが)こともあり、昨年は配当金が税込みで170万円ちょっととここ数年では一番多かったね。しかし、トランプの政策やEUの金融情勢が不安定なので、年末にかけてかなり売却を進めて、現状では投資資金に占める持ち株評価額比率が13%程度にまで縮小、ここ数年では一番持株比率が少ない。ただ、それでは配当金(配当金はすべて消費するので、旅行や趣味のもの購入などのために少しでも多く欲しい)ゲットが少なくなるので、3月末の配当金ゲットを目指して少しでも安く銘柄ゲットをするのが新年明けから3月にかけての狙いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

売国奴のアベシンゾーなるゲスな生き物が、天皇の年頭の言葉を口封じしたくせに、自画自賛だけの気味悪いアホ丸出しの年頭所感を吐いてんだが、すべてが詐欺師言辞で吐き気がする

新年あけましておめでとうございます。と言っても、時間に区切りがあるわけでもないので、なんの感慨もないのだが、とにかく歳を重ねるほど時の過ぎるスピードがどんどん加速しているなということかな。1年なんてホントあっという間だ。しかもなんと憲法破壊して戦争起こして国民殺しを画策している先天性痴呆愚鈍売国奴の下劣でゲス極まるうす汚いアベシンゾーなる生き物が首相の座に居座ってもう5年目に入ってしまった。アホノミクスかアベコベミクスか知らないが、口先だけの愚策で国民騙しをよくもあの低能頭脳で続けられてきたものよ。まあ、あのゲスな生き物をまともな政治家だと思いこんでいる愚かな国民がいるわけで、アベの尻舐めマスゴミの洗脳と騙しにまんまと騙されているから仕方なしか。

そのゲスな生き物が1日付で年頭所感を発表したとさ。「急速に進む少子高齢化、こびりついたデフレマインド、厳しさを増す安全保障環境。安倍内閣はこの4年間、全力を挙げて取り組んできた。誰もが、その能力を発揮できる1億総活躍を作り上げ、日本経済の新たな成長軌道を描く。積極的平和主義の旗を更に高く掲げ、日本を世界の真ん中で輝かせる」とかなんとか、誰かさんに総ルビ付きで書いてもらった文章を気持ち悪い弛みきった顔面の下の方にあるおちょぼ口を腹話術人形のように動かして滑舌悪くまくし立てたんだとさ。

1億総活躍社会なんていう全国民死ぬまで官僚様と政治屋のために奴隷として働きなというふざけきったスローガンなんていらねえよ。誰も年取ってまで働きたくもねえよ。私のオヤジ世代なんて確か定年が55歳だったが、アベらを担ぎ上げている官僚どもはその定年をどんどん高齢化して、年金も70歳からとかを画策して、結局は年金受け取ることもなく過労で死んでいく国民奴隷化を作り上げようとしているだけ。なにが「日本経済の新たな成長軌道を描く」「日本を世界の真ん中で輝かせる」だ、どこまで妄想こいてんだよ低能ゲス野郎が。しかもだ「2020年、さらにその先の未来を見据えながら、安倍内閣は新たな国造りを本格的に始動する」だって、ならばこの4年間お前一体何をしていたんだよ。「本格的に始動する」だって、ならばこれまでキサマはゴルフ三昧、税金泥棒の贅沢三昧のマスゴミゴロ籠絡の宴会ばかりしていたってことか。

また、憲法が今年、施行70年を迎えることに触れて「先人たちは世界第3位の経済大国、世界に誇る自由で民主的な国を、未来に生きる私たちのため創り上げてくれた」って、殊勝なことほざいているが、その70年の平和と繁栄はすべて平和憲法があってのことだ。その平和憲法の中身にも無知のくせに破壊しようとしているオンドレが寝言こいてんじゃねえよ、ゴロツキのゲス野郎が。

しかもだ、平和憲法護持の天皇をコケにしまくって、御厨とかの政治ゴロ芸人学者などを使っての「売国奴無識者会議」などを作って、テメエがまるで天皇を下っ端のごとくに扱い、なんと天皇がまたまた憲法護持を言うだろう年頭の言葉を口封じまでする逆賊ぶりで、テメエが自画自賛のアホ丸出しの年頭所感かよ。ここまで国民そして天皇をコケにする首相は空前絶後だな。まあ、こんなクズ野郎がのさばれるのも正統右翼が消滅して、アホでキチガイのネットウヨばかりになったからか。暗い1年にまたなるなあ。

ネット徘徊していると、年末年始を温泉地で過ごして、のんびりと温泉三昧しているのを見るとほんま鳴子温泉か肘折温泉あたりで10日ほどゆっくり過ごしたいとは思うものの、行くには荷物持つのも嫌なので、やはり車になるんだが、雪道を走るのは鬱陶しい。昔頻繁にスキーに行っていたので、雪道は慣れているんだけど、いくらこちらが注意していても無謀運転するバカが居るからどうも雪道を走る気分に最近はなれない。なにしろ、アホみたいに車間距離を詰めるアベシンゾー並のバカが多すぎるからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

リテラが年末企画でまとめたアホのアベシンゾーの詐欺師ぶり晒し

で、リテラのアベシンゾーのアホぶり、詐欺師ぶり晒の次はこの1年この売国奴野郎がどんだけ嘘つきまくって、国民さらには天皇さえコケにしまくってきたかのまとめで、

「なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10!」なる年末特別企画。

◆◆◆◆◆◆◆

年末特別企画 リテラの2016年振り返り

なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! 強行採決、TPP、ガリガリ君…

 話のすり替えに逆ギレ、ごまかしなど、今年も安定の姑息な言動を繰り返した安倍首相。しかし、2016年はとくに思い上がりに磨きがかかり、誰の目にもあきらかな「大嘘」を連発。ついには「ホラッチョ安倍」と呼ばれるにいたった。

 そこで今回は、安倍首相が今年ついた嘘のなかから厳選した「10の大嘘」を振り返りたい。これが、「美しい日本」の総理大臣による絶句必至の虚言の数々だ!

●大嘘1

「そもそもですね、我が党において、いままで結党以来ですね、強行採決をしようと考えたことはないわけであります」

10月17日、衆院TPP特別委員会

「じゃあ去年の安保法制強行採決は何だったんだよ!」というツッコミをせざるを得ないが、驚くことにこの10日後にも同じ発言を繰り返した。そして、審議をないがしろにしたままTPP法案に年金カット法案、カジノ法案と立て続けに強行採決……。結果、「強行採決をすることしか考えていない」ということを自ら堂々と証明してみせた。この、自分がついた嘘をやはり嘘なのだとすぐさま実証してみせるという常人ならざる倒錯ぶりは、もはや「変態」と呼ぶべきだろう。

●大嘘2

「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから」

4月7日、衆院TPP特別委員会

安倍首相がこう言い放ったとき、目の前にはあの2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」という自民党ポスターが証拠として掲げられていた。そうやってブツを突きつけられても「言ったことねーし」とシラを切ってしまう、この恥知らずっぷりには感嘆せずにはおれない。ちなみに、2013年2月23日の記者会見で安倍首相は「オバマ大統領には『選挙でTPP交渉参加に反対という公約を掲げて政権に復帰した』と説明した」と話しており、これはいまでも官邸HPで動画が公開されている

●大嘘3

「世界経済はリーマンショック前に似ている」

5月27日、伊勢志摩サミット

国際会議での突然のこのぶっ込みには、G7の首脳も海外メディアも目がテンに。メルケル首相は「世界経済はそこそこ安定した成長を維持している」と言い、フランスの高級紙「ル・モンド」も「安倍晋三の無根拠なお騒がせ発言がG7を仰天させた」と見出しにして報道した。もちろん、安倍首相がこんなことを言い出したのは増税延期のための布石だったが、世界に発信されるG7の席上でさえホラを吹くとは。しかも、その後には「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、まったくの誤りである」と言い出す始末。「世界中のメディアが嘘の報道をした!」って、もうあなたの嘘は国辱なんですけど……。

●大嘘4

「「株価下落により、年金積立金に5兆円の損失が発生しており、年金額が減る」といった、選挙目当てのデマが流されています。しかし、年金額が減るなどということは、ありえません」

6月27日、Facebook

ご存じの通り、これはデマでもなんでもなく、7月29日には政府も約5兆3000万円の運用損を出したことを公表。しかも例年は前年度の運用成績の発表は7月上旬なのに、今年は参院選後の7月下旬に遅れさせるという手に出た。ようするに、「5兆円損失はデマだ!」と選挙目的でデマを流したのは、安倍首相だったのだ。総理がデマ発信源になるという尋常じゃない低俗さには言葉を失うが、もうひとつ、強行採決の末に成立した年金カット法案によって年金額が減らされることになったという事実も忘れてはいけない。

●大嘘5

「私が申し上げていることが真実であることはバッジをかけて申し上げます。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ。国会議員を辞めますよ」

1月12日、衆院予算委員会

「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)元副代表の蓮池透氏の著書について問われ、こう声を荒らげた安倍首相。だが、本サイトがおこなった蓮池氏へのインタビュー(前編/後編)や『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)でもあきらかなように、安倍首相が言っていることは嘘ばかり。たとえば、安倍首相は北朝鮮から一時帰国した拉致被害者たちを“体を張って止めたのは自分”だとしてきたが、蓮池氏は安倍が実際は「弟たちを一度たりとも止めようとしなかった」「安倍首相は拉致被害者の帰国後、むしろ一貫して、彼らを北朝鮮に戻すことを既定路線として主張していた」と証言。嘘の武勇伝で拉致被害者を政治利用してきたことの恥がまるでないこの総理には、とっとと国会議員バッジを外していただきたいものだ。

●大嘘6

「妻のパート月収25万円」「日本はかなり裕福な国だ」

1月8日、参院予算委員会/1月18日、同委員会

実質賃金の減少率の高さを指摘された際、「景気が回復し、そして雇用が増加する過程においてパートで働く人が増えれば、一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけであります」と言い、そのたとえ話として飛び出した「妻のパート月収25万円」発言。「景気も上向きだしパートに出ようかしら」などと呑気な理由で働きに出るという設定自体がボンボンの発想すぎて唖然とさせられるが、そのパート月給の現実離れした金額に「いまの世の中、パートで25万も稼げるわけないだろ!」と怒りの声が殺到した(ちなみに当時の直近データではパート労働者の平均月収は8万4000円)。このように実態とは大きくかけ離れたデタラメ話を安倍首相は並べ立てるが、その最たるものが「日本はかなり裕福」発言だ。OCDE(経済協力開発機構)の統計でも日本の相対的貧困率はワースト6位と出ているのに、自分にとって都合の悪い現実には絶対に目を向けない。庶民の生活など、眼中にないのである。

●大嘘7

「我が国が核兵器を保有することはありえず、保有を検討することもありえない」

8月6日、広島での記者会見

発言自体は素晴らしいものだが、はっきりいって「お前が言うな」である。この発言から約10日後に米・ワシントンポストがオバマ大統領の「核兵器の先制不使用宣言」をめぐって安倍首相がハリス米太平洋軍指令官に反対の意向を示していたことをスッパ抜いたが、10月には国連の「核兵器禁止条約」に向けた交渉を2017年にスタートさせる決議で日本は世界で唯一の被爆国であるにもかかわらず反対。また、安倍首相は2006年に「核兵器であっても、自衛のための必要最小限度にとどまれば、保有は必ずしも憲法の禁止するところではない」と答弁書に記し、官房副長官時代の02年には「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、憲法上は」と語っている。こうしたことからも安倍首相が積極的な核武装肯定論者であることは疑いの余地がないが、しかし安倍首相はワシントンポストの報道も「発言してない」と否定。記事を否定するのであれば核兵器の先制不使用に対する自身の考えをあきらかにするべきだが、それさえしていないという事実が何を意味するか、わたしたちは考えなくてはいけないだろう。

●大嘘8

「国民の信任を得た」「(自民党改憲案を)実現していくのは総裁としての責務」

7月11日、参院選の結果を受けて

数ある安倍首相の今年の嘘のなかでも、もっとも悪質なのは参院選後の発言だ。安倍首相は7月の参院選の遊説において、ただの一度も憲法改正のケの字も出さなかった。なのに、いざ選挙が終わると、ケロッと「信任を得た」と胸を張り、まるで改憲の是非が選挙の争点であったかのように述べては「実現していくのは責務」などと言い出したのである。これは国民を騙し討ちしたとしか言いようがなく、完全な背信行為だ。

●大嘘9

「私が自民党憲法改正草案を出したと言うが、どこに出したんですか? 世に出したのは私ではありません。谷垣総裁のときに出されたわけでありまして」

10月3日、衆院予算委員会

争点隠しをおこなって改憲勢力の3分の2議席以上を確保した安倍首相だが、国会で自民党憲法改正草案が俎上に載せられ、基本的人権について定めた97条が削除されていることなどについて説明を求められると「俺が草案を出したんじゃない!」といういつものキレ芸を披露。これがとんだ大嘘であることは既報の通りだが、そもそもこの憲法改正草案は安倍首相の側近である礒崎陽輔が原案を執筆。しかも原案では自衛隊を「自衛軍」としていたものも安倍が「自衛軍などという恥ずかしい名称はやめて国防軍とすべきだ」と主張した結果、12年4月に公表された憲法改正草案では「国防軍」に改められたという経緯がある。どう考えても「安倍様の、安倍様による、安倍様のための憲法改正草案」なのだ。来年もこの調子で、ペテンによって改憲の危険な本質を隠そうとするだろうが、こんな見え透いた嘘に騙されてはいけない。

●大嘘10

「そんなもの政治資金で買いませんよ!」

6月24日、『NEWS23』(TBS)党首討論で

安倍首相が今年、いちばんのパニック&大ギレ状態で繰り出したのが、このケチくささ全開の嘘だ。発端は、生活の党の山本太郎議員が「ガリガリ君を政治活動費で支出していますよね?」と指摘したことだが、安倍首相は目を泳がせながら「全然知らない」と狼狽。さらに山本議員が追及を続けると、「そんなもの政治資金で買いませんよ!」と声を荒げたのだ。だが、政治資金でガリガリ君を2本買ったことは、実際に日刊ゲンダイが問題の領収書そのものを公開しているように、安倍首相の資金団体が領収書を出したことで発覚した正真正銘の事実だ。小学生でさえお小遣いから自腹をきって買っているものを領収書で落とし、さらには「買ってないもん!」と癇癪を起こす。恥ずかしすぎて耐えきれないが、これが日本の総理大臣の姿なのである。

 ──どうだろう。この1年、安倍首相が国民に投げかけた真心を尽くした言葉たちは。もはや安倍首相は嘘をつくことに慣れすぎて、「公人は嘘を言ってはいけない」という正常な感覚さえ失ってしまっているとしか思えないが、最大の問題は、こんなミエミエの嘘を次から次へと吐き続けているのに、メディアが責任追及もせず黙認していることだ。

 そうしたメディアの機能不全によって、安倍首相は今年、嘘のみならず聞くに堪えないトンチキな発言も連発した。この「安倍首相アホ発言集」については、追ってお送りしたいと思う。

◆◆◆◆◆◆◆

なんとも素晴らしい、どこまでも底抜けの詐欺師であり、白痴である。まあ、息をするように嘘を吐くやつだしね、まさに道徳教育の見本になる人物ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイで不戦の誓いをしたのも即忘却で戦争賛美の館ヤスクニ詣でして宗主国米の顔に泥塗るアホなメガネ右翼ババア。そのアホども閣僚などのトップがさらなる馬鹿な日本の悲惨。リテラがアベシンゾーなる生き物のアホぶりをまとめてます

体調も悪いのに、旅行や外出しないときには毎日楽しくやっている株式だが、今年の相場は今日で終了。来年は4日からだが、退屈になるな。年末年始なんてテレビも観る番組(ウィーンニューイヤーコンサートしか観る予定なし)もないし、酒チビチビやりながらのビデオと言うかブルーレイで録画したオペラや映画を観、LPやCDでの音楽鑑賞三昧か。

それにしてもね、来年も先天痴呆の売国奴で、憲法破壊して日本国民殺し狙いのゲスで下等なアベシンゾーなる生き物を首領様と崇めるキチガイ揃いの自民カルト政権がのさばり続けるのかと思うと気分暗くなり吐き気がするばかりだわ。ハワイまでアホの首領様のケツ舐めで税金無駄遣いで付いていったメガネ右翼ババアなんてのは、舌の根も乾かないうちってのがピッタリのように、無辜の国民を殺しまくった戦争犯罪者どもを祀り上げる戦争賛美の恐怖の館ヤスクニに防衛大臣の立場で戦争カルトの祝詞を捧げに行き、中韓ばかりかアメリカ様のご機嫌も損ねていて、そのあまりの外交音痴のバカぶりに失笑するしかないウルトラトンマなアベ内閣のゴロツキぶりってことで、チャンチャンの16年の終わりかな。

ところで、リテラっていうサイトに楽しく実に的確なアホのアベシンゾー晒が掲載されていた。まあ、このブログでもうんざりするほど書いているアホのアベシンゾーのバカぶり、詐欺師ぶりをまとめてあるわけだ。それにしてもね、アベシンゾーなる生き物は日本の勉強大嫌いなゴロツキ同然の若者には大きな希望を与えてるんだろうな。なにしろ、勉強もしなくて、てめえの一応出たことになっている学校の一文字「成」程度さえまともに書けない国語能力皆無のバカでも、ジジイが従米売国の首相だったという出自だけあれば、首相に2回も祭り上げられてしまうなんともアホらしい、勉学などに努力なんて無駄ってのが実によくわかる日本ってのがわかったからな。

で、リテラの年末特集で、アホのアベシンゾーのアホぶり晒。

◆◆◆◆◆◆◆

年末特別企画 リテラの2016年振り返り

開き直り、陰謀論、逆ギレ、詭弁…安倍首相が発した2016年「アホすぎて茫然」の発言集!

今年、安倍首相が吐いた「大嘘ワースト10」に続いて、今度は2016年に飛び出した「ベスト・オブ・アホ発言」をお送りしよう。

 マスコミを完全封殺した結果、不都合な事実が伝えられず高支持率を維持することに成功した安倍政権だが、そのことで図に乗った総理が今年はさらに大暴走。背筋が凍るような開き直りに、妄想、陰謀論、トンチキな詭弁、逆ギレ……そんな安倍首相の醜態を厳選して詰め合わせた、リテラからの御歳暮だ。

 え? そんなものいらない? まあまあそう言わず。来年こそは返品できるよう、いまは絶望のアホっぷりをとくと噛みしめていただきたい。

◎誰か教科書持ってきてあげて!

「私は立法府、立法府の長であります」

5月16日、衆院予算委員会

いや、あんたは行政府の長だから! 誰か三権分立を説明してあげて! と悲鳴をあげたくなった一言(姑息なことに、議事録ではこの発言をこっそり修正)。ただ、何度も同じ間違いを繰り返し、さらには強行採決を連発する姿勢からは、本気で立法府は自分の思い通りになるものだと信じ込んでいる可能性も……。

◎萎縮してないの、ソコくらいでしょ…

「きょう、帰りにでも日刊ゲンダイを読んでみてくださいよ(笑)。これがですね、萎縮している姿ですか?」

2月4日、衆院予算委員会

キャスター降板が相次ぐなど言論機関の萎縮を問われ、その返事がコレ。いつから日刊ゲンダイは日本を代表する言論機関になったんだよ!(ゲンダイさんごめんなさい!)と言いたいが、このあと調子づいた安倍首相は「安倍政権を弁護する立場の言論のほうはですね、なかなか貫き通しにくい雰囲気すらあるという人もいるわけで」などとネトウヨ陰謀論を開陳。それこそ、ワイドショーや産経や読売をみてくださいよ(笑)。

◎頭の中、大丈夫?

「(国会でのヤジは)独り言だったんですが、独り言(の声)が大きくなった」

5月1日、『ワイドナショー』(フジテレビ)

審議中についつい「日教組!」って独り言を言っちゃってる、とな。ヤ、ヤバい、完全に頭の中を陰謀論に支配されていて、勝手に口が……。

◎期待裏切らない!イライラキャラ炸裂

「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから!」

6月21日、『報道ステーション』(テレビ朝日)

参院選前の党首討論の収録で、さんざん「簡潔に申し上げます」と言って野党の追及に割って入っては長々と話した挙げ句、最後にはイライラした様子で腕時計を指さして、この「俺は忙しいんだアピール」。時事通信によれば、安倍首相は収録後も「(収録は午後)6時までって言ったじゃないですか。びっしりなんですから、日程が」と司会者に詰め寄ったらしいが、収録が終わったのは6時1分……。文句をがなり立てる時間があるならさっさと空港行こうよ!

◎むしろクッパに徴兵されたクリボーでしょ?

「安倍晋三です。マリオではありません。でも、マリオのように闘い続けています」

9月21日、NY・金融関係者向け会合で

絶対言うと思った発言その1。そこまで安倍マリオをお気に召したのならヒゲを伸ばしてみたらいかがかと思うが、そんなことをしたら、海外メディアはマリオじゃなくヒトラーと重ね合わせること必至だしねえ。

◎そのヨイショを自慢げに語る感覚がスゴイ

「(トランプに)こんなキュートなPPAPは初めて見たと言ったら本当に喜んでくれた」

12月20日、講演会で

絶対言うと思った発言その2。トランプもかわいい孫を褒められたらそりゃ喜ぶよね、としか。というより、たんなるヨイショ話を外交成果のように誇らしげに語るって、すでに従属っぷりがすごいんですが。

◎ニューヨークでも「保守速報」脳

「日本はいわゆる侍の国として、非常に保守的な国でもあります」

9月2日、NY・男女平等イベントでのスピーチ

男女平等を語る場で「日本は侍の国で保守的」と胸を張るって、どういうこと??  しかも安倍首相はこの言葉のあと「日本が変われば世界が変わると聞いています」と続けたが、一体、誰に聞いたの? 「日本はサムライ」「日本はスゴイ」って、そこ、日本会議の集会じゃないですから!

◎日本語が不自由すぎる首相官邸

「日本政府を代表して、キューバ政府及び同国国民、ご遺族の皆様に対し、ご冥福をお祈りします」

11月26日、首相官邸Facebookでのカストロ議長哀悼メッセージ

いやいや、政府と国民と遺族に「ご冥福をお祈り」するって、失礼すぎるよ! その後、首相官邸は文面を修正したが、「日本の伝統を守る」だの「美しい国」だのと言っている人間とその取り巻きがこれなのだから、呆れるほかなし。 

◎待機児童対策がコレだそうです

「叙勲において、保育士や介護職員を積極的に評価していくことについても検討していきたい」

3月14日、参院予算委員会

「バカ発言」というより「バカにするな発言」と言うべきか。待機児童問題の背景にある保育士などの“待遇改善”の一環が勲章などの栄典を授与って、給与水準のアップが先決なのは当然。ちなみに、賞勲局によれば勲章を含む栄典全体の予算額はおよそ28億から30億円、そのほとんどは勲章や褒章の製造費とのこと(06〜10年まで。栗原俊雄・著『勲章 知られざる素顔』岩波書店より)。本気で待機児童問題に取り組むつもりなら、この予算をすべて回してください!

◎「TPP断固反対」で政権奪取したのにね

「(TPPは)決して終わっていない」

「いま、我が国こそが早期発効を主導せねばならない」

11月14日、参院TPP特別委員会

トランプとの会談を控えてこう息巻いたのはいいものの、会談後トランプはあっさり「就任初日に離脱通告するから」と宣言。目も当てられない状態に。しかも“重要5品目などの「聖域」が確保できないなら脱退”という国会決議も守られていない状態で12月9日には強行採決で可決、成立させちゃったのだから、これはあきらかな政権の大暴走だ。

◎もはや、ツッコむ気にもなれない無責任

「憲法について論評はできるが、答える義務はない」

10月12日、衆院予算委員会

参院選の遊説では憲法改正のケの字も出さず、選挙が終わると「信任を得た」と言って改憲まっしぐらだったのに、いざ国会で憲法改正草案について追及されるとダンマリを決め込むようになった安倍首相。で、この発言である。論評っていってもどうせ「押し付け憲法だ」の一点張りで「芦部信喜? 誰それ」などと不勉強が露呈するだけだろうが、改憲の旗振り役なのに「答える義務はない」とは、あまりに無責任だ。

◎映画の取材協力者はあなたの嫌いな枝野&百合子だけど

「『シン・ゴジラ』でも自衛隊が大活躍していると聞いています」

9月12日、自衛隊幹部との懇親会で

この時点では「まだ観ていない」ということだったが、そりゃあ安倍首相にとっては早くしたくてしたくてたまらない「防衛出動」が描かれているのだから、喜ばしい作品であることはたしか。こうした『シン・ゴジラ』ブーム=「自衛隊が国民に支持されている!」と気をよくした結果か、ついには次のようなパフォーマンスまで披露したのだ。

◎ヒトラーですか? それとも金正恩ですか?

「(命を賭けている自衛隊に)いまこの場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」

9月26日、衆院本会議での所信表明演説

安倍首相がそう言うと、自民党議員らが次々に立ち上がって拍手……。戦後はじまって以来のファシズムを想起させる国会パフォーマンスに、野党や一部メディアからも「まるで北朝鮮や中国共産党の党大会だ」「言論の府にふさわしくない」という批判の声が上がった。しかも恐ろしいのは、安倍首相が “起立して拍手”を促す際、「海上保安庁、警察、自衛隊に敬意を表す」という大義名分を掲げていたこと。つまり、あらかじめ自衛隊員の“英雄化”をはかっておくことで、駆けつけ警護で殉職者が出た場合の反発を最小限に押さえ込もうとした可能性があるということだ。そして、駆けつけ警護の危険性を指摘されたときに発したのが、次の言葉である。

◎命がかかった問題なのに、この軽さ

「南スーダンは、たとえば我々がいまいる永田町と比べればはるかに危険」

10月12日、衆院予算委員会

なに言っちゃってるの? という感じだが、安倍首相は「永田町よりは危険だろうが、それくらいでなぜ『駆けつけ警護』をやめる必要があるんだ」と言いたかったらしい。あまりにふざけた答弁だが、これは安倍首相がいかに自衛隊員の命を軽んじているかの証拠だろう。そして、自衛隊の活動地域であるジュバの治安悪化が次々と伝えられても、政権は「戦闘状態ではなく衝突」「状況は安定している」と詭弁を弄し、ついに自衛隊員を送り出してしまった。この罪深い判断を絶対に忘れてはいけない。

 

……とまあ、このように茫然とするような発言が相も変わらず総理から飛び出した2016年。ただ、失笑しているだけではいけない。最後にも触れたように、安倍首相は今年、こうした呆れた発言を繰り返しながら、あきらかな戦闘地域である南スーダンへ自衛隊員を送り、沖縄に対しては危険を甘んじろと言わんばかりに圧政を敷いたのだから。

 権力の暴走を監視するという役割をメディアが放棄しているいま、安倍首相のひとつひとつの言動をチェックし、責任の追及をおこなっていくこと。来年も本サイトではそうした「当たり前」を続けていきたいと思う。 (編集部)

◆◆◆◆◆◆◆

ここまで馬鹿な首相も空前絶後の日本の恥さらしだが、そのバカを賢い連中が揃っているはずのマスゴミが尻舐め状態でジャーナリズムとしての矜持を完全に放棄している現状ってのはほんま絶望しかないわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ただの税金無駄遣いの避寒バケーションでしかない真珠湾訪問でアメリカヨイショのアベシンゾーだが、ならば戦後70年の平和を維持できる基盤となった平和憲法を持てたことを米に最大に感謝するべきだろう、ボケナス野郎が

体調イマイチがこのところ継続で、ネット徘徊なんてのも面倒くさいし、なおさらブログなんて書く気も起きない。なにしろ、平和憲法破壊して戦争惹起して国民殺しが最大の願望の売国の先天性愚鈍野郎のアベシンゾーなる下劣でゲスな生物がアホな国民からだまし取った政権の座に居座り続けて、アメリカ様と献金などでお世話になる大企業様、そしてテメエの司令塔である官僚様らだけにメリットをもたらすベクトルで独裁者気取りで憲法無視、天皇さえコケにする日本破壊政治をやらかしてんだが、それを監視する立場にある大メディアがジャーナリズム精神を完全に放棄してのアベの尻舐め、ヨイショしかしねえんだからどうしようもない絶望領域だ。とりわけアベの税金ちょろまかしての豪華宴席仲間のゴロツキ自称ジャーナリスト様などはまさにアベのウンコにたかるハエか蛆虫同然の情けなさ。ああイヤダイヤダ。

今回のアベシンゾーのただただテメエがええカッコシイをしたいだけで、日本は寒いから温暖なハワイへ遊びに行きたくなっての真珠湾訪問にしても、アベの尻舐めマスゴミは政府の言いなりに「現職で真珠湾訪問はアベシンゾーが史上初」なんてデタラメを垂れ流しての国民騙しに精出してのアホらしさ。日本のマスゴミはテメエらの間違いは認めるのは嫌なんで、なんと「米大統領と一緒の訪問は初」なんてアホなごまかしでどこまでも日本国民を舐めきっているわけだ。

まあ、どんだけ生まれながらの愚鈍詐欺師野郎アベシンゾーに騙されても、怒ることもせず、年金削減、社会保障破壊、消費税上げ(財源がないからって理由なのに、アベのクソ野郎はテメエの司令塔である官僚様共の給料などは絶対下げないし、意味まるで無しの無意味極まる多数の外遊しては海外にまるで税金がテメエの自由にできる小遣いのように莫大なバラマキをしてはええカッこしい)など愚鈍野郎アベシンゾーのやりたい放題。

だいたい、この愚鈍野郎が外交でうまくやっているとかマスゴミは国民騙しするが、外交で成功なんてこの愚鈍野郎に一つもなし。ハワイでのアベのアメリカヨイショには気味悪いばかりだが、ならば戦争を反省して、アメリカ様のおかげで戦後70年の平和を維持できる基盤となった平和憲法を持てたことを最大に感謝するべきだろうが。その憲法を破壊したいくせに、なにが「戦争の惨禍は、二度と繰り返してはならない。戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに静かな誇りを感じながら、この不動の方針を貫いていく」と不戦の決意を表明だよ。あまりに空々しくて吐気がするわ。あのたるみ切った精神を象徴する詐欺師顔を見るだけで体調さらに悪化するだけだ。

さらになんの政策も実質的にはゼロだったアベコベミクスなる口先だけ嘘八百も、日銀の無理無理金融緩和とアメリカ様のためだけの円安誘導での大企業だけが恩恵受けるだけの株価無理やり維持があっただけ。とにかくこの愚鈍下劣な生物のただひとつの狙いは平和憲法破壊。戦後70年の平和を支えた礎なんてのも無視のくせに、その破壊したい憲法の中身さえまともに理解していないというアホなんだが、そんなクソが破壊しようとしている憲法なのに、憲法学者が本気でアベの徹底的批判、糾弾もしないってのも日本の悲惨さだ。まあ、マスゴミがまったく憲法を尊重しようともしていないし、戦前の軍部独裁みたいな気味の悪い国にしたいんだろうな。ところで、天皇が新年の感想をとりやめたそうで、負担軽減のためとかだそうだが、どこが負担だよ。天皇が平和憲法護持の発言多いから、天皇をどこまでもコケにしているアベの口封じだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

8月下旬には新庄祭り見物メインに、寒河江市内に宿泊し、肘折温泉2連泊、湯野上温泉1泊ののんびり旅行

4月に肘折温泉などに行ったときに新庄市で8月下旬に新庄祭りなる大きな祭りが開催されるのを知り、たまにはその手の祭り見物の旅行もいいかなと思っていたので、その新庄祭りが行われる時期にすぐ近くの肘折温泉に宿泊のついでに行くことに。調べると数日間開催されるようで、山車が練り歩く本祭は8月25日とか。

ということで、前日の24日は新庄へ車で1時間もかからない寒河江市内に宿泊し、25,26日は肘折温泉、27日は東京まで一気に帰宅は疲れるので、真ん中あたりになる福島県の湯野上温泉に4月に続きまたまた宿泊することに。肘折温泉は当然に大穀屋2連泊、湯野上温泉はネットで見ていたら料理も美味しそうだし、ほかの民宿より少し安価な(しかし部屋数がたった3部屋の)「赤ひげ」に決定。で、寒河江市内に宿泊はどうするかなとネット検索すると、寒河江駅すぐそばにある「ホテルサンチェリー」が評判良く、隣の旅館のかけ流し温泉を利用できるし、宿泊料金も4000円ほどと安いので予約。

今回は高速道路使用なしで行くので、午前4時すぎと早朝に東京を出発。国道4号をひた走り、午前8時すぎに国道294号へ左折して、午前10時には道の駅「喜多の郷」に到着。米沢から長井ルートのいつもの道で、午後1時に道の駅「朝日」に到着。最近出来たばかりの道の駅で、トイレなどホテル並みの綺麗さ。すぐ近くに道の駅「大江」があるが、この辺で車中泊ならここだね。午後1時40分には宿泊先の「ホテルサンチェリー」(東京から365キロ)に到着した。

チェックインの3時まで時間があるので駅や周辺を散策して、チェックイン。風呂は隣接の旅館「一龍」が廊下でつながっていて、寒河江温泉が綺麗な浴室・庭園露天風呂で味わえる。楽天トラベルで予約したが、一人4000円ほどでこれは思った以上に利用価値があるかな。

Sagae00 Sagae01 Sagae02 Sagae03 Sagae04 Sagae05 Sagae07

午後5時前にネットで評判が良くて、行くことを決めていた焼き鳥屋(実質はやきとん)「さらえ」へ行き、美味しい焼き鳥でビール。雰囲気のある店で大きめの串焼きが美味い。

Saraya01 Saraya02 Saraya04

本祭当日の25日は快晴で猛烈に暑かった。新庄駅前に大きな駐車場があるようなのだが、混みそうなので、早めの午前8時すぎにホテルサンチェリーを出発し、午前9時15分ごろに新庄駅東口駐車場に。かなりでかい駐車場だが、新庄まつりなのですでにかなり混んでいたのだが、運よく駐車出来た。駐車料金は無料。祭りは駅の反対側のメイン道路で開催だ。駅は新幹線の駅でもあって立派な造りだ。で、暑い中午後12時すぎまで祭りを見学。暑さでぐったりになり、そのまま肘折温泉へ。ゆっくりのんびり湯治だ。

2連泊のあとはまたまた最上千本だんごへ。ここのだんごを食べると他のだんごは食べる気にならなくなるね。この時期はスイカが旬ななので3個購入などして、午後4時過ぎに湯野上温泉「赤ひげ」に到着。8畳ほどの広さで綺麗で満足。夕食は鮎の塩焼きなど美味しく、かなり満足できた。今回のドライブ旅行の走行距離は886キロだった。 Sinjou00 Sinjou01 Sinjou02 Sinjou05 Sinjou06 Sinjou07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月初旬は久しぶりに草津温泉で2連泊。湯畑周辺が大改造になっていて魅力度さらにアップだった

今年はなんだか体調も悪いし、台風が多くて雨ばかりみたいでなかなかドライブに行けない状態が多かった。でもドライブ、温泉好きだからちょっと天候が良い日が続けば速攻ドライブだけどね。でも結局7月はドライブに行かず、8月になってしまい、8月初旬に久しぶりに草津温泉へ。最近湯畑周辺がきれいに整備されたそうだしね。で、今回も出発直前に素泊まりを2泊分ネットで予約できた。

Kusatu00 Kusatu01

東京から草津温泉までは約200キロで、まあ日帰りもできる範囲だ。でも、ゆっくり湯治したいし、やはり2連泊ぐらいはしなくちゃね。と言うわけで午前6時半頃東京を出発して、毎度の赤城山麓沿いを快走して、道の駅「大湖」(ここの産直直売場は品数豊富)や同じく道の駅「八ッ場」(最近新設の国道145号線バイパス=八ッ場ダムで水没する国道などを山の方へ移設=沿いにできたばかり)に寄ったりして、六合村経由で草津温泉に到着。初日は「ワンデイ美津木」で、素泊まり専門旅館で、部屋はアパートの1室みたいな感じで、料理もできちゃう設備あり、温泉はもちろん源泉かけ流しの草津温泉。隣がセブンイレブンなので素泊まりには超便利かな。

Mituki01 Mituki02

草津温泉は共同浴場巡り(これまで草津温泉は何回も行っているので、すべて共同浴場は制覇ずみ)が楽しいのだが、1日2〜3カ所程度に最近は抑えている。今回入浴した共同浴場は「こぶしの湯」(窓の外には小さな庭があり風情あり)、「白旗の湯」(きれいに新築になっていたが、ここは人多すぎ)、「長寿の湯」(小綺麗な浴場だが、意外に空いていて穴場)の3ヶ所で、あとは湯畑近くの老舗旅館「日新館」に湯巡り本で無料入浴。良い雰囲気の旅館だ。

Kobusi01 Kobusi02 Sirahata02 Sirahata01 Tyouju01 Tyouju02 Nissin01 Nissin02

あとは2日目に大好きな万座温泉へ日帰り入浴で行くが、白根山の噴火状況で白根山湯釜は見学禁止のため頂上のいつもは混んでいる大駐車場は閉鎖されていた。万座温泉で入浴したのは万座温泉でも一番お気に入りの「豊国館」で、独占状態で混浴大露天も堪能できた。6月の東北ドライブは雨が多かったのだが、今回は3日晴れ続きで万座温泉の露天は気分最高だね。

Houkoku01 Houkoku02

2日目の宿泊先はじゃらんで予約の「ホテルタカ」で、元ペンションを素泊まり専門にしているようだが、館内は清潔だし、広々した内風呂2ヶ所、かなり広い露天風呂が貸切利用できて、しかも時期によっては宿泊料金3000円台前半とかなり満足度たかいもので、食い物屋も多い草津温泉ではここで素泊まりでいいかなの気分に。また、以前宿泊して満足度高かったのだが最近廃業した高砂屋旅館が完全に解体されていた。湯畑周辺は白旗の湯の前の駐車場がなくなり、階段状の広場となり、その奥には大きな日帰り温泉施設「御座之湯」が新設され、湯もみが開催される「熱の湯」もピカピカになり、ますます魅力度アップしていた。湯畑の熱の湯・御座之湯周辺、夜の湯畑をパノラマ写真でどうぞ。

Taka02 Taka01

01 01_2

草津2泊のあとは、沼田経由で日光湯元温泉へ。ここでも温泉本で「旅館釜屋」で無料日帰り入浴。草津の湯もいいけど、日光湯元温泉の白濁の湯はやはりご機嫌だ。湯元を出発して、そのまま東京へ一直線。今回のドライブ旅行の走行距離は533キロ。

Kamaya01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月中旬に鶴の湯温泉2泊、肘折温泉2泊、小野川温泉1泊の6泊7日の温泉巡りドライブ

政界財界のトップ連中がゲスの極みばかりで、まさにアホの葬列状態で、まともに向き合っていると気分悪くなるばかりなんで、まあどうでもいいやってことで、ドライブ旅行を書いていなかったので、自分のメモ代わりに簡略に書いておくかな。

5月下旬の津軽までのドライブ旅行は書いたから、その後というと、6月中旬の鶴の湯・肘折温泉巡りドライブかな。秋田県乳頭温泉の鶴の湯温泉は超人気温泉でなかなか予約が取れないのだが、電話して聞いてみれば大丈夫ですよとのことで、出発直前に5年ぶりに予約して2連泊で行くことに。

6月中旬の午後に東京を出発。国道4号を北上して、途中から東北自動車道に入り、午後11時すぎに国見SA到着して、車中泊。高速道路は深夜割引も5割じゃなくて、3割引きにしかならないんだよね。まあそれでも少しでも安くなればいいけどね。民主党政権時代は1000円高速っていう素晴らしいのがあったんだが、自民ゴロツキ政権になってからはとにかく国民から金を巻き上げるのが全てだからな。

まあどうでもいいんだが、国見SAで軽く就寝して、適当なインターから出て、国道4号から国道46号、341号に入って、午後3時前に「鶴の湯温泉)に到着。数多くいた日帰り客も午後3時で消えて、一気に静かな秘湯の雰囲気に。ここは湯をじっくり味わうためには宿泊するしかなく、しかも宿泊料金が8000円からと意外に安くて、料理も美味しく、有名な混浴大露天風呂も夜はゆっくりと堪能できる。

Turunoyu01 Turunoyu02 Turunoyu03 Turunoyu04

2泊しているので、宿泊客だけが購入できる「乳頭温泉郷湯めぐり帳」(1800円=乳頭7ヶ所が日帰り入浴できて、1年間有効)を利用して、翌日は黒湯温泉、孫六温泉、大釜温泉を湯巡り。いずれも空いていてゆっくりと堪能できた。

Kuroyu01 Kuroyu02 Kuroyu03 Kuroyu04 Kuroyu05 Magonoyu01 Magonoyu03 Magonoyu06_2 Ohgama01 Ohgama02

鶴の湯温泉のあとは肘折温泉で2連泊。4月下旬に宿泊してお気に入りになった「大穀屋旅館」に今回も2連泊。のんびり湯治で、旅館以外の入浴は「上の湯共同浴場」と肘折温泉からぶらぶら歩いて20分ほどの黄金温泉の「カルデラ温泉館」だけだった。

Hijiori01 Karudera01 Karudera02 Karudera04

旅館5泊目は当日どこにしようかなと迷って、お好みの小野川温泉の「やな川旅館」の素泊まりを確保できた。初めての旅館だったが、素泊まり3700円と安いから文句なし。小野川温泉への途中では最近必ず寄ってしまう「最上川千本団子」で美味しい団子買い込んだりして、2時過ぎには小野川温泉に到着。チェックインまでに少し時間があったので、。最近新設されたばかりの共同浴場「滝の湯」(250円)に入浴。今回のドライブ旅行の走行距離は1256キロだった。

Onogawa01 Onogawa02 Takinoyu01 Takinoyu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極のウスラバカアベシンゾーは南スーダンの大規模戦闘を「戦闘ではなく衝突」とか国民を舐めきった答弁やりまくりだし、財界トップは「国民の痛みを伴う改革に取り組む必要」とかアホこくし、政界財界トップがこれほどゲスな劣化状態は空前絶後か

もとから極右のゴロツキ議員ばかりが集積みたいなアベ売国政権なんだが、こいつら閣僚の劣化ぶりは半端ないよな。しかし、権力を監視すべきマスゴミがアベの尻舐め翼賛機構に成り下がっていて、自民ゴロツキ議員がどんな犯罪やらかそうが現状では追及一切されずに売国無罪状態。そのアホの葬列のトップに居座る先天性痴呆のアベシンゾーなんてのはそのマスゴミ崩壊の上にあぐらをかいて国会答弁でも国民をコケにし愚弄するのを楽しみにしているような狂気の状態。

例えば、自衛隊がPKOでいる南スーダン・ジュバで7月に発生の大規模戦闘について、アベは参院予算委でふざけ切った答弁。その首相答弁に先立ち、ゴロツキ極右稲田が「法的な意味における戦闘行為ではなく、衝突だ」と、このバカ女何を言いたいわけなクソ答弁してんだが、それに加えて、ウスラバカ首相は「武器をつかって殺傷、あるいはモノを破壊する行為はあった。大野さんの解釈として『戦闘』で捉えられるだろうと思うが、我々はいわば勢力と勢力がぶつかったという表現を使っている」と説明ときた。国会、国民をこのウスラバカは舐めきってんだな。

このウスラバカの発言が冗談だとすれば国会答弁としてありえない不謹慎さだし、このウスラバカが本気で発言しているならまさにキチガイの証明で、即刻精神病院に隔離すべきレベルだ。命が危険にさらされて職務に従事している自衛隊員に失礼極まりないし、自衛隊員をここまでコケにして小馬鹿にしている時点で首相、いや議員完全失格だ。所信表明演説のなかで、突然に自民ゴロツキ議員どもがバカ首領様に隷従の意思表示で嫌々ながらに自衛隊員の労をねぎらう名目でスタンディングオベーションやらかしたのは、自衛隊員の命など基本的にどうでもいい(まあ、このウスラバカは平和憲法破壊意思そのものが国民殺し狙いなんだから自衛隊員などむしろ適当に死んだほうが憲法破壊方向へ国民騙しやりやすいから歓迎なんだろうが)ってことなんだよな。まあこのウスラバカをテメエらの利益のために利用している財界もひどいもので、榊原経団連会長っていう奴が「国民の痛みを伴う改革に取り組む必要がある」なんて、国民奴隷化、強欲むき出しのアホこいてんだが、ここまで政界財界のトップ連中がゲスの極みの劣化状態を爆発させているのは戦後の日本史でも空前絶後かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

アベ尻舐めマスゴミのおかげもあって、売国自民ゴロツキ議員は法律一切関係なしの売国自民無罪のアホらしさ。一方民進党は崩壊の最終段階に。なにしろ民主政権崩壊の最大の裏切り者ノダブタを幹事長にするレンホーの政治音痴ぶりだ

体調悪いのもあるが、ブログさっぱり書く気起きませんね。都知事選なんてこのところの選挙では久しぶりに投票行かなかったものな。だいたい野党系で立候補した元毎日新聞の自称ジャーナリスト実態はテレビ芸人コメント屋のガンに罹患していたのが売り物のおっさんなんてまるきり信用できないし、どうでもいいやの気分にしかならなかったしな。このおっさんの代わりに宇都宮とかいう弁護士もそれ以上に信用出来ないんで、立候補していてもどうでも良かったしね。なにしろこの弁護士さん、人権派らしいんだが、弁護士会の幹部していたときに例の小沢魔女狩りに際しても、なんの行動も起こさなかった似非人権派だしね。元毎日新聞のおっさんに関してもどうでもいい女性問題を攻撃していたし、この弁護士ほど偽善臭が匂い立つキモいのはいないやね。

その一方で売国ゴロツキの先天性痴呆アベシンゾーは相も変わらずその詐欺師まがいの実態を晒し続けて、国会でもゴロツキそのものの対応で、その仲間の売国ゴロツキもボスのやり方倣って俺たち自民ゴロツキ議員には法律なんて関係ねえよとばかりに国民をコケにし放題だ。なにしろ天皇をコケにして独裁者ヅラしているアベの子分なんで国民を愚弄しコケにするなんてのはDNAなんだよな。それでも、アベの尻舐め支援機関と化しているマスゴミは一切放置で、小沢魔女狩りに必死だったのとはまるで雲泥の差。小沢一郎には「政治とカネ」だ「説明責任」だとか毎日喚き散らして小沢潰しに躍起だったのに、ドリル証拠隠滅小渕から始まり、奇病睡眠障害で逃げまくりのクズ野郎アマリ、さらには直近の極右ゴロツキ防衛相らの白紙領収書問題までゴロツキ自民党には「説明責任」も「政治的責任」も法律違反も一切関係なく、まさに従米売国無罪のオンパレードでうんざりの極地や。

まあ、その自民ゴロツキ政権に対峙するはずの民進党(なんとも国民に全く膾炙していない党名だな)なんて、崩壊への最終段階に入ってんだから世話ないしな。なにしろ財務省の手先でしかないアホな事業仕分けなんてのにしゃかりきになっていたアホなキリッとおばさんレンホーなんてのが党首になって、しかもそのアホおばさんが選んだ幹事長がノダブタと来て、その崩壊へのベクトルが完璧確定して、まあ小沢抹殺に必死だった裏切り者ばかりがのさばる時点で「さらば民主党」だったんで、どうでもいいんだが、それにしてもね、アベ自民ゴロツキ政権誕生を率先してやったような民主党最大の裏切り者ノダブタを幹事長にするって、レンホーってのはほんま政治感性ゼロなんやなと思うだけ。民主党政権が誕生する直前のあの政治的高揚感はどこへ行ったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

岩手県の台風被災地を視察した復興政務官をしているらしい務台俊介なる政治屋が水溜りを渡るのが嫌で、県職員におんぶされての醜態。お殿様気分で視察かよ。まさにアベシンゾーのクズ子分

8月としては珍しい台風の集中攻撃で日本中が大きな被災を受けたが、その災害地復興を担当する復興政務官(内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官)の務台俊介っていう自民カルトのアベの尻舐めゴミ政治屋が、岩手県の被災地を視察したそうな。チェックしているツイッターなどで知ったんだが、このクズ野郎だが、水たまりを渡ると靴や服が汚れるのが「とっても偉い俺様には耐えられない」と、なんと驚くべきことに同行の県職員におんぶされて水たまりを通過のアホ満開。お殿様気分で視察かよ。

Photo

その上に報道陣に「撮るな」と脅したんだってさ。究極のバカでも、少しは羞恥心でもあったのか。ところで、このアホな甘えきった馬鹿ガキ同然の政治屋だが、なんと総務省の官僚出身の東大卒の試験勉強だけがお得意のボケナスでした。視察団長との立場で被災地に行きながら、家も農地も失った被災者の気持ちなんてまるでわからない馬鹿なんだろうな。憲法破壊して戦争やって国民殺し謀るクソのくせにその憲法の中身に皆目無知の先天性痴呆売国奴のアベシンゾーなるゲスな生き物の子分らしいクズぶりだな。

県職員も少しはプライド持って、こんなゴキブリ政治屋の無理をへいこらと受諾するなよ。

このクズ政治屋のHPのタイトルが「地域再生に全力!」だってよ、あほらしすぎて反吐が出る

その時の視察報告がHPに。

 

◆◆◆◆◆◆◆

9月1日

早朝、台風10号政府調査団長として盛岡市を発ち、久慈市に到着。東北道を八戸まで行き、沿岸を下るという迂回経路をたどる。遠藤市長の先導で、久慈川の氾濫被災地を巡る。泥、家財の洗浄、除去に励む皆様を激励。商店街の皆様の事業継続意欲を減殺しない支援が求められるとの市長の声を聴く。午後は、9名の犠牲者を出した岩泉町内のグループホーム「楽ん楽ん」の現地視察。法人常務理事の佐藤弘明氏の悔恨の言葉を聞く。同町の観光施設龍泉洞の被害状況を見た後、伊達岩泉町長から同町の被災状況と避難指示を巡る判断についての経緯を聞く。当日、現地視察を行い、経験的に避難指示までは必要なしと判断した自らの判断を悔やんでおられた。非常時の判断原理である「空振りは許されるが見逃しは許されない」との原則を思わず噛みしめる。岩泉町訪問の模様がテレビで報道される。八戸市から新幹線で帰京。

◆◆◆◆◆◆◆

「久慈川の氾濫被災地を巡る。泥、家財の洗浄、除去に励む皆様を激励」ってね、てめえの服などが泥水でちょっと汚れるのさえ忌避して、役人におんぶされて水たまりを避けたクズ野郎に激励されるって何かの冗談かい。YouTubeにそのときのクズ政治屋の醜態模様があった。ところで、このアホな出来事をマスゴミは報じたかなとネット検索しても、あったのはTBSが流したYouTubeだけのよう。クズ政治屋に写すなと恫喝されて、ハイわかりましたかよ。さすがアベの尻舐め日本のマスゴミのクズ記者どもだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

参院選も都知事選も五輪もどうでもいい感じで、知らないうちに終わっていた。アベコベ政権のNo.2アッソーが「証券会社勤務はやばいやつ」とこいつらしい本音だだ漏れの、政権の責任者の立場も理解不能のアホ晒し

昨年年初から発症の湿疹が未だ完治せず、だいぶましになったとはいえ、すでに1年半以上にわたり薬を飲んでいて、ほんま暑い中うんざりや。参院選も都知事選も野党のだらしなさとマスゴミのアホのアベシンゾー翼賛体制国民洗脳報道でまるでどうでも良かったし、五輪もなんだか大好きな陸上があまり流れなくて(まあロシアが不参加ではまるで面白くもないけどね)、知らないうちに終わっていたが、ニュースでたまに見る限りではマスゴミの国威発揚満開にはげんなりやったな。最後の閉会もニュースでチラリ見ただけだが、特定企業の宣伝でしかないアホ極まるコスプレで土管から登場のアベはさすがアホの真骨頂発揮で、世界に恥さらしの失笑。

というわけで、暑さにまるきり弱いので、8時頃から3時過ぎまでは株式相場でスリルを味わい、あとは酒をちびちびやりながらオーディオ、読書(最近はすっかり電子書籍ばかり)、カメラいじり(まさにカメラいじりで、カメラそのものが好き。で、最近またまた3台も一眼デジタルを買い増してしまった)など趣味三昧で、たまに温泉めぐりかねてのドライブ。

その温泉めぐりドライブもかつてはブログで速攻記事にしていたが、最近は行く温泉もドライブコースも超マンネリ(つまりはお好みのドライブコースと好きな温泉ばかりってこと)で、記事にするのも面倒くさくなり、6月の鶴の湯温泉などの6泊7日ドライブ旅行、8月の久しぶりの草津温泉2泊3日、先週の新庄祭り見物を兼ねての4泊5日旅行もまだ記事にせず放置のまま。まあ、ブログは自分用の備忘録・日記なんで適当だしね。

憲法破棄して国民殺し狙いの先天性痴呆の売国奴アベシンゾーをボスに戴く自民・カルト腐敗ゴロツキ政権のゴロツキぶりはますます快調だが、そのゴロツキ集団のNo.2アッソーがこいつらしいアホ発言していて、相変わらず笑わせてくれる。趣味の株式に関することで、一面では「まあそうやな」と納得の発言なんだが、アホの集積アベコベ政権らしいお笑いの一席やな。

時事通信の記事で

◆◆◆◆◆◆◆

「証券会社勤務はやばいやつ」=所管閣僚の麻生氏が放言

麻生太郎副総理兼財務・金融相は30日、東京都内で講演し、「何となく債券、株に投資するのは危ないという思い込みがある。あれは正しい。われわれの同級生で証券会社に勤めているのはよほどやばいやつだった」と述べた。麻生氏は証券業界を監督する立場にあり、物議を醸しそうだ。

 麻生氏は「(同級生は)良い学校を良い成績で(出て)、証券会社でほぼ詐欺か、その一歩手前みたいなことを(やっていた)」と指摘。「怪しげな商売といえば、不動産と証券だった。昭和30年代、40年代に学生だった人なら誰でも知っている」とも語った。

 麻生氏は、首相を務めていた2009年3月にも「株屋は信用されていない」と発言し、証券業界に波紋を広げた。 (2016/08/30-16:06)

◆◆◆◆◆◆◆

まともに漢字も読めないバカ政治屋の筆頭みたいなやつだが、まあ本心をポロッと言ってしまうこいつらしい発言だが、まあ金融市場のリスクってことをバカなりに言いたいんだろうな。しかし、アベゴロツキ政権が国民騙しで推進の年金資金の株式投入やっているのに、まるで他人事やな。あまりに馬鹿なのでてめえが政権にいることも理解できていないのかな。つまりはGPIF自体がすでに証券会社仲間の「やばいやつ」になっているんだが、アホのアッソーには理解不能ってことか。

この発言に関連して、ロイターで流れていたコラム記事だが。

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

2016年 08月 31日 12:33 JST

コラム:日本の株式アナリスト、企業評価の甘さで突出

[香港 30日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本の株式アナリストは企業に対する評価が飛び抜けて甘い。アナリストの集団思考や企業からの圧力は世界共通の問題だが、BREAKINGVIEWSが世界の主要株式市場を対象に実施した調査によると、日本のアナリストの横並びぶりは群を抜いている。

どの国であれ、企業幹部は業績を良くみせたいものだ。懐疑的な評価を示すアナリストに対しては、情報や社員へのアクセスを制限するなどの方法でそっと妨害することもある。批判的なアナリストの所属する会社については、投資銀行案件から締め出すこともできる。

企業評価の甘さでどの地域のアナリストが最も際立っているかを調べるため、BREAKINGVIEWSは香港、東京、ロンドン、ニューヨークの主要株式指数を構成する大企業を対象に調査を実施した。5人以上のアナリストにカバーされている企業のうち、「売り」あるいは「アンダーパフォーム」推奨が皆無の割合を調べたのだ。

この結果、企業に対して最も厳しい評価を下していたのは英国のアナリストで、この割合が27%にとどまった。香港も36%と、悪くない。

一方、米S&P総合500種株価指数を構成する企業では、この割合が45%だった。米企業の電話会議でアナリストが口々に「素晴らしい四半期でした」とへつらう光景を知る人にとっては、何ら不思議ではないだろう。

しかし日本の東証株価指数(TOPIX)を構成する企業では、この割合が実に52%に上った。あまりにも業績が良く、また割安なので誰1人として売りを推奨しない企業も中にはあるだろう。しかし日本企業の半分がこれに当てはまるとは、とても信じられない。

日本は和を重んじる社会なので、アナリストは列からはみ出したくないだけなのかもしれない。それにしても、この横並びぶりは心配だ。オリンパス(7733.T)や東芝(6502.T)の不正会計事件により、日本企業はぬるま湯体質だという印象は高まっている。米グラウカス・リサーチ・グループや米シトロン・リサーチといった海外の空売り筋が日本市場に目をつけ、活発に動いているのも無理はない。

◆◆◆◆◆◆◆

全くその通りで、株式雑誌とかでその手の連中の株式見通しなど見るとあまりの横並び発言にげんなり。なんの役にも立ちません。むしろ反面教師として利用するに限るわけで、まさに「アホリスト」たちです。

憲法破壊狙いの糞のくせにその憲法の中身に皆目無知の先天性痴呆アベがトップで独裁者気取りの現状の自民はまさにゴロツキ集団でしかないのだが、そのゴロツキの象徴のような一人が妖婆片山さつきなる弱者叩き大好きな醜悪な生き物で、ネット上ではその醜悪な妖婆さつきの「貧困女子高校生バッシング」問題がにぎわっているね。しかし、こんな醜悪極まる税金に寄生するしか能のないババアが政権党にのさばって喚きまくっているのが日本の政治の姿だと思うと日本の悲惨さが実感できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

まあ一応体験しておこうかとインストールしてちょっと遊んでみた「ポケモンgo」だが、あまりのアホらしさに2時間でアンインストール

参院選で偽装大勝してますます「俺様」独裁者気取りが亢進してんだろう先天性痴呆の憲法破壊して戦争やって日本国民殺し楽しみたい異常者の従米隷属売国奴アホのアベシンゾーだが、もうこいつにつける薬はないわけで、絶望領域まっしぐらの日本ってわけで、マスゴミはアベの尻舐めはとどまること知らずの戦前の翼賛体制とマジ擬似体制そのものなんだが、賃金減らされ、社会保障関係削減されても自民カルトクサレ政権と無理心中志向の国民ばかりのようだからほんまどうでもいいやで、都知事選なんかもアベの意向を呈してテロ雑誌文春がお得意の攻撃やらかしているし、ほんまこいつら日本をどうしたいんだろうね。この都知事選で一番笑えるのは小池回転すしババアに対する自民クサレの対応。このババアを支援したりすると一族郎党除名なんだそうだが、当の本人である回転すしババアをなぜに速攻で除名しねえんだよというあまりに単純な疑問。まあアホのアベが支配するキチガイ集団自民クサレだから仕方なしか。

ということで、こちとらは趣味の世界と株式の世界で毎日楽しく過ごすだけ。で、このところの株式の世界では「ポケモンgo」なんていうアメリカ発のゲーム配信がきっかけとなっての任天堂などの関連銘柄が短期間に爆騰して大騒ぎ状態に。実はその関連銘柄のひとつ、イマジカロボットってのをつい先日まで持っていたのだが、毎度のことで全株売却すると急騰するってことで、口あんぐりで株価ボードで急騰ぶりを見ていた。

そのイマジカロボットだが、配当が3月に一括で15円で300円台だったので3月末までに15000株仕込んで、配当もガッチリと税込み225000円をゲット済みなんだが、実は業績悪化で今期の配当(来年3月末配当)予想が10円に減配予想になったので、5月半ばに全部売却していたんだよな。それがこれだものね。なんと先週末には1300円台にまでアホみたいな上昇だよ。もう2ヶ月我慢していれば軽く1000万円以上の売却益ときたわけだ。株式で儲ける第一の要諦は我慢なんだが、それがなかなかできないんだよね。

その「ポケモンgo」だが、本来的にゲームというのは基本的には一切しない(パソコンでするのはオセロなど程度)ので、当然にポケモンなんてのは全くの未知の世界。しかし、株式市場で大騒ぎなんで、とりあえず日本でも配信が始まったので、無料でもあるし、昨年1万円ちょっとで買った格安スマホ「FreetelPriori2」にGoogle Playからインストールして遊んでみた。グーグルマップと連動しているので、まずはインストールした自宅から始まるんだよね。始めると、3匹のポケモンが登場している。で、なんかわからないが、画面がマップ状態から、ARってのにすると、スマホのカメラ機能で部屋が写っていて、その中に突然あるポケモン(名前なんかが出ているが、どうでもいいや)が登場するので、手前にあるボールみたいなものを投げると捕獲できるんだよね。近くの神社がなんとかストップとかで、入り口の鳥居が円形の中に写真で出ていて、そこへ行こうってことになっている。そこへ行って、また別のポケモン発見で捕獲して、またぶらぶら歩いてモールとか行って捕獲とかなんだけど、やっているうちに「何なのこれ?面白くもなんともねえよ」ってことで、2時間ほど経過した時点で、アプリをさっさとアンインストールしてしまった。

それにしてもこんな幼稚で単純な糞面白くもないゲーム(というかこれってゲームになっているのか)に熱中すること自体がアンビリーバブルだよ。同じ時間使うなら、株式相場が百万倍楽しくてスリリングってことでちゃんちゃん。まあ、アホ国民培養に熱心な安倍ゴロツキ政権には実にお手軽な培養道具だけどな。

今回のこのヴァーチャルな世界に現実世界を嵌めこんでのゲームって、これまでにもあったようで、ポケモンっていうビッグキャラクターを活かしたアメリカのソフト会社の勝利ってことで、このARとか言うのを例えば、地方のクマモンとかのキャラクターを利用しての地方活性化に活かせるんじゃないだろうか。ソフトの企画力だけの問題だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

なんの興味もわかなかった参院選は想定通りのアホな結果でまあどうでもいいや。で、大好きな温泉地泥湯温泉のシンボル的存在「奥山旅館」がなんと全焼してしまったとか、大ショックだわ

なんだか体調イマイチで、いまだに発疹が快癒しないし、先天性痴呆の日本国憲法破壊して日本国民殺ししか頭にない異常者、独裁者気取りのぼけなすアホのアベシンゾーが参院選でまんまとまたまたアホな国民を騙して議席かっさらったあまりの幻滅にもうどうでもいい気分で、あの詐欺師が首相しているような奴がボスの自民党に投票するバカがわんさかの日本なんてまあどうなろうといいやね。

で、先月も6泊7日で鶴の湯温泉などの湯めぐりドライブしてきたんだが、その間に株式は暴落するわ、参院選挙中には気持ちの悪いアベシンゾーの顔を見たくもないのでテレビニュースは殆ど見なかったんだが、ネット徘徊しているとアベの尻舐めマスゴミはあいも変わらずの国民洗脳と騙しに精出していたようで、自民・カルトクサレ政権の勝利ミエミエだし(まあそれでも速攻で事前投票には行っておいたけど、なんの期待もなしだったけどね)で、日本の多くの国民もマスゴミも平和憲法破壊しか頭にないアベシンゾーなるゲスで下劣で知性皆無の生き物に首相やらせて薄ら寒い戦前並みの気味の悪い世界への回帰を望んでいるんだろうな、まあそれが望みならそれはそれでいいけどね。こちとらは趣味の世界に没頭するだけだわ。

その趣味である温泉巡りでももっとも好きな温泉のひとつである秋田県の泥湯温泉のシンボル(3軒のうち1軒の旅館はほぼ営業していないような状況)である奥山旅館が13日未明の火事で全焼してしまったとか。しかも焼け跡から従業員とみられる遺体が発見とかで、合掌。素晴らしい湯と自然の良さと雰囲気で人気の温泉だけになんとも残念だ。今年もこれから行こうかなと思っていたんだが。10年ほど前にも宿泊の一家が硫化水素中毒で死亡の惨事があったし、ちょっと不幸続きだな。営業再開を祈るしかない。

日帰り入浴は何回も行っているが、宿泊は5年前に3連泊を2回立つ続けにしているんだが、その時のブログ記事をほんとうに素晴らしい温泉なだけに大ショックだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

5月末に突然ドライブ旅行したくなって、予定なしで結局7泊8日のドライブに。遅ればせながらに覚書

5月下旬に突然ドライブに行く気分になり、初日は午後3時半頃東京を出発したんだけど、温泉巡りっていうよりも今回はとりあえずドライブが主目的で、それなら当然に渋滞もない東北ってことで、予定も一切なく国道4号をとにかく北上。走れるところまで走るってことで、午後10時前に道の駅「喜多の郷」に到着。暗い時間帯に走っても面白くもないし、危ないってことで、道の駅で車中泊決定。

2日目は米沢から国道13号を北上して、国道7号から能代で国道101号に入って、日本海を望みながら五能線沿いに津軽まで。この五能線沿いのルートはホンマに楽しい道で、最高のドライブが毎回楽しめる。スイスイ進んで午後7時過ぎには道の駅「森田」に到着して、2日目はこの道の駅で車中泊。この道の駅はこれまで数回車中泊しているがお気に入りの道の駅だ。

3日目はどうしようかなと車中泊しながら思案して、今回はドライブが主目的ってことで、一気に南下して、いつもの鳴子温泉の定宿に連泊してのんびりすることに。で、3日目の早朝に道の駅から数キロにある鰺ヶ沢の公衆浴場「海のしずく」で日帰り入浴したあと、宿に素泊まり4連泊の予約電話。ところで、青森の公衆浴場(銭湯ね)はほとんどがご機嫌な温泉で早朝から夜遅くまで営業していて銭湯天国。今回の「海のしずく」は以前はコンビニとかごちゃごちゃあった「ぽっかぽか温泉」という施設だったが、経営が変わって公衆浴場だけになった。茶褐色透明,つるつるの津軽地方に多い泉質で350円の激安で入浴できる綺麗な浴場だ。

Uminosizukuo1

Uminosizuku

1時間ほどのんびり朝湯を楽しんで、岩木山神社方面へ走り、アップルロード経由で一気に八幡平方面へ。走り慣れた大好きな国道282号、341号を走って、昼過ぎには国道46号へ右折して、国道105号から国道13号を南下して、国道108号に入って、午後5時前にいつもの高東旅館に到着。国道108号は最近バイパスができて、鳴子ダム周辺の狭い道をパスして、幾つかのトンネルで一気に鳴子温泉の西端の国道47号に出られるようになり、雄勝からの快適なドライブコースになった。

宿では、無線LANが改善されて、宿泊した部屋でもネットできるようになっていた。まあ、格安スマホを昨年買ったので、テザリングでパソコンでネットはできるのだが、やはり無線LANのほうが快適だしね。で、毎度のことながら、昼飯は氏家鯉店で鯉のアライ・旨煮、夜は焼き肉「八兆」で夕食と連日の毎度変わらない食事。しかし、飽きないんだよね。で、4日目、5日目、6日目と風呂に入ったりしながらダラダラして、毎日部屋で株式売買。湯治しながら美味いもの食って、読書したり、音楽聴いたり、株式売買ってのもご機嫌だね。ネットができると全く飽きないし、1ヶ月ぐらい長期滞在してもいいぐらいかな。

Takatou

7日目は宿をチェックアウト(4連泊でも13000円弱だ)して、毎回東京へ帰る時と同じく米沢から、会津若松、金山、只見経由でのルートで快適なドライブを楽しむ。一気に東京へ帰るのは疲れるし、夜に走るのは回避ということで、毎度のことながら道の駅「金山」で車中泊。途中、最上千本団子で美味すぎるだんごを5本ゲット。道の駅「金山」は無線LANが完備しているから快適な休憩室でネットもできるし、静かだしでお気に入りの道の駅だ。

Dango

8日目は東京へ一気に帰るだけ(夕方には帰宅できるように最近はしている)だが、金山なら当然極上の共同浴場があるので、今回は最近建て替えられたばかりの「湯倉温泉」で入浴していくことにする。入浴料金200円以上だが、全面改築されて、混浴だったものが別浴になり、以前のボロとは違いすぎるほど綺麗に。午後4時頃には帰宅となった。今回のドライブ旅行の走行距離は1673キロで、消費ガソリンは102リッターほどでさすが東北、買ってから22年目の1800CC車でかなりの高燃費だった。

と、こんなのを遅ればせながらに覚書として書いているんだが、明日13日からまたまた東北へドライブ旅行に行くんだよね。何日間になるかはその時の気分次第ってわけで、あまり雨が降らなければいいなと願うだけ。

Yukura01

Yukura02

Yukura03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

大嫌いな小沢一郎なら何でもかんでも攻撃のアベシンゾーの広報部隊サンケイが小沢一郎の演説の一部「北陸最大の新潟県」を痛恨の基本的ミスとアホ極まる攻撃の恥さらし

ネット徘徊していたら、アベシンゾー首領様の広報機関サンケイが小沢一郎の演説の一部を捉えて、「新潟県を北陸と間違えてやんの小沢は」とコケにしているとの情報があった。で、どれどれどんな記事かいなと、探したら、「生活・小沢一郎代表、師匠・田中角栄元首相のお膝元・長岡で痛恨のミス『新潟は北陸最大の県』      共演の共産・志位和夫委員長は『安倍首相は悪口言い歩いている』と非難」なる見出しの記事だった。

 

そのリード部分で

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

参院選で共闘する野党4党の党首級が8日、参院選の応援のため新潟県長岡市で合同の街頭演説を行った。長岡などを地盤としていた田中角栄元首相を「政治の師匠」とする生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表も駆け付け、生活で側近だった元職で無所属の野党統一候補、森裕子氏への支援を呼び掛けた。ただ、小沢氏は田中元首相の弟子を自任しながら、北陸地方ではない新潟県を「北陸で最大の県」と発言する基本的なミスを犯すありさまだった。共産党の志位和夫委員長は、安倍晋三首相が民進党や共産党などの共闘を「民共連携」と批判していることに対し「悪口を毎日のように言っている」と訴え、「安倍政権こそ許せない。倒そうじゃないか」と主張。民進党の安住淳国対委員長は「私たちみんなで『ノット・アベ』を合言葉にがんばろう」と訴えた。3氏の発言の詳報は次の通り。

◆◆◆◆◆◆◆

として、ウェブではなんと演説内容を10ページ分にも及ぶ量を掲載して、なんだかまるで応援記事のように思えるほどなのだが、そのリード部分で「北陸地方ではない新潟県を『北陸で最大の県』と発言する基本的なミスを犯すありさまだった」と、なんともトホホなアホ丸出しの毎度の小沢一郎なら何でも攻撃のアホさらし。

このバカ記者だが、大嫌いな小沢一郎に関してはなんでもかんでも陥れることしか思考にないんじゃないのかな。まあ、それを尻舐めするほど溺愛している憲法破壊して戦争惹起して国民殺し狙いの売国基地外先天性痴呆症日本の恥アベシンゾー首領様への貢献とでも思っているんかいな。

まあ普通の感覚では新潟は北陸だろうし、国土交通省北陸地方整備局の所在地は新潟市なんだが、この程度のことさえきちんと把握して、記事の間違いを指摘できないデスクも悲惨だがな。小沢一郎の言葉をミスと攻撃するなら、お前たちの大好きな官僚様に「北陸地方整備局が新潟市にあるのは基本的なミスじゃないか」と指摘でもしろよ。

それよりも、お前らの偉大なる首領様アホのアベシンゾーなる生き物が「ワタクチュクは立法府の長であリマチュ」と国会で大ボケバカ答弁していたのをお前らはきっちりと「バカ極まる基本的なミスを犯す情けない限りのバカ首相」とでも一言でも報道したか。破壊を企む日本国憲法の内容も全く無知のアベのバカぶりを報道することがどれほど重大かお前らは認識もできないほど馬鹿なんだな。というより、このようなアホな小沢攻撃記事かますことで、アベ広報機関がいかに馬鹿かを暗示させるアベおろしみたいなもんかな。野党の演説をこれほど詳細に報道するのもそういうことか。まあ、新潟県の電力供給は北陸電力じゃなくて、東北電力なので新潟は東北ってことでもいいのかな。どうでもいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

大昔は自民右派議員支援だった「生長の家」が最近はぐんと変貌しているが、なんとアベのバック組織「日本会議」を激烈に批判し、アベ・カルト政権への強烈な批判、決別宣言

自民・カルト政権の寄生虫として平和の党の看板を唾棄してしまっているソウカの政治屋集団コウメイ党なるさっぱり公明でない権力寄生団体もあるし、傲慢老害チン太郎の支援カルト霊友会なんてのもあるので、その手の新興宗教団体の動きや主張のアホらしさを楽しむのもあって、その手の団体のHPもお気に入りに入れてチェックしてんだが、そのひとつである「生長の家」トップページのニュースの6月9日付の文書に大注目してしまった。

その生長の家サイトに売国奴基地外のアベ政権への毅然とした決別宣言が出ていたのだ。

◆◆◆◆◆◆◆

今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針

「与党とその候補者を支持しない」

来る7月の参議院選挙を目前に控え、当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、本部の方針として決定し、全国の会員・信徒に周知することにしました。その理由は、安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです。

戦後の一時期、東西冷戦下で国内が政治的に左右に分裂して社会的混乱に陥っている時、当教団の創始者、谷口雅春先生は、その混乱の根源には日本国憲法があると考えられ、大日本帝国憲法の復元改正を繰り返し主張されました。そして、その実現のために、当教団は生長の家政治連合(生政連)を結成(1964年)して、全組織をあげて選挙活動に取り組んだ時代がありました。しかし、やがて純粋な信仰にもとづく宗教運動が政治運動に従属する弊害が現れ、選挙制度の変更(比例代表制の導入)によって、政党と支持団体との力関係が逆転したことを契機に、1983年に生政連の活動を停止しました。それ以降、当教団は組織としては政治から離れ、宗教本来の信仰の純粋性を護るために、教勢の拡大に力を注いできました。

この間、私たちは、第二代総裁の谷口清超先生や谷口雅宣現総裁の指導にもとづき、時間をかけて教団の運動のあり方や歴史認識を見直し、間違いは正すとともに、時代の変化や要請に応えながら運動の形態と方法を変えてきました。特に、世界平和の実現など社会を改革する方法については、明治憲法の復元は言うに及ばず、現憲法の改正などを含め、教団が政治的力を持つことで“上から行う”のではなく、国民一人一人が“神の子”としての自覚をもち、それを実生活の中で表現し、良心にしたがって生きること。政治的には、自己利益の追求ではなく、良心(神の御心)の命ずることを、「意見表明」や「投票」などの民主的ルールにしたがって“下から行う”ことを推進してきました。

私たちは、社会の変革は、信徒一人一人が正しい行動を“下から”積み上げていくことで実現可能と考え、実践しています。その代表的なものは、地球環境問題への真剣な取り組みです。人間の環境破壊は、今日、深刻な気候変動を引き起こし、自然災害の頻発や、食糧や資源の枯渇、それにともなう国家間の奪い合いや国際紛争の原因となっています。この問題は、資源・エネルギーの消費を増やす経済発展によっては解決せず、各個人の信念とライフスタイルの変革が必要です。私たちはそれを実行することで、世界平和に貢献する道を選びました。

具体的には、私たちは宗教団体として初の環境マネージメントシステムISO14001の認証取得(2001年)をして、それを全国66の拠点に及ぼしました。また、莫大なエネルギーを消費する大都会・東京を離れ、国際本部の事務所を山梨県北杜市に移転し、そこに日本初のゼロ・エネルギー・ビル“森の中のオフィス”を建設して(2013年)、地球温暖化の最大の原因である二酸化炭素を排出しない業務と生活を実現しています。最近では、この生活法を全国に拡大する一助として、信徒からの募金により京都府城陽市にメガソーラー発電所(1700kW)を、福島県西白河郡西郷村に大規模ソーラー発電所(770kW)を建設し、稼働させています。これらの運動は、創始者・谷口雅春先生が立教当初から唱導してきた「天地の万物に感謝せよ」(大調和の神示)という教えの現代的展開であり、人類だけの幸福を追求してきた現代生活への反省にもとづくものです。

ところが安倍政権は、旧態依然たる経済発展至上主義を掲げるだけでなく、一内閣による憲法解釈の変更で「集団的自衛権」を行使できるとする”解釈改憲〟を強行し、国会での優勢を利用して11本の安全保障関連法案を一気に可決しました。これは、同政権の古い歴史認識に鑑みて、中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます。また、同政権は、民主政治が機能不全に陥った時代の日本社会を美化するような主張を行い、真実の報道によって政治をチェックすべき報道機関に対しては、政権に有利な方向に圧力を加える一方で、教科書の選定に深く介入するなど、国民の世論形成や青少年の思想形成にじわじわと影響力を及ぼしつつあります。

最近、安倍政権を陰で支える右翼組織の実態を追求する『日本会議の研究』(菅野完、扶桑社刊)という書籍が出版され、大きな反響を呼んでいます。同書によると、安倍政権の背後には「日本会議」という元生長の家信者たちが深く関与する政治組織があり、現在の閣僚の8割が日本会議国会議員懇談会に所属しているといいます。これが真実であれば、創価学会を母体とする公明党以上に、同会議は安倍首相の政権運営に強大な影響を及ぼしている可能性があります。事実、同会議の主張と目的は、憲法改正をはじめとする安倍政権の右傾路線とほとんど変わらないことが、同書では浮き彫りにされています。当教団では、元生長の家信者たちが、冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、同書にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです。先に述べたとおり、日本会議の主張する政治路線は、生長の家の現在の信念と方法とはまったく異質のものであり、はっきり言えば時代錯誤的です。彼らの主張は、「宗教運動は時代の制約下にある」という事実を頑強に認めず、古い政治論を金科玉条とした狭隘なイデオロギーに陥っています。宗教的な観点から言えば“原理主義”と呼ぶべきものです。私たちは、この“原理主義”が世界の宗教の中でテロや戦争を引き起こしてきたという事実を重く捉え、彼らの主張が現政権に強い影響を与えているとの同書の訴えを知り、遺憾の想いと強い危惧を感じるものです。

当教団は、生政連の活動停止以来、選挙を組織的に行うなどの政治活動を一切行ってきませんでした。しかし、政治に触れる問題に関して何も主張してこなかったのではなく、谷口雅宣現総裁は、ブログや月刊誌を通して“脱原発”や“自然エネルギー立国”を訴え、また日米の外交政策を分析して、それに異を唱えたり、注文をつけたりしてきました。また、昨年は憲法を軽視する安保法案に反対する立場を明確に表明されました。

私たちは今回、わが国の総理大臣が、本教団の元信者の誤った政治理念と時代認識に強く影響されていることを知り、彼らを説得できなかった責任を感じるとともに、日本を再び間違った道へ進ませないために、安倍政権の政治姿勢に対して明確に「反対」の意思を表明します。この目的のため、本教団は今夏の参院選においては「与党とその候補者を支持しない」との決定を行い、ここに会員・信徒への指針として周知を訴えるものです。合掌。

2016年6月9日

宗教法人「生長の家」

◆◆◆◆◆◆◆

いやあ、アベ憲法破壊願望戦争やりたい病売国奴への素晴らしい決別宣言書だ。

「安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです」「一内閣による憲法解釈の変更で「集団的自衛権」を行使できるとする”解釈改憲〟を強行し、国会での優勢を利用して11本の安全保障関連法案を一気に可決しました。これは、同政権の古い歴史認識に鑑みて、中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます」等々、アベ売国政権への本質的な批判となっている。腐敗したマスゴミなどはこの指摘のアベ政権の本質を批判もできない体たらくの中、平和を求める宗教団体としての矜持を示している。コウメイ・ソウカとの何たる違いか。

さらにアベシンゾーを持ち上げ煽る究極の反日売国組織「日本会議」を「はっきり言えば時代錯誤的です。彼らの主張は、『宗教運動は時代の制約下にある』という事実を頑強に認めず、古い政治論を金科玉条とした狭隘なイデオロギーに陥っています。宗教的な観点から言えば“原理主義”と呼ぶべきものです」とまで言い切る。つまりはアベ政権自体が原理主義テロ組織と同義としているようなものだ。

生長の家といえば、かつてそうとう昔は自民の右派政治家を支援していた時期があったのだが、最近は脱原発を表明したり、心の平和を求める真摯な宗教団体と変身したのだろう。既存の宗教団体も真に平和と人の幸福を追求するのなら、今こそ生長の家と並んでアベ政権忌避の姿勢を鮮明にすべきだろうが、そんな気概があるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

毎日毎日反吐が出るばかりのうんざり政界。あの田中康夫がおおさか維新から出馬のアホらしさ。睡眠障害が不起訴決定で突然快癒(笑)のゴロツキ政治屋アマリ。アベシンゾーなる生き物に在学大学の恩師らも幻滅のようで

ほんま毎日、日本も終わりだね状況の政治界隈で、うんざりしかないのだが、なんとあの元作家・長野県知事の田中康夫が、参院選であのゴロツキ集団でしかない「おおさか維新」から東京選挙区に出馬するなんて話が流れていた。もうちょっとまともなペログリおっさんかと思っていたが、憲法破壊狙いのアベシンゾーなる生き物の隠れ親衛隊みたいなゴロツキ集団の仲間になりたいとは、よほどボケたのかな。どうでも良いけど。この程度の奴だったってだけだな。

呆れるばかりの政界だが、真っ白けの小沢一郎関係はテメエらの既得権益が破壊されるとの恐怖から小沢魔女狩りに邁進し、まっとうな日本の政治を破壊した売国東京地検が、あまりにミエミエの真っ黒け案件のアマリ汚いカネ問題で想定通りにキューピーアマリを不起訴処分にしたんだが、その件の真っ黒けアマリが6日突然に「活動再開」を表明したんだとさ。これまで閣僚辞任以降「睡眠障害」とかのまさにこのゴロツキ政治屋にふさわしい仮病で逃げ回っていたんだが、不起訴となった途端に「睡眠障害」は快癒かい。国民をコケにし、馬鹿にするにもほどがあるコウガン無恥クソだな。人間のクズ集団自民の中でも究極のクズだわ。まあマスゴミ様もこのこのゴロツキ政治の追及は全くしないが、セコイばかりのどうでもいいネズミ男マスゾエは嬉々とばかりに憂さ晴らし追及してアベの尻舐めに徹してます。

まあ、口を開けばウソしか出てこない親分のアベシンゾーなる生き物関係の奴らってこんなクズばかりなんだが、自民・カルトクサレ政権に寄生していればどんな犯罪やらかそうが売国無罪ってことでチャンチャン。

その生まれながらにウソとともに生きてきた下劣な生き物アベシンゾーに関するおもしろい記事=安倍首相の成蹊大学の恩師が涙ながらに批判!「安倍くんは間違っている」「勉強していない」「もっとまともな保守に」=がリテラにあった。

この記事で暴露されている教員らの証言には日本国民としてまったくげんなりするばかりだ。もとからこれまでの発言、行動から、アベシンゾーなる生き物が憲法に関する知識もまったくないアホのくせに、テメエの先天性痴呆脳が全憲法学者を凌駕する知能を持っているかのようにテメエのアホ思考で憲法解釈とかほざいて集団的自衛権行使もできるし、戦争法も憲法違反じゃねえんだよと独裁者気取りで違憲選挙で分捕った首相の座に居座り続け、毎日のように嘘八百の詐欺師の本性を晒してんだが、学生時代の大学教員らもアベシンゾーなる生き物がいまさらながらに日本のためにならないクズであるかがわかったようだが、遅すぎるよな。

しかしね、この先天性愚鈍の詐欺師野郎にいつまで騙され続ければ覚醒するんだよな日本の自民大好きアホ国民は。年金は完全にお支払いいたちマチュ、福島原発はカンジェンにコントリョールしてマチュなど息を吐くように嘘を吐きまくるアベシンゾーなんだが、テメエの発した約束、公約をどんだけ反故にしても「新たな判断でごじゃいマチュ」と詐欺言辞吐いても追及批判するマスゴミもないわけで、先日参院選に向けて垂れ流した自民クサレの選挙公約も、どんだけ破ってもアベが「新たな判断でごじゃいマチュ」と言えば済むわけで、なんの意味もない単なる国民騙しってのが明白すぎて笑うしかないもので、これほど政治が詐欺師に牛耳られたのも戦後初か。

今やアベシンゾー首領様の尻舐め犬に堕した大マスゴミ様がどれほどアベシンゾーなる下劣な生き物が嘘八百吐こうが、まったく批判もできない体たらくを晒し、ジャーナリズム精神を完全に放棄して、自民・カルトクサレ政権の宣伝機関と化し、国民の洗脳誘導をやり、多くの国民もアベシンゾーなる下劣な生き物が公約などに反することをやろうとも「新しい判断」とか適当に詐欺言辞を吐けばそれで問題ナッシング。これほどテメエの言葉に責任も言霊も何も感じない責任・倫理観・プライドなどに完全不感症のクズ野郎は空前絶後であり、このゴロツキ政権、それの尻舐めマスゴミ、そしてその上に君臨して税金強奪に精出す売国官僚にはほんま反吐が出るばかりだわ。

P.S.:6月6日の首相動静に=午後6時57分、官邸発。同7時3分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」着。内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談=なんてのがあった。どこまでこいつらマスゴミのゴミ記者どもは腐敗しきってんだ。正真正銘のゴロツキクズどもだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

サミット開催に向けアベシンゾーの尻舐めマスゴミのヨイショ記事ばかりになるだろうアホらしさに、天気も良いことだし、気分転換に青森津軽までの一人ドライブへ

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)開催に向けて、先天性痴呆野郎(憲法破壊狙いの鬼畜首相のくせにその憲法の根幹である三権分立さえ知らない根本的バカの)アベシンゾーの尻舐めマスゴミのヨイショ記事ばかりなるだろうし、そんなニュース見て気分悪くなるばかりなんで、天気も良いことだし、青森津軽までドライブして気分転換。

毎度のことながら、ドライブ旅行は出発も突然に決めて、22日の午後3時半ごろ東京を出発。高速道路はもちろん使用せずに、ちんたら国道を走って、午後10時頃には道の駅「喜多の郷」に到着。走行距離は約280キロ。深夜走ってもいいんだが、景色も見えないし、まあ危険回避で、ビール飲んで、道の駅で車中泊。

23日は国道13号をまっすぐ北上して、津軽へ一直線。道の駅「雄勝」で昼飯だが、休憩室に今年の3月から無線LANが開通していて、利用案内に従って接続。60分間接続できるようだ。格安スマホのテザリングを使う必要もないので便利だね。で、ちょっと株価チェックしてみたら、平均株価は午前10時過ぎには320円ほど大きく下げていたようで、持ち株の方はまあそれほど大きく下落もないようで、旅行中はまあ気にしてもしょうがない。それにしても暑い。今回のドライブの予定は10日ほどで、その時の気分で適当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

体調もちょっと回復した4月下旬に久しぶりに東北方面へ温泉湯治ドライブを5泊6日でしてきた

昨年年明けからの発疹症状が未だに快癒せず(まあ一時の痒みが我慢できないというようなものじゃなくて、微妙に痒みが残っている程度だが、痒みというのは少しでも我慢できないんだよね)に病院通いが続いていて、どうも気分が鬱だ。その鬱気分は憲法破壊して日本人殺しを狙っている先天性低能異常者アホのアベシンゾーなる生き物がいまだに首相の椅子に居座って毎日のアホすぎる政治を展開蹂躙しているのでますます鬱気分重症化になるわ。

そんな鬱気分を解消するにはドライブ旅行して温泉にのんびり入るのが最高なのだが、脊椎の3度の大手術の影響もあり足と手のしびれがなんだかさらに強くなっているようで、結局1月から4月初めまでどこにも行かずに家篭り気味の趣味生活三昧と株式売買遊びにふけっていて、アベの尻舐めでしかないアホなマスゴミの報道なんかも基本ほとんどどうでもいいや気分でネットでのニュースチェックもあまりせずに、株式絡みのチェックだけ。まあ、売国奴基地外アベシンゾーに日本破壊されても、どうも殆どの日本人は構わないようなので、それならそれで、もう勝手にしろやって気分にしかならないしね。こちとらはあと数十年も生きられるわけでもなし、自分さえ楽しめればチャンチャンの超エピキュリアンに徹するのが一番だ。

ってわけで、ちょっと体調が回復した4月下旬に久しぶりに東北への温泉湯治ドライブ旅行へ行ってきた。今回は5泊6日で、車中泊はしないで、5泊とも事前にお気に入りの温泉地に旅館宿泊を予約してののんびり旅行。昨年から発疹で体調もあまり良くないので、温泉は濃厚な硫黄泉などは敬遠して、肌に優しい温泉を基本的に選んだ。

というわけで、東京を出発して東北自動車道に乗って一気に花巻へ飛び、まず宿泊したのはアルカリ泉の優しい湯がお好みの岩手県は花巻の大沢温泉。これまで宿泊は激安の素泊まり自炊棟だけだったが、今回は温泉ファンに人気の茅葺屋根の菊水館。ちょうど桜も満開で風情のある宿でおいしい食事と温泉を楽しんだ。今回宿泊したのはいずれもこれまで何回も行っているお好みの温泉ばかりなので詳細に書くこともないので、簡単に。

Ohsawa01 Ohsawa02 Ohsawa03 Ohssawa04 Ohsawa05

次は鳴子温泉へ南下して、毎度おなじみの川渡温泉「高東旅館」の新館宿泊。当然に昼飯は東鳴子温泉の鯉の店「氏家鯉店」でアライと旨煮で、夕食は焼き肉「八兆」で。ほんま、この鯉と焼き肉は飽きないんだよね。この時期の川渡温泉は桜と菜の花のコレボレーションが美しいのだが、今年は桜がもう散り始めだった。しかし、中山平駅前の大桜は満開だった。

Naruko01_2 Naruko02_2

で、岩手、宮城の次は山形県というわけで、久しぶりに大好きな肘折温泉での宿泊。これまでの宿泊の定宿からちょっと変えて、今回は以前した日帰り入浴で対応も設備も良かった「大穀屋旅館」の湯治宿泊を利用。湯治宿泊とは山のように出てくる一般的な旅館の料理とは違って、連泊に調度良い量のおかずが3〜4品の料理で、宿泊料金もぐんと安くて5〜6000円。もちろん旅館宿泊を頼めば山のようにおかずが並ぶ料理も頼める。今回は2連泊だったが、実に美味しい、量もちょうどよい夕食、朝食で、館内も清潔、綺麗で温泉ももちろん最高で、今後は肘折温泉ではここが定番になりそうだ。新たに建築されたループ橋も初見。

2連泊でのんびり湯治ができたわけだが、この「大穀屋」では館内に無線LANが飛んでいて、持参したノートパソコンでもばっちりで、風呂に何度も入りながら昼間は株式売買をしてしまった。

Hijiori00 Hijiori01 Hijiori02 Hijiori04 Hijiori03 Hijiori05

最後の5泊目は、福島県の湯野上温泉へ。昨年も宿泊しているが、温泉地の雰囲気もお好みだし、肌に優しい単純泉で最後の締めというわけだ。宿泊したのは温泉街とは川を挟んで反対側にある「舘の湯」民宿。かつて何回か宿泊している民宿で、揚げたての天ぷらを1品ずつ出してくれるなど料理が美味しいのだ。今回宿泊していたのが我が1組だけで、露天付きの男女別風呂を自由に使う贅沢さ。さらに以前は畳の普通の宴会場での食事だったが、なんと今年初めに大改装したそうで、その宴会場がおしゃれな食堂に大変身で、民宿とは思えないほどに。

というわけで、連れも設備、温泉、食事にも大満足で、天候も雨にもあわず、高速でも下道でも連休前ということで渋滞一切なくスイスイ走行でご機嫌な旅行を堪能できた。ただ、一番好きな青森県の温泉などを今回はスルーしたので、そろそろ勝手気ままな旅館予約も一切せずのブラブラ温泉めぐりドライブ旅行に行かなきゃね。

Yunokami01 Yunokami02 Yunokami03 Yunokami04 Yunokami05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

熊本で震度7の地震発生、九電の原発は大丈夫かいな。アベ極右ゴロツキ政権のめくらまし鉄砲玉・田母神俊雄が公選法違反で逮捕。アベ政権の道具としての役目が終わったってとこかな

ネットでニュースチェックしていたら、午後9時半頃熊本などで震度7の地震が発生か。九電の鹿児島県薩摩川内市の福島原発の教訓も無視して強硬稼働した川内原子力発電所は大丈夫なのか。今回の地震は阿蘇噴火の前兆なのかな。それならますます原発の危険性増加なんだけどね。

閑話休題。 2014年2月に行われた東京都知事選で陣営の運動員らに現金を配ったとして、東京地検特捜部が14日、公選法違反(運動員買収)容疑で元航空幕僚長の田母神俊雄と選対事務局長をやっていたこれも自衛隊仲間らしい島本順光を逮捕したとさ。

基本的にどうでもいいおっさんなんだが、このおっさんの支離滅裂知性皆無の極右行動・発言をお仲間であるアベシンゾー売国政権が巧く利用していたもんな。このアホなおっさんの過激発言がカタリストとなって、アベシンゾー首領様らゴロツキ極右政治屋の発言や行動がその危険なものであるとの認識が緩和されてしまう国民洗脳の道具になっていたんだよな。同様の道具が大阪のハシゲらのゴロツキ政治屋なんだけどね。今回の逮捕は田母神がすでに道具としての役目が終了したってことなんだろうね、どうでも良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替や株式の動き予想なんてやること自体無駄の極致なんだが、株式アホリストなどはその無駄をして投資家を惑わす。その予想外しの逆神の象徴、武者某が7日に「日本売りが始まった」と宣言したとたんに強烈な3連騰

2月19日のブログで株式のことを駄べって、株式評論家などのアホぶりを書いたんだが、その中で ・・・・・・証券会社系でもっとも当たらない、逆神的存在が元ドイツ証券のムシャ某で、ラジオNIKKEIで時々聞くその「まあ___、まあ・・・、まあ、、、」と「まあ」だらけの鬱陶しい話しぶりが頭の悪さを示しているが、これまでこいつが株式の見通しで当てた記憶が自分の長い株式売買の中でも無い。最近はドイツ証券辞めて、独立してやっているようだが、そこらじゅうでなんだかえらい強気ばかり吐いていたので、株式の動きにはかなり気をつけていたのだが、やはり逆神というか今年に入っての大暴落。逆神ぶり満開。でも、このおっさん、テメエの超強気発言になんの責任感も感じていないようで、最近は弱気に転向みたいで、お気楽ぶりには失笑・・・・・・なんてのを書いていた。

これまでのムダに長い私の投資歴の中で、常に逆神の象徴と観ているのが、元ドイツ証券のアホリストとして、投資家を儲けさせるためではなく、常に証券会社がぼろ儲けするだけの予想などを吐いていた武者某。会社を儲けさせるのに貢献したからこそ出世もしたんだろう。とにかく過去の経験ではこのおっさんの予想予言は外れまくり。株式やる上では絶対に信じちゃいけないシンボルみたいなもん。ほかにもその手の人物は何人もいるけどね。

で、その逆神である武者某のサイト「武者リサーチ」で無料で読める「ストラテジーブレティン」ってのがあって、その4月7日第158号は「株式市場、年度初めの日本株独歩安をどうみるか」なのだが、その中で武者某が

◆◆◆◆◆◆◆

武者:やや断定的に言ってしまえば、日本売りが始まったという可能性があり得ると思います。日本売りと言うと極端ですが、日本売りの仕掛けがトライアル・アンド・エラーで始められた可能性があると思います。やはり円買いというのは日本売りの象徴です。日本が改革できずデフレが続けば円高になり、円高は更なる株価下落をもたらす悪循環を引き起こします。円買い円高は日本売りの象徴としての投資ポジションです。今やドル安政策が世界の金融安定の為に必要だということで、ドル安の結果円高になったというのが少し前までの観測でしたが、今起こっているのはドル安というよりは、円だけが日本売りという目的の為に買われると言わんばかりに投機的な円買いが起こり、それが原因となって日本株が売られるということが起こっています。

◆◆◆◆◆◆◆

と、御高説を吐かれているんだが、そのとたんに今週に入っての爆騰の連続。この御高説を信じて速攻で売却行動に出てしまった投資家は地団駄踏んでんだろうな。「日本売りが始まったという可能性があり得る」と断言したとたんに、178円、452円、529円の3連騰。このおっさんの予想信じてビビりまくって速攻で売却しないで良かったよ。というか、これを読んだときに、これで上昇に転じる可能性かもなと思ったぐらいだけどね。

まあ、株式の儲けの一番の要諦は我慢だから、買ってからちょっと下がると株式売買で重要なのは損切りと吐く(まったく儲けることが出来ない素人同然なのに3万ほどの超高額株式セミナーを開いてしまう)さっぱり意味不明な自称バリュー投資家角山某のマネなんかしていたら、永遠に株で儲け無しだしね。損切りじゃなくて、買い増しが私のこれまでのやり方。というわけで、このところの急な下落過程で買い増したりしたものを今日かなり売却して、キャッシュ増加。で、全売却したある1銘柄は毎度のことながら、売却した途端に急騰でがっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

平日の通常営業中の箱根ターンパイクで自動車評論家がポルシェの試験運転で爆走して自爆死。他人を巻き込まなかっただけ不幸中の幸いな自業自得

11日午後2時55分ごろ、神奈川県小田原市石橋の有料道路「ターンパイク箱根」で自動車評論家の森野恭行なる人物の運転する乗用車が反対車線のガードレールを突き破り、道路脇の木に衝突して死亡したとか。どんな事故か知りたくて、ニュースサイト見たら、日本テレビのニュースで破壊したポルシェの写真が出ていたので、その破壊の凄まじさがわかる。

◆◆◆◆◆◆◆

ポルシェが木に激突 自動車評論家が死亡

 11日、神奈川県小田原市の有料道路で、自動車評論家の男性が運転するポルシェが、ガードレールを突き破って木に激突し、男性は死亡した。

 11日午後3時頃、小田原市の有料道路「MAZDAターンパイク箱根」で、自動車評論家の森野恭行さん(53)が運転するポルシェが反対車線のガードレールを突き破り、道路脇の木に激突した。森野さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 現場は片側一車線の下り坂で、ゆるやかなカーブだったという。「かなりのスピードを出してぶつかっていった」という目撃情報もあるということで、警察は詳しい事故原因を調べている。

 森野さんは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員を務めていて、ポルシェは出版社から借りていたものだという。

◆◆◆◆◆◆◆

ポルシェでこの破壊ぶりは相当なスピードが出ていないかぎりありえないわけで、しかもニュースで流れていた緩やかな下り坂カーブで反対車線に飛び出て、頑丈なガードレールを破壊して飛び出すってのは暴走族かい。

ポルシェを試乗中だったそうだから、運転技術過信して限界試してたのか。しかしね、他のニュースを見てみると、道路を貸し切っての走行テストではなく、ターンパイクは通常営業で、他の一般車両も通行していたそうで、事故後に3時間ほども通行止めになったとか。ということは、他人を事故に巻き込まなかっただけ不幸中の幸いだっただけ。

ターンパイクって馬鹿な運転する奴も多い道路だし、この手の走行試験関連もよくやっているようだけど、有料道路といっても60キロ制限とかだろうし、カーブなんかではもっと制限速度低くなるだろう。それを貸し切りでもない状態で爆走していたって、どんだけ遵法精神のない奴だよ。しかも、自動車評論家なら一般車両も走っている道路ではより安全運転をすべきだろう。まさに典型的な自業自得。そんなに限界運転したければサーキットでやれってことでしかない。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

TPP交渉過程を一切秘密にし、黒塗り文書一部開示で国民を舐めきっているアベ政権だが、そのTPP特別委の西川委員長が交渉暴露本を出版予定のくせに、「中身分からない」のアホ言辞。審議中断中だが、貪欲グローバル企業のためだけのTPPなんて要らねえよ

衆院のTPP特別委では、同委の西川公也委員長(自民)が出版する予定だったとされるTPP交渉の内幕本をめぐっての政府答弁や議事進行で野党側が講義して退席、審議が中断だってさ。どうでも良いけど。大体、交渉過程が全て秘密、知っているのはユダ金と米の使い走り売国官僚(政治屋なんてのは官僚任せだろう)だけってんだからそもそも審議すること自体が茶番。交渉過程文書開示にも真っ黒け黒塗りを一部公開するだけと国民を舐めきってんだから。だいたいいくら外交でもすべてを秘密にする必要があるようなものにまともなモノがあるわけ無いだろう。

TPPなんてのは、農業作物の関税問題なんて基本どうでもいいわけで、ユダ金関連のグローバル企業が国内法からの治外法権的権益を獲得して、環境、医療、保険など公益事業に係る規制をコケにして、莫大な利益をふんだくるための道具。その象徴がISDS条項で、それらの国内規制が企業の利益に反すると判断した場合は、その企業が損失賠償請求訴訟ができちゃうという貪欲グローバル企業のメリットだけしかない。国民皆保険なんてのも攻撃材料にされるだろうし、日本語でさえ攻撃材料になるかもな。なにしろTPPの正式文書の言語には日本語はないからな。

だからこそ、交渉過程を含めて議論の必要があるのに、それを一切公表せず、国民を愚弄し、舐めきっているのが売国アベ政権なわけだ。

で、産経の記事で

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

2016.4.8 11:20

 

菅官房長官「国民の関心はTPPの中身」 民進党退席を牽制

 

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、衆院の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で民進党が政府の情報開示姿勢を批判し、途中退席したことに対し「国民の皆さんにとって関心があるのはTPPの中身だ。国会で堂々と出てきて審議を行い、TPPの状況を明らかにするのが与野党問わず役割ではないのか」と述べ、民進党の動きを牽制(けんせい)した。西川公也委員長が出版予定の著書に関しては「まだ本として出る前で、内容もわからない。私個人的にはそのことでどうして審議に影響が出るのかなと思う」と話した。

 一方、TPP交渉過程の開示要求について、菅氏は「どんな外交交渉でも相手国との信頼関係があるのだから、他の国との交渉過程を出せというのは無理ではないか」と反論した。

◆◆◆◆◆◆◆

「国民の関心はTPPの中身」ね、そらそうだ。しかし、もっとも重要なISDSなんてのはほとんど言及もしたことがなく、国民を騙すだけにしかならない農産物関税ばかりが話題になるわけ。まあマスゴミも仲間なんでTPPの危険性なんてまるでまともに報じないけどね。

それにしても笑えるのは、西川委員長が出版予定のテメエの著書に関して「まだ本として出る前で、内容もわからない」って吐いていること。おいおい、テメエの著書じゃないのか。どんだけ馬鹿なんだよ。つまりは官僚の某かがゴーストって白状かい。アホすぎ。だいたい国会審議の場に真っ黒けで塗りつぶし文書しか出さないわけだから、当然に一介の国会議員の著書に交渉過程が出てくることは不可能で、その本の交渉過程が出てくる部分は真っ黒けに黒塗りになっているはず。なかなかに珍しい本だろうね

この件では、公明党の大口国対委員長が、審議拒否の民進党を「理由なきサボタージュもここまでいくと、ルールなき国会になってしまう。われわれは民進党に対して正常な形で、ルールに基づいてやっていただくよう強く求める」と批判ってんだが、そもそもだ、国の基本中の基本である日本国憲法をルール無視でアベシンゾー首領様が蹂躙レイプして、政権そのものの正当性自体疑問な自民クサレ・カルトゴロツキ政権のくせによく言うよ。

ところで、そのTPPに関する西川委員長が出版する予定とかのTPP交渉の内幕本が、インターネットでの購入予約が削除されてんだってさ。アホ臭。今日もマスゴミは超マイナーどうでもいいスポーツ「バドミントン」(なめも知らない)選手のカジノ遊び問題を超大問題のごとくに大騒ぎして狂いまくってます。

P.S.:国会審議をみなさまの敵、アベの広報機関NHKはどう報道してんのかと、久しぶりに午後7時のニュース見てみたら、なんとトップニュースが基本どうもでいいバドミントン選手のカジノ遊び問題。それを長々と5分間ほども垂れ流し。NHKの報道機関としての存在価値完全に終わってるね。知らなかったが、とっちゃん坊やアナの隣りにいる女性アナが変わってんだね。これもどうでも良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙公約にもし、TPP交渉にも参加しないと明言していたくせに、アベシンゾーは国会答弁で「私自身はTPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございません」だとさ、さすが先天性詐欺師だわ

アベシンゾー首領様は7日の衆院TPP特別委員会で民進党の質問に「私自身はTPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから、まるで私が言ったかのごとくの発言は謹んで貰いたい」とさ。さらに黒つぶしで内容一切わからないTPP交渉記録を一部開示して、国民を舐めきっているゴロツキアベだが、その件でもさらなるTPP記録開示要求を拒否して、「出せぬものは出せんわい」と俺様ぶりをますます増長させて独裁者気取りがすっかり馬鹿な脳細胞に浸透してしまったようだ。

しかしね、このバカはほんまテメエの発した日本語をまったく理解していないようで、以前に

◆◆◆◆◆◆◆

私は選挙を通じて「聖域なき関税撤廃」を前提とするTPPには参加しないと国民の皆様にお約束をし、そして今回のオバマ大統領との会談により、TPPでは「聖域なき関税撤廃」が前提ではないことが明確になりました。

◆◆◆◆◆◆◆

などと吐いてんだがね。まあ、息をするようにウソを吐き出す生粋の詐欺師であるこの売国野郎には罪の意識とか倫理観とか責任感などというまともな精神を求めること自体が無駄なんだろうな。日本国民もとことん悪質極まるゴロツキ詐欺師を首相に戴いたものだ。

それにしても、呆れるしかないんだが、選挙ではTPP反対が公約だっただろうが。「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」とかのスローガンとかポスターを全国にばらまいていただろが。まあ、単に政権に復帰するためのアベシンゾー自民クサレ党のウソが服を着ているDNAの発露でしかないが、そんな程度のミエミエのウソにも簡単に騙されるってのが日本の有権者の低能ぶりなんだが。

「日本を取り戻す」とかなんたらかんたらの公約みたいな詐欺文書の中で「私たちの暮らしを脅かす『TPP』を断固阻止する!」と堂々と宣言してたんだがな。どこまでこの売国奴ゴロツキは国民をなめてんだよ。まあ、テメエがエスカレーターで卒業したかどうかしらん学園の名前さえ正確に書けない先天性痴呆の脳みそしか持っていない奴だからそもそも記憶能力自体無いのかも、悲惨すぎる生き物だ。

それを、国会で、選挙での公約を「おれさまはそんなことは一切言ってないぜ」かい。公約ってのはこいつには国民を騙すためだけのものでしかないってか。政権を馬鹿な国民を騙してもぎ取ってしまえば、売国官僚の操縦の元、憲法破壊、戦争やって国民殺し、税金爆上げ、社会保障関係削減とか俺様の思い通りにやりたい放題ってわけだ。こんな悪質な詐欺師でも、税金で籠絡した大マスゴミ(ガソリンに関する問題でも一切追及も批判もしないが、野党議員だけは喜々として攻撃。当然だわね、国会質疑でアホアベのバカを晒した山尾議員だもんな)、法の守護者であるべき検察や裁判官も完全にアベの守護隊になってんだからもうどうしようもないわ。

ネット上にあった写真

Tpp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

野党の開示要請で公開されたTPP関連文書が表題のみしかわからず、中身真っ黒けで塗りつぶし。とことん国民を舐めきっているアベ売国政権と売国官僚

ネットでニュースサイト流し読みしていたら、政府がTPP交渉文書を公開したって記事があった。

交渉過程の開示を求めていた野党側に応じた形で公開されたらしいが、文書は表題を除いて黒く塗りつぶされ、内容は分からない状態だったってさ。そもそもこんな黒塗りばかりの文書公開すること自体がアベ売国政権(その裏で操っている売国官僚)がいかに国民を舐めきっているかの証明だな。

国民主権も国会も完全に無視、従米隷属の売国官僚のやりたい放題の見本だな。まるで焚書坑儒まがいだわ。まあ、アベシンゾーなんていう詐欺師はテメエで勝手気ままに日本国憲法を解釈して(あまりの馬鹿なので憲法自体読めないし、解釈なんて完璧無理だが)破壊運用できると独裁者気取りでいるそのゴロツキ政権の 実態をよく示しているけどね。

しかも、その交渉でタフネゴシエーターとかで活躍したと自民クサレ政権とグダグダのマスゴミが喧伝した自民のお仲間検察が捜査も起訴もしない(小沢魔女狩りとのあまりの違い)犯罪者アマリなんてゴロツキは逃げまわってんだから、どんだけいかがわしい内容かがあまりに明白なTPPってことか。お前らクソ国民はアベシンゾー首領様のやることに文句言うんじゃねえよってことだ。

Tpp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アマゾンがなんでも無料配送取りやめ発表でがっくり。株式市場も崩壊だし暗い年度初めだね。あらゆる経済指標悪化なのに、失敗認めたくない官僚上がりクロダ日銀総裁は国会答弁でGDPなどの調査否定して居直りの醜態