« あまりに強い東京市場。殺人塾講師の資質は小泉と同じ | トップページ | ジェイコム株誤売却で露見したハイエナぶり »

2005年12月13日 (火)

米牛肉輸入解禁ね、勝手に食えば

アメリカの牛肉輸入が2年ぶりに解禁決定ということで吉野家の株価が期待感
で上昇したりしている。しかし、この解禁って、解禁の理由がさっぱりわからない。
2年前に禁輸にしたときとアメリカでの牛肉処理の状況は根本的に何も変わって
やしないし、無辜の日本人を大量虐殺するために原爆を落としたアメリカのその
中でもとりわけ白人至上主義者が多いであろう地方が主体の食肉業者が、死ん
でもどうでもいいやと思っているであろう日本人のために慎重にも慎重を期した牛
の解体作業をするなんて思えるわけがない。しかも、輸出する牛肉の検査なんて
まともにするわけがない。今回の解禁なぞ、ブッシュの狗先天的変態のクソ馬鹿
小泉がブッシュに尻尾を振ってチンチンしているだけだ。

それに解禁を決めた小泉お得意の私的諮問機関みたいなお惚け連中の集まり
なんかまともな論議や調査などもしていない。ただ、小泉の求める結果を最初か
から決めていたただの税金泥棒。それにどうして生後何ヶ月かの牛なら大丈夫とか
何とかいい加減なことを言えるのだろう。どこにそんな根拠があるんだい。そして、
その生後何ヶ月とかなんて、管理がいい加減なアメリカの牧場でどうして完全に
把握できると思えるのかね。笑い話でしかない。まあ、吉野家の牛丼がそれほど
好きならどんどん食えば良いだけだけど。国民の健康のことなど露も考えたことの
ないクソ小泉の権力維持のためだけのブッシュの尻舐め解禁に対抗するために
は、まともな食事・食品を摂取したい消費者はその手のものは買わない、食わないに
徹すれば良いだけ。そんな毒牛肉など食わなくても飢え死にすることなどない。買
わない、食わないを徹底すればいくら輸入されても余るだけ。日本人が困ることは
何もない。困るのはアメリカの経済のためだけを考えることしか出来ない小泉政権
やブッシュの猿に打撃を与えられるだけだ。アメリカの毒入りまずい牛肉は一切
食べないでおこう。それこそ、国民の健康などくそみそに思っている小泉への答えだ。

|

« あまりに強い東京市場。殺人塾講師の資質は小泉と同じ | トップページ | ジェイコム株誤売却で露見したハイエナぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/7599858

この記事へのトラックバック一覧です: 米牛肉輸入解禁ね、勝手に食えば:

« あまりに強い東京市場。殺人塾講師の資質は小泉と同じ | トップページ | ジェイコム株誤売却で露見したハイエナぶり »