« ジェイコム株誤売却で露見したハイエナぶり | トップページ | ドン臭い馬鹿議員のくだらない証人喚問だ »

2005年12月14日 (水)

ジェイコム誤発注事件で面白い見解が

みずほ証券が大損、ハイエナのように誤発注を利用して大儲けが外資。もとから
不当利得なのだからこんな売買無効にすればいいものを、耐震強度偽造事件で
創価学会の手先北側が犯罪摘発もせず真っ先に補償決定に走ったのと同じように
今回の事件でもなんだか外資が大儲けできる形で早期に決着が図られてしまった。
あまりにおかしすぎる。また、機関投資家を相手にしているみずほ証券が61万円で
1株売却ということ自体がおかしいとも前に書いたが、その点に疑問を持って外資
の陰謀ではないかと面白い見解を書いているのを発見。

精力的に小泉批判などを書いている国際評論家小野寺光一という方のメルマガだ。
今日メールで来た記事はなかなか面白い。
一部を書き出してみると・・・・・・

『みずほ証券の誤発注問題について
今日の日刊ゲンダイにも重大疑惑として出ていたが、
この問題についてはおかしな点が多い。
つまり疑惑がある。
それは一株売りである。
みずほ証券が、「61万円の一株売り」
を「1円で61万株売り」と入力ミスしたことが原因とされている。
<みずほ証券は機関投資家など、大口投資家専門の会社>
しかし、みずほ証券は機関投資家
(注)(機関投資家=日本生命や東京海上火災、都市銀行、地方銀行、
投資信託などで、資産運用として株や債券を購入して運用益を主要な収益源とする。
特徴は大口で運用する点。何百万、何千万、何億と取引する。)
など法人の大口投資家を顧客とする専門の証券会社である。
個人投資家や零細投資家は基本的に扱っていない。
(注)零細投資家とは100万円以下の投資を行う個人投資家のこと。
<でっちあげの可能性のある株売り>
それが、100万円までは上がると言われていた、ジェイコム株を、公開価格と
同じ61万円で、それも一株の売りを出す、大口投資家が、いったい、どこにいる
というのだろうか?
<機関投資家からの発注があったというのは、でっちあげか?>
機関投資家は、基本的に株は、長期保有である。
この公開初日に、こんなばかげた発注をする機関投資家が本当にいるとは思えない。
<トレーダーが新生銀行出身>
これは、このトレーダーのでっちあげの可能性がある。つまり、外資を単に儲けさす
ためのものだったのではないか?
しかも、このトレーダーは、みずほ証券の中でも、旧日本興行銀行や、富士、
第一勧銀といったところの出身者ではないようだ。
外資と密接な関係のある、新生銀行からの転職者がこのトレーダーであると
言われている。
しかも、この誤発注の株を不自然にもたった10分あまりのうちに大量に購入した
のは、すべて外資系である。もとから知っていたのではないのか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

というもので、詳しくは小野寺氏のメルマガ過去記事で確認してほしいが、いか
にも金のためなら何でもやりそうなユダヤ外資のやり方に見えてくる。こうして
日本資産がどんどん外資に吸い取られていくのか。
それを支援する小泉政権、うんざりだ。

|

« ジェイコム株誤売却で露見したハイエナぶり | トップページ | ドン臭い馬鹿議員のくだらない証人喚問だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/7614812

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイコム誤発注事件で面白い見解が:

» みずほ証券空売りの結末に大手証券会社は全額返還 [鉄人ママの社長ブログ]
みずほ証券の誤発注が原因で東証が大荒れになった事件で、 東証のシステム上の不具合も指摘され、全ての決済が終わった後、みずほ証券は 東証に損害賠償も検討中と報道されています。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月14日 (水) 16時01分

» そもそも論に戻ってみる [娑婆に出る]
みずほ証券による株大量発注ミスで、推定で総額168億円規模の利益を全額返上する方針を固めたUBS証券グループなど証券6社が、株式市場安定のための基金創設や、公的団体への寄付に利益を充てる方向で検討していることが14日明らかになった。6社以外の証券会社や投....... [続きを読む]

受信: 2005年12月15日 (木) 10時35分

« ジェイコム株誤売却で露見したハイエナぶり | トップページ | ドン臭い馬鹿議員のくだらない証人喚問だ »