« ライブドアの欺瞞性を冷静に分析したサイトがあった。今まで見逃していたとは | トップページ | ライブドア堀江社長ら逮捕だね。しかし、あれだけ堀江を持ち上げた小泉ら知らん顔 »

2006年1月21日 (土)

マネックス証券の非情さ。さすが外資証券出身社長だけはある

ライブドア強制捜査関連でネット取引専業のマネックス・ビーンズ証券が
ライブドアの信用取引での担保価値ゼロ判断を猶予期間なく場中で導入
したことが暴落を加速させたとの批判などが出ている。それには与謝野
金融相も批判している。それに対して同社の松本大社長が、「市場全体
の株価変動との間に因果関係があるとは考えていない」「特定の株の担
保価値の評価が困難になったと判断される場合、個人投資家の利益を
守るため、早期の注意喚起を行うことは証券会社の責務」などと反論して
いる。

しかし、これはあまりにも強弁過ぎる。投資家とくにネット証券で投資をす
る人間は自己責任をとにかく証券会社などからしつこく頭に入れられてい
る。それはつまりは証券会社との契約でもあり、信用取引の担保価値な
ども突然それも何の猶予もなくしかも場中で担保価値ゼロなどとされれば
対応のしようがなく自己責任も何もない。猶予期間があるべきであり、段
階的な切り下げなどするのが自己責任を普段から言っている証券会社の
責務だろう。それがまだ倒産もしていない企業の担保価値を唐突にゼロ
とは証券会社との契約はこれから一切信用できなくなる。

まあ、松本氏は喋り方も紳士的だしなんか優しそうな面相はしているが、
元はユダヤ金融資本の筆頭ゴールドマンサックスで頭角を現した人物。
いわばチャキチャキのグローバルスタンダード信奉者だ。それにゴキブリ
小泉の糞政策も支持していた。そう自分たちにとって都合がいいからだ。金
のためなら何でもする気質は堀江社長とそれほど違いはない。体外的に
善人面をして個人投資家保護などといっているが、今回の措置などまったく
個人投資家保護などの面は微塵もない、ただあるのは自社保護だけ。も
ともとマネックス証券は松本氏の中長期的な投資育成からとか言って、当
初は信用取引制度は一切やっていなかった。しかし、松井証券などが信用
取引などで業績を伸ばしたからか、なぜか突然信用取引を導入することを
決めた経緯がある。つまりは大義名分を善人面して言うものの本質はなん
のポリシーもないただの金が一番の株屋に過ぎない。そしてその人間性は
小泉並みの非情さなのだろう。開成から東大、ゴールドマンと歩んで社会
の実態をほとんど知らないボッチャン社長の開き直りにしか見えなかった今
回の釈明会見だった。

|

« ライブドアの欺瞞性を冷静に分析したサイトがあった。今まで見逃していたとは | トップページ | ライブドア堀江社長ら逮捕だね。しかし、あれだけ堀江を持ち上げた小泉ら知らん顔 »

コメント

私も今度のマネックス証券の信用対応には、
普段、投資家育成、市場育成といっている言葉が
むなしく聞こえました。

この信用担保率のいきなり(このいきなりがひどい。)0

数週間前に、マネックスは投資家育成と称して
小学生に10万円を渡して投資の勉強をさせるという
イベントを新聞等で発表。そして実際に行っています。

わたしは、この点に関してだけでも
実際に株売買とか投資をさせる前に
教えること(資産管理とか人生設計)がたくさんあると
思うのです。

幸いなことにマネックスとは取引がなかったけど
ネット証券は、分散すべきだと再度思いました。

投稿: ららさん | 2006年1月22日 (日) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネックス証券の非情さ。さすが外資証券出身社長だけはある:

« ライブドアの欺瞞性を冷静に分析したサイトがあった。今まで見逃していたとは | トップページ | ライブドア堀江社長ら逮捕だね。しかし、あれだけ堀江を持ち上げた小泉ら知らん顔 »