« タケベメール問題で武部が司法できちんと判断つけたいだとさ | トップページ | クソNHKは荒川静香の国旗を纏ってのウィニングランをわざと放送しなかったようだ »

2006年2月28日 (火)

何回見ても素晴らしく感動的な荒川静香のフリー演技。その感動を汚した小泉の祝電

マスゴミの騒ぎ過ぎがうんざりだったトリノオリンピックで日本人と
しての輝きを思う存分発揮したフィギュアの荒川静香。昨夜は総集編
を放送していたのでつい見たが、荒川静香のフリー演技だけは何回
見てもあの凛とした上品さの中に堂々とした意志の強さを感じさせる
演技は素晴らしく感動的だ。まさにオーラが全身から漂っているようで
あり、スタンディングオベーションに繋がったのも納得だ。もうひとつ
素晴らしかったのはアルペンスキー男子回転での4位、7位と二人が
入賞したことだろう。4位の皆川のスキーの滑らかさもよかったが、と
りわけ見た瞬間凄いぜと思ってしまったのが7位に入った湯浅の2回
目の滑り。一気に入賞ラインを狙える好タイムをたたき出した滑りな
のだが、その滑りには何か鬼気迫るものがあった。回転競技であれ
ほどのスリリングな滑りを日本人が見せてくれるとは思ってもいなか
った。滑降にも世界レベルへ果敢に挑戦する選手が出てくるのを期待
したいところだ。

歴史に残る演技を見せてくれた荒川の感動をぶちこわすのがいたの
が、ただ一つの汚点としてあったのが残念。その汚点とは馬鹿国民の
人気取りのためのパフォーマンスばかり考えているクソ男小泉がきっと
やるだろうとは思っていたが、案の定荒川に電話をして祝いの言葉を
言ったことだ。いつものあのクソ男のセオリーとおりに何とも下品な表情
でのどこか馬鹿にしたかのような話し方。荒川静香のほうはなんだか
首相から祝電をもらっているのもうれしくも何ともないような受け答え。
むしろ嫌がっているような話し方。荒川は実は小泉が思い切り嫌いな
のではないだろうか。スポーツマンシップいや倫理観のかけらもない人
間だということを肌で感じているのではないだろうか。そんなことを感じ
させたトリノ大会最大の感動を汚すことになった祝電ではあった。

|

« タケベメール問題で武部が司法できちんと判断つけたいだとさ | トップページ | クソNHKは荒川静香の国旗を纏ってのウィニングランをわざと放送しなかったようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何回見ても素晴らしく感動的な荒川静香のフリー演技。その感動を汚した小泉の祝電:

« タケベメール問題で武部が司法できちんと判断つけたいだとさ | トップページ | クソNHKは荒川静香の国旗を纏ってのウィニングランをわざと放送しなかったようだ »