« 平均株価上昇はどこの話という感じで、モーツァルトのピアノ協奏曲三昧 | トップページ | 東京市場は寄り天気味だったので様子見で動かず »

2006年2月 4日 (土)

「きっこの日記」の破壊力は相当なもんですな。消滅して欲しい木村剛

ブログあまたある中でダントツの人気を誇るのが「きっこの日記」というヘアーメイク
のお姉さんが主宰しているらしいブログ。とにかく毎日かなりの長文をそれも毎回話
題を変えながら面白おかしく核心を衝く文章は相当に文才のあるお人。それだけな
らどうってことないのだが、このブログは日本破壊してアメリカのサルのためになる
売国政策を恥じも矜持もなく進める先天性アホ小泉を徹底的にこき下ろしていること
でさらなる価値を生んでいる。耐震強度偽造詐欺事件では小泉翼賛しか出来ない
馬鹿マスゴミのどこもまだ書いていない段階から黒幕として総研の内河の名を挙げ
るなどその取材力でもブログ時代の最先端を走るのを証明していた。

そのブログでちょっと社名を出されたというだけで、株価が下落したどうしてくれるん
だと文句を言っているおかしな会社が出てきた。きっこの日記で社名が出たことと株
価が下落したことの間にどれほどの因果関係があるのかさっぱりわからない事案。だ
いたいブログでは社名しか出ていない。何をしたのかもわからない。そんなことでいち
いち文句を言われていたら会社の名前を挙げることなどできやしない。それとも社名
を挙げても株価を上げるいいことしか書いてはいけないのだろうか。

というわけで、きっこの日記にいわれのない文句を言っている変な会社の記事をヤフー
サイトから引用してみると・・・・

サイバーファームが反発、会社側が「きっこのブログ」の記事は事実無根と発表
【2月3日 10:58 テクノバーン】サイバーファーム <2377> が一時、前日比30000円安(7.59%)の365000円まで下落する展開となったが、前引け前にかけて前日比で上昇。
耐震偽造問題で有名となった「きっこのブログ」の2日付けの記事でライブドア事件に関連して今後、同社の社名がマスコミに登場することになるといった記載があったことが波紋を呼び、前日はストップ安にまで売り込まれていた。
著名サイトで名指しされた形となる同社側は同日「思わせぶりな書き込みがございましたが、事実無根でございます」とした上で「然るべき対応をとるべく検討を進めております」との声明を発表したことが買い安心感を呼んだ。
(テクノバーン) - 2月3日21時0分更新

なるものだが、まるで因縁をつけているだけ。こんなので文句を言うなら、かつて
木村剛という竹中の子分みたいな奴が倒産する30社とかいう本か何かを出して
それで取り上げられた会社が思い切り安値に叩き売られたことがある。倒産という
因縁をつけられたのはただただ借金が多いというだけのこと。しかし、木村という
奴が小泉や竹中の寵愛を受けて審議会に入り込んだりしていわば政府保証を
受けていたような存在だったから株式市場ではその情報が一人歩き状態になり、
倒産の恐れなどない企業までが叩き売られてしまった。そして、その叩き売られた
安値を買い捲っていたのが外資。木村はいわば外資のためにマッチポンプをしたよう
なものだ。そしてそれらの企業はその後多くは倒産することもなく株価はもの
凄い勢いで上昇。木村の情報で倒産の恐れありと安値で売ってしまった株主は
相当の損をしてしまったわけだ。しかし外資は大儲け。こんなふざけた虚偽の倒産
情報を政府保証みたいな立場にありながらさも真実のように書きまくっていた木村
は完全な風説の流布をしていたわけではないのか。なのに、日本の監督官庁は
まったく木村のことを調べた形跡がない。小泉の子分ということで放置しているの
だろうか。きっこの日記にただ社名を出されたというだけで文句をつける企業があ
るのだから。木村に倒産企業と名指しされた企業は木村を告発するのが筋では
ないのか。なぜにそうしないのか不可思議な現象ではある。日本から消えるべき
陰険人間の筆頭木村。

|

« 平均株価上昇はどこの話という感じで、モーツァルトのピアノ協奏曲三昧 | トップページ | 東京市場は寄り天気味だったので様子見で動かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/8492893

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっこの日記」の破壊力は相当なもんですな。消滅して欲しい木村剛:

« 平均株価上昇はどこの話という感じで、モーツァルトのピアノ協奏曲三昧 | トップページ | 東京市場は寄り天気味だったので様子見で動かず »