« 「楽しめました」という言葉だけは言うなよな。もっと恥というものを感じろ | トップページ | 天木直人氏がホームページを閉鎖してしまった。書くことの虚しさからだが納得 »

2006年3月 2日 (木)

なんのことはない、結局は小泉翼賛にしかならなかったタケベメール問題

タケベメール問題はあまりの情けない限りの展開に民主党にがんばって
欲しいと思っていた立場としてはいい加減にしろ前原、永田と怒鳴りまくり
たい欝な気分。

もとから何の確証もなく目立ちたいだけで功を焦っていかがわしいメール
で元々ライブドア堀江といかがわしい限りの関係があると見られていた武
部を責めることがどんな結果をもたらすか想像力も働かなかったのが永田
と前原ら民主党のアホな連中の失策。ライブドア、マンション耐震偽造、防
衛庁談合などいくらでも小泉クソ政権を追いつめるテーマがあるにもかか
わらず、こんなクズのようなメールでそれらの問題から眼をそらせる結果に
なり、しかも小泉に民主党を馬鹿にする言質を与えてしまったことは前代未
聞の失態。なのに全責任は自分で負うと啖呵を切りながらまったく逃げの姿
勢しか見せない前原という小泉並かそれ以下の無責任男にはほとほと愛想
が尽きるしかない。こんな情けない口先男を代表に選んでしまった民主党の
議員たちも自分たちの馬鹿さ加減を改めて見直すべきだ。5年前に史上最低
最悪の日本国家破壊男小泉を選んでしまった自民党に匹敵する馬鹿ぶりだ
った訳だ。実際、永田、前原などは小泉翼賛だけを考えていたんじゃないかと
思うほどだ。こいつらさっさと自民党に移って、論功行賞で自民党に迎えられ
たりしてね。今回のメール問題が武部と堀江のうさんくさい関係を真っ白にす
るわけではないのに、なんだか武部は真っ白みたいな展開になっているのは
まさに永田、前原が小泉のためだけに動いた証のように見える。

|

« 「楽しめました」という言葉だけは言うなよな。もっと恥というものを感じろ | トップページ | 天木直人氏がホームページを閉鎖してしまった。書くことの虚しさからだが納得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/8910638

この記事へのトラックバック一覧です: なんのことはない、結局は小泉翼賛にしかならなかったタケベメール問題:

» 永田君、決闘しよう [翻訳blog]
 19世紀前半までのイギリスだったら、今回のような問題はどうなっていただろうか? [続きを読む]

受信: 2006年3月 3日 (金) 12時02分

« 「楽しめました」という言葉だけは言うなよな。もっと恥というものを感じろ | トップページ | 天木直人氏がホームページを閉鎖してしまった。書くことの虚しさからだが納得 »