« 今日は久しぶりに寄付きから株式相場を見る | トップページ | 素直にうれしいWBC優勝 »

2006年3月21日 (火)

格差社会という名の国民切り捨てに励むクソ小泉政権にいまだ幻想を見る悲しき日本人

WBC戦で日本の準決勝進出が決まったときに格差社会それがどうした
結構じゃないかとうそぶく売国スローガン男小泉が「一度、二度負け組
になってもあきらめちゃいけない。こういうことがあるんだね」と格差社会
をより進行させたいこのゴキブリらしくいつもの国民騙しのすり替え論を
言っていた。「負け組」なる一番嫌いな日本語。一生懸命に生きてもこ
の世の中なかなか大きな金を手にすることは至難の業だ。しかし、人間
の一生で金がすべてではない。ライブドアの堀江のような金至上主義者
のような哀しむべき存在もいる。いわゆる「負け組」なる言葉は使ってい
る馬鹿どもは単に金儲けができなかった人間と見ているあまりに人間
社会の複雑さを無視した極めて人間性無視の言葉。金を有り余るほど
手にしても拘置所に押し込められる堀江のような「勝ち組」もいる。それ
に反して、金はそれほど持っていないが、誇りを持ってする仕事を持ち、
自由な生き方をしている貧乏ないわゆる「負け組」もいる。その人たちは
自分たちが人生で負けたなどと夢にも思っていない。反対に幸せな人生
を実感しているはずだ。

そういう人の人生の勝ち負けなど金ですべてが決まる訳でもないのを、金
ですべてを決める言葉が「負け組」なる人間性のかけらも日本語の美しさ
のみじんも感じられない言葉。そのような汚らわしい言葉をあの下品な吐き
気がしてくる薄ら笑いを浮かべながら口にする小泉という男の反吐が出そ
うな人品。それに、WBC戦で準決勝進出が絶望的だっただけのチームが
どうして「負け組」なのか、論理もクソもないあまりの頭の悪さ。そして、プロ
野球という世界でいわゆる「勝ち組」ばかりで組織する日本チームを「負け
組」と軽はずみにも言ってしまい、王監督やイチローなどすべてを侮辱して
いることが理解できない絶望的なまでの言語感覚のなさ。そのあまりの馬
鹿さぶりにうんざりするしかないのだが、その馬鹿発言を批判的に取り上げ
ることもできないマスゴミの醜態状態。ああ嫌だ嫌だ。

岩国市の住民投票を無駄なことと切り捨てる発言を傲然として、民主主義
自体の基本もわきまえていない小泉並の売国奴ぶりと羊の衣をかぶった狼
ぶりを露呈して来た、これも小泉と並んでの学歴詐称などの疑惑も満載の
アベという馬鹿大学しかいけなくて、幼稚な早口の子供しゃべりしかできず、
批判されると見境もなく逆上してしまうアホを見かけだけで次期首相候補
などと持ち上げてしまう愚かな国民。ああ、これも嫌だ嫌だ。

こういう頭に来ることを熱気を持って書かれているブログなどもいっぱいなの
だが、かんじんのマスゴミは世界の恥さらしらしくいまだに小泉マンセー状態
で小泉一派の日本破壊のお手伝い。ゴキブリ小泉のことを書くだけで吐き気
がする今日この頃、精力的に格差社会問題などで書かれている「ぬぬぬ?」
さんのブログなど本当に感心してしまう


|

« 今日は久しぶりに寄付きから株式相場を見る | トップページ | 素直にうれしいWBC優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/9188242

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会という名の国民切り捨てに励むクソ小泉政権にいまだ幻想を見る悲しき日本人:

» 格差社会 [共通テーマ]
10年続いた構造改革。社会保障の縮小、正規雇用の減少、そして、ささやかれる消費税増税。「勝ち組・負け組」といった言葉に象徴される格差社会。あなたはどうお考えですか。 [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 19時02分

» 格差社会と小泉内閣の支持率 [S氏の時事問題]
格差「広がっている」81%…読売世論調査  読売新聞社が11、12の両日に実施した全国世論調査(面接方式)で、所得などの格差が広がっていると思う人は、計81%に達した。「そうは思わない」人は計16%にとどまった。  格差が広がっていると思う人で、小泉首相が進めてきた構造改革が格差拡大に「影響している」と思う人は56%で、「影響していない」は40%。格差拡大を構造改革の“影”の部分と見る国... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 11時09分

» 正社員と非正社員の格差 [S氏の時事問題]
非正社員の賃金は60% 正社員との格差浮き彫り  厚生労働省が23日発表した2005年賃金構造基本統計調査で、フルタイムで働く一般労働者のうち、正社員の平均賃金(残業代などをのぞく所定内給与、平均40・4歳)が月額31万8500円だったのに対し、短時間パートを除く契約や派遣、嘱託など非正社員は同19万1400円(同42・9歳)で、正社員の60%の水準にすぎないことが分かった。  同調査で正社員と非正社員の�... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 11時10分

« 今日は久しぶりに寄付きから株式相場を見る | トップページ | 素直にうれしいWBC優勝 »