« あまりに見事なまでにマーフィーの法則の株式売買 | トップページ | デイトレもブームの頂点を暗示の「デイトレ必勝ガイド」の出版 »

2006年4月19日 (水)

米株に追従の小泉同然の面白くもない東京市場

昨夜のニューヨーク市場がIBMなどの決算を好感して200ドル近く急騰
したのを受けて、ブッシュの狗アホスローガン男小泉並みに米追従の東
京市場も当然に上昇して始まるものの、寄り天で推移していくだろうと予
想していた通りに動いた。というわけで前場に持ち株でなぜか急騰して
いるものを売却処分。持ち株の中でも赤字会社で、なぜこんなのを買って
しまったと臍を噛んでいた銘柄だけに、わずかの損失でオサラバできて
すっきり。終値は売値よりとにかく下がっていたので気分は良好。

あと、その損失をカバーするために、先週金曜日に買ったばかりの銘柄
がちょっと上昇していたので、買った1500株をすべて売却。損失の3倍
ほどの利益になったので、損失気分も雲散霧消。キャッシュポジションも
増えたし、結果OK。

それにしても、典型的な寄り天。一時は230円近く上昇していた平均株
価も終わってみれば、117円高にまで縮小の安値引け。一部市場の値
上がり銘柄数も768と値下がり銘柄数805より少ないほどで、持ち株を
見てもさっぱり上昇気分を感じることのない面白くもない相場だった。

ポートフォリオは今日1銘柄を1単位だけ打診買いしたので、現在の持ち株
は18銘柄。そのうち、以前から長く持っているいわゆる優待銘柄7銘柄。
あとは有利子負債ゼロか極小でチャート的にも底値圏にあるもの中心に
なり、のんびり投資にぴったりのものになってきた。放置して、ボケーと温
泉ドライブに長期に出てもまあ安心かというポートフォリオ。今日打診買い
というか買い直したのは6927フェニックス電機。06年3月の最終利益予
想を減額修正したのでちょっと大幅に続落。しかし、経常利益は増額予想
だし、配当のほかに年2回1単位の100株所有で2500円のクオカードを
株主優待としていただけるので、一種の優待銘柄。

と、今日もポートフォリオのちょっとした修正程度の売買だけの様子見状
態で、来週後半と5月連休後半からの2回のちょっと長めの温泉ドライブ旅
行の計画と宿泊予約取りを売買の合間にしていた。来週後半からの旅
行は4泊5日が決定。4泊分の予約も今日すべて確保。肘折温泉、蔵王
温泉など今回は山形県のお気に入りの温泉中心となった。4月26日か
ら30日で、毎年の経験として連休前だけに渋滞もなく気持ちよいドライブ
ができるはず。うーん、今からあのご機嫌な温泉が楽しみだ。

|

« あまりに見事なまでにマーフィーの法則の株式売買 | トップページ | デイトレもブームの頂点を暗示の「デイトレ必勝ガイド」の出版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米株に追従の小泉同然の面白くもない東京市場:

« あまりに見事なまでにマーフィーの法則の株式売買 | トップページ | デイトレもブームの頂点を暗示の「デイトレ必勝ガイド」の出版 »