« 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿 | トップページ | 毎日うざい動きの東京市場。安値で買い指値して放置 »

2006年4月12日 (水)

平均株価の動きに反比例していた持ち株も今日はさすがに反落

米株の下落、イラン情勢懸念などまあ何でも理由つけての今日は
盛大な下落祭り。先物主導で外資系に良い様に操られているようで。
昨日の全般下落の中でがんばってくれた持ち株も昨日あった厚い
買い板も今日はいったいどうしたの?なんて感じで消えて、あっさり
と反落。一時のぬか喜びでありました。少し上がれば売り、下がれば
買いをこまめに繰り返さないとどうも駄目な相場のようで、デイトレ的
手法をもっと取り入れる必要性ありかな。でも、あまりに細かい動き
を追いかけるのも面倒くさいしね。なんて思っていると、平均株価は
2時40分現在240円ほども大きく下落。一部市場の値下がり銘柄
数も1300を超えての全面安商状。今日はもうこれ以上見ていても
仕方なし、今日も肌寒いのでこれから熱燗をチビチビやりながらの
読書に。

|

« 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿 | トップページ | 毎日うざい動きの東京市場。安値で買い指値して放置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平均株価の動きに反比例していた持ち株も今日はさすがに反落:

« 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿 | トップページ | 毎日うざい動きの東京市場。安値で買い指値して放置 »