« あいも変わらず様子見気分でチビチビ売買 | トップページ | 大騒ぎの割に偉く低調な千葉7区補選の投票率 »

2006年4月21日 (金)

株式のほうは新興市場がボロボロ下落

ライブドアショック以来マザーズ、ヘラクレス上場の企業がボロボロ状態
で下落している。今日も両市場は投げやり状態。ライブドア事件以来、売り
上げほとんどなし、大赤字のくせに信じられないような高値で上場しては
デイトレーダー気取りの個人投資家から金を巻き上げては、バラ色の業績
予想をあっさりと下方修正したり、酷いのはさっさと倒産して食い逃げして
いる両市場に上場のクズ企業が最近立て続けに投資家と市場を馬鹿にし
たような下方修正を発表している。この動きはこれらクズ企業が出していた
いい加減極まる業績予想でライブドアの二の舞を踏みたくないという逃げ
腰からの下方修正発表だろう。つまりはこれらの企業がイカにいかがわ
しいかということとそんな企業を中味の精査もせずなんでもありで上場さ
せてきた東証などがいかに投資家を見ていないかの証明。まさに日本と
日本人を小馬鹿にして売国に励むクソ小泉政権と同じ体質の企業なのだ。

今日のマザーズの下落率トップは4月に入って上場したばかりのラクーンなる
企業で、下落率は18%、2位は比較ドットコムで下落率は15%だ。いや
凄いものです。ラクーンなんてまったく知らない会社なので、ちょっと調べてみ
たら、オンライン激安問屋というわけのわからないもの。その年間売り上げは
05年4月期でたった12億円。それが、なんと今日は40万円も下落しての
181万円。時価総額が約160億円。あまりに馬鹿らしくて、こんなクズ企業を
上場させたマザーズはオンドレたちと上場会社関係者、証券会社だけが儲けれ
ばそれで後はどうなとなれの姿勢なのだろう。まともな投資家はこんなクズに
一切手を出しては駄目だ。東証やジャスダックにいくらでも企業はある。こん
な企業の売買は株之助さんあたりに全面的に任せて高みの見物をしている
だけにすべきだ。比較ドットコムなども相当に酷い企業だ。売値の安いところを
ネット上で比較するだけ(電気製品の安値などヨドバシかビックカメラ、あるいは
ヤマダやコジマ、ケーズあたりを見れば十分)というどうでもいい内容のことを
商売にしている砂上の楼閣のような企業で、年間売上高は05年6月でたった
2億5千万円ほどと零細企業もいいところ。それがなんと今日時点の株価が
103万円。時価総額320億円と言うアホみたいな状態。普通の企業比較で
言えば、株価1万円程度で十分なのだ。ラクーンにしても比較ドットコムにして
も、上場した日が最高値で以来ずっと続落。下値めどなどあってないようなも
の。上場前に株を手にしていた連中はこんなクズ銘柄をさもありがたがって買
ってくれた投資家を馬鹿にしながら上場日あたりにさっさと食い逃げしてほく
そえんでいることだろう。

この手の中味に関係なく、値動きだけで瞬間売買することで儲けを出すみた
いな企業は株之助さんのような瞬間的な判断で数秒数分の持続で売買す
る人たちだけが勝手に売買すればいいだけのもので、仕事をしているくせに
デイトレ志願みたいな気分で安易に取り組むと一気に破産だろう。株之助さ
んのサイトを見ているととにかく面白い。私とはまったく違う投資スタンスだか
らだ。例えばクラスターなるまったく知らない銘柄を彼は4月17日に大量に
売買している。株之助さんの日記を読むと、「更にひどかったのが、4240ク
ラスター。242000円で50株買い平均237000円ロスカット(-25)
平均買いコスト212000円の100株を一度ストップ安まで見せられ、平均
190000円で投げた(-220)」とある。クラスターは上場から数日目の17
日に高値242000円をつけているが、株之助さんはその馬鹿高値2420
00円で50株買い、さらに212000円で100株買い増している。売上高
6億円程度の大赤字会社だ。中味一切関係ない彼だからこそ買えるわけ
で、普通の感覚なら恐ろしくて1株たりとも買えない。しかし、瞬間判断でき
る彼だから即決で損切りしている。優柔不断に持っていたりしたら、どんな
ことになるか。今日クラスターは3万円安の133000円で、売り気配で終了。
もし、17日に買った150株をそのまま持続でもしていたら、1335万円を
わずか4日間で喪失していたことになる。この手のクズ企業でデイトレなど
よほどの瞬間判断力と博打的才能がないと無理。というわけで、私はそうい
う売買をしたいのを抑えて、株之助さんあたりのサイトを見るだけで楽しむ
ことにしている。

下方修正のあまりのいい加減さが笑うほど出ていたのが、大下方修正を
発表して今日は400円安のストップ安の1995円で引けたUSENだろう。
06年2月中間期の連結営業利益を従来予想の35億円から4億円に下方
修正。まあどうでもいいけど、こんな企業に投資しなければいいだけだ。し
かし、このようないい加減企業のためにほかのまともな企業までクソみそ
状態で売られてしまうのだから迷惑極まりない。投資は低PBR、低PER、そ
れに有利子負債も少ないできるだけ地味な企業が底値圏に這っているとこ
ろをコツコツ仕込んで行くに限る。そして、配当とさらには優待も貰ってのん
びり投資がいいんじゃないの。だいたいすぐにでも株で何倍にでも儲かる
と考えること自体がすでに勘違い。巷にあふれているすぐに1億が儲かる
式の本など読んでも薬にもならない。銀行利子で0.03%なんていうときに
年間10%でも利益が出れば御の字という程度の考えが必要だ。世界一
の株長者バフェットなども長年にわたりコンスタントに年間20~30%という
利益を得たからこその長者達成。しかし、コンスタントに年間20%などとい
うのはあまりに凄いのである。最近はネット上で毎年のように倍倍ゲームで
儲けているみたいなバーチャルブログなどがあふれているので株式なんて
簡単に儲けられると幻想を抱いているのが多すぎる。株式ブログなどを徘
徊してもその手のちょっと勘違い投資家だらけだ。そういう人たちが多いから
こそ、ちょっとしたことですぐ反応して底値圏でも投売りしてくれるから安値
を拾えていいのだが。というわけで今日はちょと多目の買いになった。

|

« あいも変わらず様子見気分でチビチビ売買 | トップページ | 大騒ぎの割に偉く低調な千葉7区補選の投票率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株式のほうは新興市場がボロボロ下落:

» 東証マザーズ指数情報(2006. 4.21) [メディアplus]
2006年4月21日 東証マザーズ指数情報  マザーズ指数 : 1694.97        (前日−89.30、−5.27%)  昨日はジャスダックのインデックス。今日はヘラクレスを代表するUSENが下方修正のためにストップ安になりました。 さらにSBIもストップ安になるなど、IT系には逆風でした。 マザーズ指数も大きく下落。1割以上値を下げた銘柄はいい生活、サイバー・コミュニケーションズを初めと�... [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 19時03分

« あいも変わらず様子見気分でチビチビ売買 | トップページ | 大騒ぎの割に偉く低調な千葉7区補選の投票率 »