« 平均株価下落の中で持ち株は健闘。それにしても寒い | トップページ | 平均株価の動きに反比例していた持ち株も今日はさすがに反落 »

2006年4月11日 (火)

南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿

日本人はあまり南米に興味もないだろうが、最近南米はアメリカがアメリカの
ためにだけ持ち込んだ行き過ぎた構造カイカク・自由主義によってあまりにも
拡大しすぎた格差拡大社会に反発する動きが顕著になり、アメリカに反発する
左派政権が林立しており、現在行われているペルー大統領選もその種の候補
が多くの国民に支持されている。

その動きをちょうどNHKの「クローズアップ現代」がまとめて放送している。要点
をうまくまとめていて、こういう南米の反アメリカ的動きがまもなく日本にも大きく
胎動してくることを予感させる。売国のクズ人間小泉と竹中がアメリカと財界、
官僚のためだけに推進する構造カイカクがもたらす貧富の拡大が日本ではま
すます顕著になって来ている。それを詐欺的言辞を弄して格差拡大を容認する
ようなクソ二人に騙され続けるだけの愚かな日本人も間もなく彼らの犯罪性に
気づくことだろう。貧しいがしかし本質的な国を愛する心を持つ南米の人たち。
小泉程度の低能クズのワンフレーズスローガンで簡単に騙され、さらには疑惑
だらけの小児喋りの気持ち悪い安倍などをポスト小泉の最有力などとナイーヴに
思い込まされている日本人の知性って南米の貧しい人たちに遠く及ばないようだ。

|

« 平均株価下落の中で持ち株は健闘。それにしても寒い | トップページ | 平均株価の動きに反比例していた持ち株も今日はさすがに反落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/9538418

この記事へのトラックバック一覧です: 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿:

« 平均株価下落の中で持ち株は健闘。それにしても寒い | トップページ | 平均株価の動きに反比例していた持ち株も今日はさすがに反落 »