« 温泉三昧している間に民主党代表に小沢一郎が予定通りに決定 | トップページ | 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿 »

2006年4月11日 (火)

平均株価下落の中で持ち株は健闘。それにしても寒い

東京市場は平均株価で38円下落の17418円で終了。しかし、下落幅の
割には全般的にはもっと大きく下げた感じで、1部市場では下落銘柄数が
1128と1000を超えている。最近どうも平均株価とは反比例で動きがち
な持ち株のほうは案の定というか、最も多く所有している1銘柄がストップ
高寸前まで上昇し、次に多く持っている銘柄もわりに上昇してくれて、4月
中旬とは思えないほど肌寒い東京なのだがなんとなく懐は暖かい気分。
その2銘柄とも底値圏から這い上がってきたばかりの状態なのでもう少し
期待してのんびりと明日からの動きを見てみることに。ようやく1月中旬の
あのライブドアショックで大きく下落していた持ち株も当時の評価額に戻って
来てくれたようで、季節とともに一気に暖かい春になって欲しいもの。

|

« 温泉三昧している間に民主党代表に小沢一郎が予定通りに決定 | トップページ | 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平均株価下落の中で持ち株は健闘。それにしても寒い:

« 温泉三昧している間に民主党代表に小沢一郎が予定通りに決定 | トップページ | 南米の格差拡大社会否定の動きは日本の将来の姿 »