« 鳴子温泉はご機嫌だね。馬場温泉共同浴場と姥之湯で温泉三昧 | トップページ | ここも久しぶりの肘折温泉もひっそりとたたずんでいた »

2006年5月 1日 (月)

久しぶりの蔵王温泉はスキーシーズンも終わりひっそりと。おおみや旅館で硫黄泉を堪能。権現堂しだれ桜も見物

あまりにメイン温泉地のためか蔵王エコーラインをこれまで幾度も
通っているのに25年間ほど寄ったことのなかった蔵王温泉に久しぶ
りに訪れて、蔵王温泉でもとりわけ老舗の「おおみや旅館」に今回は宿泊。
激安宿泊予約ネットで予約を取ったので民宿料金以下の料金で宿泊。

以前民宿に宿泊したときも宿へ行く道の狭さには閉口したが、今回は宿へ
のメインルートが工事中で、道を道路工事の関係者の人に教えてもらって
駐車場に到着。旅館は蔵王温泉の3つある共同浴場でも最も古い上湯の
右上にたたずむ。外見は味気ないのだが、中に入ると意外にもレトロと和風
感覚が絶妙にブレンドされたハイセンスなインテリア。

夕食と朝食はレストラン形式の食堂で。食堂も広々としていて気持ちいい。
ふとんの上げ下げで埃舞う部屋での食事が好みでないので食堂での食事は
歓迎だ。料理は高価な素材を使っている訳ではないが、イモ煮など量も適度
でおいしくいただける。従業員の対応も丁寧でお気に入りになった。

それら以上にご機嫌だったのが、夕方になって男女入れ替えになる浴場。そ
れぞれ内湯Dsc00382
とすぐ外に露天風呂Dsc00380
があり、滔々と注がれる湯が美しく白濁して
あふれている。蔵王温泉らしくちょっと熱めだが、さすがに老舗だけに絶妙な
温度調整がされていて入ってみると熱さも気にならない。内湯3カ所、露天風
呂2カ所をこれまた深夜に早朝など何回も入って堪能。

あと夕方にはぶらぶら散歩がてらに上湯、下湯、川原湯と3カ所の共同浴場巡
り。なかでもちょっと小さめだが、浴槽の底から湯が自噴する川原湯Dsc00387
がすのこ
になった独特の浴槽作りと相まって楽しめた。

宿泊の翌朝は蔵王エコーラインが冬期の閉鎖からちょうどオープンする日で、雪の
壁なども見たくて、チェックアウト後さっそくエコーラインへ。午前10時頃入り口に
到着したが、オープン式典の午前11時までは閉鎖とかで、そのゲート前で待つこ
とに。並んだ順番が4番目で、記念品ももらえるという整理券をもらって1時間ほど
待つことに。11時前にゲートが開いて、エコーラインへ。オープン式典の会場は御
釜の入り口駐車場で、上山市長なども来ていたよう。麓が晴れ間だったのに、会場
は猛烈に寒くて、吹雪の一歩手前。ミス浴衣から記念品の玉こんにゃくなどもらって
しばらく走って雪の壁を見物。Dsc00405


その後は肘折温泉に宿泊なので来た道を戻って国道13号線へ。その前に、権現堂
という場所にあるしだれ桜Dsc00408
の見物に。ちょうど満開状態で見物客もかなり来ていた。
それ以外にも至る所に桜の満開状態が見られた。

|

« 鳴子温泉はご機嫌だね。馬場温泉共同浴場と姥之湯で温泉三昧 | トップページ | ここも久しぶりの肘折温泉もひっそりとたたずんでいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/9850333

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの蔵王温泉はスキーシーズンも終わりひっそりと。おおみや旅館で硫黄泉を堪能。権現堂しだれ桜も見物:

« 鳴子温泉はご機嫌だね。馬場温泉共同浴場と姥之湯で温泉三昧 | トップページ | ここも久しぶりの肘折温泉もひっそりとたたずんでいた »