« ここも久しぶりの肘折温泉もひっそりとたたずんでいた | トップページ | 東証は連休前で様子見気分ながら意外にしっかりで17000円台回復 »

2006年5月 1日 (月)

桜見物しながら湯野上温泉へ。極上の湯を楽しんで帰京

東北温泉ドライブ旅行の最終日は福島県は会津の湯野上温泉に宿泊。この
温泉に宿泊するのは2年前に続いて2回目。今回は前回とは違う民宿に。茅葺
きで有名な会津線の湯野上温泉駅Dsc00442
周辺も桜が咲き、写真を撮るアマチュアカ
メラマンがたくさん。泊まった民宿はかつての茅葺きの家を改装して営業して
いる民宿で、風呂もDsc00431
総檜作りで肌に優しい単純泉をのんびり味わえる。ただ、夕
食は以前宿泊した民宿が川魚など山の宿らしい食材に溢れていたのだが、今
回はエビやカニ、イカなどの刺身など特徴が全くない料理でがっくり。同じ温泉
街でも経営者によって食事もかなり変化するんだなと実感。経営者がかなり年
配のため、エビやカニなどをいっぱい使えば客が喜ぶと思っているのだろうかなと
あきらめの心境に。川魚や春だからこその山菜に会津ならではの蕎麦などこそ
うれしいのだが。

翌朝の4月30日はかなり前に一度行ったことのある茅葺きの家が建ち並ぶ大内宿へ。Dsc00440

早く行ったのにも関わらず駐車場はほぼ満杯状態で人気ぶりが伺われる。
駐車料金も100円上がって300円になっていた。しかし、全体的にはます
ます観光地化が進んでいるようで、まるで京都の清水寺参道のおもむき。
茅葺き屋根の家が並ぶ原宿か。まあ、たいした産業のない地区だけにここ
まで観光化がうまく行ったのはいいことなのか。しかし、違和感を覚えるの
も事実で、もうここは二度と来ることはないかなと思った次第。

|

« ここも久しぶりの肘折温泉もひっそりとたたずんでいた | トップページ | 東証は連休前で様子見気分ながら意外にしっかりで17000円台回復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜見物しながら湯野上温泉へ。極上の湯を楽しんで帰京:

« ここも久しぶりの肘折温泉もひっそりとたたずんでいた | トップページ | 東証は連休前で様子見気分ながら意外にしっかりで17000円台回復 »