« 東証は気の抜けたビールのような相場がダラダラと | トップページ | 東証は今日も鬱な展開でやる気起きず、放置だわ »

2006年5月10日 (水)

東証は様子見気分であっさりと17000円台割る

FOMCを控えて様子見とかで寄り後ちょっと昨日比でプラスに転じ
たものの、その後はダラダラと下落して、後場はさらに下げ基調を
加速。午後1時30分現在ダウ平均株価は206円下げて16984
円とあっさり17000円台を割れて、一部市場では1300を超える
銘柄が値下がり。海外の相場の強さも関係なく、いつも弱気材料
ばかり探している機関投資家はじめうんざりするばかりだ。

持ち株もチビチビと下げて陰気な動きにやる気も起きず。買い増し
の指値をいくつも出して後は放置状態。このところ毎年のような感
じだが、5月相場は嫌な動きをすることが多い。今年は1月のライ
ブドアショック以来大きく傷ついた個人投資家も多いし、しばらくの
間だめだね。個別で値動きだけで弄ばれるボロ株のような銘柄だ
けしかだめか。

|

« 東証は気の抜けたビールのような相場がダラダラと | トップページ | 東証は今日も鬱な展開でやる気起きず、放置だわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東証は様子見気分であっさりと17000円台割る:

« 東証は気の抜けたビールのような相場がダラダラと | トップページ | 東証は今日も鬱な展開でやる気起きず、放置だわ »