« 「小泉改革がなんだったのか」なんて今頃何をぼやいているのかマスゴミ | トップページ | 群馬温泉ワンダーランドへその2、万座温泉・豊国館 »

2006年5月15日 (月)

群馬温泉ワンダーランドへその1、赤城神社の満開つつじを見て、万座プリンスホテルへ

ちょっとどうしようもない状況で低迷が続きそうな株式市場のよう
なので、しばらく株式は放置でいいかと、あまり株式のお勉強を
する気も起きず、先週に引き続き、13日から14日も1泊で温泉
めぐりドライブ旅行。今回は群馬県の温泉ワンダーランドへ白濁
の硫化水素臭濃厚な硫黄泉にたっぷりと浸かるのが目的。

13日7時前に家を出発。しかし、天候が優れずちょっとがっかり。
雨は降っていないが、どんよりと雲が空を覆う。群馬の草津方面
へ行くときのいつものルート、4号線、125号線、122号線・50
号線とたどり、大間々町から赤城山麓を走る353号線へ。353
号線は千本桜の時期の一部区間などを除いてはほとんど渋滞が
ない快適山間ドライブコース。今回も土曜日なのに走る車もあま
りなく、午前10時過ぎには赤城神社に入る交差点に到着し、赤
城神社に向けて右折。

ここの狙いはこの時期に赤城神社参道に延々と続くつつじの満開
を楽しむため。Dsc00512
思ったとおり、参道の片側にはびっしりと満開の花
を色づかせたつつじが並ぶ。車を駐車して、満開のつつじ並木に
はさまれて続く散歩道を30分ほど散策してつつじを堪能。

そのあとは車で15分ほど走ったところにある大胡町の牧場や水
車などのある大規模な道の駅へ。ここは近在の農家が農作物を
売る大きなマーケットがあるので、いつも野菜をお買い物。今回
もねぎ、長いも、コゴミ、大根、しいたけ等々山のように買い物。

353号線から渋川市でいったん17号線に出て、145号線へ。中
之条町あたりで寿司で昼食をとって、一気に草津経由で草津・志
賀道路で今日の目当ての温泉万座温泉へ。万座では宿泊なら
万座温泉ホテルと決まっているのだが、日帰り入浴ならご機嫌な
混浴露天風呂のある豊国館が決まり。

しかし、今回は雑誌「自遊人」の無料クーポンで入浴できる万座
プリンスホテルで初めての日帰り入浴。
入浴料金は1000円。豊
国館なら万座でも一番安い500円だし、風呂の泉質も抜群なの
で、利用することはないプリンスホテルだが、今回は無料であり
がたく入浴させていただく。フロントで雑誌を見せて、スタンプを押
して貰うときもフロントマンの対応は丁寧で好印象。

風呂は脱衣場も広く清潔。使い放題のタオルが大量におかれて
いて、日帰り客も自由に使用できる。使った後はバスケットに放り
込んでおけばいいだけで、手ぶらで行っても大丈夫だ。浴場前に
は写真撮影などは厳禁の張り紙が。

大き目の内風呂を出れば、万座の山などを目の前に眺められる
露天風呂が大小3ヶ所。一番広い女性風呂側のひとつは混浴風
呂。しかし、女性側にも露天風呂はあるし、さらには女性専用の
かなり大きいらしい屋根付きの露天風呂もあるので女性が入って
来ることはないだろう。ここは風呂に関してはかなりの女性優遇
になっている。

天気は残念なことに霧が一面を覆い、まったく景色は楽しめず、霧
雨も降っていてかなり寒い。来る途中の道路上の温度表示では4度
になっていたが、さらに高い場所標高1800メートルのプリンスホテ
ルではさらに低い可能性も。しかし、白濁の掛け流しの風呂に入って
いる限り寒さは感じないし、顔に当たるちょっと冷たい風が心地よい。
ちょっと温めの調整の湯温はもう少し熱めが好みだが、温いので長
く入っていられる。出たり入ったりで1時間半ほどもすごしてしまった。

存分に楽しんだあとは北軽井沢にあるペンションへ。美味しい食事の
あと心地よい疲れですぐに熟睡状態へ。

|

« 「小泉改革がなんだったのか」なんて今頃何をぼやいているのかマスゴミ | トップページ | 群馬温泉ワンダーランドへその2、万座温泉・豊国館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬温泉ワンダーランドへその1、赤城神社の満開つつじを見て、万座プリンスホテルへ:

« 「小泉改革がなんだったのか」なんて今頃何をぼやいているのかマスゴミ | トップページ | 群馬温泉ワンダーランドへその2、万座温泉・豊国館 »