« 素晴らしい白鵬。大相撲はますますモンゴル時代へ | トップページ | NHkでライブドアで損したという投資家を特集 »

2006年5月22日 (月)

ここまで疲弊していたのか東証

少しは戻りに入るのかとちょっと期待させた月曜の寄り付きの
高値始まりだったが、東証はやはり相当に疲弊してるようで
ほぼ寄り天で推移して、後場に入って急速に下げの足を速め
てダラダラ下がり。個別でも朝の強さは騙しだったかのように
ジリ下げで、どうしようもないわねこれは。いくら中長期投資で
買っているとはいえ、買い増しは相当慎重にしないとね。なん
といっても私は無職だね考えたら。あまり危険を冒すわけには
この状況では行かない。証券会社にあるキャッシュポジションと
銀行にある資金合わせて、会社辞める直前の税引き年収の
10年分近くはまだあるから、現在所有の株式でしばらく配当な
ど貰って静かに様子見がいいようで。休むも相場だ。現在20
銘柄所有で、最大所有の銘柄なんて280単位も持っている奴
もある。いずれも配当はいい、財務は良いものばかりで倒産は
ないしで、ほとんどが現時点での底値圏での買いだし、ここで
あまり無理することもないか。と、ここまで消極的になったのは
株式専業になって久しぶり。株の儲けは我慢代とは言うもの
の、今年に入ってからは我慢の度が過ぎる。信用買いを大量
にしている人間の投げが出切らないうちは駄目か。

|

« 素晴らしい白鵬。大相撲はますますモンゴル時代へ | トップページ | NHkでライブドアで損したという投資家を特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまで疲弊していたのか東証:

« 素晴らしい白鵬。大相撲はますますモンゴル時代へ | トップページ | NHkでライブドアで損したという投資家を特集 »