« 群馬温泉ワンダーランドへその1、赤城神社の満開つつじを見て、万座プリンスホテルへ | トップページ | 群馬温泉ワンダーランドへその3、草津温泉の新装成った地蔵の湯 »

2006年5月15日 (月)

群馬温泉ワンダーランドへその2、万座温泉・豊国館

13日土曜日は霧でなにも見えない中で万座プリンスホテルで
白濁の硫黄泉を無料で堪能したが、万座ならやはり良い天気
の中、山々を見ながらの露天風呂と行きたいところ。14日日曜
日は起床してみれば、昨日とはうって変わっての晴れ間が広が
る。ペンションの外に出てみれば、キャベツ畑が広がる向こうに
浅間山の雄大な姿がくっきりと見える。

旅行2日目は草津、四万、沢渡、尻焼などの温泉を適当に巡る
予定だったが、あまりの天気のよさに昨日のリベンジだと、前の
日に引き続いて万座へ行くことに。いつも日帰りで何回も利用し
ている豊国館だと草津温泉経由で一気に万座へ。

白根山も快晴で雪が残る山容もはっきり見えて気分良し。Dsc00533
北軽
井沢から小一時間で万座豊国館に。駐車している車もほとんど
なく浴場独占の期待も。早速500円を払って風呂場へ。Dsc00522
味わいのある木造の内湯も混浴露
天風呂も期待通り誰もいなくて一人で独占状態。Dsc00521
プールのような
広々とした浴槽には硫黄臭香る白濁の湯が満ちてあふれている。
注ぎ口から注ぎ込まれる透明な湯を置かれているコップで飲んで
みる。Dsc00525
この味だ。舌にちょっとざらつくようなすっぱい苦味。嫌いな
人にはまったく飲めないだろうが、意外に美味いのだ。コップに2
杯飲んでみて、後は出たり入ったりを素晴らしい景観を堪能しな
がら1時間ほど楽しむ。

いつ来ても豊国館の湯は大満足だ。昨日の万座プリンスホテルの
優しい湯より濃厚な感じで体にしみこんでくる。露天風呂からは火
山から吹き出るガスの蒸気も見えてこれぞ万座の醍醐味。Dsc00531
2日間
続けて万座をじっくりと味わって、次はおなじみの草津温泉へ。

|

« 群馬温泉ワンダーランドへその1、赤城神社の満開つつじを見て、万座プリンスホテルへ | トップページ | 群馬温泉ワンダーランドへその3、草津温泉の新装成った地蔵の湯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬温泉ワンダーランドへその2、万座温泉・豊国館:

« 群馬温泉ワンダーランドへその1、赤城神社の満開つつじを見て、万座プリンスホテルへ | トップページ | 群馬温泉ワンダーランドへその3、草津温泉の新装成った地蔵の湯 »