« 天下り警官に金が転がり込むシステムとして機能するだけの駐車違反民間委託という馬鹿政策 | トップページ | 東証は底入れ感も漂うが、フェイクもあるしね »

2006年6月 2日 (金)

ボロボロ状態でどうしようもない東証

村上ファンドへ捜査の手かなどの情報まで入ってきて東証は新興を
中心に底なし沼にずぶずぶに入り込んだような悲惨なボロボロ状態。
平均株価の動きに関係なく個別株はほとんどが奈落の底へ沈み込
んだようなチャートを描いていてまさに東証全体が凍傷状態。午前1
0時30分過ぎに値上がりしている銘柄数を見てみたら、ヘラクレスは
たった3、マザーズはゼロだ。そろそろコツンと言ってもいいのだが。

もう持ち株も最近は諦めの心境で放置だけ。持ち株は有配当、業績
も四季報では悪くない、有利子負債できるだけ僅少、低PBRなどで
きるだけリスク回避で選び買っているにもかかわらず最近はそんな指
標も関係なし、新興の暴落に引きずられての現金化の投げで下落一筋。
もう我慢しかない。バイアンドホールドという投資をしている限りもう
どうしようもない。

こういう危険を回避できるといってブームになって、初心者向けの本
が山のように発行されたデイトレード。そのデイトレーダーたちはきっと
この4月から5月にかけての相場でも損失もなくうまく動いているのだ
ろうと思っていたのだが、意外にそうでもないようなのだ。

投資セミナーなどや投資教材のDVD販売などをしているエンジュクの
サイト内にあるエンジュクで投資セミナーなどを開いている投資家の日
記の中のひとつ「okenzumo日記」
というのを持ち株放置で暇なので読
んでいたら、5月27日の日記に・・・・
「信頼しているデイトレーダーは、うり坊さんと子羊さんです。特に、うり
坊さんは、北浜クラブの時からチェックしていて、彼には資産額で抜か
れたくないなと思い、勝手にライバル視していたときがあります。その
うり坊さんですが、4月はマイナス6600万という結果で5月も大きくや
られているようで、投資額を減額する計画のようです。子羊さんも、4月
はマイナス7400万、5月も昨日現在でマイナス3038万と、ここ2ヶ月
で1億円もやられています」という記事があった。

うり坊さんと子羊さんというのはサイトなどはほとんど読んだことはない
のだが、確か二人ともデイトレードの本を書いていて、カリスマデイトレー
ダーといわれている人。その二人がこの2ヶ月で凄い損失のようなのだ。
これはちょっと意外だった。いずれも本屋で著書を立ち読みした記憶が
ある(株式投資を始めて26年ぐらいになるが、初期の頃に株式や財務の
基本の勉強で買った数冊以外はその後に買っている株式関係本は四季
報と週刊チャート誌ぐらい。株式雑誌や株式関係本なんて立ち読みで十
分だし、1冊15分ぐらい立ち読みすれば要点分かるものね。何より役立
たない本を買うのはモッタイナイ)のだが、相当な自信過剰の書き方で
デイトレですぐにでも億の金を稼げるようなことばかり書いてあった。その
カリスマたちでさえこの悲惨さなのだ。今回の下げ相場はちょっとこれま
での基準では考えられないようなものだった証拠か。騰落レシオで見ても
かつての基準なら65以下などになれば普通その辺りで底を打つ。

しかし、今回はそこからさらに下落がきつくなり、騰落レシオも70辺りで
うろうろしている。私もかつての経験で65を切った辺りで少し多めに買い
増しをしてしまった。これが今回はかなりの痛手になっている。しかし、最
強の底値指標でさえ役立たなかったのだから仕方ない。銀行にある生活
用資金をのぞいて、投資用キャッシュポジションがまだ60%ほどあるだけ
ましか。そのキャッシュを今は大事にしなくちゃね。とにかくここは暴風雨
が頭の上を通り過ぎるのを待つしかない。カリスマデイトレーダーでさえ
大損失をしている現状からは一時のデイトレブームも終息していくのだろ
うか。この傷の回復には相当の日時が必要になるだろう。

|

« 天下り警官に金が転がり込むシステムとして機能するだけの駐車違反民間委託という馬鹿政策 | トップページ | 東証は底入れ感も漂うが、フェイクもあるしね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボロボロ状態でどうしようもない東証:

« 天下り警官に金が転がり込むシステムとして機能するだけの駐車違反民間委託という馬鹿政策 | トップページ | 東証は底入れ感も漂うが、フェイクもあるしね »