« 和田義彦画伯の芸術選奨を盗作疑惑で取り消し | トップページ | 久しぶりに中国映画「山の郵便配達」を見る »

2006年6月 6日 (火)

村上ファンド代表逮捕

会見の後数時間後に村上は逮捕された。夜のニュースで午前中の会見
をようやく見た。私が悪うございましたと潔く認めているのは検察の心象を
良くする意味もあるだろうし、株から引退するとは言ってもファンド自体は
継続の意向のようだから配下に捜査の手が及ばないようにする意味合い
もあったのだろう。頭の良さを見せた。でも、やはり少し混乱しているのか
金を儲けるつもりはなかったと言いながら、一方では株で儲けるのがなぜ
悪いと言っている。ちょっと論理混乱しているようだ。ここはやはりファンド
は儲けるのが目的、株の目的は儲けと突っ張って欲しかった。あの総会
屋もどきのやり方には問題があり好きにはなれなかった人物だが、株式
市場の活性化を求め、株主の利益を追求した姿勢は好きで、その株式
投資家としての本道を進んで欲しかった。今回は本人がインサイダー違反
したと言っているので、そういう解釈になるのだろうが、投資をする立場の
私としてはホリエらとの話し合いがインサイダーになるとはちょっと考えに
くい。それは投資仲間がどの企業に投資しようかと話し合っているだけの
ことだね。規模は違うが、例えば私と友人が今度はA社に投資を思い切り
しようぜと酒を飲みながら話しているようなもの。これがどうしてインサイダー
なのという気分。インサイダー違反というのは、投資する企業の株価形成
に大きな影響を及ぼすだろう秘密事項をその関係者などから情報を得て、
投資して売買利益を得ることだと思っていたからだ。村上も官僚時代に法
律を作る立場にあっただけに詳しいはず。彼もインサイダーというのを単純
に私のように考えていたということか。プロだと自認している村上がそんな
認識でいたはずはないわね。ともかく証取法は実に複雑だ。今回のはその
5%所有とかの167条に準ずる形の違反なのかな。まあ普通の個人の株
式売買にはあまり関係のないことだが。

それにしても今回の捜査はちょっと強引な逮捕にも見え、見せしめ的要素
も強いのだろうな。なら、もっとあくどい木村剛やオリックスの宮内、それに
それらを利用してきた小泉、竹中のほうがよほど悪だとは思うのだが。悪
い奴ほど良く眠るというわけか。規制改革会議議長の座にあり、自分たち
に都合のいい規制緩和などばかりしている宮内は今回の黒幕なのだが、
責任も感じないようだ。小泉も事件と会議は関係ないといつもの通り開き
なおっている。こういう奴らの姿を見ると、いちおう株主利益拡大を求めて
自らリスクを負って投資した形になる村上が哀れに見えてくる。

ところで、この逮捕劇を別件逮捕と見て、逮捕の真の目標は阪神電鉄の
買い占めにあり、その容疑は恐喝にあるとする面白い見方もある。
株式
の専門家でもあり、相場の予想もなかなか当たる人物だけに興味津々。

|

« 和田義彦画伯の芸術選奨を盗作疑惑で取り消し | トップページ | 久しぶりに中国映画「山の郵便配達」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンド代表逮捕:

« 和田義彦画伯の芸術選奨を盗作疑惑で取り消し | トップページ | 久しぶりに中国映画「山の郵便配達」を見る »