« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

昨年度の高速道路料金所強行突破の違反車が93万台という信じられないニュース

午後7時からのHNKニュースを見ていたら、全国の高速道路の料金所
で料金を払わないで強行突破する違反車が昨年度で93万台というな
んだか信じられないような報道をしていた。その数は確か4年ほど前に
比べて3倍とか。それにしても4年ほど前でもそんなに違反車がいたこと
自体が驚愕だ。料金を支払わないで強行突破なんて刑法上詐欺か何
になるか知らないが、立派な犯罪じゃないか。カメラで監視しているはず
だし、ナンバーから容易に摘発できるのに道路公団はそれもしていない
のか。倫理観のかなりの欠如が進んでいる証拠のようだが、5年以上
も日本を破壊しても何の責任も痛痒も感じていないクソ馬鹿の小泉が
首相をし、そいつが社会保険法違反をしていても「人生いろいろ、会社
もいろいろ・・・」とふざけきった国民愚弄発言するぐらいだから、一般
国民が料金未払いで高速道路を走っても仕方ないか。日本の精神構造
まで破壊した最低のクソとして小泉は歴史の汚点となるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

東北温泉三昧その15、東京へ戻る途中に熱塩温泉共同浴場、おなじみの新菊島温泉に入って帰宅

羽根沢温泉を出発したあとは新庄から国道13号線で山形、米沢を経由して
国道121号線で喜多方へ。その途中で熱塩温泉の共同浴場で入浴。熱塩温
泉には午後4時20分頃到着。共同浴場は午後4時までが外来入浴の時間。
浴場を見てみると、誰も入っていないので、入浴料金を払う隣の叶商店に行き
おばあちゃんに入浴は駄目かと尋ねると、誰も入っていないならいいよと言われ
て、さっそく200円を払って入浴。この共同浴場は面白い作りになっている。
入ると脱衣場は男女兼用。ところが浴場へ入る入り口は男湯、女湯と別にな
っている。そして、浴槽は二つあるのだが、実質的には混浴。何とも不思議な
構造になっている。
Dsc00732
Dsc00735


湯は木のねじを調整することで湯量を調整しているが、源泉温度はかなり熱い。
飲泉可能なので置いてあるコップで飲んでみると塩味。熱海温泉あたりの味
に近い。浸かっているとホカホカして来る。かなり温まる湯だ。地元民の方が使
用する時間になっているのであまり長湯も出来なく15分ほどで退出。

あとは喜多方、会津若松、須賀川経由で国道4号線に出て、あとはまっすぐに
東京へ。須賀川から4号線に出たので途中の鏡石にあるこれまで何回も入って
いる新菊島温泉にまたまた入浴。夜の8時頃になっていたが、ここは9時頃まで
日帰り可能なので300円を支払って入浴。いつも空いているが、今回はまったく
の独占。明かりも半分が消されていて、大きな浴場だけにちょっと不気味。しか
し、湯はいつもより感触は良かった。ヌルヌル感がいつもより凄いのだ。手で肌
をなでると肌と手の間にオイルの膜があるような滑り方で、羽根沢温泉以上の
ヌルスベ感。これは凄い。やはり新菊島温泉は驚異の名湯だ。湯温もかなり
温めなので夏場などぴったり。湯上がり後のさっぱり感もいい。

と、帰宅途中にもご機嫌な3カ所の湯を堪能して、28日の午前2時前に無事
帰宅の東北温泉三昧のドライブ旅行でした。帰宅して、東京の蒸し暑さにうん
ざり、またすぐにでも東北温泉三昧に行きたくなってしまった。株式のほうは
旅行中はニュースもまったく見ていなかったので分からなかったが、帰宅して
確認すると持ち株はまったく駄目状態。東京の暑さとともにうんざりだった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その14、ようやく入浴できた「羽根沢温泉」の共同浴場

藤三旅館に連泊して、さらに北上して温泉巡りをしようかなと
思っていたのだが、天気予報では28日から連日の雨模様との
予報なのでそろそろ東京に戻ろうかと決定。帰宅時途中でまだ
入ったことのない温泉に入って行こうと、ヌルヌル湯が評判の
羽根沢温泉に入るのを主体にルートを決定。

27日午前9時過ぎに藤三旅館をチェックアウト。2泊して美味しい
食事をとって、温泉三昧したのだが、支払額は8855円。うーん
あまりの安さに嬉しくなって来る。帰宅ルートは国道107号経由で
13号線に出て、そのまま山形方面に南下する通り慣れた道。

新庄で右折して国道458号線、県道315号線で羽根沢温泉に
到着。鳴子に何回も来ていて、その度に来よう来ようと思いなが
ら来なかった温泉だが、道路は走りやすい2車線で、新庄から
片道18キロであっという間に到着してしまった。もっと秘湯的な
ところかと思っていたのだが、まったく反対。

途中ちょっと道の狭い集落を過ぎたと思ったら突然に羽根沢温
泉の旅館街が現れる。旅館街と言っても数軒で、かなり寂れた
感じ。その奥に無料駐車場があり、その前にある集会所の1階
部分に男女別の共同浴場がある。入浴料金200円は出入り口
に設置された料金箱に入れる。
Dsc00731
Dsc00727
Dsc00728


浴場はコンクリートで作った小ぶりのシンプルな浴槽で、隅のほう
からとうとうと源泉が注がれている。浴槽のせいで茶色く見えるが
源泉は無色透明でほんのりと硫黄臭もある。コップが置いてあった
ので飲んでみると、飲みやすい薄味。
Dsc00730


入ってみるとちょうどいい湯加減で、肌を手でこするとヌルヌルとし
た感触で気持ちいい。アルカリ性独特の肌触りだろうか。鳴子の
中山平あたりの温泉にも通じる心地よさだ。誰もいない中、まった
りとご機嫌な湯浴みが出来た。ここは鳴子などに来たときにはまた
必ず来たい温泉だ。次には旅館の温泉を体験するのもいいかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その13、国見温泉の「石塚旅館」で緑色の濃厚硫黄泉を堪能

花巻にいるのなら八幡平辺りまで日帰りで行けるだろうと思案した
が、藤三旅館の夕食タイムが早いので八幡平辺りまで行かずに、
緑色の素晴らしく濃厚な硫黄泉の国見温泉へ行くことに。ここも
2回ほど日帰り入浴している旅館だが、川渡温泉の黄緑色も珍し
いほうだが、ここはまるでバスクリンを入れたような鮮やかな緑色。
しかも、硫黄成分が異常に濃厚なせいか浴槽には硫黄の湯の花
がびっしりと堆積しているほど。混浴の露天風呂などは座るところ
には硫黄成分がびっしりで、浴槽の底には湯の花が堆積していて
かき回すと鮮やかな透き通るようなグリーンだった湯が白濁して
いく様子は自然の驚異を感じさせる。

というわけで、国見温泉の温泉に久しぶりに入浴するワクワク感で
午前9時45分藤三旅館を出発。途中ジャスコ盛岡店に寄ってスポ
ーツドリンクや国見温泉で入浴後に食べる昼食などを確保。ジャス
コで40分ほどぶらぶらしていたので、国見温泉の石塚旅館に到着
したのは午後0時10分。車もあまり駐車していなくてラッキーって気
分だ。
Dsc00707


フロントで400円を払って、先ずは最近改築された大浴場へ。一人
しか入浴していなくて硫黄臭を思い切り吸い込んでご機嫌。ここには
あと小浴場と混浴の露天風呂があるので大浴場のほうは早めに切り
あげる。
Dsc00710


次は小浴場の前にドアから表へ出て、山のほうに少し上がったところ
にある混浴の露天風呂へ。人気のある風呂だけに混んでいるときに
は入る気が起きないのだが、今回は入っていた20分間ほどまったく
の独占状態で気分最高。浴槽の底にある湯の花を手ですくっては
体にこすりつけたりして硫黄まみれに。標高のかなり高い場所だけに
吹く風も涼しく気持ち良く、いつまでも入っていたい気分だ。
Dsc00712
Dsc00715
Dsc00717


そのあとは新鮮な湯が楽しめる小浴場へ。ここもまた誰もいなくて
全開されている大きな窓からは風が吹き込み、気持ちいいことこの
上なし。ここでも20分ほどまったりして、もっと浸かっていたい気持
ちを振り払って下界に下りることに。ところで毎回のことなのだが、
石塚旅館の愛想のなさはどうにかならないのか。あれで宿泊する
気持ちが一気に薄れる。藤三旅館の対応の素晴らしさを見習って
ほしいものだ。
Dsc00721


途中で道の駅「雫石あねっこ」でちょっと休憩。本当はこの道の駅に
併設されている温泉にも入浴したいのだが、藤三旅館の夕食時間が
午後5時なので時間がもう限界ということで諦めて戻ることに。午後3
時45分頃には藤三旅館に戻れた。ちょっと休憩を兼ねてひと風呂浴
びて部屋で寝転がっているとすぐに夕食タイムに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その12、南花巻温泉郷の鉛温泉「藤三旅館」は癖になりそうな良さだった

24日に急遽宿泊を決めて電話予約した南花巻温泉郷・鉛温泉の一軒
宿「藤三旅館」は以前2回日帰り入浴したことがあり、湯の良さは分かって
いるのだが、かなり鄙びた感じの宿だったので部屋などがちょっと心配
だった。しかも、自炊棟利用なだけに心配はより大きい。なにしろ2食付
きで4100円ほどと信じられない値段。Dsc00697

Dsc00700


そんな心配は止めにして、途中で「でめ金食堂」、湯川温泉の「高繁旅
館」でのんびりと湯浴みをしてから国道107号、県道37号、県道12号
と走って50分ほどで藤三旅館に到着。途中には南花巻温泉郷の松倉
温泉、志戸平温泉、渡り温泉、とくに全国的に有名な大沢温泉が県道
12号線沿いに並ぶ。大沢温泉は人気のようで、駐車場にはかなりの数
の車が。鉛温泉は大沢温泉から3キロほど上流。大きな看板で右折し
て、そのまま右端の自炊棟の大きな駐車場へ。そして、自炊棟玄関に。
玄関に入って右に帳場が。玄関真ん前には日帰り客も利用可能な休憩
室がある。

帳場でチェックインの記帳をして作務衣風のユニフォームの男性従業員
の案内で2階の部屋へ。今回日当りのいい部屋と言うことで玄関上あたり
の18号室。自分の靴は持参して部屋の格子状の表戸を開けた部屋のい
わば玄関口に置いておく。部屋代は日当りの良い部屋と言うことで100円
高くなり4200円。これでテレビ見放題、部屋食になる。格子状の戸の内側
にはふすまで、鍵はかからない。部屋はきれいに清掃されていて、土壁に6
畳間、それに広縁。自炊棟なので廊下の奥にある調理場を利用したけれ
ば自由に利用できる。タオルや浴衣は宿泊代には含まれておらずオプション。
Dsc00669
Dsc00668


鍵がかからず、一人泊なのでとくに金目の貴重品だけはビニール袋に二重
に入れて風呂にも持参した。部屋は畳もきれいで、建物が古いだけの話し。
旅館部も本館はかなり年季の入った建物なので、古いのがいやだと言う人
は旅館部の新館を利用すれば問題ない。風呂は有名な立ち浴する深い浴槽
の混浴が基本の白猿の湯、デザインが奇抜な白糸の湯(基本は男性用)、シ
ンプルな竜宮の湯(基本は女性用)、2年前の4月に新設されたばかりの男
女別露天風呂付きの桂の湯、自炊棟にある男女別の河鹿の湯と多く、湯巡
りをたっぷり楽しめる。

食事は夕食、朝食とも部屋まで持って来てくれ、食べ終われば廊下に出して
おけばいいシステム。すべてに渡りここの従業員の対応は丁寧で素晴らしい。
自炊棟利用の客に対しても実に丁寧だ。というより、従業員は自炊棟と旅館
部は完全に別れているよう。大沢温泉の対応もすばらしく、大沢温泉、藤三
旅館と自炊が基本の老舗旅館の対応は金儲けの臭いが感じられず心和み、
それに湯の素晴らしさがあって、真の意味での湯治が出来る。

チェックインして先ずは白猿の湯へ。部屋からは歩いて10秒ほど。5階建て
分ほどの吹き抜けの素晴らしい造形の浴場で、階段を2階分ほど下りて行く。
階段の下には浴槽に入っている人からは丸見えの脱衣場が。混浴だが、女
性にはかなり厳しい環境。だから、1日3回午前8時〜9時、午後2時〜3時、
午後7時〜午後8時半と女性専用時間が設定されている。それにしても、こ
の湯底から湯がこんこんと湧き出て来る自然の天然岩風呂は何回入っても
飽きることなく大満足だ。浴槽の深さがかなり深く、一部には座る部分もある
が基本は立っての入浴。一番深い場所では174センチの私で肩がほぼ湯に
隠れるほどの場所も。広さもかなり広い浴槽で湯はいつも新鮮そのもの。天
井が高く、湯煙の抜けも良いので長湯ができるのもご機嫌だ。
Dsc00672
Dsc00677


藤三旅館自炊部の夕食タイムは午後5時からと早い。風呂に入ってまったりと
していたらすぐに5時に。あわてて部屋に戻ったらすぐに男性従業員(自炊部は
基本的に従業員は男性だけのよう)が食事を持って来た。温泉旅館のいやにな
るほど品数の多い夕食にうんざりしてる身にとっては実に量的にぴったりの食事。
かにのグラタン、マグロとカンパチの刺身、山芋などのぬた、かになどのすり身
団子あんかけ、ホタテ1個入りの茶そばすまし汁、珍しくも山芋もある漬け物、ご
飯で十分すぎる量と質。しかもそれぞれが味付けも抜群でとても美味しい。完
食してしまった。旅館料理はいつもかなり残してしまうのに、相当に美味しい証明
だ。これで4200円は安すぎる。と言うよりほかの旅館が高すぎるのか。冷めた焼
き魚や天ぷらなど出して恥ずかしくないのだろうか。
Dsc00695

この夕食がすっかり気に入り、1泊ではもったいないと急遽26日も宿泊すること
に。18号室が旅館の道を挟んで向かいにある商店の機械から出る音が異常に深
夜うるさかったので、部屋を変えてもらうことに。廊下の反対側の中庭を見る側の
28号室に翌日は変更。28号室は100円安くなって4100円。2日目の夕食もこれ
また美味しかった。メニューは牛肉と野菜の鍋、マグロの山掛け、タコのマリネ風、
野菜の煮物、鯛の切り身の入った茶そばすまし汁、山芋も入った漬け物、ご飯と十
分必要条件を完全に満たす料理。鍋の野菜ももやしなど入れずにタマネギ、茄
子、ピーマン、椎茸とシンプルでしかも素材がかなり良く、これまで旅館で出た鍋
では一番美味しかった。朝食も熱々のベーコンエッグ、のり、魚、ポテトサラダなど
十分な量で、朝食は旅館部もほぼ同じようだ。とにかく自炊部の4100円ほどの2
食付き得々湯治パックは温泉を楽しみ、健康な食事をするには最高の選択。これ
からもこの自炊棟宿泊はかなり利用するかも。
Dsc00724
Dsc00704

風呂は白猿の湯以外もほぼ同じアルカリ性単純泉で、すべて豊富な掛け流し。旅
館部にある白糸の湯も川面を眺められる眺望の良さとデザインの奇抜さでかなり
のお好みに。旅館部にあると言っても、自炊棟利用の客も利用できる。基本的に
どこに宿泊していても風呂はすべて利用できるのも藤三旅館のメリット。日帰り温
泉入浴だけでも700円だけに自炊棟宿泊の4100円の料金の安さが際立つ。
Dsc00682


2年前に露天風呂付きで新設されたのが白猿の湯のすぐ横にある「桂の湯」で、川
を眺められる露天風呂もあり、人気は一番のよう。手洗いやトイレ、無料の貴重品入
れなども装備され、ごく普通の奇麗な温泉旅館の風呂。しかし、藤三旅館のイメージ
とはちょっとかけ離れたものであるのも確か。一般客を呼ぶにはやはりこの種の風呂
が必要なこともあるが。
Dsc00686
Dsc00688
Dsc00691


自炊棟にある男女別の河鹿の湯はいつも空いているし、洗い場も広く使いやすい。シ
ンプルな浴槽もいかにも湯治にぴったりでここもかなりのお気に入りに。あまり特徴の
ない湯だけに、じっくりと一日に何回も浸かって湯治するには最適の旅館だろう。その
湯に加えて激安の自炊棟宿泊。1週間や10日と長めの宿泊をして本当の贅沢を楽し
める旅館だ。Dsc00692

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その11、湯田温泉郷・湯川温泉の「高繁旅館」

でめ金食堂からさらに北上方面に進むと湯田温泉郷の中心になるJR
北上線の「ほっとゆだ駅」がある。国道から右折してすぐで、駅の中に
温泉施設があるので有名なので、駅の見学だけでもと行く。なかなか
こぎれいな駅で左側が温泉施設。温泉玄関に牛乳の自販機があった
ので見ると、なんと50円。あまりの安さに2個買ってさっそく飲む。美味
しい牛乳だ。ラーメンの後の牛乳もまた美味しい。Dsc00650


駅は見学だけなのだが、せっかくここまで来たのだからどこか旅館の
温泉に入ろうということに。この辺りではほっとゆだ駅前からまっすぐに
山のほうに行くと湯川温泉。そこの「高繁旅館」がわりと有名なよう。と
いうことで湯川温泉へ。道沿いに数軒の旅館が点在し、最奥部に突然
現れるもっとも立派で大きな奇麗な旅館が「高繁旅館」だ。これなら
入浴料金も高いのでは思ったのだが、なんと300円。
Dsc00651


中も奇麗で、2階に女性風呂、1階に大浴場。大浴場のほうは混浴のよ
うだ。ほかに14金張りの浴槽などが売りの黄金風呂まである。まずは
その黄金風呂へ。入ってびっくり、まさに黄金風呂とは良く言ったもので、
壁から浴槽まで金ぴか状態で目がまぶしいほど。浴場内が湯気がすご
く写真をとってもぼけてしまう。全体が金色でピカピカしてあまり落ち着
かないので、さっと体験入浴だけして、1階の大浴場へ。
Dsc00656
Dsc00657


黄金風呂も大きかったのだが、大浴場はさらに大きい。脱衣場も広く清
潔。内湯は豪快な湯量が滝のように掛け流しされ、ドアを開けて外へ出
ると、清流のそばにこれもまたかなり大きな露天風呂が。一部は立派な
屋根付きになっていて雨でも困らない。露天風呂の一角には岩で作った
大きな男女のシンボルが鎮座。この露天風呂は川からの風もさわやかで
気持ちいい。ただ、旅館の部屋からは丸見え状態で女性にはきついかも。
Dsc00660
Dsc00667


泉質的にはアルカリ性単純泉でそれほど特徴のある湯ではなく、あっさり
した感触。のんびり入るにはいいようだ。日帰り入浴300円でこれだけの
湯と施設を堪能できるのはすごい。同じような規模と施設なら伊豆辺りな
ら1500円とか取るんじゃないだろうか。やはり温泉巡りは東北に限るを
実感させてくれた旅館だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その10、湯田温泉郷・巣郷温泉の「でめ金食堂」で入浴付き食事

鳴子温泉での3泊分は出発前に予約していたが、その後は東京へ戻る
かさらにどこかへ行くかはまったく未定だった。しかし、温泉でまったり
していると気分はもっと温泉をとなり、24日に電話予約で南花巻温泉郷
の奥になる鉛温泉の一軒宿「藤三旅館」の自炊棟での宿泊をとりあえず
25日1泊分を予約。ここは以前2回日帰り入浴で利用したことのある旅館
で湯の良さは実感済み。

旅館セクションもあるのだが、今回は一人旅行なので部屋などあまり気に
ならないので自炊棟利用で自炊はせずに2食付きの激安の湯治パックで
予約。部屋で食事でふとん、テレビ付きで一人でも4100円ほど。ちょっと
信じられないような値段。この宿泊利用体験をネットで読んでいたら意外に
おいしい夕食とベタ褒めだったので初利用することに。

高東旅館をチェックアウト(2泊で支払い総額は5500円弱)して、国道108
号線で鬼首、秋の宮経由で国道13号線に出て、湯沢市経由で横手市から
国道107号線で北上方面へ出るルートに。途中湯田温泉郷で一度入浴し
たかった温泉付き食堂「でめ金食堂」に立ち寄るのが一つの目的。Dsc00645

Dsc00646


午前10時半にチェックアウトして、「でめ金食堂」には午後1時に到着。秋田
県から岩手県に入ってすぐが巣郷温泉で道沿いに数件の旅館があり、それ
を過ぎてすぐ左側に手書きの「でめ金」のチープな立て看板がいくつか。駐
車場はかなり広く、大型トラックも大丈夫。現に来店したときも大型トラック2
台が休憩中だった。店は1階が物置のようで階段を上がった2階が店舗。定
食から麺類までメニュー豊富でかなり安い料金設定。

客がいなかったので、風呂を利用したい旨告げると食事の前に先ずお風呂
をどうぞと女将さんに奥にある風呂場に案内される。風呂は食事をすれば
家族が利用している風呂をサービスで利用させてもらえるもので、脱衣場
と風呂場も一般家庭の風呂より少し大きめ程度。浴槽は独特のデザインの
タイルばりで源泉蛇口をひねれば60度近い源泉が注がれ、一気に湯温は
熱くなる。ちょっと熱めにして入っていると気持ちのいいことこの上なし。利用
が少なかったのか湯は透明感を維持して新鮮そのもの。源泉を入れれば入
れるほど、鼻孔を刺激する陶酔するようなアブラ臭と微かな硫黄成分が浴場
内に満ちる。暖まり方もかなりのものだ。夏場には長湯はちょっときつい。
Dsc00647


15分ほど入ってから食堂に戻り、表看板にも美味しいと書いてあったラーメン
を注文。温泉に入って塩気が体から抜けた後のラーメンは格別の味だ。出て
来たラーメンはオーソドックスな東京ラーメン。味もいいし麺がうまい。温泉の
あとのラーメンは堪りません。値段は380円と安い。これで風呂にも入れるの
だから抜群のコストパフォーマンス。メニューには馬刺定食など食べてみたい
ものもあり、この近辺に来たときには立ち寄りマストの店。国道107号線も空い
ているので時間もかからない。

巣郷温泉で完全な掛け流し状態にしているのはでめ金食堂とあと1軒の旅館
だけとかで温泉だけでも価値大の食堂。食堂の向かいには「峠の湯」という
日帰り温泉施設があり、現在改装工事中だった。高速道路が出来てから国道
の通行車両数が減ったとか。高速など利用しないで、高速道路並みのスピード
が出せる国道を走ってでめ金食堂さんで美味しい食事して風呂に入るのがお得
のよう。Dsc00649

不定休のようなので、遠くから行くときには電話で確認してからがいいようだ。
電話は0197−82−2830です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その9、素泊まり宿泊で湯治気分味わう川渡温泉「高東旅館」に2連泊

2日目の23日は田中温泉、肘折温泉、赤倉温泉と3カ所の日帰り入浴を
して、宿泊先の鳴子は川渡温泉の「高東旅館」に午後5時前にチェックイン。
川渡温泉は旅館と言っても民家のようなものが多く、高東も小さな看板を
見逃すと旅館とは思えないような雰囲気。
Dsc00625


湯治主体の旅館と言っても10年ほど前に新築したばかりのためピカピカ。
白木の玄関の開き戸を開けると広々としたピカピカに清掃された玄関ホール
がでーんとある。帳場は右奥にずっと行ったとことにあり、玄関で声をかけて
も聞こえないかも。と言う訳で、私も声が聞こえないようなので、帳場へ。

自炊棟は玄関から左へ行き、さらに左に曲がったところに部屋が並ぶ。風呂
は玄関から左へそのまままっすぐに行ったところ。男女別の浴場があるが、か
つては混浴だったような作り。川渡温泉ではおなじみの共同浴場と似たような
鈍い黄緑色の湯が半円形の浴槽に溢れる。川渡温泉の通例としてやはりか
なり熱い。もうひとつ鍵をかけて家族風呂として使用できる四角形の小さめの
浴槽の貸し切り風呂があるがこちらは使用する人が少ないのか、湯温はかな
りの激熱で湯も透明度が高く新鮮そのもの。大浴場のほうは使用率が高いの
で笹濁り状態だが、家族風呂のほうは透き通る湯に白い湯花がちらちら。高
東の湯はうっすらと香る硫黄の臭い、体にぎゅっとしみ込んでくるような濃厚な
成分を感じる湯で、暖まり感もかなりのものだ。特に新鮮な湯の状態は極上。
Dsc00633
Dsc00632


2泊して何回入ったか分からないほど入浴して川渡温泉の極上湯を満喫。部屋
もこぎれいでなんの問題もなし。ふとんを持参すれば約2700円と激安。夏場な
ので大層なふとんも要らないので、トランクは小さいのだが夏用のふとんを持参。
素泊まりなので食事は作るかなどしなければならないが、スーパーなどで適当に
買い込んで間に合った。店屋物の配達でも大丈夫。この安さとこぎれいな十分な
部屋に大満足の風呂でこの旅館は利用価値大。トレーニングルームまである。
Dsc00628


今回5泊6日の旅行中雨に降られたのは3日目の24日だけだったが、その日は
なんだか体がだるくて調子が今ひとつ。2日間のハードドライブと温泉入浴連投
でちょっと疲れが出たのかもしれない。そこで、本当の意味での湯治と相成って
24日はほとんど眠ってばかりで、起きると風呂のダラダラ生活で、食事もコンビ
ニで買ったおにぎりなどですましてしまった。十分眠ったためか旅行4日目の25
日は体の調子も少し戻り、前の日に急遽決めて電話で予約した南花巻温泉郷の
鉛温泉「藤三旅館」へ直行。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その8、山形の赤倉温泉の「三之丞」旅館で日帰り入浴

東北へドライブして最高にご機嫌なのはほとんど渋滞もなくかなりの
高速で走行できること。そのため、かなり遠くまで出かけても宿泊先
にゆっくりと夕食タイムまでに戻ることが出来るのだ。2日目も肘折温
泉にまで出かけて入浴をしてもまだまだ余裕。

そこで、国道47号線を鳴子に戻る途中ちょっと寄り道すれば行ける山
形県内の赤湯温泉に久しぶりに行くことに。と言っても、赤倉温泉自体
は47号線から2キロほど山間に入ったところにあり、車ではすぐ。

以前「あべ旅館」で入浴したことがあるので、今回は同じような巨大な
岩盤から湯が湧き出て、そこに天然岩風呂を作っているもう一つの
赤倉の代表的な「旅館三之丞」で入浴することに。入浴料金は500円。
ここはあべ旅館とは違って駐車場が広くていい。場所も道路からすぐ
で便利。
Dsc00612


玄関は農家風にアレンジされていて雰囲気があって楽しめる。風呂は
玄関からずっと奥に行くのだが、外から見るより奥行きの深い旅館。小
浴場Dsc00614
もあるが、ここの売りはなんと言っても混浴の天然岩風呂。かなり深く
大きめの深湯、普通の深さの中湯、打たせ湯のある高湯の3つが巨
大な岩が浴場内にあるままに配置されている。源泉もかなりの量が注
がれている。高湯はかなり温度が低くなっているが、奥にある中湯は激
熱で入れなかった。深湯は岩盤の微妙な模様が透き通った温泉の底に
見えて芸術的な作りの浴槽だ。無色透明無臭の上品な湯だ。
Dsc00621
Dsc00623

Dsc00620
Dsc00622


湯上がりに若主人と話したら、経営面でいろいろと模索をしているよう
で、料理にも地元素材を中心に考えて作っているよう。8000円程度
からの料金のようでもあり、一度宿泊してみたい旅館だ。いわゆる秘湯
を守る会の1軒でもある。

帰宅してから米沢いずみさんのブログを読んでみたら、なんと私が三
之丞で入浴したその日のちょっと前に三之丞で入浴しているではない
か。東川原湯での同じ日の宿泊と併せて何とも奇遇が2回も。米沢さ
んは鉄道好きでもあり、鉄道旅行がほとんどで、三之丞へもJRの駅か
ら歩いてやって来たよう。車でも横道に入るのでどうしようかなと思うほ
どなのにまったく凄い温泉パワーの持ち主です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴

東北温泉三昧ドライブ旅行の2日目23日はまずは大好きな東鳴子の
田中旅館に入浴して、天気も前日とはがらりと変わって晴れ間ものぞく
ドライブ日和。そこでちょっと遠出と4月に行ったばかりの山形の肘折
温泉にまたまた行くことに。国道47号線を新庄へ向かい、13号線を少し
超えてから肘折温泉へ左折。左折して18キロほどで、道は快適。田中
旅館を出発してから1時間20分ほどで肘折温泉の大駐車場に駐車。

そこからは少し歩いて旅館街へ。4月に宿泊したのは「ゑびす屋」なので
今回は独自の源泉を使っているという「三春屋」旅館で入浴することに。
肘折温泉の旅館の日帰り入浴料金はほぼすべてが300円。共同浴場
並の料金なのでいくつも入るのも面白いのだが、じっくり入るのを本道に
して一つだけに。三春屋は旅館街が並ぶ中でも鄙びの感じが湯治旅館
の気分いっぱい。Dsc00610


玄関で呼んでもなかなか人が出てこない。湯治旅館ではよくあること。し
んぼう強く呼ぶことが大事。独自源泉の風呂は玄関を上がってすぐ左に
ある。脱衣場はちょっと雑然とした雰囲気だが、風呂場は脱衣場から階
段を数段降りたところに四角の形の浴槽がこじんまりとあり、絶妙な洗い
場とのバランスを作っていて浴場としては高レベル。
Dsc00607
Dsc00609

湯は岩で作った隅から掛け流しされていて、シジミ汁のような薄く白濁し
た湯が溢れている。少し熱めの湯は入ったり出たりしてのんびり入るのに
はちょうどの湯加減。少し飲んでみると薄い塩味と金気を感じる飲みやす
いもの。窓の外はすぐ人の行き交う道。いかにも狭い肘折温泉らしい。

旅館街の真ん中にある旧郵便局舎では肘折温泉の歴史展のようなもの
も開催されていた。昼食には旅館街から橋を渡った新郵便局舎の隣にあ
る蕎麦屋(店を新築中で店名を確認せず。PS:帰宅後ネットを見ていたら
この蕎麦屋さんは「寿屋」と言う名前らしい)でもりそばを食べる。なかなか
の腰のある蕎麦で美味しい。量もたっぷりで500円と抜群のコストパフォー
マンスだった。肘折温泉での昼食はここで決まり。Dsc00606

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その6、鳴子に来たらやはり東鳴子温泉の「田中旅館」ということで・・・

東川原湯旅館をチェックアウトして、さて今日はどこを回ろうかと
思案。まずは今まで入ったことのない東鳴子温泉の川の反対側に
ある阿部旅館へ。2種類の湯が楽しめると来たのだが、硫黄泉の
ほうが不調とかで工事中。それなら次回と言うことに。対応してい
ただいた女将さんがかなりの美形だったのが印象的。阿部が駄目
なので鳴子へ来たならやはりあそこだけは入らない訳にはいかな
いと、車を東鳴子温泉へ。どこに入るかと言えば、大沼、高友など
人気どころではなく、普通の感覚なら建物の外見を見て、ロビー
の亡霊でもいるんじゃないかと思える寂れようを見てしまうと敬し
て避けてしまうだろう、反対の意味で鳴子を代表するであろう「田
中旅館」だった。

湯の良さは抜群なのはもちろんだが、田中旅館のいいところはな
んと言っても入浴料金がたったの200円。それで独特の茶褐色の
うっとりするような何ともいえない芳香漂うなみなみと溢れる混浴
の大浴場がたいていの場合独占か少人数で味わえるのだ。しか
も駐車場がかなり広く、客も少ないので駐車の苦労が皆無なのが
なんと言ってもご機嫌だ。

支払いはいつもは自炊棟玄関にいるはずのおばちゃんに払うのだ
が、今回はいなかったようで旅館玄関のほうからご主人が早足で
来られて支払い。いつの時代のものかも分からないさびたブランコ
があったり、ロビーの不気味さはいつも通り。これが期待感を煽る。


浴場は予想通り、がら空きで男性一人だけ。今回訪問して良かった
のはアメーバーのような独特の形状をした大浴槽に湯が溢れる状態
で満たされていること。前回来たときには大浴槽にほとんど湯が張ら
れていなくて、入浴したのが同じ混浴浴場内にある小湯舟だったか
ら、がっくりしたことがあるからだ。
Dsc00639
Dsc00640


大浴場には鼻孔を刺激する油か薬のような独特の臭いが充満。
しかも湯が底まで見える透明の極上の湯。湯温もちょっと熱めで最
高の入浴環境。いつもなら貸し切りの小浴場にも入るのだが、今回
は不満点ゼロで、大浴場で1時間強を出たり入ったりを繰り返して
まったり。体とタオルには田中温泉の臭いがしみ込んだようだ。この
温泉、湯の良さ抜群なだけに建物のリフォームして売り方を考えれ
ばかなり繁盛の旅館にもなるのだろうが、経営者にまったくその気が
ないようだからこのままの状態が続くのだろうか。まあ、安価にあの
湯が味わえれば温泉好きにはいいのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能

東北温泉三昧ドライブの初日の宿泊は昨年秋以来の宿泊に
なる鳴子温泉の「東川原湯旅館」で、硫黄泉と芒硝泉の2種類
のお湯を安価な料金で味わえる温泉ファンにはありがたい旅館。
今回もネット予約サイトでの直前半額予約。とにかく激安です。

既にチェックイン済み(ここは午後すぐにチェックインできるのも
便利だし、チェックアウトもかなり遅めなのでとにかく温泉三昧
堪能できる旅館)なので、屋代さんの車で送ってもらう。ここの
女将さんはいつもニコニコハキハキ元気いっぱいだ。今回の部
屋は玄関すぐ上の2階部分で窓からは左上のほうにJRの鳴子温
泉駅が見え、土手には紫陽花が満開。
Dsc00602


チェックインすれば後は湯を楽しむだけ。まずは男女別の芒硝泉
の湯へ。無色無臭透明な湯が満ちあふれている。ちょっと熱めだが
入ってしまえばやんわりと体を包み込むような肌触りは長距離ドラ
イブなどの疲れも一気に吹き飛びそうだ。ボケーとしばらく長湯。
Dsc00599


部屋でちょっと休憩してから今度はここの売り物の混浴の硫黄泉の
大浴場へ。あまり熱くもないちょうどいい湯加減で一人で大きめの
浴槽で和んでしまう。この浴場は硫黄成分で痛みが極端に激しく
アルミサッシは今には崩壊しそうだし、壁はかなり汚くなっている
し、シャワーも上がり湯もなく大規模旅館の奇麗奇麗な浴場が
好きな人にはとんでもない浴場だろう。しかし、奇麗に白濁して、
かき混ぜるとコロイド状の成分が舞い上がってさらに白濁度を
増す湯は最高の魅力。
Dsc00600


夜中も含めて何回も両方の湯を出たり入ったりして東川原湯の
抜群の湯を堪能した1日だった。ここでネット上で顔だけは知って
いるお方に浴場で遭遇。その人は入浴中の自らの顔を防水携帯
電話で撮影して、即文章付きで自己のブログに送っている温泉
好きや一部のマニアにはかなり有名な「米沢いずみ」さん。米沢
さんのブログは最近存在を知って割に見ているが、先日サーバー
が不調でアクセス不能になっていたためしばらく見ていなくて、ま
さか米沢さんが東鳴子に来ていて、しかも同じ日に東川原湯に
宿泊しているのを知らなかった。米沢さんは毎月のように東鳴子
に来る東鳴子フリーク。今回も高友旅館、東川原湯に宿泊してい
たよう。ネットで見ている顔をまさか同じ宿で見られるなんて楽しい
ことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴

屋代さんの温泉案内ですでに3カ所に入浴していて、しかも
それぞれが強力な湯ばかり。ちょっと連続しての入浴に体も
きつくなっているのだが、もう一つということで、鳴子に何回も
来ていながらまだ入っていなかった国民宿舎「瀧嶋」の湯に
入ることに。「瀧嶋」は鳴子温泉役場のすぐ近くにあるちょっと
古びた何の変哲もないビル。

入り口は2階になり、浴場は階段を下りて1階部分になる。1階
には厨房などや男女別湯、家族湯それにここの名物となって
いる薬湯ともいわれる混浴というか貸し切り利用する風呂があ
る。狭い廊下には椅子などが雑然と置かれていてB級モードが
満開。

薬湯の泉質はナトリウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉という
ものだが、化学はもう高校時代でおさらばした身にはこの手の
化学名を並べられてもあまり意味がない。だから、温泉に行って
も泉質の分析表などはあまり熱心には読まない。読んでもわから
ないしね。どのような種類か、PHはどの程度か、どのような効能が
特にあるのかなどを見る程度。温泉マニアの人の中にはこの分析
表を隅から隅までノートしたりする人もいるようだが、まあ趣味だ
からご勝手にという気分。

まあそれはどうでもいいのだが、薬湯にはすでにお客さんが入浴中と
いうことでしばらく廊下で待機。ようやく空いて、廊下からさらに階段
をL字型に降りて地下状態の浴場へ。それにしても浴場内は熱気が
凄い。それだけでなんだかサウナにいるような感じだ。
Dsc00594


浴槽はシンプルな作りで、蛇口から源泉が静かに注がれている。源泉
に触るとかなりの熱さで60度ぐらいはありそう。その源泉は岩作り風の
壁の奥に源泉の湯溜まりが作られていて、そこから浴槽にパイプを
通し源泉が注がれる仕組みで、まさに源泉そのものを味わえる素晴ら
しい浴槽。湯自体はお客が加水もしていたのかちょうどの湯加減での
んびりと独占入浴。ここは薬湯と言われているが、別に薬草などを入
れたりしている訳ではなく、効能の高さから薬湯と言われているとか。
入っているととにかく体の中からポカポカしてくる。出てからも汗がどん
どん出て来て、熱いのなんの。暖まり度抜群じゃないかな。
Dsc00596


帰り際に、ご主人からこの薬湯をそのまま詰めた瓶詰めスプレーを1瓶
いただいた。天然の化粧水ともなるようで、スプレーすると肌がつやつや
になるそう。今秋には商品として販売の予定もあるとか。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場

温泉地にはその地区の住民専用の共同源泉がどこにもあるもの
だ。今回は何回も来ている鳴子温泉でそのような温泉に一度は
入ってみたいと、屋代さんが以前住んでおられた地区の地元住
民専用浴場いわゆるジモ専に案内してもらえた。

場所は鳴子の旅館街がある地区とは反対の江合川の向こうの住
居など集まる地区にある。集会所のある建物の部分に男女別に
浴場が。浴場は意外に広く。浴槽は4m×1.5mぐらいの大きさ。
そこへ透明で無色無臭のちょっと熱めの湯がなみなみと注がれ
ている。いわゆる芒硝泉というものだろう。肌触りも優しく体がほく
ほくとしてくる。このような素晴らしい湯に毎日入れる人たちはなん
と幸せなことか。まさに普段着の温泉だ。
Dsc00593

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その2、東鳴子温泉の「まるみや旅館」で独自源泉を味わう

馬場温泉のあとは宿泊客しか利用できない日帰り不可能の
旅館ということで東鳴子温泉の湯治主体の「まるみや旅館」に
直行。昨年の秋に宿泊した「大沼旅館」の裏手にあるいかにも
湯治主体と思わせる鄙びた風情が魅力いっぱいの旅館。

骨折された屋代さんが最近ここで毎日湯治入浴されている
旅館でもあり、ここに入浴できたのは屋代さんのおかげ。大
感謝です。玄関を入ると奥のほうに小さな売店があったり、
板廊下が湯治旅館の風情を醸し出す。風呂は玄関から奥へ
進み、左へ曲がってすぐの右手に独自源泉を利用した男女
別の浴場が。

その鄙びの極致のような何ともいえない味わいたっぷりの浴室
が何ともいい。奇麗なシャワーなどが完備していないといやだ
というような人には縁のない浴場だろう。浴槽は浴室の真ん中
に5人程度が入れる木造のもの。静かに源泉が注がれている
が、温度は40度前後のちょっと温め。源泉を味わってみると
金気とちょっと土気のまじったような複雑で濃厚な味。泥水のよ
うな濁り湯はいかにも効果が高そう。
Dsc00583
Dsc00585


温度が低めなのでいつまでも入っていられるようなご機嫌な湯
だ。成分が体にじんわりとしみ込んでくるようだ。何回か出たり
入ったりをして満喫。それほど長く入ってはいなかったが、出て
みると汗が止まらないほど。

別に東鳴子の共同源泉赤湯が注がれる混浴の大浴場がある
のだが、馬場温泉に続いての入浴もあってそちらのほうは今回
は入らずじまい。ちょっと残念だったが、まだ屋代さんの案内は
続くのだ。Dsc00588

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北温泉三昧その1、やっぱりご機嫌な鳴子は馬場温泉の共同浴場

株式のことも完全に忘却しての温泉にどっぷりのドライブ旅行
へと行こうかなと思ったとたんに、まずはおなじみ鳴子温泉の
東川原湯旅館にネット激安予約サイトで22日宿泊予約。なん
といっても一人宿泊でも直前なら半額ほどの4500円程度で
2食付きで温泉三昧なんだから堪えられません。そのあとはどう
しようかなと思っていたら、やはり1泊だけで鳴子を離れるのは
もったいないと、今まで泊ったことのない川渡温泉に宿泊する
ことに。

今まで湯治で素泊まりをしたことがないのでそれを体験しよう
と、建物もまだ新しいようだし、温泉も大好きな川渡温泉の
共同浴場に近いような湯なので「高東旅館」に決定し、2泊の
連泊に。電話予約で確保。とりあえず3泊分を確保したので
いざ出発で、22日の深夜午前2時半頃東京を出発。国道4号
線を一直線に進み、ガラガラの道路状態もあってまるで高速
道路を行くような感じで、途中で休憩や食事をしながら午前11
時50分頃道の駅「あ・ら・伊達な道の駅」に到着。

そこから電話ですぐそばに住んでおられるはずの鳴子の案内
人・屋代さんに連絡。本当にすぐそばのようで、たちまち道の駅
に屋代さんが登場。そこでさっそく温泉案内していただくことに
なり、まずは東川原湯にチェックイン。そこへ屋代さんが車で
やって来て午後2時頃から温泉巡りに。

最初は4月に入ってすっかり大好きになった馬場温泉の共同浴
場へ。馬場温泉の庭先に建てられている真新しいいかにもどこ
からみても温泉共同浴場そのものの雰囲気いっぱいの共同浴
場に4月末以来の再訪問。ここは浴舎の前にある大きな母屋の
方に料金300円を払うのだが、今回は屋代さんの紹介と言うこ
とでありがたいことに無料で入浴。Dsc00576

独占状態で泡がぷくぷくと浴槽表面全体に満ちる薄いコーラ色
のちょっと熱めの湯がなみなみと溢れている。これを見ているだけ
で気分は上々。東京から延々と来た甲斐があるというもの。体に
掛け湯を何回もして体を慣らしてから、浴槽に浸かると一気に
長距離ドライブの疲れも吹き飛ぶよう。体には産毛にたちまちの
うちに細かい泡がびっしりと。凄い泡付きだ。まったく天国気分。
Dsc00577


しばらく天国を味わってから、体を拭いて汗を拭いていたときに
大ハプニングが発生。ここは基本的には混浴。そのため、近所の
おばあちゃんが入って来た。汗を拭いたときに座っていた長椅子の
横に誰もいなかったので眼鏡をつい置いていたのを忘れていた。そ
の眼鏡の上におばあちゃんが座ってしまったのだ。気づいたときには
既に時遅しで、眼鏡は哀れツルの一本は折れ、全体はがたがたに。
今回の旅行1発目からの不幸遭遇。ドライブにはなくてはならない
眼鏡だけにガックリ。幸いなことに同じタイプの眼鏡を予備に持参し
ていたのでドライブ自体は問題なかったものの、壊れた眼鏡は帰宅
後の今日眼鏡店に持参したが、修復はかなり厳しいとされた。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年7月21日 (金)

株式のほうはもう放置なので、温泉ドライブに行くことに決定

東京市場は昨日の急騰もあったし、昨夜はニューヨーク市場が下げて
いるので今日は当然のごとくに下落。アメリカ離れの出来ないブッシュ
の狗小泉のような市場なので面白くないことこの上なし。個人投資家
殺しの相場はまだ終了もしていないようだし、とにかく静観しているだ
け。

というわけで、温泉ドライブに行くことに決定。今回はちょっと湯治系の
旅館に宿泊するのを主体にしたいので、久しぶりに一人でのんびりと
気ままな湯治旅行に。とりあえずは明日から3連泊で大好きな鳴子
温泉に宿を確保。4月末以来の鳴子温泉となる。どこに入ろうかなと
今から楽しみ。鳴子3連泊のあとも未定で、さらに北上して行く可能
性もあり、旅行を何日にするかも未定。無職の特権を生かしての気ま
まドライブ。ところで一人旅すると困るのが宿泊。一人では宿泊でき
ない宿が多いのだ。普段頻繁に使っているネット上の激安予約サイト
でも泊まりたい宿が2人からというのばかり。温泉旅館のほとんどが
一人では宿泊不可能。一人可能でもとたんに馬鹿高い料金になり
アホらしくて泊る気にもなれない。客が来ないとかウダウダ言ってない
で一人旅でも割高にならないような料金設定でもっと受け入れれば
いいのに日本の旅館と言うのはまったくおかしい。ということで、一人
旅で温泉地となると、湯治系の宿が宿泊しやすい。値段も安く、量ば
かり多くて食べきれないような夕食をとらなくて素泊まりも出来て好都
合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このところの自然災害は地方都市があまりに簡単に被災し過ぎ

このところの地震、台風、豪雨などの自然災害の状況を見ていると
なんだか地方都市がずたずたにやられすぎている感じがする。大
都市ではあまりそういう被害がない。元々東京など大都市は平地に
あるところが多いのもあるし、共同溝や幹線下水道の整備などが
進んでいるのも大きな要因だろう。しかし、最近特に公共事業費を
削ることしか脳がなく、まともな経済政策を何もすることのない小泉
政権になってから地方都市での被害が目立つようだ。今回の梅雨
豪雨の被害もそのような色彩が強い。

温泉が好きなので地方に行くことが多いが、インフラの整備は東京
と比べて月とスッポンほど遅れている。歳出削減しか頭にない馬鹿
の究極男小泉にはすべての公共事業が悪に見えるようなのだが、そ
れはあの馬鹿が地方の実態を知らないこと、公共事業費のもたらす
経済的相乗効果がまったく理解できないからだろう。

その種の小泉的思考しか出来ないアホどもが無駄な道路やダムを作
るな、などといかにも正論のように聞こえることをほざくが、国土の整備
は国家の安定的運営の最重要な要。国民が安心して暮らせ、移動が
速やかに出来るなどは安定国家の基本だ。しかし、日本のインフラ整
備はまだまだ不十分だ。衛生的生活の基本になる下水道などは地方
ではまだまだ整備が必要だし、大都市でも共同溝化などでさらに充実
したインフラにする必要がある。使いもしないホールなどを造ることは
たしかに無駄の象徴だが、それらは地方の為政者にとっては目立つが
ためについその方向へ行くことになり、もっとも必要な下水や道路、治山
治水面など地味な公共事業が無視されて来ただけのことだ。道路にして
も東北など回っていると、町と町を結ぶ国道がまるで林道のような状態
に放置されているのが多くある。道路整備ももっとすべきだ。大都市の
住民も地方の過疎地域に住む住民も日本国民として利便性を確保され
る権利がある。大都市だけに人が住み、地方は荒廃して誰も住まなく
なった日本なんて気持ち悪いだけだ。

とくに、治山治水ほど日本に重要なことはない。水の確保の面から見ても
日本はアメリカなどと比べても異常なまでに水資源の確保は少ない。ダム
も飲料水、農業・工業用水の確保の面からも実際はかなり少ない。ダムの
工事は少しも無駄ではない。必要なダムはいくらでもいる。さらに日本に多
い危険な傾斜地の安全確保のための工事もまったく進んでいない。また、
洪水の予防面でも重要な植林など治山面も遅れが目立つ。それらはビル
を建てるなどに比べるとまったく地味だ。為政者の宣伝にもならない。そう
いう方面にはもっと多額の予算投入が必要なのに小泉政権になって減額
されるばかり。その遅れがてきめんに表面化して来たのが最近の自然災害
の地方都市での被害拡大だろう。これは人災、いや政策災害と言ってもいい
ほどだ。地方の河川の治水工事などにもっと力を入れていれば多くの災害
が避けられたはずだし、その手の工事は地方都市に多彩な経済効果をもた
らし、現在のような地方都市の経済崩壊、シャッター通り化を避けられたはず
だ。とにかく、大企業だけの視点(それはアメリカの視点でもあるのだが)で
経済運営してきた小泉政権の罪は未来永劫に深いものがある。なのに地方
の人々は小泉政権に怒りを思い切り向けないのか。いい加減目覚めるべきな
のだが、政治家自身が地元のことを真剣には考えていないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

東京市場は米市場のミラー相場通りの展開。でも、干天に慈雨程度のお湿り

東京市場はニューヨーク市場がバーナンキ発言で利上げの休止観測
になり大幅続伸、ハイテク企業の好決算も見られて急騰したのを、いつ
も通りのミラー市場として素直に受けての終日強い動きで、終値では
446円の上昇で、一部市場の値上がり銘柄数も1642と文字通りの
全面高。持ち株一応ほぼ全面高だが、小型株主体だしまあたいしたこ
もなく、干天に慈雨程度のお湿りが来た感じ。何しろ4月以降の下落が
あまりに滝のようだったのでダムの貯水率で言えば給水制限解除まで
はほど遠い道のり。利上げ自体は景気回復の反映であり、なにもそれ
が悪い訳でもないのにね。円高も同じように日本の景気回復の象徴だ
し、企業によっては好悪両側面ある訳で株高のためには円安という発想
も何とかならないものか。

今日は日経新聞のスクープかなんだか知らないが、朝刊で昭和天皇が
靖国参拝を止めた心の理由としてA級戦犯合祀があったようなことが
元宮内庁長官のメモから分かったとの報道があった。ヒロヒトの御心が
これで分かったことになる訳で、自らも当初は戦犯として処刑されるで
あろうかとも予測していただろう昭和天皇の戦争の災禍に対する責任か
ら来るこれはいわば心の叫びみたいなものか。日本国民としてはやはり
この心は大切にしてあげたい。なのに、首相になる前は参拝などこれっぽち
も興味もなかったくせに騒ぎを起こして楽しみたいだけという異常な心の
持ち主小泉は、反対されればされるだけ意地になって来る悪癖で参拝を
して不必要な外交問題を惹起し、昭和天皇の御心さえ踏みにじって傲慢
かましているわけだ。まさに国賊、売国奴。真の愛国者たちはこれほどま
でに天皇、日本国家、日本国民を愚弄する世界の恥さらし小泉を放置し
たままで満足なのか。戦争で死んだのは何も軍人だけではない。沖縄戦
など死ぬ必要のなかった国民が無駄死に、本土では米の黄色人種だから
かまうものかの原爆・大空襲でのジェノサイド。真に戦死者を追悼するなら
基本的には軍人だけに制限する軍国主義の靖国神社は意味がない。ほか
に真の追悼方法はあるはず。それにしてもだが、小泉マンセー一筋の日経
がこれを先ず取り上げたというのがどうも怪しい。小泉一派のやらせ記事
の可能性も。まあどっちにしても他人の意見など関係なしの小泉だから
また心の問題(自分の心だけは大事で、他人の心はまったく無視のこいつ
らしい独りよがりだが)と言って傲慢しているだけだろうけど。

テレビでバラエティ系はほとんど見ないので存在自体あまり知らなかった
極楽とんぼというコンビの一人、山本圭一が未成年女性とのみだらな行為
と飲酒行為を理由に所属の吉本興業をまだ真偽も定かでなく、事件が発
覚しただけの現時点で首になり、出演のテレビ番組からさっさと消されて行
くようだ。日銀福井総裁のあまりに明白なインサイダー取引や疑惑の宗教
団体に政権の中枢にいるアベが癒着そのものを示す祝電を打ったこと等々
日本国家、日本国民にとっては極めて問題の大きいことはマスゴミはあまり
追及しないで、こんなチンケな芸人をまだ真偽未明の段階で大騒ぎして、
公開処刑するようなマスゴミにはほとほとあきれてしまう。日銀福井総裁
など国民には金銭的苦渋を長年強いておきながら、自分だけはそのシステ
ムを利用して影でぼろ儲けする最低の行動には未だおとがめもなし。この
差別はいったいなんなのだ。上には甘く、下には厳しい、実に嫌な世界に日
本はなったものだ。税金面でも最近の改悪もそうだしね。わずかな額の窃盗
など可罰的違法性なしとして処罰しないのも人間を活かす刑法の精神なの
だが、最近はその手の軽いものはえらく厳罰的に処理されるのに、警察官や
役人、政治家などのもっと大きな犯罪の処罰などあまりに軽すぎるか、見逃
し状態になる。社会保険法違反をしていても会社もいろいろ云々と無責任
丸出しで逃げ、もっとも重視していた公約破っても大したことなんかないと
うそぶく小泉のような心の崩壊したクズが首相に5年以上も居座って来た
精神的荒廃が社会全体に浸透して来たんだろうね。ああ、嫌だ嫌だ。

株式も当分放置でどうでもいいので、温泉ドライブと毎日考えているのにな
かなか終わらない梅雨の雨。でも、東北の方は雨は降っても大したことはな
いかななど思って東北の北の方中心にちょっと長めの湯治旅行に久しぶりに
一人でのんびりと出かけようかと思案中。思い立ったら即なんだけど、まだ
どうも雨が気になるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

何する気も起きない株式市場

今日の東京市場は少しは平均株価は上昇したようだが、個別ではまったく
どうしようもない地獄。新興系の元気のなさは個人投資家の総崩れを示す
し、何する気も起きない。動くとさらにやられる現状ではもうかなり以前から
の放置状態継続だけ。27年ほどの投資歴でもこんな気分になったのは初
めて。小型株がまったく崩壊状態なのでどうしようもなし。00年、03年の下
落時にもこれほどではなかった。もう今の時点で何を後悔しても無駄だし、
流れに身を任せるだけ。とにかく今持っているキャッシュを大事にして、じっと
我慢だね。とにかく6年ちょっと前に会社辞めた時点での総資産額以上が
キャッシュで残っていることがまだ慰めみたいなもの。投資していなければ
6年ちょっとの間に使った額が減っているだけだものね。そんなこと考えるし
かない面白くもない愚痴言うしかない日々。この1ヶ月やる気起きなくて、売
買がゼロ。こんなことも27年ちょっとで初めて。日銀福井総裁のようなうまい
インサイダー的儲けに与れない一般国民はつらいよ。

今年の申告では多くの税金を払い、国民健保も上限まで払い、住民税を多
くを払ったが、来年の申告では所得税は一気に縮小、健保も最低限度額で
いいだろうし、住民税もがくんと減るだろうし、こういう個人投資家殺しの株式
市場無視の政策をしている政府は税収も減るだろうし、屑会社のIPOばかり
している証券会社なども手数料激減で思い知ればいい。それにしてもネット
証券で昔とは違って安易に信用取引が出来るようになって、信用に簡単に
手を出した投資家たちは大丈夫なのだろうか。そういう個人投資家が一気に
相場から手を引いてしまうとこれまでの活気が戻るのはいつになるやら。これ
までの投資歴で買ってから大きく下落したものでもナンピンなどでかわしなが
ら持続することでほぼすべてが損失などなく処分できて来たのだが、今回だ
けは持ち株の数量も以前とは違いかなり多いため、ちょっと自信がないほど
気分が重い。だから気分はもう10年以上の定期預金のつもり。

気分転換に温泉ドライブに行こうにも毎日鬱陶しい雨模様だし、それも行き
たい温泉のあるところがかなり雨も強かったりして、その気分にもならないし
でまったく気分の晴れない毎日。国民の鬱になりそうな気分まん延の中でも
ひとり税金を自分のカネのように勘違いして使いまくり、外国へ行っては遊び
まくり異常な躁状態で世界中に恥を晒して日本の価値を下げ続けているアホ
の小泉がいまだに首相に居座る惚け状態の日本では株式市場が下げるのも
仕方ないと諦めるしかないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

株式市場は絶望的な雰囲気が充満しての投げ状態

株式市場は投げが投げを呼ぶ状態で絶望的な雰囲気が充満して総
投げ状態で平均株価は400円程度の下げで終了したが、上昇してい
る銘柄がほとんどない悲惨な相場で、小泉アホ政権の景気回復宣言
などの嘘っぱちが市場で証明された感じ。持ち株も株式始めてから初め
てのような泥沼。まあ株式を持っている人はすべて同じ気持ちだろうが。
もうファンダもテクニカルも関係なしでの下げ。しばらく前から諦め状態
でまったく動いていないのだが、毎日のように持ち株の評価損が膨らむ
だけ。持ち株は基本的に有利子負債ゼロや極小を中心に安値圏を狙い
買っているのだがそれもまったく駄目。ここまですべてのメルクマールが
役立たないのでは仕方ない。もう持ち株は諦めを通り越して10年定期の
つもりになっている。

史上最悪の愚かな首相小泉がいる間はキャッシュポジションを大きく
維持しての売買に徹してきたのだが、4月からちょっと油断して買い増し
をしたのが極めて大きな判断ミスだった。馬鹿の小泉が消えるのだから
それまでは様子を見るためにも以前よりもっとキャッシュポジションを
大きくしておくべきだったのだ。4月はじめにかけての戻りは完璧な騙し
であったようで、うまく嵌められたといえる。まだまだ勉強が足りない。

株研掲示板の草笛さんも今日の掲示板で「幽鬼となってでも、生ける死
霊といわれるゾンビになってでもこの投資家虐殺ホロコースト地獄を生き
延びましょう。ひたすら雑草のように生きて、連合軍の手で、死の強制収
容所から解放される日を待ちましょう。」と彼らしい書き方でこの相場で
の個人投資家壊滅状況を表現している。まったくそういう心境だ。

小泉や村上あたりも評価される草笛さんとはまったく違う視点にいるのだ
が、相場の見方だけは実に参考になる人。いつも強気姿勢のその人が
こういう絶望的表現をするほど現在の相場は末期的。なんだか遅れて相
場に世紀末が到来したようだ。ここまで来たらどうあがいても仕方ない。
今日の株式サイトなど眺めていたら、本まで何冊か出しているカリスマデ
イトレーダーの子羊さんは今日一日だけで損失が1400万円とか。デイト
レードでもそんなに損をしてしまうほど酷い相場という証明か。彼のサイト
を見ていても動けば動くほど損失が拡大していくよう。

現時点で私の持っているキャッシュは証券会社預け分と生活用の銀行
にある分を含めると、退社時年収の手取額の約9年弱分ぐらいにはなる。
一応マスゴミにいたから額的には低くはない。6年ちょっと前に会社を辞
めた時点での総資産額は超えている。その間に使った生活費や消費した
金額は計算的にはいわゆる株式での儲けになる訳か。そのキャッシュに
加えて現時点での持ち株が増えていることになる。持ち株はその間の
さらなる儲け分と思うしかない。そうとでも考えないとこの破壊相場を切り
抜ける方法はない。なんとも情けない消極的思考だが、そうでも考えない
と気分が悪くなるだけ。4月始めにすべて売却していたら、投資暦での最
高資産額状態だったので、わずか3ヶ月でこの落差はなんとも表現しが
たい。まあ投資をまったくやらず、預金だけしていたら会社を辞めた時点
での資産はどんどん減るだけしかなかったのだから。それにしても自分
にとっての天井で売ることは本当に難しい。そういうときにはさらに上げる
んじゃないかと欲が出てしまう。何年やっていても駄目だ。ちょっとの判
断ミスがわずかの期間で大きな痛手となる。その反対のこともあるから
こそ株式売買が面白く、バブル崩壊にも耐えて、もう27年近く一度も辞
めずに続けられてきたんだけどね。住宅ローンも繰り上げ返済して10年
ちょっと前に終了してここ10年は借金一切ゼロなだけがましか。温泉に
でも行ってこの馬鹿らしい相場を忘れるしかないや。イラクの戦場に送ら
れて犬死した若者や、金ブタなどだけが豪華な生活を送る中飢餓で死ん
で行くしかない北朝鮮の子供たちに比べたらまだましだと思うか。

それにしても小泉というゴキブリは世界で恥さらししまくりなのに、政治屋
どももマスゴミもまったくきちんとした批判もしないね。ロシアでは猿顔
の飼い主ブッシュから「少しはおとなしくしていたほうが良い」みたいに
たしなめられたのだが、さすが能無しの狗だけにまったくその言葉も理
解できなかったようだ。あのブッシュでさえゴキブリに比べたら少しはまと
もな人間に見える恥ずかしさ。ネットでおかしな写真を見た。イスラエルで
小泉が花輪を捧げたときとかにユダヤ教の男性が頭の上に載せている
いる皿のような小さな帽子をかぶっている。これはユダヤ教徒の印では
ないのか。小泉はユダヤなのか。イスラム教徒をいたずらに刺激するし、
靖国参拝が問題になるのと同じ意味で、ユダヤ教徒の聖地での祈りは
首相の立場としては憲法にも反する行為ではないのか。

こんなクズに比べたら、最近頻繁に発言をしているあのエロ拓こと山崎
拓のほうが人間的にも魅力的だし、政治的にもずいぶんまともに見えて
くる。最近はなんだかエロ拓がんばれの心境にもなってくる。王監督の
手術が無事終わったようだが、少しでも早い全快を祈るだけ。あの生真
面目さが精神的に胃を痛めたのだろうが、真面目さ、誠実さなど微塵も
ない無神経の塊小泉にはこの手の病気は無縁なのか、残念なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

露鵬が3日出場停止処分なのに、千代大海に処分なしはおかしい

うんざりするような暑さ、増税など負担ばかり増加させる糞政治など
フラストレーションばかり溜まる国民をコケにして、税金使い放題の
無駄ばかりして一人大はしゃぎする薄ら馬鹿小泉や国民にはゼロ金利
を強いておいてテメエは村上ファンドで大儲けのズルしたくせに辞任
もせず居座る日銀福井総裁。そんなイライラ症候群まん延の日本を
象徴するように名古屋での大相撲もあまりの暑さもあってか、なんだ
かどうも荒れている。

そのシンボルが千代大海と露鵬のにらみ合い。場外では露鵬がガラス
をぶち破り、そのあとカメラマンを殴る大暴れをして、8日目から3日間
の出場停止処分に。でもこの処分はどうもおかしい。もともと露鵬を挑発
したのは大関の千代大海だ。仕切りから両者なんだか雰囲気悪かった
が、露鵬に張り手された千代大海が頭に来たのか、勝っているくせに降
りる必然性のない土俵下に降りてまで露鵬に罵声を浴びせたのが発端。
昨日書いたときにはどちらが先に挑発したか画面からははっきりしなかった
が、証言などからは千代大海がわざわざ土俵から降りて罵声で挑発した
ようだ。

張り手されたぐらいでいちいちカッカした千代大海が大関の重責もわきま
えない愚か者。張り手どころから千代大海は毎回執拗なまでの突っ張りを
しているくせに一発の張り手に怒ること自体が本末転倒。負けた上に罵声
を土俵下まで降りて来て言われたら露鵬も頭に来るだろう。

確かにガラスを割り、カメラマンを殴ってしまった露鵬も悪いが、先に挑発
した千代大海にも大関として大きな責任がある。なのに露鵬だけに出場
停止処分はおかしい。千代大海にもある程度の処分があってよかったん
じゃないのか。いやむしろ、番付が上の千代大海のほうが処分が重くても
いいはずだ。

株式市場も面白くもないので、放置状態で温泉ドライブへでも行こうと考え
ているのだが、週間天気予報を見るたびに躊躇してしまう状態。行きたいのは
北東北。なのに、週間天気予報ではなんとずっと雨。しかも降雨確率が毎日
のように70%程度もある。これでは行く気が起きない。露天風呂もいっぱいあ
るのに鬱陶しい雨ばかりでは面白くもないし、ドライブ自体がまったく楽しめな
い。というわけで、東北の梅雨明けまで駄目。家にいてもあまりの暑さに何をす
る気も起きないので、昨日の日曜日は映画を3本はしご。それほどの傑作も
なく、涼しい中で客も少なくボケーと見るだけがメリット。でも、そのうちの1本
であるアニメ「ブレイブ・ストーリー」だけは金を返せと言いたいほどつまらなか
った。さすがフジテレビが絡んだ作品だけはある。宮部みゆき原作というのが
ちょっと引かれたのだが、それが間違いの元だった。宮部もデビュー当時の作品
などには少しは面白いものもあったのだが、どういうジャンルのものを主体にす
るのかがさっぱりわからない何でも屋作家状態になり、最近はどれも読んでも
さっぱり面白くないばかりに。この作家ほど過大評価されているのはいないんじゃ
ないだろうか。今回の原作は読んではいない。というよりこの手のファンタジー系
の作品にはまったく興味がないためなのだが。だからアニメもそれほど見る気
がないのに見てしまったのがやはり間違いだった。何の盛り上がりもドラマ性も
なくダラダラ展開するだけ。しかもそのあまりに幼稚な現実と想像の絡みには
うんざりするだけ。場内もなんだかしらけたムードが漂っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

大相撲では場外で露鵬が暴れたようで、もっとスタイリッシュにやってほしいね

大相撲では朝青龍が全勝街道、カド番の私にとってのご当地力士栃東が
これまた全勝を守って快調、綱取り目指す白鵬も1敗を堅持するなど面白
い展開になっているが、今日は相撲ファンにとってはちょっと気分の悪い取り
組みがあった。大関の千代大海と平幕のロシア人力士露鵬の一戦。

露鵬が押し出しで千代大海に負けたのだが、そのとき、露鵬が眼をつけた
のかはっきりしないのだが、土俵に勝ち残っている千代大海が土俵下に降り
る必要がないのに怒りに任せた表情で降りて、何か怒鳴っている。二人は
まさに一触即発状態。土俵を降りるときも露鵬は一礼をしないし、二人とも
土俵下でにらみ合ったまま。何とも気分の悪い時間がすぎた。

千代大海も大関の立場でまったくなっていないが、その後の報道を読んで
みると露鵬は風呂場のガラスを手で破壊した上、取材中のカメラマン二人に
暴力までふるってしまう舞い上がりぶり。最近相撲を見ていると、仕切り中に
時間いっぱいになってもなかなか両手をきちんとつかない力士が多いし、土
俵を降りるときにきちんと一礼をしないのも散見される。礼が最も大切に
される相撲。負けて悔しくても、顔に張り手をされて頭に来てもストイッックに
スタイリッシュに相撲美学に徹するのがプロなのだが、どうもそのプロ意識が
希薄な力士が多くなったのか。相撲は一種の戦う芸事なんだから。ファンを
不快にさせるのは御法度だ。

力士たちよ、あなたたちだけでも小泉、竹中、アベ、福井ジジイ、オリックスの
宮内らのような礼も矜持もない薄汚いクズにだけは堕さないでほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

国民は勝手にくたばれ、ワシは税金で遊びまくるだけじゃの小泉という愚か者

小泉という世界に恥を晒しまくる愚か者には吐き気しかしないの
だが、この馬鹿がプレスリーダンス並みに中東でまた大はしゃぎの
醜態をラクダの上に乗って晒したようだ。ここまで来るとこんな馬鹿
を5年以上も首相にして来た日本人の愚かさ(愚かなのはこんな究
極の馬鹿にかしずくだけの自民党に投票したアホどもだが)が世界
でも注目されるだろう。

朝日新聞ウェブに載っていた記事によると、
「ヨルダンを訪問した小泉首相は14日午後、同国南部の世界遺産
に登録されているペトラ遺跡を視察した。巨大な岩盤をくりぬいて作
られた遺跡内ではラクダに乗るなどおおはしゃぎ。」

だとよ。この馬鹿は遊びと外交の区別もつかないようだ。チビデブの金
豚もさぞ嘲笑していることだろう。イラクにイラクの場所も認識できない
アホの山本イチタらに送り込まれて危険任務をして来た自衛隊員らは
こんなクソのために命を危険に晒したことのあまりの虚しさにほぞを噛む
ことだろう。小泉程度の馬鹿はラクダ接待でもして放置しておけばいい
んじゃない、それであの馬鹿は喜んで金を出すんじゃないの、なんてヨル
ダン政府は小泉を心底馬鹿にしか思っていないのだろう。_1_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

今日もあまりの暑さにぐったり。株式市場の方も熱中症で倒れたみたい

東京もあまりの暑さに動く気も何をする気も起きずダラダラするだけ。株
式市場の方も連日の下落商状でもう手当の薬もないような状態。持ち株
はもう定期預金のつもりで持っているような気分。わずか数ヶ月でこれほ
ど持ち株の下げがきついのはまったく株式売買を始めて25年以上たつ中
でも初めて。株を中長期スタンスで持っているすべての人が同じ感じだろ
う。永久に下げ続ける株もないの心境になるしかない。バリュー投資とか
標榜している株式サイトなどを以前読んでいたときには多くの人がフルイ
ンベストメントにしているみたいなことを書いていた。しかも信用まで動員
している人もいた。その多くがこの数年の一種のバリュー投資ブームで
市場に参入したようだった。そういうバリュー系銘柄までこのところは下落
がきついし、大丈夫なんだろうか。人のことどころではないのだが、かつて
フルインベストに近い状態のころの体験学習で、キャッシュポジションを多め
にする形にして来たのだが、そういう状態でも今年、特に4月からの下げは
まったくの想定外だった。

ライブドア事件で破産したり、多額借金抱えてしまうような形になった投資
家も多いようだし、昨年秋からの新興銘柄の上げで調子に乗っていた個人
投資家殺しそのものだったようだ。評論家やアナリストらいわゆる専門家も
強気がまん延していたしね。その強気まん延にはそろそろ危ないとかなりの
注意をしてはいたのだが、4月初めの戻りをちょっと甘く考えすぎてしまった。
その後の下げ過程で戻りも考えての買い増しをしたのが今回の失敗。あの
時にいったん外して様子を見るべきだったのをそれが出来なかったのが
駄目な証だね。あのときに多めに持つ銘柄を外していればまったくの損
もなく今年も現時点でいられたのだが。株式はまさにこういう失敗の連続。
今回ほど勉強になったことはない。しかし、これまでのファンダやテクニカル
の勉強に基づいて買ったはずの銘柄がほとんどその勉強が役立たなかった
こともない。まあ、この1年で10分の1、20分の1になったのなんてざらな
マザーズやヘラクレスのクソ銘柄を持っていないだけましだが。

日銀が公定歩合の引き上げを実施し、いわゆるゼロ金利政策を解除。
悪材料出尽くしになるかと思ったが、そうでもなかった。市場は相当弱い
のだろう。村上ファンドでぼろ儲けしても蛙の面に小便状態の日銀福井総
裁はやはりその他の問題多発で注目度激減と思ってか逃げ切れると判
断、辞任はしないようだ。日本のエスタブリッシュメントの無責任体質を
実に良く見せてくれるクソジジイではある。このジジイは国民の生活の
ことなど微塵も考えたことないのだろう。死ぬ奴は勝手に死ねだろうね。
外資がうまく儲ければジジイの懐もさらに豊かになるという仕掛けか。

世界の恥さらし小泉は戦争状態のイスラエルに何の深い考えもなく行き、
話し合いが大切とかアホこき、ヨルダンに行っては「ヨルダンのアブドラ国
王との夕食会後、会場のアカバ王宮から宿舎のホテルまで、国王が自ら
運転する車で送ってもらった。親日家で知られる国王の異例のサービスに
対し、首相はホテル到着後、『国王が送ってくれた』と周囲に英語で語り、
喜んでいた。」(読売新聞ウェブ13日付)とまたまたのプレスリーダンス並
の馬鹿露呈。政府専用機を海外遊びに使って税金使いまくりのこのクソ
ゴキブリには愛想も尽きるというか存在自体が日本の汚点だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月13日 (木)

株式市場は面白くないので放置。あまりの暑さにぐったりで、ビール飲んでネットサーフィン

2日間以上もメンテナンスのために更新がまったく出来なかったココログ
がようやく復活した。とにかくメンテナンスしてもすぐに駄目になるどうし
ようもないブログだが、メンテナンスするなら土曜、日曜に出来ないもの
なのか。もともと客のことをまったく考えていないニフティらしいやり方だ。

株式市場は先物主導で個人投資家はおちょくられているような相場が続
き、やる気も起きず、持ち株はもう長期スタンスで諦めモード。個別銘柄
で見ると、これほど崩壊を感じるのは80年代の初めから株式売買をして
来て以来だ。業績や予想など悪くないものが多い中、その手のファンダ関
係なくあらゆるものが下がり続けるシーンがこれほど陰々滅々と継続すると
はまったく予想できなかった。4月初めの段階での読みを間違ったのがこ
れほど大きくなるとは。信用を一切していないことや、キャッシュポジション
を大きくしていたことがまだ救われているが、4月からの買い増しなども少し
大きかったのが本当に痛手だ。持ち株は5年定期ぐらいの気持ちで維持す
るしかないだろう。生活資金用の銀行にある現金と証券会社にあるキャッ
シュポジション分合わせて仕事辞める直前の年間手取り分で約9年弱分。
キャッシュポジション維持を強く意識しながら買い増しなどしていたのだが、
まあまだ年収手取り分で9年弱キャッシュが残っているだけいいか。持ち株
は定期のつもりで、しばらくもっとのんびり行くだけ。今年に入ってからはと
にかく動くと墓穴を掘る感じなので、今は動かないのが最善。というわけ
で、音楽鑑賞、映画に読書、居酒屋巡りなどでダラダラ。7月のこれから
と8月は東北中心に何回か温泉ドライブ三昧の予定で、毎日暇があれば
地図を眺めながらの旅行日程シミュレーション。こう暑いと、あとはビール
飲みながらのネットサーフィン。

株式関係サイトも元気ないようだし、投稿数もめっきり少ない。毎日のよう
にアクセスして楽しんでいた「株研掲示板」も荒らしや誹謗中傷で投稿中止
で読む楽しみもないしね。それでも主宰の草笛さんは元気に投稿はされて
いるよう。しかし、まだ執拗に誹謗中傷する奴はしているんだね。草笛さん
のサイトだし、投稿中止でも本人が書くのは自由なのに、閉鎖なのにまだ
書いているとか、無料掲示板での推奨なのに責任を取れだとか、自分たち
のサイトで取り上げられた銘柄のことなどは棚に上げての攻撃はまったくう
んざりする奴らばかり。私のことを後出しジャンケン野郎などと罵倒していた
hydeって奴も陰気臭くグジグジ誹謗好きな奴だね。草笛さんのことは後出
しジャンケンで誹謗中傷する一方では、自分のことは後出しジャンケンで自
画自賛。なんかこいつの文章を読んでいるとじんましんが出て、吐き気がす
る。こんな奴がのさばる掲示板なんてのもネット界の掃き溜めだね。

こんな馬鹿どもの薄ら寒い人間性を象徴するように、政治の世界でも北朝
鮮のミサイル実験で政府・自民党には先制攻撃論のような愚かな強硬論ま
で出て来ているよう。額賀長官はテレビ番組で「敵国が確実に日本を狙って
攻撃的な手段を持って、ピストルで言えば引き金に手をかけたというような時
であれば、日本を守るためにどうするかは、首相、我々が判断することができ
ると思っている」とまでヒートアップし、お子チャマ喋りのアベも同様の強硬論
を捲し立てている。ピストルの手に引き金ね。そんな危うい錯誤だらけになる
状況でまともな判断を出来るとでも思っているのかね。その判断をしかも首
相や我々がだって、馬鹿ばかりの奴の過剰自信ほど怖いものはない。こいつら
よほど戦争をしたいのか。軍需産業などからよほど金が回っているのか。飛行
機にも乗れない小心者のチビデブの支配なんて、援助もせず、放置しておけ
ばいいだけじゃん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ワールドカップMVPにジダン

共同通信のウェブニュースを見ていたら、速報でワールドカップのMVP
にジダンが選出されたと出ていた。

ジダンがW杯MVP FIFAが選出
【18:24】 【ベルリン10日共同】国際サッカー連盟(FIFA)は10日、ワールド
カップ(W杯)ドイツ大会の最優秀選手にフランスのジダンを選出した。

ヘッドパッドの暴力行為でレッドカードを受け、一発退場になったジダンが
MVPとはやはりイタリア選手側に差別的な問題になるような発言があって
のことが配慮されたのだろうか。優勝チームではなく、しかも最後の最後に
退場処分受けた選手がMVPに選出されるということはよほどのことがあった
のだろうか。まあ、MVPは必ずしも優勝チームからではないようだし、記者
投票のようだから、発言は関係ないのかも。しかし、あのヘッドパッドの原因
は知りたいね。

この記事をアップしたらすぐに、「お前は馬鹿か、投票は決勝戦前からやって
いるんだよ」の趣旨のメールアドレスもURLもなしの捨てHNでコメントがあり
ました。サッカー通なんでしょうね。ご教示ありがとう。サッカー世界には無知
なもんでね。しかし、決勝でどんなことが起きるかも分からないのに、投票は
決勝戦が終了してからするのが本筋だと思うけどね。普通はそう考えるね。
それを、偉そうに投票は決勝戦前からやっているんだと、さもそれが当然の
ごとくに傲慢かますのは相当のアホかと。まあそれはどうもいいのだが、や
はり、ジダンのあの行動の理由が知りたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森永卓郎氏が日銀福井総裁、竹中らの海賊資本主義信奉を批判。当たり前の趣旨だけどね

経済アナリストの森永卓郎氏が「福井総裁が辞任すべき本当の理由〜 日本を
弱肉強食の世界にする『暗黙の謀議』」と題する論文で日銀福井総裁の辞任を
改めて勧告している。ごく当然の趣旨なのだが、マスゴミがこのごく当然の趣旨
でさえ書かない現状ではこの柔らかい表現でさえ書くこと自体が偉い。

内容は
弱肉強食型資本主義の信奉者だった福井総裁
日銀は意図的にデフレを招いたのではないか
終結したはずの不良債権問題が再燃した理由
デフレ下で無理やり破綻させられたダイエー
の副題が付けられ、売国マッチポンプを図った木村剛の30社リストを取り上げ、
木村の上司であり仲人でもあった福井、その福井をアドバイザーにしていた村
上の3人の関係を問題にしている。こういう疑問を出されても、無責任ジジイは
国民をコケにして居座りを続けるだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ決勝は結果そのものより、ジダン退場が興味津々

サッカー自体にそれほど興味もないのでワールドカップ決勝戦は生中継
のテレビ観戦もしなかった。先ほどニュースで見たら、結果はPK戦での
決着でイタリアが優勝。その結果よりも興味津々だったのは、フランスの
主将のジダンがイタリアチームのマテラッツィ選手と何か話しながら歩い
ていて突然振り向きざま相手の胸にヘッドパッドを食らわせて退場処分に
なったこと。予想されることは、マテラツィが相当差別的か侮蔑的な言
葉を吐いたことだろう。そうでなければ一番大事な試合でしかも延長戦中
という極めて重要な瞬間にチームにとってもジダン自身にとっても致命的
な結果になることはいくら何でもしないだろう。

今回のワールドカップを見ていると、ヨーロッパチームの中でも特異なの
がフランスチーム。他の国がいわば原住民である白人中心で構成して
いるのに、フランスチームはほとんどが原住民であるラテン系白人では
なく移民であろうアフリカ系黒人であること。それだけフランスが移民に
寛大である証明だろうし、動き回らなければならないハードなサッカーに
はワインと飽食で体が腐っている原住民は適さないからだろう。陸上競
技でもフランスはほとんどが黒人だ。ジダン自身も旧植民地のアルジェリ
ア出身のようだ。

サッカー界は今回のスペインチームの監督のように差別発言を常時して
いるような人間が相当いるようだし、ピッチの上では選手同士が言葉の
やり取りをかわしているうちに差別発言もかなりありそうだ。特に今回の
フランスチームのように移民集団と言えるようなチームに対してはほかの
ヨーロッパチームはかなり差別意識があったんじゃないだろうか。ジダン
がヘッドパッドを食らわせたマテラッツィはテレビ画面で見ただけだから
はっきりは確認できないが、両腕の下から上まで入れ墨がかなり彫られて
いたようだ。マナーを重んじているはずのサッカー選手としては珍しいの
ではないだろうか。あれほどの入れ墨を入れるのは普通の感性では相当
の馬鹿。頭の中身もそれ相当だろう。ジダンに対してどれほどの差別発
言でもしそうな感じだ。FIFAも表に現れたジダンの行動だけでなく、その
ジダンの行動を引き起こしたマテラッツィの言葉も調査すべきだろう。そ
の結果によってはジダンの退場処分の取り消しもあっていいのではないか。
行動による反則はその場限りの体の痛みだけだが、言葉による反則の方
は人間にとってはいつまでも心の傷として残るものだしね。でも、怒りの
行動としても手を出さずにヘッドパッドというのがサッカー選手のDNAか。

(この記事をアップした後に、メールアドレスもURLもない捨てHNでコメン
トを書いて来たクソがいた。そのクソが言うには、私がいつも小泉などに
言葉による反則をしているではないかとか。本当にこういうクソにはどうし
ようもない。小泉などという奴は国民の幸せを追求すべき立場のくせに、
公約破ればそんなことたいしたことない、社会保険法違反容疑に対しては
「人生いろいろ、会社もいろいろ・・・」などあらゆる発言が国民を舐め切った
愚弄する言葉ばかり。そして、己の政策責任は一切無視して、国民には増
税や医療保険の負担増などと痛みだけ与える。そんな糞野郎にまともな
日本語を使う必要があるとでも言うのかい。小泉や竹中、宮内などに対し
ては罵倒、批判することが日本人の義務でもあるのだ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

大相撲初日は綱取り目指す白鵬が負ける波乱

大相撲名古屋場所は横綱朝青龍も戻ってきて、白鵬の綱取りもあって
ちょっと注目場所。朝青龍は痛めた右肘にサポーターを巻いていて不安
要因があるものの、若手の稀勢の里を一気に寄り切り初日白星発進。し
かし、綱取り目指す白鵬は慌てたのか朝赤龍に敗退してしまった。白鵬
に期待しているだけにちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も惰眠して、テレビでマラソン、大相撲などスポーツ見物して、ネットサーフィン

ウィンブルドンの女子決勝を見たあとは、NHKBSで放送していた
映画「恐竜100万年」を久しぶりに見たりしていて、今日も惰眠を
むさぼって起床したのが午後1時前。札幌ハーフマラソンに、大相撲も
初日だしで今日はテレビ見物と決定。マラソンの前に昼飯と久しぶりに
自分でお好み焼きを作って食べることに。キャベツをたっぷりと千切り。
豚肉なども用意。粉を溶くのは牛乳で、その中に山芋を少し。焼くのは
フライパンだが、まず油を引いたフライパンを1分ほど強火で、そこへ
ボールでかき混ぜたのを入れて、フライパンふたをして中火で3分ほど
蒸し焼き。ひっくり返して7〜8分弱火で蒸し焼き。かなりうまく出来た。
一昨日飲んで残っているワインを飲みながらご機嫌に食す。

「恐竜100万年」は40年ほど前の映画だが、特撮のレイ・ハリーハウ
ゼンがリアルな恐竜を作り上げていてかなり楽しめる作品。ロードショーで
小さい頃見て以来なのだが、今見るとそのリアリズム完全無視のマンガチック
な作りがおもしろい作品だ。なによりラクウェル・ウェルチの超グラマーな姿体
が魅力的。青い目に金髪の肌もツルツル、その上付けまつげにアイシャドー
むだ毛処理までしているどこから見ても20世紀の白人がビキニ姿で恐竜と
同時代に生きているという科学性ゼロの割り切り方がいいのだ。DVDにも録
画しておいたのでこれからも時々楽しめそう。

札幌ハーフマラソンは女子の方はアテネ五輪マラソン金メダルの野口みずきが
圧倒的な強さを見せて、今回も参加しているヌデレバの大会記録を更新して
の独走で勝利。あの小さな体のどこからあのパワーが出てくるのやら。

あとは暇なもので、草笛さんが今日も何か書いているのかと株研掲示板を
のぞいてみたら、未だに誹謗中傷一派を擁護し草笛さんを罵倒している浜幸
という変なおじさんを元気に批判している。それに対して、変なおじさんは
何か書いているかとのぞいてみれば、あいも変わらずキ印だ、某主宰者が
喚いていると草笛攻撃。草笛掲示板など何年も見たこともないし、関心ゼロ
と言っているんだし、放置しておけばいいのにね本当に変なおじさんです。
でも、こういう変なおじさんがいるからネットーサーフィンも楽しめる。
変なおじさんも支離滅裂論理でがんばって。

なんてアホこきながら、草笛さん推奨銘柄がはめ込みだと断言、罵倒する
その変なおじさん浜幸さんが、ご自分ではなんか銘柄推奨なんかしている
のかなと、変なおじさんの主宰する遊歩道関係を仔細に暇に任せてちょっと
散策してみた。この人、なんだか知らないが、簿記入門やテクニカル分析や
チャートをマスターとかいくつもの自分で作るブログなどを持っている。でも
それらを見ると、すべて中途半端、継続していないのね、ほとんどが3日坊主
みたい。

でも、まあ読んでみると、テクニカル分析というブログでは昨年の2月頃に
『経営者が優秀ということでは、楽天、ライブドア、マネックスなどの社長
は、本物じゃからどの水準で買ってもずうっと持っていればいつかは必ず儲
かるじゃろうね じゃからもし今含み損を抱えている人がいたら、ずっと持
っていなさいというのがわしからのアドバイスなのじゃ それと含み損がな
くなった時点で売らないことじゃ ずうっと持っておくことじゃ あくまで
も中長期投資でも話じゃけどね 短期的な投資として楽天やライブドアが向
いているということではないのじゃ』というのがあった。今はもう市場から
消えたライブドアを大推奨。しかもあの詐欺的大分割して投資家を騙してい
たホリエを本物として、どの水準で買ってもずうっと持っていればいいと御
託宣。長期で持てばいいということは、私の感覚では5年、10年という
スパンなので、この人の御託宣通りにライブドアを買い続け、持続していた
ら破産していたね。こういう人が100円台の底値圏でまったく出来高なく
注目もされていない段階で買い推奨を始め、しかも毎日毎日推奨記事を
書いていた草笛さんをはめ込みなどと良く言えるよ。草笛さん推奨銘柄
でこれまで市場から消えたものもないし、推奨時点で買ってまだ持続して
いても損はないよ。なのに、どうしてこの変なおじさんは草笛さん攻撃を
執拗にするのかね。まったく不思議な人だ。自分のこの推奨記事のほうが
よほど酷いはめ込みなんだがね。あと起業入門なんていう自分のブログでも
ホリエをベンチャー魂の現代のサムライと大絶賛。反対に草笛さんは以前から
ライブドアなんてものは投資家を騙すだけの株式大分割の詐欺だけでのして
きた企業と実体を見抜いていた。それに従って、ライブドアに手を出さなかった
人はライブドアで悲惨な目に遭うこともなかったね。
【PS:この記事を草笛誹謗派の一人hydeさんがありがたいことに読んでいた
だいたようで、10日の深夜2時30分ごろにわざわざ私のことを後だしジャンケン
野郎発見!と罵倒いただいています。「05年2月ライブドアを推奨していた人が
いた・・・」と書き、なぜかそれを書いたのが仲間の浜幸さんということを隠して
います。浜幸さんのサイトなのに“人”はないよね。それにこれは草笛誹謗され
る人がどういう推奨記事を書いていたかの例。それに、浜幸さんはライブドアを
素晴らしい企業だとして長期にずっと持って、いつ買っても損はしないと断言
して書いているのだから、昨年の2月でも大いに意味がある書き込みなんじゃ
ないんですかね。ずっと持ち続けるんですよ。浜幸さんてあまり具体的にはっき
りと買い推奨はしていないのよね。だいたい株式売買自体しているのかどうか
も分からないほど自分の株式売買のことは書かない。だから買い推奨みたい
なのを過去記事から探すのがけっこう大変なほどなの。なのに他人の何の
問題もない買い推奨をお節介に誹謗中傷する変なおじさん。hydeさんも変な
おじさんぶりが良く分かりました。最近浜幸さんが唐突にワタミを買い推奨して
いて正解だったみたいなことを書いておられたが、過去記事を読んでみても
それほどはっきりとワタミを買いだみたいなのはないね。05年2月あたりには
ワタミもいいかなみたいなのはあるけどね。その程度の書き込みで、今頃に
なって唐突に買い推奨が当たったみたいな記事も後だしジャンケンというけどね。
もっとワタミが安かったときに頻繁に買い推奨でも書いていればね。そういう安い
時に毎日のように買い推奨をし、上昇しても書き続けるのが草笛流。上昇して
も良い銘柄だと信念あるなら買い推奨良いんじゃないの。アナリストらは上昇
してからさらに上がるみたいな記事ばかり書くけどね。安くて仕込み時には少
しも推奨記事を書いてくれない。さっぱり役立たないわけね。さらにね、hydeさ
んは、ライブドアを「百万歩譲って、もし今年の2月に推奨していたのであれば
多少は道義的責任もあるかも」なんて書いているが、1月に大暴落し、将来
真っ暗状態の銘柄を2月にどんな馬鹿でも買い推奨なんぞしませんよ。批判
が批判にもなっていない、何を言いたいかさっぱり状態だわ】

あと、「浜幸じゃのチャートをマスターしまっせ」というブログではかなり
の数の銘柄を取り上げている。一種の推奨みたいなものだろうが、あまり
解説もないのでどっちにも逃げられるようになっている。しかし、今年4月
16日の記事などはどこから見ても買いの大推奨。チャートで取り上げているのは
6368オルガノと7238曙ブレーキ。タイトルは「美しいチャートを発掘します
た こんな株を買いたい」です。オルガノは完璧な右肩上がり、曙はこれまた
美しい、と絶賛で遊歩道など読んでいるお方なら誰でも即買いたくなる記事です。
しかし、この両銘柄とも取り上げた時点がほぼ直近での最高値、それから下落
ですね。普通こういう取り上げ方での買い推奨をはめ込み屋というんですが。
草笛誹謗中傷派は草笛銘柄が下落してんじゃん、と攻撃し馬鹿にしているのだ
が、4、5、6月はどの銘柄も下げたんだよ。それを自分のことはまるで棚に上
げての草笛攻撃。人間として恥ずかしいですね。こんな奴らのために愛読して
いた株研掲示板が書き込み閉鎖になるなんてまったく迷惑もいいとこだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィンブルドン女子決勝、地味だったけど抜群の面白さで展開し、モレスモ初優勝

ウィンブルドンテニス大会の女子シングルス決勝はフランスの
アメリ・モレスモとベルギーのジュスティーヌ・エナン=アーデン
の対決となったが、フルセットの白熱の戦いとなり、モレスモが
フランス人としてはウィンブルドンテニス大会で女子で81年ぶり
の優勝を飾り、念願のウィンブルドンを制した。

この優勝でワールドカップの方もフランスは大盛り上がりになる
んじゃないの。女子がテニスで優勝なんだからサッカーで男も
思い切りがんばるだろうね。女ランボーと言われるほどたくましく
表情も男勝りのモレスモだが、インタビューに答える声は意外
に優しい声だった。良かったねモレスモ。でも、エナン=アーデン
のしぶとさも特筆ものだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

自称評論家の大宅映子というババアが初めて靖国神社に行ったんだとさ

目覚まし時計代わりというか自分の部屋では朝7時半にラジオが
鳴り始め、1時間放送が聞こえる。株式売買を普段はしているので
一応目覚まし時計代わりになっている。しかし、土曜、日曜は放送
が鳴っていてもほとんど関係なし状態で、反対に子守唄みたいな
もの。ただなんとなく聞いているだけ。

その時に鳴るのがTBSに設定されている。ただなんとなくなのだ
が、月曜から金曜は森本毅郎のスタンバイという番組で、バラエ
ティに富んでいて一応楽しめる。土曜、日曜はドライブに出かける
とか外出するのも多く、聞く機会は少ないし、家にいても土曜、日
曜はほとんど昼ごろまで惰眠するので半覚醒状態でなんとなく聞
くだけ状態。土曜日は8時前に自称評論家の大宅映子、8時から
は歴史家らしいカクコウゾウという喋り捲るおじさんが登場するぐ
らいしか記憶にない。日曜日は中村メイコ母娘がなんだかすごく
偽善的な内容のしゃべりをしているぐらいしか記憶にない。

今日はなんとなく半覚醒状態で聞いていると、大宅映子が初めて
靖国神社に行ったとかしゃべっていた。そのときこのババアが「あ
の大宅映子が靖国に来ているなんて思われるの嫌じゃない」とか
言っていた。おいおい、ちょっと自意識過剰もいいとこだよ。あんた
が靖国神社に行こうが、大人のおもちゃ屋に入ろうがそんなこと
誰も気にもしていないよ。それより、このババア、ちょっと図に乗り
すぎなほど態度がいつもでかすぎる。いったい何様のつもり。

大宅壮一の娘というだけで何か実績でもあるわけ。なのに、政府
の審議会とかの委員を掛け持ちして税金食いまくり。そして、マス
ゴミに出てくると政府べったりのちょうちん持ち発言ばかり。道路
公団関係のときなどクズ人間小泉のまるきり代弁者。このTBSの
「大宅映子の辛口コラム」というラジオ番組でもいつもまるで自分
が裁判官か正義の使者のごとくに発言。しかし、その態度のでか
さの割には税金食いまくりはいつまでも出来るように結局は政府
のちょうちん持ちでしかない内容。辛口なんておこがましい。そら
そうですね。審議会委員なんてのは一応専門知識が求められる
はず。それなのにこのババアはまるで万能の神様のようにいくつも
委員を掛け持ち。ということは審議会なんて別に誰でも出来るとい
う程度の飾り物。それで税金食い放題。こんな楽な仕事ありませ
ん。ババアが政府の提灯持ちになるのは当たり前だね。こんな程
度の低い、自意識過剰の勘違いババアが審議会などでのさばるの
をたち切るのも、この小泉マンセーババアの大好きな規制緩和の
一環でもあるね。

今日は天気も良くなさそうだしで外出する気はなく、このところ深
夜遅くまでウィンブルドン大会を見ていたりして、かなり寝不足気味
もあるので昼ごろまで惰眠予定なのだが、このババアのしゃべった
記憶があるうちに書いておこうと、スリープ状態のパソコンを起こし
て眠い目をこすりながら書き上げ。そしてまたベッドへ逆戻り。

ベッドへすぐ戻りたいのに、ココログが今朝も不調もいいとこでな
かなかアップロードできず、proxy errorなどに。いったいこのエラー
しまくりと反応の激重は顧客を馬鹿にしているのか。ココログで
記事を書くときには必ず、アップロード前に全文をコピーしておくか
テキストエディターなど別ソフトで文章を書くのが安全。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ミサイル発射で北はヤクザ並みに傲慢かましてます

北朝鮮の宋日朝国交正常化交渉担当大使とかいう一見ヤクザと勘違い
しそうなご面相(金王朝自体がマフィアみたいなもんだし仕方なし)の奴が
平壌で独裁王朝からご招待物見遊山中の共同通信など日本のマスゴミ
と会見して、日本の制裁措置について「言語道断だ。後に破局的結果を
招きかねない。ミサイル発射は日朝平壌宣言に違反しない」と傲慢かま
した演説したとか。人質になるかもしれないマスゴミ連中は拝聴するだけ。

それに対して金王朝の資金源みたいな統一教会に祝電まで送るほど
ズブズブの関係にあるアベシンゾーが、今日も年齢より20歳も上にも
思えるような気持ち悪い肌の色とたるみ切ったほほ肉を晒して、宋日朝
交渉大使発言を「大変残念で、憤りを感じる。誰がこんな関係になる原
因を作ったか、よく考えてほしい。拉致、核、ミサイル問題ともすべて北
朝鮮が引き起こした」と弱々しいお子チャマ声で反論したとか。

さらに、ミサイル発射は日朝平壌宣言に違反しないとの大使の発言につい
ては、「違反は明白だ。平壌宣言の精神を重んじるのであれば、ミサイル
発射のモラトリアム(凍結)を再確認するよう求めたい」と語ったんだと。
言うことは一見正論で国民の目を意識した強気。しかしね、あの馬鹿極
まる共同宣言を小泉の猪突猛進で勝手に締結して、チビデブをさらに増
長させたんだろう。その一番の基本を蹂躙されたんだから、重んじるもな
にもないだろう。ガタガタ言ってないで一方的に宣言破棄すればいいん
じゃないの。元々条約でもないし、たんに馬鹿の小泉とモジャモジャ頭
の間のお約束。ああそうか、公約守らなくてもたいしことないと、国民コ
ケにしてうそぶく小泉政権だしね。外交宣言守らないことも大してことな
いというわけで、日本を馬鹿にしている宣言を破棄する気もない訳ね。

株式市場の方は米株の上昇を受けて前場は少し強気に推移。しかし、こ
ういうときってたいてい後場に失速して、寄り天になるんだよね。だから
最近はうかつに買いに走ると痛い目に合う。しばらくはこちらは様子見に
ダラダラしているだけ。今日は株式サイトを見ていると、いろいろなところで
ソフトバンクが話題に。メリルリンチが1800円を目標値にした格下げを出
したようで、それがソフトバンク売りになり、大きく下げたよう。出来高も抜
群の同銘柄の下げは全般に影をもたらすからジリ安は仕方ない動き。誰か
株の達人がどこかの掲示板でソフトバンクは2600円超えで買い転換した
とか書いていたから、それに乗って買いに行き、そこが高値で馬鹿見た人
も多いんじゃないのかな。だいたいソフトバンクにまともな値付けなどでき
ないし、買い転換だとかもなかなか判断できない銘柄。基本は手を出さな
いのが良く、市場の動きのメルクマールとして観察するだけの銘柄だね。

というわけで、最近はすっかり株式売買は激減。中長期で買っている銘柄
だし、まあ放置もいいかと。といっても、持ち株の80%は今年に入っての
買いだし、世界的投資富豪バフェットのように20年、30年持続なんてのが
本当の富豪への道と思えばのんびりするのもいいものだ。そこで、今日も
音楽鑑賞ね。今日はテレマンの「ターフェル・ムジーク」集をムジカ・アンテ
ィカ・ケルンの古楽器による音響のさわやかな高雅な世界を貴族になった
気分で昼間からワインを飲みながら。ワインをもう半分ほど飲んでしまって
すっかりほろ酔い。昼間から音楽聴いて酒、これぞ無職の醍醐味。音楽
聴くときはやはりクラシックか40〜50年代のジャズに限るね。間違っても
きっこさんが吐き気がするほど嫌いなナンミョー洗脳歌詞のデフテックな
んてもとより聴く気もないが、とにかく聴かない方がいいみだいだね。聴く
と悪酔いはするわ、洗脳されてノイロン破壊されてしまうかもしれないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキサイティングだったウィンブルドン女子準決勝。モレスモが悲願の決勝へ

ウィンブルドンテニス大会の女子準決勝2戦を続けて見たら、もう心身
ともにぐったり。まずはベルギー同士の戦いとなったのはランキング2位
のクライシュテルス対3位のエナン・アーデン。なんだか細い体に男の子
みたいな繊細な雰囲気のエナン・アーデンが途中で咳き込んだりして、
大丈夫かいと声をかけてあげたくなるような雰囲気なのだが、意外にし
ぶとくボールを拾いまくり、読みの深い動きを見せて結局2度目の決勝
進出を決めた。サービスがもう少し確度が高くなると初の優勝もありかな。

2戦目はランキング1位のモレスモ対4位のシャラポワ。第1セットをモレ
スモが先取、第2セットも取るかと思ったところでシャラポワが踏ん張り
セットを取り、第3セットへ。シャラポワも粘りに粘ったが決勝進出はモレ
スモに。2時間13分に及ぶ白熱の戦いは見ている方も疲れ切った。モ
レスモはこれまでウィンブルドンでは3回も準決勝で敗退しており、今回
はようやく念願の決勝進出。準決勝で3回も途中までリードしながら敗退
したことから、精神的な面もあるのかとカウンセリングを受けたこともある
というモレスモ。男勝りに見える外見とは裏腹に意外に神経細やかなよ
うでもある。決勝はエナン・アーデン対モレスモと資質的にも対照的な
二人だけにかなり面白そう。それにしても、フランス人はワールドカップ
にウィンブルドン女子と決勝進出が二つもあってお楽しみいっぱいだね。
でも、モレスモとエナン・アーデンって少年と男の子の対決みたいで派
手さはゼロだね。大会サイド、ファン(私ね)としては一番見たかったのは
シャラポワ対ミスキナ戦だったんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

北のミサイル発射は売り方、産軍複合体、アベシンゾーら軍拡・憲法改悪狙うクズらを利しただけか

昨日の北朝鮮の跳ね上がりがしたミサイル発射実験は結局は日本の
マスゴミがさも今そこに危機ありかのごとき大騒ぎ報道が目立った
だけで、残したものはうまく売り崩しなどで儲けた筋や、ユダヤや米の
産軍複合体、それにアベシンゾーら軍拡・憲法改悪狙いのクズ政治屋
らにうまく利用される方向が出来ただけ。北のモジャモジャ頭のチビデ
ブも国内向け権威発揚と国際社会に危機感作り出せる存在感を示せ
てとりあえずは独裁王朝継続できて一安心というところか。日本も経済
制裁発令はしたものの、発令してすぐに北からのスパイ船の寄港を人
道的見地から認めるなど腰砕けぶりもいつものこと。まあ政権中枢の
アベシンゾーが北の金づる機関統一教会とズブズブの関係なんだし
仕方ないけどね。あまりの馬鹿騒ぎにうんざりなのだが、ブログ「ぬぬ
ぬ?」を書いているインターセプターさんがこの騒ぎを事細かに記事など
も並べてうまく嘲笑されている。そちらを読んでください。

株式市場の方は米株がちょっと下げたとかでまたまた過剰反応して米
以上に下げていて、このところの戻し【と言えるほどかどうか】も帳消し
のような動き。持ち株はもうすっかり放置で様子見だけの現状なので
まあいいやと、ネットサーフィンしながら音楽鑑賞。今日はちょっと精神
的にぴりっと厳しいものが聴きたくなり、バルトークの「弦・チェレ」をラ
イナー指揮シカゴ響で、6曲の弦楽四重奏曲をアルバン・ベルクカル
テットで、2台のピアノと打楽器の為のソナタをバルトーク自身と奥さ
んのディッタがピアノを担当する古い録音で立て続けに聴いている。
このバルトークの音世界の緊張感はたまりません。研ぎすまされた知
性が煌めいている。まったく、弛緩し切った世界の恥小泉の精神とは
正反対の世界。

閑話休題。ここで一度書いたことのある株式関係掲示板の「株研掲示
板」
だが、先月末で閉鎖してしまって読む楽しみが一つ減ったと思って
いたら、掲示板としての機能である書き込み投稿を閉鎖しただけのよう
で、主宰者の草笛さんは自身のサイトとしては維持されているようで、そ
の後も草笛さんの書き込みはあるようだ。また、草笛さんの株式関係
記事は読める可能性はあるよう。しかも、私の書いた記事のことも取り上
げてくれている。草笛さんがここを読んでくれたなんて嬉しいね。今日も
書いておられるが、草笛誹謗中傷のサイトだった薔薇苑を支援し続ける
浜幸というひとは相当変わった人のようですね。自分のサイトである遊歩
道などにちょっとでも批判的な投稿があると、すぐにキ印とか基地外とか
レッテル張って削除。その上、

『結局まともな人は全員いなくなり、欲に目のくらんだ屑だけが残ったのがあの掲示板の
結末ということじゃね。頭の弱い某掲示板のROMが、草笛が捏造した内容を真に
受けて荒らしをするかも試練。数年前から最低の男だとは思っておったが、ついに発
狂してしまったようじゃね。 
こんな精神障害者とまともな議論はできないとしか言いようがないね。
ともかくわしは数年前から某主催者には関心もないし、近づくこともない関わるとろくなことがないのじゃからね』
などとこういうことよく吐けるよという暴言し放題。

このおじさん、もとからちょっと変わっていて、すぐにバトルじゃ議論かかって
来いと言う割にはまともな議論は一切しない人ね。すぐにキ印だと切るだけ。
株研掲示板を愛読したりしていた人間を「欲に目のくらんだ屑」ね。つまりは
私も欲に目のくらんだ屑ですね。そうかもしれない。草笛掲示板で株で儲けに
なる参考は何かないかと毎日アクセスしていたんだものね。なら、株式関係
の掲示板、ブログなど読んでいる人はすべて屑ですね。そして、その株式の
掲示板を主宰している浜幸さん自身も屑ですね。というより、浜幸さんは屑
の元締めみたいなものですね。さすがご自身の実体をよく理解されている人
のようだ。

それにしてもね、草笛さんのことを発狂、精神障害者ね。かなりこの人お
かしいんじゃないの。自分にすり寄る人間はすべて善、草笛シンパはすべ
て悪なんて発想自体がまるで小泉並のワンパターン思考ですね。それに
加えて草笛には数年前から関心もないし、近づくこともないなんて言いな
がら、どうしてそこの掲示板に書かれている内容を誹謗中傷するサイトを応
援し、仲間としてリンクする訳。数年前から見もしてなくて、欲に目のくらん
だ屑とか言えるほど中身を吟味している訳なのかな。そういう具合に他人の
ことを誹謗するには中身を確認するね、普通は。しかし、このおじさんは何
年も見たこともないと言いながら、そこを読むのや書き込む者を頭の弱いと
か欲に目のくらんだとかのことをどうして言えるのか不思議ですね。よほど
毎日、株研掲示板が気になって気になって仕方なく熟読吟味していたんだ
ね。支離滅裂とはこういう人のことね。
【PS:草笛さんには一切関心ないとこの人は言いながら、その後も8日の自分
のサイトでまだしつこく草笛にこだわっている。まったく笑える人だ。
しかも、「なぜ頭の弱い奴は荒らしをしてしまうのか?一番不思議に思うのは、
すぐ相手のことをホモだとかいうのかな? そんなことをいわれて気にする人が
いるのかね。 お前のかあちゃんでべそというのと同じくらいの精神年齢の低
さを感じるのはわしだけかな?」なんて書いている。しかしね、草笛さんのこと
を発狂とか精神障害者と書くほうがよほど悪質で精神年齢が低いんじゃない
のか。さらに、ホモとか書かれて頭に来ているからこそ、放置しておけばいい
ものを、しゃかりきに荒らし荒らしと喚いているんでしょ。この人、自分でどんど
ん墓穴掘っているみたいだね】

しかも、草笛さんをはめ込み屋などとしながら、時の行者さんとか言う人の
作った株式指南とかの4万円ほどもする馬鹿高いDVR【損なしの究極の株式
売買手法らしいから私も欲しいな。でも、そんな手法みんなが知ったら秘法
じゃなくなるから、買うのは意味ないか】販売サイトをリンクして商売のお手伝い。

この間はこの株式達人時の行者さん【この人のことは遊歩道での書き込み
でしか分からないが、とにかく凄い人のようである。若いころ始めたボーリン
グはすぐにプロ級に上達するは、いろいろと手をつけ始めた商売は何でも
成功、女にはもてまくり。株式では損なし。ちょっと勉強したら英語も仏語も
ペラペラになったなど自画自賛の嵐。でも英語表記などかなり滅茶苦茶な
のがお茶目】の書いた自費出版の女たらしの極意をまとめた本を絶賛して
販売大支援までしていたねこの浜幸さんて人。女たらしの自慢話の本を
株式関係の掲示板で推奨しまくるなんてね。正義漢面して言っている
ことと、やっていることがまるで正反対。こんな変な人たちから睨まれて
せっかく楽しんでいた掲示板が閉鎖なんてまったく頭にくるね。

ところで、この株式の達人でもある時の行者さんのブログがありました。
早速行って読んでみました。でもまだ2本しか記事がありませんでした。
「愛とは決して後悔しないこと!」「ソムリエの女」のタイトルの2本の記事。
ニューヨークとパリへの初旅行のあまりの気取りすぎに笑いをこらえて
しまいました。ソムリエの女じゃなく、ソムリエールとさりげなくタイトルに
して欲しかったな。なんといっても、フランスに行ってももうフランス語に
は困らないと豪語だもの。それからプロフィールに「tokinogyousya」と
読みがあるのだが、その読み方なら「時の業者」になるんだが。行者なら
gyoujaと読まないといけないんですが。それに、バフエットじゃなくてね
バフェットと普通は日本語読みするのかな。1ヶ月の自己流英語猛勉強で
英語達人になられた語学達人でもある時の業者さん失礼しました。

_1_3
でも、エレガンスな、ね。エスカルゴ料理が最高、ね。エスカルゴなんて
ヌーヴェル・キュイジーヌではほとんどムニュにはのせないけどね。モード
ファッションに身を包むなんてそんなにいたかな、みんな地味だったけど
ね。まあいいけどね。


PS:コメントいただいていた蘭行さん。コメントありがたく読ませていただ
いていますが、コメントはURLかメールアドレスのどちらかがないとアップ
ロードしない設定にしています。この場であしからず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ミサイル発射に見られる北朝鮮のしたたかさと危うい冒険主義

北朝鮮がやるやると言われていたミサイル発射実験をしたよう。やると
言われていたんだし予定通りだろうが、キューピーブタも外交的にした
たかということもできるのだが、スペースシャトル「ディスカバリー」を発射
して独立記念日でもあり気分良好なアメリカを最悪に刺激する日に発射
とは相当危ない冒険主義でもある。何発発射かはまだ未確認のようだが、
落下した海面方向からはアラスカ方面へ向けての実験のようでもあり、こ
れはアメリカ攻撃を想定した実験だとアメリカは内心怒りくるっているので
はないだろうか。

アメリカはさらに厳しく金融口座凍結などで北朝鮮を締め付けてくるだろう
し、あのモジャモジャ頭のチビデブは世界を甘く見すぎているのではないだ
ろうか。国民には満足な食料も与えることが出来なくて飢え死にさせてい
るくせに究極の無駄遣いと自己満足だけのために金を使うこのチビデブは
破滅への階段をさらに上ったようだ。

それにしても、日本政府の弱腰はどうしようもないし、マスゴミの大騒ぎも
過剰すぎる。NHKはこのニュースばかり流しているし、朝ドラを神戸大地震
以来になる放送中止にしたとか。チビデブの思うつぼ。騒げば騒ぐほど北
を喜ばせ、高揚気分を煽るだけ。どうせ近未来には崩壊するのは必定の
独裁王朝なのだから援助もしない、放置しておけばいいだけなのに。もし
ミサイルのかけらでもアメリカ領内に落ちればアメリカは集中空爆をして
一気に北を灰にしてしまうだけで、その恐怖は旅行では飛行機も利用でき
ない小心者のチビデブもしっかり認識しているはずだしね。

そしてこんな時に、愚かな日本のマスゴミ代表様が北朝鮮のお招きで
平壌へ物見遊山中とか。招請された報道機関は朝日新聞、読売新聞、NH
K、共同通信、TBS、日本テレビの6社で、4日から8日まで平壌を訪問とか。
情けないね。都合のいい情報しか貰えない独裁王朝の投げるエサに物欲しげ
に飛びつくなよ馬鹿ども。人質になってもう日本へ帰ってくるな。

株式面で見ると、総連絡みの奴らがこの実験で儲けているんじゃないのか
な。実験前に空売りを入れたり、防衛銘柄は反対に安値で仕込んでおいて
実験に反応したところで反対売買すればいいのだから。いわば国家ぐるみの
インサイダー取引という奴だ。あとは軍需産業関係が喜んでいるだけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー見るよりテニスの方がエンターテインメントだ。お好みはミスキナ

スポーツ界というかスポーツ報道ではまるでワールドカップ一色のよう
で、昨日なんか中田引退なんてどうでもいい報道が朝刊の1面になる
馬鹿騒ぎ。さっぱりサッカーに興味のないこちらとしてはちょっとウンザリ
気味。スポーツでこのところテレビで試合を楽しんでいるのはテニスの
ウィンブルドン大会。特に女子の方ね。

スピード感満点の男子の方もいいのだが、あまり長いラリーになることも
なく、すぐに決まってしまうのがちょっと不満だし、なにより女子の方の
ファッションやスタイル、美貌を楽しむなどの勝負以外の楽しみがないの
で、テニスはやはり女子に限る。日本の杉山愛もきりっとした顔立ちで悪
くないのだが、8強には残念ながら行けなかった。その杉山を破って、予
選から8強に入ったフランスのブレモンが顔立ちも意外に奇麗で胸も豊
満で色気があったが、彼女もペチャパイのエナ・アーデンに負けてしまっ
た。しかし、このベルギー人の日本人並みの体格しかないエナ・アーデン
の片手バックハンドストロークの切れ味はあの細い体からは信じられない
ほど強烈でシュア。日本の選手のいいお手本じゃないかな。

結局ベスト4に進んだのは、フランスの男勝りのモレスモ、ロシアの人気者
シャラポワ、ベルギーのエナン・アーデンとモレスモ級のクライシュテルス
で、準決勝の一つはベルギー同士の対決に。シャラポワ人気が日本ではダ
ントツのようだが、私のお好みは準々決勝でモレスモに破れたアナスターシ
ャ・ミスキナ
。この選手もロシア人で、4大大会でロシア女子としては初の優
勝を飾った選手。とにかく最近のロシア女子は実力もあるわその上美貌も
あるわで全盛じゃないかな。

シャラポワ、最近はちょっとのクルニコワ、今回の全英でシャラポワに負けた
デメンチェワ、そしてミスキナなど美人ぞろい。デメンチェワもかなりの美形
だが、このなかでは一番はミスキナじゃないかな。ハリウッド女優のリサ・ク
ドロー
にちょっと似た雰囲気があり、首の長さなどもよく似ている。今大会で
はちょっとローライズの短パン姿がとってもキュートでセクシー。モレスモと
の対決でも応援していたのだが、モレスモのパワーにはかなわなかったよう
で残念。ほかにはチェコのバイディソバ、スロバキアのハンチュコバなんての
もモデル並み。若いころ(今も若いけどね)のヒンギスも可愛かったね。でも
やはりミスキナだね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 4日 (火)

フレンチシェフ二人が刑事事件。三国シェフの傷害容疑は納得だが

株式市場はなんとなく上向きの動きなのだが、出来高もまだ少なく
てそれほど強い感じもしないので相変わらずの放置状態で、今日も
様子見でボケーと過ごす。暇なのでネットでニュースを見たり、温泉
関係サイトを徘徊してどこかの温泉へ行こうかなと思案したりのボケ
状態。

そんな中新聞関係のウェブを見ていたら、都内のフレンチシェフ二人が
刑事事件を起こしている報道が。10数年前ごろかなりの頻度でフレン
チレストラン巡りをしていたときがあるが、最近はかなり少なくなってい
たが、やはり好きなフレンチなのでちょっと興味があって読んでみると。

事件のひとつは四谷に一軒屋レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」を構えて、
暇とカネをもてあます女性層を狙いに繁盛している商売上手な三国清
三シェフが従業員を殴っての傷害罪容疑で書類送検されたとか。あり
えるなと思った。三国シェフはテレビにはかなり出ている出たがり。その
番組の中などで、従業員を思い切り罵倒していた。まあやらせもあるの
だが、普段の傲慢な喋りなど見ても従業員への対応はかなり横柄だ
とはおもえる。それだけに今回の殴打もやりそうなこと。

10数年前にこのレストランに行ったことがあるのだが、値段の高さ
ばかりが際立つ期待はずれの店だった。このシェフ、スイスの日本大
使館での料理番をしていたとかが売りで、べらぼうに高いメニューで
虚栄心だけの客をうまくひき付けていた料理人というより商売人。あの
値段と料理では過大評価もいいとこだと当時思ったものだ。だいたい
大使館の料理番なんて何でも屋。普段の惣菜も作る立場だ。

あの値段ならそのころ以前から一番頻繁に行っていた駒沢公園の「プ
リムール」(今はすでにフレンチではないよう。あるのかどうかももう分
からないが)のコストパフォーマンスの高さを実感したものだ。高い店
なら有楽町の「アピシウス」のほうがダントツにいいなとミクニに行った
時は感じたものだった。以来、バブル崩壊に伴い都内のフレンチレス
トランは激減し、イタリアンが増えた。でも、パスタでごまかすイタリア
ンはあまり興味湧かないしな。

もうひとつの事件は恵比寿にあるらしいフレンチレストラン「シェ・クリス
トフ」の33歳のフランス人オーナーシェフが放火で逮捕されたとか。
ネットで店の情報を見ると、フォンデュが売りだったりして、どうも興味
あるフレンチではない。店の雰囲気もフレンチというよりおしゃれな喫
茶店みたいな感じ。若い層が狙いなのだろう。開店が一昨年の秋の
ようで、放火した動機を「仕事で疲れ、気晴らしでつけた」と言っており
客があまり来ないなどで心労もあったのかな。

最近は都内のフレンチはあまり行かなくなってしまった。温泉へ行き、
土地の食事を食べたり、都内なら居酒屋をめぐっているほうが安くて
美味いしね。フレンチでは最近は京都や大阪で安くて美味しい店が
多くて、京都の実家に行ったときなど関西で食べるのがほとんどに
なってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

内閣記者会の会見一日1回に減少へ。それに記者会が抗議だと、こいつらアホか

朝日新聞ウェブを見ていたら、小泉と内閣記者会との会見を秘書から
1日1回に減らしたいと言って来たとかで、記者会が抗議したんだとさ。

記事によると・・・・・
 小泉首相は3日、原則として1日2回、記者団と行ってきた「やりとり」
を「1日1回に減らしたい」と秘書官を通じて、朝日新聞社などが加盟す
る内閣記者会に伝えてきた。テレビカメラを入れるなどして記者団が自
由に質問するこうした形式の取材方法は、政権発足当初の内閣記者会
との合意に基づいて原則1日2回行われてきた。内閣記者会は同日、「首
相側の一方的な変更であり、認められない」などとして、首相側に抗議
した。
 変更の理由について、首相側は「当初質問は1回につき2、3問が慣例
だったのに徐々に増えてきた。再三改善を求めたが、変わらなかった」
「同じテーマについて同じような質問が繰り返される」などとしている。こ
の日の小泉首相のやりとりは夕方の1回だけだった。・・・・・

なんていうもの。だいたいあの馬鹿小泉が立って、その周りに記者が群れて
質問なんて会見じゃないだろうが。あんなものを承諾したこと自体が既に
ジャーナリズム精神の放棄だよ。あのご用聞きがしかも一日2回で、2〜
3問に限定していたなんて内閣記者会ってアホの集団かい。聞きたいこと
があればきちんとした形の記者会見をして、徹底的に質問もすればいいだ
ろうが。それに、なんだあの毎日のご用聞きで聞く馬鹿記者どものくだらない
質問は。お前らもっと突っ込んだこと聞けないのか。どこが自由な質問だ。
いままで小泉が立ち往生するような厳しい質問聞いたことないぞ。

官邸の方で記者の質問を受けたくないというなら、あんな中途半端なご用聞き
は止めればいいんじゃないの。傲慢秘書に「ああそうですか、じゃあ中途半端な
ご機嫌伺いは止めます」と言ってやればどうなんや。首相番に通信社2社の記者
が24時間付いているんだし、馬鹿狗の日々の行動自体はそれで十分だろう。
むしろ、毎日あの薄ら馬鹿の言いたい放題の宣伝でしかないあのご機嫌伺い
がないほうがマスゴミの紙面なども清潔になっていいぞ。

代わりに新米の記者の質問でなく、あらゆる媒体、フリージャーナリストも参加可
能な記者会見を1週間に一度でも何でもいいが、開かせればいいじゃないの。お
前らマスゴミが会見を独占しているから面白くもない、アホみたいな質問しか出
てこないし。小泉マンセーのクソ記事しかない訳だしね。それに会見では想定
問答的なものは少しはいいとしても、それ以外にもっと相手の想定外の質問を
もっとしろや。こういう記者会見こそ小泉一派の規制緩和とかいうものにぴったり
なんじゃないのマスゴミさん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蛙の面に小便状態の拝金ジジイ日銀福井総裁の居直り

日銀総裁という公平高潔であるべき職であることがまったく認識
できていない日銀福井総裁は犯罪ファンドを利用してのぼろ儲け
に対して、基本的には内心、なぜ俺が責められなければいけない
んだ程度にしか考えてないだろう。居直り、居座りを続けていれば忘
却するのが国民性の馬鹿日本人だし、政治家の馬鹿どもにもこ
れ以上追及できないぜとでも思っているのだろう。一般国民の辞任
が適当との声などまるで関係なしの動きをしれっと続けている。

なにしろ、この拝金ジジイはまだ30歳になろうかならないかのころ
から将来の総裁確実の日銀のプリンス扱いだったとか。そして、日
銀の外部とは一切関係ない世界でいわば北朝鮮並みの独裁政権
委譲の継承という世界で生きて来た人物だ。このジジイには日本国
民の生活がどうなろうとそんなことなど関係なし。浮世離れした閉じ
られた世界でカネだけで生きて来た一種の人格欠陥者。

30歳前後で将来のトップ扱いになり、それがそのままなんの変更も
なく続く世界って自由競争とはまるで縁のない世界。福井がそういう
扱いになったのも単に出身大学、ペーパーテストが良かっただけだ
ろう。まあ、これは中央官庁の官僚とも相通じる。だいたい、日銀で
この福井は30歳までにどのような業績を上げたのか。何もないだろう。
それ以降も別に何もないだろう。ただただ旧弊を踏襲していただけの
ことだろう。業績主義などとは最も遠い位置にある。だいたい、業績
主義などということ自体が幻想にしかすぎない。上司が部下の人間を
公平無私に判断できるなど不可能でしかない。人間的感情に左右さ
れるだけ。それは、上司へのこびへつらいなどがうまい人間が評価され、
自己主張をきちんとする人間は疎まれる世界だ。そんな幻想でしかない
業績主義と自己責任をアホのように金科玉条にする新自由主義的経済
活動のもとで犯罪的な活動でぼろ儲けした村上などを支援し、それを
利用して金儲けする反面で、国民にはゼロ金利などを強いて、弱肉強食
を煽った一人が日銀福井総裁。そんなクズが自分の立場に関しては
一切の新自由主義的な要素がなく貴族的生活を堪能して来たわけだ。
これほど楽でうまみのある仕事はない訳だ。日銀は大昔から格差社会
を最も端的に表現するトップとして機能して来たのだから、いまさら格差
社会批判なんて屁のカッパだろう。

閑話休題。テレビではバラエティとか歌番組はほとんど見ないので最近の
歌手や吉本などの芸人などまるで分からないのだが、あの「きっこの日記」
のきっこさんは芸能界に超詳しい。あの日記を読んでいると、へえ、こんな
芸能人いるのと思うことばかり。最新の日記ではソウカのナンミョー題目を
唱えるのが趣味らしい芸能人の名前のオンパレード。こいつも、へえこいつ
もそうなのと楽しめる。ビデオで法華デブへの心酔ぶりの気持ち悪さが暴露
されている歯茎久本以外にも山のようにいる訳ね。勉強になります。
きっこさん、もっともっと暴露お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

プレスリー御殿見物して「夢かなった」とはしゃぐ世界の恥小泉。一方では小泉に抹殺されたように橋本元首相が死去。竹中自殺未遂情報までネット上に

世界の恥さらしぶりを毎日のように晒している薄ら馬鹿小泉が
プレスリー御殿を見学して「夢がかなった」と大はしゃぎだった
とさ。さらに馬鹿振りが拡大して、隣にいたプレスリーの娘さん
リサ・マリーさんの肩に突然、手を回し「きつく抱きしめたい」と
セクハラまがいの行為。その上、サル頭脳大統領に勧められて
プレスリーのサングラスをかけるとプレスリーをまねた派手な
ポーズまでやってブッシュの狗ぶりを発揮したとさ。しかしね、
ここまで外交の場面で躁状態になれるってかなり精神的に危
ないんじゃないのか。誰かこの馬鹿を抑制しろ。こいつの馬鹿
踊りは海外のメディアでは相当アホ扱いされているぞ。

夕方になってテレビニュースでようやく馬鹿小泉の浮かれダンス
を見ることが出来た。ここまでよくやるよの感慨のみ。こんな馬鹿を
首相に持つ日本国民自体がアホ扱いされる。横にいるプレスリー家
の女性二人などは異常者じゃないかと思うような恐怖に引きつって
いるし、さすがにブッシュでさえあきれ顔で冷笑気味だぜ。橋本元
首相の容態のことを聞いてよほど嬉しかったのかな。

それにしても、プレスリー御殿などを見物することがこいつの夢
だったとはどこまで馬鹿なのか。このために首相になって、日
本中を不幸にして、日銀福井総裁など規制緩和でぼろ儲けの
奴らだけが贅沢三昧できる格差社会を作るアホをしたわけね。
こいつの夢はプレスリー御殿見学と日本社会・国家破壊だった
ということか。ここまで愚弄されても、まだこの異常者を支持し
たり、こいつの継承者を気取るこれまた思い切りの馬鹿アベ
シンゾーをキャーキャー言って騒ぐ馬鹿国民なのか。

アメリカで税金使い放題で物見遊山している小泉の一方では
こいつに政界から追放された橋本龍太郎元首相が死去し
たね。まだ68歳。小泉にとっては橋本派つぶしが念願だった
だけに大満足状態で、今頃あの下品極まる吐き気催す薄ら
笑いを浮かべていることだろう。橋本を殺されたも同然状態
なのにかつての橋本派の議員たちは黙って蟄居しているだ
けなのか。山陰の恥さらし青木なども小泉と同罪だね。小泉
一派の好き放題に蹂躙された自民党を目の前に見ても何も
する気力のないクソ議員たちには本当にげんなりだ。あの気
取りまくりの橋本も嫌いだったが、それ以上に嫌いというより
顔を見たり声を聞くだけで寒気がし、吐き気を催してくる小泉
はゲロ以下だね。橋本には別にそこまでの嫌悪感はなかった
というより、これほどの嫌悪感を感じるのは小泉や竹中、タケベ、
福井、トヨタの奥田、木村剛などごく限られているが。

ところで、この吐き気を催す一人の政治屋である竹中という
売国専業屋の自殺未遂説がネット上のいくつかに2日ほど前に
流れた。こいつの規制緩和という外資とオリックスの宮内や村
上などのためだけに役立った政策のためにどれほど日本経済
が破壊され、日本人の命が失われ、地方経済が疲弊したこと
か。経済面だけ見ればこいつは死刑に値する奴。自民党の
政治家さえ馬鹿にしてきた奴で、小泉政権が終われば味方は
ゼロというより、四面楚歌状態だろう。自殺したい気分も分かる
ぜよ。国民としては自殺未遂の情報見て、喝采叫びたいほど
だった。未遂じゃなく既遂なら赤飯ものだったのだが。情報
のあともテレビに出て、傲慢かましているからまだ生きているの
だけは確かのようだ。残念だね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

糸山英太郎が再度日銀福井総裁、村上、宮内に退場勧告

日銀福井総裁問題では総裁に対しても、村上ファンドの村上に
対しても株式投資家としてごく当然のごとくにかなり批判的な
日本でもダントツの金持ち糸山英太郎が自身のサイトで再度
日銀福井総裁、村上、さらに黒幕的存在のオリックスの宮内
に退場勧告している。

・・・・
このような人間が経済・金融の中枢機関である中央銀行トップ
にいる限り東京株式市場の上値は限られてしまうだろう。国内・海
外問わず投資家の不信感はピークに達している
・・・・
村上世彰を操っていたオリックス宮内義彦会長をぶん殴りたい
・・・・
福井・村上・宮内の黒いトライアングルが異様なほど鮮明に浮
かび上がってきている。国民は皆、諸々の疑惑について三人の
共同正犯を疑っているのだ・・・・

なかなかいいこと言います。毀誉褒貶激しく、ブラックな面
もあるだろう人物だが、正論は正論だ。薄ら馬鹿の売国奴
小泉やアベシンゾーなどの卑劣さとは正反対だね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iTunesが6.0.5にアップデートしたので早速インストール

パソコンという機械は本当にアバウトな機械。突然フリーズしたりとか
難儀な機械だ。最近はOSも改善が進んできてフリーズなんかあまり
ない。マッキントッシュの68K版のときなど頻繁にフリーズというか爆
弾マークが出てきてびっくりさせられたものだ。そのころはインターネット
などなかった。今はネット接続でウィルスなどによるセキュリティ面で
対応が大変なようで、アップデートが頻繁だ。

マックはOSを10.4.7にアップデートしたばかりだが、30日はパソコン
関係のサイトを読んでいたらiTunesが6.0.5にアップデートの情報が。
毎日多用するソフトだけに早速インストール。内容は「iTunes 6.0.4
以前には、AACファイルの解析部分に整数オーバーフローの脆弱
性が存在する。細工を施したAACファイルを通じて脆弱性を悪用さ
れると、iTunesが停止したり、任意のコードを実行される恐れがあ
る」とのこと。

整数オーバーフローの脆弱性なんて意味さっぱり分からないが、や
はりたいへんなことなんだろうなと、iBookとXPを入れてあるWindows
のノート2台の合計3台をアップデート。もう1台Windowsノートがある
が、それはOSがMEでもともとiTunesに非対応なので関係なし。パ
ソコンで音楽を聴くにはもうiTunesがないとどうしようもない。これほ
ど簡単に分かりやすく、画面デザインも良いエンコーダーソフトはな
いしね。しかも無料。このソフトがあってこそ、iPod全盛になったん
だしね。

でも、まだデジタルプレーヤーではiPodを持っていない。HDDタイプ
では20GBタイプがアイリバー、フラッシュメモリータイプでは1GB
がサムソンといずれも韓国銘柄。音や機能では別に不満はないの
だが、デザインではもうiPodにはまったくかなわない。ということで
iPodにも物欲膨らんでいるのだが。3台あっても仕方ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »