« 株式市場は絶望的な雰囲気が充満しての投げ状態 | トップページ | 東京市場は米市場のミラー相場通りの展開。でも、干天に慈雨程度のお湿り »

2006年7月19日 (水)

何する気も起きない株式市場

今日の東京市場は少しは平均株価は上昇したようだが、個別ではまったく
どうしようもない地獄。新興系の元気のなさは個人投資家の総崩れを示す
し、何する気も起きない。動くとさらにやられる現状ではもうかなり以前から
の放置状態継続だけ。27年ほどの投資歴でもこんな気分になったのは初
めて。小型株がまったく崩壊状態なのでどうしようもなし。00年、03年の下
落時にもこれほどではなかった。もう今の時点で何を後悔しても無駄だし、
流れに身を任せるだけ。とにかく今持っているキャッシュを大事にして、じっと
我慢だね。とにかく6年ちょっと前に会社辞めた時点での総資産額以上が
キャッシュで残っていることがまだ慰めみたいなもの。投資していなければ
6年ちょっとの間に使った額が減っているだけだものね。そんなこと考えるし
かない面白くもない愚痴言うしかない日々。この1ヶ月やる気起きなくて、売
買がゼロ。こんなことも27年ちょっとで初めて。日銀福井総裁のようなうまい
インサイダー的儲けに与れない一般国民はつらいよ。

今年の申告では多くの税金を払い、国民健保も上限まで払い、住民税を多
くを払ったが、来年の申告では所得税は一気に縮小、健保も最低限度額で
いいだろうし、住民税もがくんと減るだろうし、こういう個人投資家殺しの株式
市場無視の政策をしている政府は税収も減るだろうし、屑会社のIPOばかり
している証券会社なども手数料激減で思い知ればいい。それにしてもネット
証券で昔とは違って安易に信用取引が出来るようになって、信用に簡単に
手を出した投資家たちは大丈夫なのだろうか。そういう個人投資家が一気に
相場から手を引いてしまうとこれまでの活気が戻るのはいつになるやら。これ
までの投資歴で買ってから大きく下落したものでもナンピンなどでかわしなが
ら持続することでほぼすべてが損失などなく処分できて来たのだが、今回だ
けは持ち株の数量も以前とは違いかなり多いため、ちょっと自信がないほど
気分が重い。だから気分はもう10年以上の定期預金のつもり。

気分転換に温泉ドライブに行こうにも毎日鬱陶しい雨模様だし、それも行き
たい温泉のあるところがかなり雨も強かったりして、その気分にもならないし
でまったく気分の晴れない毎日。国民の鬱になりそうな気分まん延の中でも
ひとり税金を自分のカネのように勘違いして使いまくり、外国へ行っては遊び
まくり異常な躁状態で世界中に恥を晒して日本の価値を下げ続けているアホ
の小泉がいまだに首相に居座る惚け状態の日本では株式市場が下げるのも
仕方ないと諦めるしかないのか。

|

« 株式市場は絶望的な雰囲気が充満しての投げ状態 | トップページ | 東京市場は米市場のミラー相場通りの展開。でも、干天に慈雨程度のお湿り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何する気も起きない株式市場:

» 上値が重い!! [初心者の資金運用日記]
今日の動き。 日経平均 14,500.26 (↑63.02) ジャスダック指数 89.30 (↓1.04) という風に、最近の下落に対した反発が少し起こったのですが、後場か らやはり様子見傾向に。ジャスダックに至っては続落。 現在保有する2銘柄は1つが東証1部、もう1つがJQですけど、東証 は下落、そしてJQは変わらず、でした。 いやぁ、昨日の米国市場の上昇でもっと今日の日本市場も伸びると思った んですけどねぇ。米国の投資家もまだ企業の発表を待っている状態だし、 ... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 00時13分

« 株式市場は絶望的な雰囲気が充満しての投げ状態 | トップページ | 東京市場は米市場のミラー相場通りの展開。でも、干天に慈雨程度のお湿り »