« ミサイル発射に見られる北朝鮮のしたたかさと危うい冒険主義 | トップページ | エキサイティングだったウィンブルドン女子準決勝。モレスモが悲願の決勝へ »

2006年7月 6日 (木)

北のミサイル発射は売り方、産軍複合体、アベシンゾーら軍拡・憲法改悪狙うクズらを利しただけか

昨日の北朝鮮の跳ね上がりがしたミサイル発射実験は結局は日本の
マスゴミがさも今そこに危機ありかのごとき大騒ぎ報道が目立った
だけで、残したものはうまく売り崩しなどで儲けた筋や、ユダヤや米の
産軍複合体、それにアベシンゾーら軍拡・憲法改悪狙いのクズ政治屋
らにうまく利用される方向が出来ただけ。北のモジャモジャ頭のチビデ
ブも国内向け権威発揚と国際社会に危機感作り出せる存在感を示せ
てとりあえずは独裁王朝継続できて一安心というところか。日本も経済
制裁発令はしたものの、発令してすぐに北からのスパイ船の寄港を人
道的見地から認めるなど腰砕けぶりもいつものこと。まあ政権中枢の
アベシンゾーが北の金づる機関統一教会とズブズブの関係なんだし
仕方ないけどね。あまりの馬鹿騒ぎにうんざりなのだが、ブログ「ぬぬ
ぬ?」を書いているインターセプターさんがこの騒ぎを事細かに記事など
も並べてうまく嘲笑されている。そちらを読んでください。

株式市場の方は米株がちょっと下げたとかでまたまた過剰反応して米
以上に下げていて、このところの戻し【と言えるほどかどうか】も帳消し
のような動き。持ち株はもうすっかり放置で様子見だけの現状なので
まあいいやと、ネットサーフィンしながら音楽鑑賞。今日はちょっと精神
的にぴりっと厳しいものが聴きたくなり、バルトークの「弦・チェレ」をラ
イナー指揮シカゴ響で、6曲の弦楽四重奏曲をアルバン・ベルクカル
テットで、2台のピアノと打楽器の為のソナタをバルトーク自身と奥さ
んのディッタがピアノを担当する古い録音で立て続けに聴いている。
このバルトークの音世界の緊張感はたまりません。研ぎすまされた知
性が煌めいている。まったく、弛緩し切った世界の恥小泉の精神とは
正反対の世界。

閑話休題。ここで一度書いたことのある株式関係掲示板の「株研掲示
板」
だが、先月末で閉鎖してしまって読む楽しみが一つ減ったと思って
いたら、掲示板としての機能である書き込み投稿を閉鎖しただけのよう
で、主宰者の草笛さんは自身のサイトとしては維持されているようで、そ
の後も草笛さんの書き込みはあるようだ。また、草笛さんの株式関係
記事は読める可能性はあるよう。しかも、私の書いた記事のことも取り上
げてくれている。草笛さんがここを読んでくれたなんて嬉しいね。今日も
書いておられるが、草笛誹謗中傷のサイトだった薔薇苑を支援し続ける
浜幸というひとは相当変わった人のようですね。自分のサイトである遊歩
道などにちょっとでも批判的な投稿があると、すぐにキ印とか基地外とか
レッテル張って削除。その上、

『結局まともな人は全員いなくなり、欲に目のくらんだ屑だけが残ったのがあの掲示板の
結末ということじゃね。頭の弱い某掲示板のROMが、草笛が捏造した内容を真に
受けて荒らしをするかも試練。数年前から最低の男だとは思っておったが、ついに発
狂してしまったようじゃね。 
こんな精神障害者とまともな議論はできないとしか言いようがないね。
ともかくわしは数年前から某主催者には関心もないし、近づくこともない関わるとろくなことがないのじゃからね』
などとこういうことよく吐けるよという暴言し放題。

このおじさん、もとからちょっと変わっていて、すぐにバトルじゃ議論かかって
来いと言う割にはまともな議論は一切しない人ね。すぐにキ印だと切るだけ。
株研掲示板を愛読したりしていた人間を「欲に目のくらんだ屑」ね。つまりは
私も欲に目のくらんだ屑ですね。そうかもしれない。草笛掲示板で株で儲けに
なる参考は何かないかと毎日アクセスしていたんだものね。なら、株式関係
の掲示板、ブログなど読んでいる人はすべて屑ですね。そして、その株式の
掲示板を主宰している浜幸さん自身も屑ですね。というより、浜幸さんは屑
の元締めみたいなものですね。さすがご自身の実体をよく理解されている人
のようだ。

それにしてもね、草笛さんのことを発狂、精神障害者ね。かなりこの人お
かしいんじゃないの。自分にすり寄る人間はすべて善、草笛シンパはすべ
て悪なんて発想自体がまるで小泉並のワンパターン思考ですね。それに
加えて草笛には数年前から関心もないし、近づくこともないなんて言いな
がら、どうしてそこの掲示板に書かれている内容を誹謗中傷するサイトを応
援し、仲間としてリンクする訳。数年前から見もしてなくて、欲に目のくらん
だ屑とか言えるほど中身を吟味している訳なのかな。そういう具合に他人の
ことを誹謗するには中身を確認するね、普通は。しかし、このおじさんは何
年も見たこともないと言いながら、そこを読むのや書き込む者を頭の弱いと
か欲に目のくらんだとかのことをどうして言えるのか不思議ですね。よほど
毎日、株研掲示板が気になって気になって仕方なく熟読吟味していたんだ
ね。支離滅裂とはこういう人のことね。
【PS:草笛さんには一切関心ないとこの人は言いながら、その後も8日の自分
のサイトでまだしつこく草笛にこだわっている。まったく笑える人だ。
しかも、「なぜ頭の弱い奴は荒らしをしてしまうのか?一番不思議に思うのは、
すぐ相手のことをホモだとかいうのかな? そんなことをいわれて気にする人が
いるのかね。 お前のかあちゃんでべそというのと同じくらいの精神年齢の低
さを感じるのはわしだけかな?」なんて書いている。しかしね、草笛さんのこと
を発狂とか精神障害者と書くほうがよほど悪質で精神年齢が低いんじゃない
のか。さらに、ホモとか書かれて頭に来ているからこそ、放置しておけばいい
ものを、しゃかりきに荒らし荒らしと喚いているんでしょ。この人、自分でどんど
ん墓穴掘っているみたいだね】

しかも、草笛さんをはめ込み屋などとしながら、時の行者さんとか言う人の
作った株式指南とかの4万円ほどもする馬鹿高いDVR【損なしの究極の株式
売買手法らしいから私も欲しいな。でも、そんな手法みんなが知ったら秘法
じゃなくなるから、買うのは意味ないか】販売サイトをリンクして商売のお手伝い。

この間はこの株式達人時の行者さん【この人のことは遊歩道での書き込み
でしか分からないが、とにかく凄い人のようである。若いころ始めたボーリン
グはすぐにプロ級に上達するは、いろいろと手をつけ始めた商売は何でも
成功、女にはもてまくり。株式では損なし。ちょっと勉強したら英語も仏語も
ペラペラになったなど自画自賛の嵐。でも英語表記などかなり滅茶苦茶な
のがお茶目】の書いた自費出版の女たらしの極意をまとめた本を絶賛して
販売大支援までしていたねこの浜幸さんて人。女たらしの自慢話の本を
株式関係の掲示板で推奨しまくるなんてね。正義漢面して言っている
ことと、やっていることがまるで正反対。こんな変な人たちから睨まれて
せっかく楽しんでいた掲示板が閉鎖なんてまったく頭にくるね。

ところで、この株式の達人でもある時の行者さんのブログがありました。
早速行って読んでみました。でもまだ2本しか記事がありませんでした。
「愛とは決して後悔しないこと!」「ソムリエの女」のタイトルの2本の記事。
ニューヨークとパリへの初旅行のあまりの気取りすぎに笑いをこらえて
しまいました。ソムリエの女じゃなく、ソムリエールとさりげなくタイトルに
して欲しかったな。なんといっても、フランスに行ってももうフランス語に
は困らないと豪語だもの。それからプロフィールに「tokinogyousya」と
読みがあるのだが、その読み方なら「時の業者」になるんだが。行者なら
gyoujaと読まないといけないんですが。それに、バフエットじゃなくてね
バフェットと普通は日本語読みするのかな。1ヶ月の自己流英語猛勉強で
英語達人になられた語学達人でもある時の業者さん失礼しました。

_1_3
でも、エレガンスな、ね。エスカルゴ料理が最高、ね。エスカルゴなんて
ヌーヴェル・キュイジーヌではほとんどムニュにはのせないけどね。モード
ファッションに身を包むなんてそんなにいたかな、みんな地味だったけど
ね。まあいいけどね。


PS:コメントいただいていた蘭行さん。コメントありがたく読ませていただ
いていますが、コメントはURLかメールアドレスのどちらかがないとアップ
ロードしない設定にしています。この場であしからず。

|

« ミサイル発射に見られる北朝鮮のしたたかさと危うい冒険主義 | トップページ | エキサイティングだったウィンブルドン女子準決勝。モレスモが悲願の決勝へ »

コメント

始めまして。
草笛さんを擁護する「まともな文章」に出会えて良かったです。
小生は野次馬でしかありませんが、煽りの吟遊詩人と公言しての草笛さんの文章は嫌いではありません。
まずは、訪問の足跡を・・・。


投稿: 山田三平 | 2006年7月 7日 (金) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/10811103

この記事へのトラックバック一覧です: 北のミサイル発射は売り方、産軍複合体、アベシンゾーら軍拡・憲法改悪狙うクズらを利しただけか:

« ミサイル発射に見られる北朝鮮のしたたかさと危うい冒険主義 | トップページ | エキサイティングだったウィンブルドン女子準決勝。モレスモが悲願の決勝へ »