« 東北温泉三昧その2、東鳴子温泉の「まるみや旅館」で独自源泉を味わう | トップページ | 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴 »

2006年7月28日 (金)

東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場

温泉地にはその地区の住民専用の共同源泉がどこにもあるもの
だ。今回は何回も来ている鳴子温泉でそのような温泉に一度は
入ってみたいと、屋代さんが以前住んでおられた地区の地元住
民専用浴場いわゆるジモ専に案内してもらえた。

場所は鳴子の旅館街がある地区とは反対の江合川の向こうの住
居など集まる地区にある。集会所のある建物の部分に男女別に
浴場が。浴場は意外に広く。浴槽は4m×1.5mぐらいの大きさ。
そこへ透明で無色無臭のちょっと熱めの湯がなみなみと注がれ
ている。いわゆる芒硝泉というものだろう。肌触りも優しく体がほく
ほくとしてくる。このような素晴らしい湯に毎日入れる人たちはなん
と幸せなことか。まさに普段着の温泉だ。
Dsc00593

|

« 東北温泉三昧その2、東鳴子温泉の「まるみや旅館」で独自源泉を味わう | トップページ | 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴 »

コメント

ジモ専はさすがに入ったことありません。うらやましいです。数箇所ほど、鳴子のジモ専温泉はわかっているのですが、勝手に入るわけにもいきませんしね~。

投稿: ごまちゃん | 2006年7月29日 (土) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場:

« 東北温泉三昧その2、東鳴子温泉の「まるみや旅館」で独自源泉を味わう | トップページ | 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴 »