« 旅行から帰って久しぶりにネット散策してびっくり。猫殺しを新聞のコラムで自白する坂東真砂子なるメス作家がいた | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その2、蔵王温泉「おおみや旅館」「蔵王国際ホテル」で酸性硫黄泉を堪能 »

2006年8月27日 (日)

山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その1、遠刈田温泉で新築の共同浴場「神の湯」に入浴

株式相場放置の現状で暇なこともあるし、避暑も兼ねてまたまた温泉巡り
ドライブ旅行へ。今回は連れがいるので湯治主体の宿ではなく,温泉旅館
やペンションに宿泊ということで、ぎりぎりの時点でネット予約で宿泊を確保。
4月末に泊って湯がご機嫌だった蔵王温泉の老舗旅館「おおみや旅館」が
激安ネット予約サイトでちょうど4月と同じ7000円ほどであったので21日宿
泊で即予約。あとは避暑に向き,周辺に好みの日帰り温泉があって便利な
裏磐梯のペンションに22,23日と2連泊予約。このペンション、和食とイタリ
アンの融合みたいで、ネット上の口コミ情報でも食事が高評価。そのうえ
1泊5000円とかなり安く予約。

高速道路を使用せず節約ドライブ旅行にするので21日は午前5時頃東京
を出発。9時半頃には大好きな「新菊島温泉」の前を通ったのだが、入浴する
と温湯なので長湯になってしまうので残念ながらパスして、4号線をひたすら
走って午後12時には4号線から蔵王温泉方面へ行く国道457号線に左折。
この道は途中で少し道も細くなるのだが、あまり車は走っていなくて走りやす
いので選択したが、無難なのはもう少し先の県道12号線かな。

途中小さい牧場ミルクファームに寄ってミルクを飲み、こけし村を少し散策。
午後1時頃に遠刈田温泉の新築なった共同浴場「神の湯」前の駐車場に
駐車して、とりあえず昼食にそばを食べる。ちなみにタイトルには山形・福
島とあるのだが、遠刈田温泉は宮城県です。
Dsc00014
Dsc00004
Dsc00005


新しく出来た共同浴場「神の湯」はオープンしたのが4月12日。建設されて
いたのは以前は駐車場だった場所で、その前にあった以前の共同浴場セン
ター湯の建物は完全に撤去され、「神の湯」周辺はきれいなトイレや大きな
駐車場が整備され,「神の湯」の玄関前には立派な足湯と観光案内所が
あって、以前の寂れた雰囲気とはまるで別。「神の湯」自体もふんだんに木
を使った伝統的な浴場作りで、大きさもかなりあり豪華。利用料金は300円
だが、1000円払うと1日休憩利用も出来るようだ。
Dsc00013


脱衣所も奇麗で文句なし。浴場内は複雑な木組みで天井が高く、実に気
持ちいい。湯船は入って手前の小さいのが熱め、奥の広めが温めで,以前の
センター湯の時と同じ熱め,温めの湯船の組み合わせ。温泉臭はそれほど
しないが、湯は薄茶色の微かな濁りのある肌にびしっと来る感触。温めの
湯はちょうどの温度だったが、熱めの方は相当の熱さで足を入れてもすぐに
出さざるを得ないほど。誰も入っていなかった。ただ、湯が新鮮なので桶に
汲んでは体に掛けて熱さを味わった。カランの数も多く、共同浴場としては
最高レベルか。湯の良さもあり、人気も高そうだ。足湯も立派な作りである。
Dsc00008
Dsc00009

|

« 旅行から帰って久しぶりにネット散策してびっくり。猫殺しを新聞のコラムで自白する坂東真砂子なるメス作家がいた | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その2、蔵王温泉「おおみや旅館」「蔵王国際ホテル」で酸性硫黄泉を堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その1、遠刈田温泉で新築の共同浴場「神の湯」に入浴:

« 旅行から帰って久しぶりにネット散策してびっくり。猫殺しを新聞のコラムで自白する坂東真砂子なるメス作家がいた | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その2、蔵王温泉「おおみや旅館」「蔵王国際ホテル」で酸性硫黄泉を堪能 »