« 愚かな自民党は安倍なるキモイ存在にペコペコする愚鈍の集団と化して党の終焉 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その1、遠刈田温泉で新築の共同浴場「神の湯」に入浴 »

2006年8月25日 (金)

旅行から帰って久しぶりにネット散策してびっくり。猫殺しを新聞のコラムで自白する坂東真砂子なるメス作家がいた

最近はすっかり株式市場は放置状態で、21日からの温泉巡りドライブ旅行
の準備もあり20日午後からはあまりネットも見ていなくて、昨夜遅く帰宅して
すぐに爆睡。今日は昼頃まで惰眠していた。そして、久しぶりにネット散策し
ていて、日本人の道徳も倫理もここまで腐って来たのかと思うようなあまりに
人間性を喪失した愚かなメス作家がいたのにびっくりした。

そのメス作家とは坂東真砂子とかいうホラー小説を書いている奴らしい。そ
のメスが日経新聞の18日付のコラム欄「プロムナード」とかいうのに書いた
「子猫殺し」なるタイトルの文章だ。株式売買を仕事のようにしていながら、
日経新聞という財界の御用紙(最近は小泉マンセーの政権癒着新聞でもあ
るが)にはまったく意味を見いだせなくて、便所紙以下(新聞でケツを拭いた
ら痛くて仕方ないので、トイレットペーパー以下ね)としか認識していないの
で、ここ10年以上まったく見もしていないのでそんなコラム欄があるのも
知らないが。まあ、そこは便利なネット。そのメス作家が書いた文章を載せ
てくれているサイトなどがあり全文を読めた。

「きっこの日記」のきっこさんも20日にこのメス作家を取り上げ、罵倒してい
たようだ。このメス作家は「生まれてすぐの子猫を殺しても(避妊と)同じこ
とだ。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ」と書く。このメスは人間でも
避妊手術をするのと生まれた子供を殺すのを同じだと考えているのだろう。
こういう馬鹿がいるから幼児を虐待し殺しても平然としている鬼畜が日本に
のさばるようになって来たようだ。

このメス作家の避妊手術と生まれた猫を殺すのを同レベルで考える思考その
ものがすでに人間としての道徳、倫理、正常心など喪失してしまっている状態
であり、この坂東真砂子なるホラー作家がペットとして飼っている猫が生んだ
子猫を殺すこと、それを今までに何匹も行って来たことを平然とコラムで書く
心のありようは荒涼とした荒み切ったもので、まるで自分の意見に少しでも
違う人間がいれば抹殺するまで執拗に攻撃する小泉の荒んだ内面と瓜二つ
だ。それにしても、このような人倫に悖る行為を平然と公にするメス作家の
文章を掲載してしまう日経新聞の人間もまともなココロを喪失しマヒし切って
いるようだ。この新聞は記者というより資料集め屋に過ぎない愚かな集団で
しかもやはないのだが。それにしてもまったく気分悪くなる小泉売国政権によ
る日本国民の心の破壊の成果を見るような話題だった。ネットの各サイトでも
話題になっているが、これほど狂った人間性のメス作家を話題にすること自体
がもう吐き気がしてくるほどだ。この殺猫平然動物愛護精神ゼロのメス作家
は犯罪を自白しているのだから即逮捕するのが法治国家ではないのか。しか
しこのメス作家はタヒチ在住らしい。日本の法律が適用できないのか。

この問題では怒り心頭に達している方が告発サイトを作っているのでそち
らでメス作家の狂った文章の全文などのことは分かる。基本的にこれほど
陰鬱な話題はこれ以上書くのもうんざり。
さらにこのメスのことを詳しく
追いかけているサイトがあった。この鬼畜メスの気持ち悪いお顔まで出て
くるので、吐き気がする人は見ないほうが良いが。

|

« 愚かな自民党は安倍なるキモイ存在にペコペコする愚鈍の集団と化して党の終焉 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その1、遠刈田温泉で新築の共同浴場「神の湯」に入浴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅行から帰って久しぶりにネット散策してびっくり。猫殺しを新聞のコラムで自白する坂東真砂子なるメス作家がいた:

« 愚かな自民党は安倍なるキモイ存在にペコペコする愚鈍の集団と化して党の終焉 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その1、遠刈田温泉で新築の共同浴場「神の湯」に入浴 »