« 那須・塩原温泉巡りドライブその3、那須湯本温泉の民宿「新小松屋」で鹿の湯源泉を堪能 | トップページ | 那須・塩原温泉巡りドライブその5、出来たばかりの塩原の巨大足湯施設「湯っ歩の里」を体験 »

2006年8月 7日 (月)

那須・塩原温泉巡りドライブその4、那須の民宿街宿泊者専用共同浴場「滝の湯」を初体験

那須湯本温泉の共同浴場といえば、「鹿の湯」なのだが、その湯本の
民宿街に宿泊した客だけが利用できる別源泉の共同浴場があると
聞いていたので、それに入るのも「新小松屋」に宿泊した楽しみの一つ。

入るには宿屋で共同キーを借りて入る。渋温泉(ところで、この渋温
泉だが、温泉のHPを見たら、300円で湯巡り手形を買えば9カ所の
共同浴場を利用できるキーを宿泊者以外も借りられたのが、今年の
7月1日からなんだか大湯しか利用できなくなったよう。それも利用
料金が一気に上がって500円に。これではもう渋温泉で日帰りを楽し
めないですね。温泉街を散歩し、お土産買ったり、おいしいそばを食
べたりする楽しみもあったのにね。渋も那須湯本と同じく外湯は宿
泊者限定になったということ。あの素晴らしい渋の外湯巡りのために
は宿泊するしかなくなった訳)などと同じ仕組みだ。キーも電子キー
で錠の前にかざすだけ。宿泊客用の共同浴場は「滝の湯」ともうひ
とつ「河原の湯」があると聞いていたが、今回は「滝の湯」だけに入浴。
Dsc00789


宿からダラダラ坂を下ってすぐのところにわりに新しめの全体が木で
作られたいかにも共同浴場という佇まいの雰囲気のある建物が。男女
別で左側が男性用。入ると脱衣場も広く清潔。浴場内はほぼ同じ大き
さの湯船が二つ。湯温が微妙に異なる。鹿の湯源泉と比べると硫黄成
分がちょっと薄めなのか肌に優しい心地いいもの。じっくりと浸かってい
られる。
Dsc00790


カランのかわりに新鮮な湯が豊富に湯溜めから流されていて、上がり湯
として使用できる贅沢な仕様になっている。大満足大満足の共同浴場
でした。

|

« 那須・塩原温泉巡りドライブその3、那須湯本温泉の民宿「新小松屋」で鹿の湯源泉を堪能 | トップページ | 那須・塩原温泉巡りドライブその5、出来たばかりの塩原の巨大足湯施設「湯っ歩の里」を体験 »

コメント

この共同浴場は、宿泊者のみしか利用できないのですね。残念。いつか日帰りで行こうと勝手に思っていました。前もってわかってよかったかも。

それと、渋温泉の外湯も宿泊客だけしか利用できないのですか!去年湯巡りしたけど、全部回りきれなかったので、今年再チャレンジしようとおもってたのに・・・残念です。

投稿: ごまちゃん | 2006年8月 8日 (火) 20時57分

こんばんは。
またまたコメントどうも。
この滝の湯はかなりのお薦めです。
利用するには宿泊するしかないのがデメリット。
だからこそいいのですが。
渋温泉はこれまで日帰りで2回すべて回って、スタンプ
すべて押した手ぬぐいも2枚持っています。
それが日帰り入浴では不可能になったようです。
渋も宿泊するしかないようです。

投稿: kabumasa | 2006年8月 8日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須・塩原温泉巡りドライブその4、那須の民宿街宿泊者専用共同浴場「滝の湯」を初体験:

« 那須・塩原温泉巡りドライブその3、那須湯本温泉の民宿「新小松屋」で鹿の湯源泉を堪能 | トップページ | 那須・塩原温泉巡りドライブその5、出来たばかりの塩原の巨大足湯施設「湯っ歩の里」を体験 »