« 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その7、高湯温泉「安達屋」で惚れ惚れする美しい白濁湯を満喫 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その9、只見川沿いの濃厚な玉梨温泉「旅館玉梨」、湯倉温泉共同浴場で湯巡りは締め »

2006年8月28日 (月)

山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その8、奥土湯温泉の「小滝温泉」でまったり

23日の「自遊人」無料パスポート使用の節約温泉巡りの3湯目は土湯
温泉のさらに奥に位置する奥土湯温泉の「小滝温泉」旅館。これまで
土湯温泉自体は何回来たかわからないほどだが、さらにその奥にある
小滝温泉、東海温泉、川上温泉には行ったことがなかった。土湯温泉と
同じ単純泉ということもあったのだが、今回は無料利用できるのであり
がたく入浴させていただくことに。

奥土湯温泉は土湯温泉の奥の方にある旅館「天景園」の前の橋を渡っ
てさらに左奥に入って1キロほど行ったところ。途中の道はかなり狭くて
車一台分のようなところもあり、走るのは十分な注意が必要。

小滝温泉は瀟洒な旅館で、右の方には鉄筋5階建ての新館が。そちら
のほうは全10室がベランダに露天風呂を設置してあるようで、カップル
で静かに温泉情緒に浸るには最高の旅館かも。さらに奥には東海温泉
と川上温泉があるようだ。東海温泉の建物が見えていた。

日帰り入浴料金は600円。この手の旅館としては珍しくも午後8時頃ま
でとわりに遅くまで日帰りを受け付けている。館内は清潔感があり、いた
るところにアンティーク家具が置かれていて、感じがいい。

風呂は右奥の方にあり、内湯に続いてすぐ露天がある。露天風呂のすぐ
そばを川が流れ、ちょっと大きめの滝が左側にあり、露天にいるとかなり
その滝の音が聞こえる。ちょっと音はうるさいが、森と川の音に浸りながら
の湯浴みは気分爽快。

湯は土湯温泉のとくに共同浴場の「中の湯」なんか激熱なのだが、ここは
ちょうどいい湯温。のんびりと入っていられる。まあ、それだけ入浴感は薄
いのだが、泊って何回か入り、美味しい食事してのんびりにはちょうどいい
湯だろう。1泊16000円ぐらいからだからちょっと私には高すぎるが。

日帰り入浴を3カ所無料でゆっくりして大満足の一日。ここから一気に裏磐
梯へ戻ったらまだ午後4時。日差しも明るいので五色沼を少し散策して、宿
泊先のペンションへ戻る。ペンションの夕食は今日も凝った作りの美味しい
料理が出来立てが運ばれて来て大満足。それにしても5000円は安い。温
泉旅館の多くが冷めたてんぷらなど出している料理なんて馬鹿らしくなって
くる。ちなみに宿泊したのは曽原湖そばの「もみの季」という小さなペンション。

|

« 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その7、高湯温泉「安達屋」で惚れ惚れする美しい白濁湯を満喫 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その9、只見川沿いの濃厚な玉梨温泉「旅館玉梨」、湯倉温泉共同浴場で湯巡りは締め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その8、奥土湯温泉の「小滝温泉」でまったり:

» 今日の温泉(福島県・小滝温泉) [はんちゃんのページ]
9月7日の4湯目、奥土湯温泉郷にある小滝(こたき)温泉です。ここも雑誌「自遊人」付録で、無料入浴です。。。。(^^ゞ 土湯温泉は割と大きな温泉街を形成していますが、そこから少し川沿いを奥に進むと、こ... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 09時14分

« 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その7、高湯温泉「安達屋」で惚れ惚れする美しい白濁湯を満喫 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その9、只見川沿いの濃厚な玉梨温泉「旅館玉梨」、湯倉温泉共同浴場で湯巡りは締め »