« 予定とおり靖国参拝をした小泉は唯我独尊独善でさぞエクスタシー感じたことだろう | トップページ | ロシア当局による銃撃での漁民の死は外交放置の小泉政権の責任 »

2006年8月16日 (水)

さらなる気分陰鬱な時代到来を予感させた8月15日

遺族会という一部の利権団体に向けてだけで、公約という意味すら
持たない靖国参拝なる愚行を意気揚々と他人の考えまったく顧みず
実行し、そのあともいつもの屁理屈をぐだぐだ並べる小泉。そのあと
に参列した全国戦没者追悼式ではまさに独裁者然とした増長ぶりが
全面開花していた。天皇皇后両陛下が静かに追悼される気持ちさえ
その前の靖国参拝での大騒ぎでぶちこわすこの小泉という無礼者に
馬鹿な国民は快挙と賞揚さえする始末。

靖国参拝を深い配慮からしない天皇陛下と皇后陛下のお気持ちはどう
だっただろうか。傍若無人、人の神経を逆撫でることをさも嬉しそうにす
る小泉に怒り心頭だったのではないだろうか。しかし、政治に口出しでき
ない立場。平静を保たれていたが、我慢も限界を超えておられるので
はないだろうか。小泉の5年を超える国民を不幸にするだけの政治にも
天皇陛下のお気持ちはいかばかりか。天皇陛下の心さえ踏みにじって
慢心状態の小泉は追悼式では両陛下に尊敬の念を抱いている姿勢が
まるで垣間見えず、両陛下を見下ろすような勝ち誇ったような態度に見
えた。この馬鹿の増長ぶりは度し難いまでになっている。両陛下にとって
この小泉という奴ほど内心でもっとも毛嫌いされている存在はないのでは
なかろうか。陛下まで愚弄するこの小泉を右翼の連中はいったいどう考え
ているのか。陛下を愚弄するのを許したままで良いのか。まあ、真の意味
での右翼など既にいないのだが。

この8月15日は気分陰鬱さがさらに重く心にのしかかって来る時代の到
来を告げるかのようだった。その象徴の事件の一つとして加藤紘一衆議
院議員の山形県鶴岡市の実家と事務所が放火のような形で全焼したの
がある。加藤議員は腑抜け状態の自民党の中にあって愚かな外交を続
ける小泉を批判、靖国参拝も強く批判していた。その人物へのこの事件
は一種のテロみたいなものだろう。思い出の詰まった家を焼く、その家に
は加藤議員の90歳を超える母親が住んでいた。母親や事務所の人間が
死んでいた可能性もある嫌な事件だ。小泉政権下ではどうしてこうも小泉
を批判する人物には冤罪的な逮捕やこの種の陰鬱な事件が降り掛かるの
だろうか。郵政民営化に反対する議員を抹殺する暴挙さえ屁理屈と詐欺
的言辞でやってしまう小泉の体質が毒素のように滲み出た結果なのだろう。
ああ嫌だ嫌だ、陰鬱な気分悪くなるばかりの政治がこの小泉のあと安倍と
いう岸信介なる軍国主義売国に精を出した人間のDNAを継いだ奴がやる
と思うとさらに陰鬱になって来る。小泉のような人間のクズではなく、加藤
議員のような穏やかで良識のある人物が首相になっていれば今の日本の
実像も大きく違ったものになっていただろうと思うと残念至極。下品な薄ら
笑いを浮かべて国民・国家を愚弄する小泉というクソを選んだ日本はこれ
から何年もかけて絶望的な修復を続けなければ行かないのだろう。

|

« 予定とおり靖国参拝をした小泉は唯我独尊独善でさぞエクスタシー感じたことだろう | トップページ | ロシア当局による銃撃での漁民の死は外交放置の小泉政権の責任 »

コメント

おはようございます

日本国民は小泉さんの術中にまんまとハマっていますね。

私が愛読している中日新聞にこう書いてありました。
>靖国参拝をもって首脳会談を拒否するのは論外だとする小泉論理が
国民の排外主義、狭量なナショナリズムをたくみに煽っていることである。

まさにその通りだと思います。
日本人も野卑になりました。
最近の風潮として、内政干渉するなとか、外国からガタガタ言われる
筋合いではないとか、自分達さえ良ければ他国の感情などは
問題外と言う感じの日本人が多くなりました。

そう言う考えは非常に危険だと思います。
究極的には、戦争にも繋がる考えだと思ってます。
ただただ、煽るだけの小泉さんの姿勢は一国の首相たる品格が
まるで無いのが残念でたまりません。

投稿: まるこ姫 | 2006年8月17日 (木) 08時11分

こんにちは、まるこ姫さん。
いつも理性溢れる文章ですね。
小泉のようなどこから見ても人間の
クズでしかない奴にキャーキャー
と騒ぐ馬鹿女のあまりの多さ。
どうしてあの馬鹿どもは小泉の
人間性が分からないのか、とことん
幻滅です。あの馬鹿女どもにまるこ姫
さんの爪の垢でも飲ませたい。

投稿: kabumasa | 2006年8月17日 (木) 12時30分

Kabumasaさん 今晩は
コメント有り難う御座いました、
小泉政権・毒気が強すぎますね、
小泉批判した加藤議員の実家放火全焼は気の毒です、
小泉の指しがけた刺客か・・・・
思いたくも成る、
何れにせよ今後の日本の行く先が心配ですね。
今後とも宜しくお願致します。

投稿: IWAちゃん | 2006年8月17日 (木) 19時30分

こんばんは。IWAちゃん来てますね。
全国戦没者追悼式での天皇、皇后両陛下の
お言葉に感動しましたよ。お気持ちが伝わって
来ました。それに比べて小泉の式辞はただ読んでる
だけ。どうしようもありませんね。

どこかで今は戦前ではないか(要するに次の
戦争の前)という言葉を読みました。
完全に否定できないことが怖いと思います。

投稿: Nasbon | 2006年8月17日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/11459293

この記事へのトラックバック一覧です: さらなる気分陰鬱な時代到来を予感させた8月15日:

« 予定とおり靖国参拝をした小泉は唯我独尊独善でさぞエクスタシー感じたことだろう | トップページ | ロシア当局による銃撃での漁民の死は外交放置の小泉政権の責任 »