« 「スーパーマンリターンズ」には心躍りながらも、ちょっとねの出来だった | トップページ | きっこさん、「転失気」利用の安倍晋三おちょくりの面白さ »

2006年9月 3日 (日)

我がアップルiBookのバッテリーはリコール対象ではなかったようで。安倍の美しき日本の欺瞞

デルパソコンだけかと思っていたら、ソニーのパソコン用リチウムバッテリー
のリコール問題はアップルにも飛び火して、アップルがバッテリーのリコール。
今年の2月に購入したばかりの我がiBookも発表時にはその対象になり、な
んだか面倒だなと思っていたのだが、その後のアップルサイトを見てみたら
どうも対象ではなかったよう。

iBook G4でのバッテリーリコールの対象になるのはモデル番号がA1061
で、シリアル番号が ZZ338 - ZZ427、3K429 - 3K611、6C519 - 6C
552と最初の発表時にはなっていたのだが、交換を申し込もうと昨日見て
みたら、6C519 - 6C552が「6C519 - 6C552 ending with S9WA,
S9WC or S9WD」と、ending with S9WA, S9WC or S9WDが付加さ
れていた。そこで、我がiBookのシリアル番号を再確認してみたら、確かに6
C539なのだが、あとの番号が違った。まあ、これで発火の危険はないのか
とは思うのだが、でもまだなんだか不安だね。デジカメに続いてまたソニー
かとちょっとウンザリ気味。

だいたいメモリースティックをテレビやパソコン、デジカメなどで大々的に
装備して売っておきながら、簡単に壊れるデジカメを同じソニーのデジカメ
に仕方なく買い替えて、メモリースティックを無駄にしないようにしようとし
たら、現在販売しているソニーのデジカメでは普通のコンパクトデジカメで
はスタンダードタイプのメモリースティックは一切使用できないで、しかも
ソニーがミノルタを買収して発売を始めた一眼デジカメもデュオなる小型
版しか利用できない状況。ソニーを信じてメモリースティックを買って使
用の利用者にとっては情けないばかりの状態。高い金出し買ったメモリー
スティックがまったく使い道がなくなったのだから。メモリースティックスタ
ンダードタイプをたっぷり売ったのだから、それを継続使用出来るように
コンパクトデジカメでも数種類のタイプは発売し続けるのが消費者への
責任ではないのか。

まあ、こんなことを言ってもあのソニーには無駄だね。体質は政策に思い
きり失敗し続けても自画自賛しかしない薄ら馬鹿の小泉と同じようなもの
なんだろう。その小泉内閣の幹部として、アホ政策を推進したアベシンゾー
が偉そうに中身ゼロの美しい日本をだとさ。あまりの馬鹿らしさに口あんぐり。
東大生にびしばし家庭教師してもらっても成蹊学園から抜け出せなくて、
結局馬鹿だけがストレート進学するだけの成蹊大学に行くしかなかった頭
の悪さをいまだに露呈するあの何を言っているのかさっぱりのお子チャマしゃ
べりの幼稚さ。
あのアホの話すのを聴いていると、頻繁に「・・・した次第で
あります」との言葉を吐くが、あの次第でありますっていったいどんな次第
なんだと突っ込み入れたくなるアホだからこその言葉か。それにまともな
チャレンジもしたことのないのほほん坊ちゃんが再チャレンジね。お前に
チャレンジなんて言われたくねえよ、まともな国民のすべてが。

それに「きっこの日記」でも書いているが、あの美しい日本だとかの駄本は
安倍一族が売国の限りを尽くして心酔する犯罪カルト宗教の日本代表し
ていた奴が書いたものの書き写しみたいなもんじゃそうじゃないかい。何
考えているんかい、あのたるみ切った皮膚の気持ち悪い顔のアホは。
あん
な奴にへいこらする自民党議員たちって日本、日本国民のことを本気で考
えているんだろうか。小泉、さらに安倍へと続きそうなあまりの政治状況の
悲惨さには涙もちょちょ切れるだけ。

|

« 「スーパーマンリターンズ」には心躍りながらも、ちょっとねの出来だった | トップページ | きっこさん、「転失気」利用の安倍晋三おちょくりの面白さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/11742788

この記事へのトラックバック一覧です: 我がアップルiBookのバッテリーはリコール対象ではなかったようで。安倍の美しき日本の欺瞞:

« 「スーパーマンリターンズ」には心躍りながらも、ちょっとねの出来だった | トップページ | きっこさん、「転失気」利用の安倍晋三おちょくりの面白さ »