« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその15、下風呂温泉の老舗「長谷旅館」で海の見える風呂に入る »

2006年9月23日 (土)

東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその14、奥薬研温泉の「かっぱの湯」と「隠れかっぱの湯」で自然の中の湯浴みを楽しむ

恐山の白濁硫黄泉を味わった後は当然のことに薬研温泉へ行き、無料
で入れる混浴露天風呂の「かっぱの湯」と「隠れかっぱの湯」(これは正
式名称ではないようで、ネット上で使われている名前のようでもある。と
いうより観光案内的には存在していない扱いだ)に入ることに。25年前に
来た時は恐山から薬研温泉に通じる道は砂利道でいわゆる林道でかな
り走りにくく、本当にこの道で薬研温泉に行けるのかと途中で不安になる
ほどだった。

しかし、現在では全線完全舗装になり、バスでさえ走れる道に。恐山の観
光客の多さがもたらしたものだろう。快調に林の中を走って、薬研温泉に
出たら、左折して奥薬研温泉へ。しばらく走ると左側に大きな駐車場が、さ
らに少し走ると橋の手前にもう一つの駐車場があり、その駐車場右奥に少
し行くと「かっぱの湯」が渓流沿いにある。
Img_0151


Img_0152


渓流の流れを見ながら入る最高のロケーションで、四万温泉の今は閉鎖さ
れてしまった「湯の泉」以上の素晴らしさだ。階段を少し下りるとすぐに脱衣
所が。2カ所に別れているので男女別になっているようで女性でも利用しや
すそうだ。

かなり大きめの露天風呂で、2〜30人程度入っても問題なさそうだ。ただ、
脱衣のスペースがそんなにないが。岩作りで、渓流側にはかっぱの像が設
置されている。無料で利用できる露天風呂なのだが、地元の人たちが管理
されているようで、実にきれいだ。とくに特徴のない単純泉だが、ちょっと熱
めで実に気持ちいい。まさに自然の中の湯浴み。
Img_0155


橋を超えてさらに行くともう一つ「夫婦かっぱの湯」があるのだが、そちらはレ
ストハウス経営らしく、しかも循環しているそうで、それならいいやとパス。も
う一つの「隠れかっぱの湯」はどこにも案内看板もないし、観光案内などにも
掲載されているのは「かっぱの湯」と「夫婦かっぱの湯」だけ。しかし、ネットな
どでは「隠れかっぱの湯」として喧伝されているのがあるらしいと知り、探すこ
とに。

川側で渓流に降りられそうな場所で車を停めてみること3度目に露天風呂を
発見。スノーシェッドとガードレールの切れ目が目印。県道から見ればすぐに
わかる。
Img_0146
Img_0147


県道から階段を数段下りると二つの露天風呂が上にタイル張りの四角形の
露天風呂、下に岩作りの露天風呂が並び、周りには簡単なベンチや簀の子が
並べられている。ここも地元の人が管理されているようだが、かつてあったど
こかの保養所の風呂の建物が撤去された後、浴槽だけが残ったもののよう
である。詳細はまったくわからない。湯は「かっぱの湯」とほぼ同じで、無色無
臭透明な湯が掛け流しになっている。雰囲気は「かっぱの湯」よりさらにワイル
ドでまさに野天風呂感覚。湯温はタイル張りの方が体にびしっと来る熱さで気
持ちいい。しかし、野天の感覚なのにタイル湯船というギャップがおかしい。私
自身はあまり本当の意味での野天風呂はそれほど好きという訳でないが、この
かっぱふたつは普通の感覚の露天として入れるのが良い。
Img_0148
Img_0149


岩作りの方はタイル張りの湯が流れ込んでもいて、ちょっと温めで、川に近く
渓流を間近に眺めながらの長湯には最適。しかし、コケなどで滑りやすいので
注意が必要。ただ脱衣所はまったくなく、湯船の周りなどで適当にするしかな
い。また、その脱衣や入浴は道路にいる人からは丸見えだが。今回はどちらも
独占状態で入ることができて、ゆったりのんびりと自然の中の湯浴みを楽しめ
た。休日など二つとも混んでいたら入るのは大変だろうな。管理されている方
達に感謝です。

|

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその15、下風呂温泉の老舗「長谷旅館」で海の見える風呂に入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその14、奥薬研温泉の「かっぱの湯」と「隠れかっぱの湯」で自然の中の湯浴みを楽しむ:

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその15、下風呂温泉の老舗「長谷旅館」で海の見える風呂に入る »