« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその22、情緒ある台温泉で「冨手旅館」に入浴 | トップページ | お笑い痔眠島の発足かい、どうでもいいけど »

2006年9月24日 (日)

東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその23、またまた宿泊したのが鉛温泉「藤三旅館」、なごみます

21日は道の駅「にしね」から朝早くに南花巻の鉛温泉「藤三旅館」自炊
セクションに得々パックで予約したので、その日は藤七温泉だけにのんび
り入浴(藤七を含め八幡平近辺の湯はだいたいそれぞれ複数回入浴し
ているしね)して、あとは素晴らしい快晴なので八幡平の景観を楽しむド
ライブを楽しむことに。
Img_0239
Img_0240
Img_0241

松川温泉経由へ行く道、松川から藤七への樹海ラインもガラ空きで時々
駐車しては景観を楽しむ気持ちよいドライブ。後生掛温泉もいつもより駐
車数も少ない。名物の黒卵2個を朝食代わりに食べて、あとは買い込ん
であったトマト2個、リンゴ1個を食べての朝食。そのあとは、自然研究路
をぶらぶらと散策。前回やってきた昨年5月の時は入り口すぐで雪のため
に行き止まり状態だった。ここを歩くのは何度目かな。5回目ぐらいか。い
つ来ても爽やかだし、空気は良いし、硫黄の匂いは鼻をくすぐるしで御機
嫌な場所だ。ここを散策したので今回は玉川温泉散策はパス。乳頭温泉
や国見温泉、鶯宿温泉など入りたい温泉も今回はすべてパス。あとは鉛
温泉でのんびりするだけでいい気分。
Img_0242
Img_0246
Img_0248
Img_0249
Img_0251
Img_0252

雫石の道の駅「あねっこ」でちょっと休憩して、ラーメンなどで昼食。国道
46号線から繋温泉経由で県道13号線、県道37号線で一気に花巻温泉
台温泉へ。藤三旅館自炊部の夕食は午後5時からとやけに早い。台温泉
でちょっと入浴して温泉街を散策してから、温かい食事をとるために遅れ
ずにチェックイン。
Img_0261

今回の部屋は川沿いの売店にも近い場所。前回は玄関方面と中庭に面し
たところに宿泊したので、自炊セクションのだいたいの場所の雰囲気はわ
かったのだが、やはり川沿いが一番良いようだ。せせらぎの音が心地よい。
部屋には鍵がないから風呂に行くときにはビニール袋を3重にした状態の
中に貴重品やカメラを入れて常に持ち歩く。というより、どこの温泉に行っ
ても同じように貴重品は持ち歩く。4年ほどまえの旅行中の夜にレストラン
で食事中に車上窃盗にあって免許証からクレジットカード、銀行カード、そ
れに現金が7万円ほど盗まれた経験があるからだ。よほどプロだったよう
で、盗んだのをしばらく気づかれないように、財布は盗まず、現金もすべて
盗まず一部を残す狡猾ぶりだった。以後貴重品はコンビニで買い物する時
でも家族が車内に残っていない限り、持ち歩くようになった。温泉旅館でも
フロントに預けることはない。預ける方式を見ていても、名前を聞くだけで
かなりいい加減だからだ。そばで悪い奴が名前を聞いていて、別の従業員
にその名前で言えば簡単に盗まれる可能性があるからだ。わるい奴はどこ
にでもいる。

藤三旅館の食事は本当に量もちょうど良く、美味しい。5時という時間さえ守
れば部屋で温かいものが食べられる。朝食も実においしい。これで4000円
ちょっとは超コストパフォーマンス。なんて言っても日帰り入浴料金だけでも
700円はする旅館だ。それがすべて宿泊中はのんびり入り放題なのだから。

これまで日帰り数回、宿泊2泊をしているので、全館湯巡りはしないで、体を
洗う時だけ2年前新設の露天風呂付き内湯に入るだけで、あとは立ち湯の素
晴らしい佇まいの「白猿の湯」に深夜も含めて何度も入った。あとは飲泉用に
コップも置いてある自炊棟の「河鹿の湯」に2度ほど行き、飲泉も。この温泉は
とくに際立つ特徴もない湯なのだが、あっさりとした感触にじっくりと体にしみ
込む感じとのんびりと入浴でき、長い湯巡りの締めとして最高だ。万座・草津
巡りの締めとしての四万温泉か沢渡温泉のようなものか。あとこの旅館は売
店が大きめのがあり、おばあちゃんが店を守っているのだが、話好きのおば
あちゃんと話すのも楽しい。昭和31年から店をしているとかで、いろいろと話
してくれるよ。
Img_0262
Img_0268

最終日の22日は4号線で帰るよりはちょっと遠回りになるが、13号線に出て、
喜多方・会津若松・田島経由で好きな道をのんびりドライブして帰宅。帰宅し
たのは午後11時過ぎに。全行程の総走行距離は2283キロに。給油量は151
リッターで、燃費は1リッターあたり15.2キロ。94年タイプのすでにあと1ヶ月
でまる12年使用中のスタイル、性能と大満足で、いまだに買い換えたい車が
なかなかないランティス。都内走りでは当然燃費悪いが、東北のような渋滞な
しでかなりのスピードを維持して快走すると1800CC車にしては良い燃費。
さらに高速道路一切使用せずなのに、さすが渋滞ほとんどなしの東北だ。そ
して、ほとんどの湯で独占状態でのんびり入浴することができた御機嫌な湯
巡り旅だった。

|

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその22、情緒ある台温泉で「冨手旅館」に入浴 | トップページ | お笑い痔眠島の発足かい、どうでもいいけど »

コメント

それにしても、またまたうらやましい限りの旅ですね。こんな温泉巡りしてみたいものです。温泉巡りする時間がほしい。
温泉好きの人が、行ってみたいな~を凝縮したようなプランですね。

kabumasaさんの車って燃費いいですね。ごまちゃん号は、1400CCなのにリッター11キロぐらいですよ。しかもハイオク仕様。このガソリン高い時にはちょいと苦しいのでした。

投稿: ごまちゃん | 2006年9月25日 (月) 22時18分

はじめまして。ランティス愛用ですか。
私も中古ですが、ランティスです。
あの5ドアクーペのスタイルしびれますからね。

投稿: ラスキン | 2006年9月27日 (水) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその23、またまた宿泊したのが鉛温泉「藤三旅館」、なごみます:

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその22、情緒ある台温泉で「冨手旅館」に入浴 | トップページ | お笑い痔眠島の発足かい、どうでもいいけど »