« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその7、東鳴子温泉でこれも未入湯だった「初音旅館」に | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその9、一気に秋田県最北に走り、日景温泉で硫黄泉でまったり »

2006年9月23日 (土)

東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその8、存在をあまり知らなかった川渡温泉「みやま」で入浴

鳴子温泉には何度も来て様々な風呂に入っているのだが、まだ知らない旅館
もあるのが奥深い鳴子温泉。お気に入りになるとその旅館の風呂に何回も
入ってしまって、新しい旅館の風呂になかなか手が伸びない。しかも5つもの
大きな温泉地があるのだからますますいろいろと体験するのは大変だ。川渡
温泉もいくつかの旅館の風呂に入っているが、一番のお気に入りはとにかく共
同浴場。あの美しい白濁気味の黄緑色のちょっと熱めの体にじんじんと来る
湯は堪らない魅力だ。今年に入って川渡温泉の湯治宿「高東旅館」に素泊ま
りしてからは共同浴場なみにお気に入りになってしまった。その川渡温泉で今
まで場所が47号線沿いにあるためにまったく気づかなかった旅館があった。

それが「自遊人」無料パスポートで知った「みやま」旅館。47号線はかなりの
スピードで走ってしまうので気づかなかったのだが、さりげなく実に目立たない
看板があるだけ。その道を入ると100メートルほどの場所にある。
Img_0076


外見はごく普通の民宿のような感じで冴えない。しかし、玄関を入ると清潔感
漂うなかなかの雰囲気。さらに驚くのは風呂を案内してもらって、玄関から右
の方に行くと、外見からは想像できないようなオシャレな空間が広がる。全面
的に木で造られていて、そこは新館になっているよう。廊下も広く気持ちいい。
Img_0089


風呂は新館に入ってすぐの右側に。脱衣所もピカピカで気分良い。湯船は木枠
のそれほど大きくない湯船が一つだけ。板の仕切りがあって、洗い場の湯が湯
船に飛んでこない配慮もされている。湯はわりに温めで、肌を優しく包み込むよ
うな柔らかさがある。薄い紅茶色をしていて、微かにオイル系の芳香があるがあま
り強くはない。湯としては東鳴子温泉の高友旅館や田中旅館などに近いものが
ある。
Img_0086_1


ここは泊まりでゆっくりとしたい旅館だ。新館は5室しかないし、玄関のある本館
の方も5室とこじんまりとしているので、カップルで泊ると気分良く過ごせるので
はないだろうか。新館の方は高級感漂うだけに私にとってはかなり高い料金で、
本館なら私の財布の範囲内。

初音旅館、みやまと薄茶の紅茶のような色合いの湯が続いたため、鳴子に来る
といつも入浴するお気に入りの田中旅館には同じ傾向の湯が続くのもあるし、駐
車場を見ると意外に多くの車でいっぱいで今回はパス。

|

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその7、東鳴子温泉でこれも未入湯だった「初音旅館」に | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその9、一気に秋田県最北に走り、日景温泉で硫黄泉でまったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその8、存在をあまり知らなかった川渡温泉「みやま」で入浴:

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその7、東鳴子温泉でこれも未入湯だった「初音旅館」に | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその9、一気に秋田県最北に走り、日景温泉で硫黄泉でまったり »