« ハメ撮りビデオを学内で公開して大恥かいた教授がいる大学ってなんなのさ | トップページ | 群馬・長野のんびり温泉ドライブ1、万座高原ホテルで万座の白濁湯を堪能 »

2006年9月 7日 (木)

殺伐とした事件が多すぎ、そして悲しみだが残る結末に

山口県での高専女子学生殺人事件は容疑者として捜索されていた男子学生が
遺体として発見された。事件直後に即自殺したようで、将来のあるはずだった若
い生命が二つ消えた虚しさだけが残る。真犯人として、自殺した学生はどうして
あのような事件を起こすと結果として何が生起するかが想像できなかったのだろ
うか。あまりの想像力の欠如だろう。そして、今回も未成年として名前と顔写真
も公開されなかった。このような殺人事件でそういう対応が本当にいいのか、日
本の警察の責任回避の姿勢がもたらしている結果なんじゃないだろうか。事件が
発生していないからと、ストーカー的行為を訴えて来たのを無視して、むざむざ
殺されてしまった事件と背景は似たようなものだろう。今回も殺された女子学生
の顔からプライバシーまで公衆に晒されてしまっているのに、犯罪者の方は未成
年というだけですべてが隠蔽され、二次犯罪抑止や本人の身柄確保にも役だた
ないやり方って、真の意味で人権のためになっているのだろうか。すべてがそれ
の反ベクトルになっているのだが。それにしても、小泉政権になってからはあまり
に嫌な事件が多すぎる。小泉の自分に反するものはすべて抹殺する異常な性格
が国民にも当たり前とでも浸透してしまったのだろうか。人の意見、諫言にも耳を
貸さず、独りよがりの自己満足の世界に没頭してしまう小泉の性格こそまさにこ
の手の犯罪者と共通するもの。そんな性格の奴がもてはやされてしまったのが、
あまりにも日本人の穏やかさを破壊しまくって来た成果が、殺伐とした事件の多
発なのか、嫌だ嫌だ。

|

« ハメ撮りビデオを学内で公開して大恥かいた教授がいる大学ってなんなのさ | トップページ | 群馬・長野のんびり温泉ドライブ1、万座高原ホテルで万座の白濁湯を堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺伐とした事件が多すぎ、そして悲しみだが残る結末に:

« ハメ撮りビデオを学内で公開して大恥かいた教授がいる大学ってなんなのさ | トップページ | 群馬・長野のんびり温泉ドライブ1、万座高原ホテルで万座の白濁湯を堪能 »