« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその15、下風呂温泉の老舗「長谷旅館」で海の見える風呂に入る | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその17、下風呂温泉共同浴場「大湯」に入浴し、鉄道アーチ橋メモリアルロードを見学 »

2006年9月23日 (土)

東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその16、下風呂温泉「つぼた旅館」

大湯源泉の長谷旅館の次は新湯源泉となるのだが、共同浴場「新湯」は
火曜日は休みで、必然的に新湯源泉を引く旅館となる。そこで新湯共同
浴場のすぐ前にある「つぼた旅館」にすることに。ここも夕食時間前なのに
嫌な顔せず、親切に案内していただいた。女将さんからは熱いから良くか
き混ぜてねみたいなことを言われたのだが、方言がきつく適当に相づちを
うっておく。

浴室は脱衣所も清潔で、浴室も広々として気持ちいい。湯船は木枠の横長
の7〜8人はゆっくりと入れる大きさ。女将さんに言われたとおりにかなりの
熱さだ。微白濁の湯が溢れている。かき混ぜていると、少し温めになり我慢
して入る。肌に差し込むようなきりっとした感触が気持ちいい。長谷旅館の湯
のほうが少し丸みがあるか。それにしても長谷旅館、さつき荘、ここつぼた旅
館とどこも特徴のある濃厚な硫黄泉で素晴らしい。Img_0162


ここの湯船で笑えるのが湯花キャッチャーというのか、源泉投入口にかけら
れたストッキングと見えるもの。黒く見える湯の花がたっぷりとためられてい
て、二股の太い足がだらりと下がっているみたいでおかしい。長谷旅館にも
宿泊したさつき荘、翌朝入った大湯共同浴場にもなかったが、ほかの旅館は
どうなのかちょっと興味津々だった。
>Img_0166

|

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその15、下風呂温泉の老舗「長谷旅館」で海の見える風呂に入る | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその17、下風呂温泉共同浴場「大湯」に入浴し、鉄道アーチ橋メモリアルロードを見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその16、下風呂温泉「つぼた旅館」:

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその15、下風呂温泉の老舗「長谷旅館」で海の見える風呂に入る | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその17、下風呂温泉共同浴場「大湯」に入浴し、鉄道アーチ橋メモリアルロードを見学 »