« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその12、恐山手前の民宿「しゃくなげ荘」でひと風呂 | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその14、奥薬研温泉の「かっぱの湯」と「隠れかっぱの湯」で自然の中の湯浴みを楽しむ »

2006年9月23日 (土)

東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう

恐山に来るのは約25年ぶり。青森はやはり東京から想像以上に遠い。
しかも私の場合、今回は家族もいない、予定は未定の一人ぶらぶら旅
なので一切高速道路を使っていないせいかその遠さ気分はかなりのも
のだ。

しゃくなげ荘で軽く湯浴みしてから車で1分程度で恐山へ。入山料と言
うか拝観料(山と言っても恐山はお寺です)は500円。信仰心ゼロなの
で目当ては共同浴場とあとは独特の雰囲気と景色見物だけ。しかし、
卒塔婆や風車などがある地獄の一丁目のような場所にある風呂だ。湯
船の底から霊が出てきそうな不気味な雰囲気がある。そこで入る硫黄
泉もなかなか味があるものだ。とりあえず地蔵殿に参拝しておく。
Img_0133
Img_0135

参道脇に共同浴場は3棟。4棟あるとか聞いていたが、もう1棟はわから
なかった。宿坊宿泊者専用なのかな。右側にある1軒が男性浴場「薬師
の湯」、左側に2軒並んである浴室が左が女性用「古滝の湯」、右側が男
性用「冷抜の湯」になっていた。その二つの男性用浴場に入ったが、いず
れも浴舎から湯船、洗い場まですべてが木造の素晴らしく趣のある浴場
で、脱衣所も広く、湯船共々気持ちいい。
Img_0137
Img_0138

Img_0136

湯は典型的な硫黄泉で、硫黄臭がたまりません。二つの浴室とも湯船が
二つあり、微妙に温度差があるよう。基本的にはかなりの熱めで、いずれ
もちょっと加水しないと入れないほどだった。白濁気味の湯には湯の花が
かなりあり、「冷抜の湯」の小さい湯船の方を撹拌すると黄色気味の白濁
へと変化した。
Img_0140
Img_0141
Img_0142
Img_0145

最近改装(というより新築)したばかりの宿坊はかなり贅沢な造りのようで、
一度宿泊して、夜に共同浴場へ行くようなことも試してみるのも面白いか
もしれない。しかし、宿坊としては1泊1万2000円はいくら何でも高すぎる。
境内を出てからパンフレットを見てみたら、もう一つの共同浴場「花染の
湯」は宿坊の裏手にあった。パンフレットは先ず最初に見ておくべきでした。

|

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその12、恐山手前の民宿「しゃくなげ荘」でひと風呂 | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその14、奥薬研温泉の「かっぱの湯」と「隠れかっぱの湯」で自然の中の湯浴みを楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう:

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその12、恐山手前の民宿「しゃくなげ荘」でひと風呂 | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその14、奥薬研温泉の「かっぱの湯」と「隠れかっぱの湯」で自然の中の湯浴みを楽しむ »