« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその11、古遠部温泉で溢れる湯を堪能し、料理にも大満足 | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう »

2006年9月23日 (土)

東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその12、恐山手前の民宿「しゃくなげ荘」でひと風呂

恐山の手前、恐山から薬研温泉方面へ行く県道へ右折する直前にある
お土産屋兼食堂で、かなりの鄙び方。裏手には温泉湧出している土地が
広がり、右手には恐山が湖を前に遠望でき、抜群の眺め。恐山には歩い
ても5分程度だろう。民宿もしているので、泊ると夜に恐山まで散策して
行く度胸試しも出来そうだ。もっと度胸試ししたければ、恐山の宿坊が
最適。ただ、その宿坊は最近全面的に建て替えられて、宿坊としては相
当に宿泊料金が高いが。

ここは食堂とは一目で分かるが、宿泊できるとは思えない雰囲気だ。し
かもそこに硫黄臭漂う風呂があり、それに日帰り入浴できるなんてまず
想像できない。ここに宿泊する気になる人は相当な物好きとも言える雰
囲気。
Img_0130_1


私自身は恐山に来たのは今回が2度目。前はもう遥か昔の25年ほど前。
このような食堂があったことも記憶にない。今回入浴したのは、温泉フリ
ーク、とくに青森の銭湯などの入浴バガボンドになっている人たちのブロ
グなどで存在を知ったから。知らなかったら絶対に入らなかった風呂だ。

車を店の前に停めて、店内へ。外見の超鄙び具合から想像した通りの店
内で、様々の物体が案内された右奥の風呂場への途中の廊下に雑然と
並べられまるでがらくたリサイクル店の雰囲気。入浴をおばあちゃんに頼
むと、良いよとあっさり承諾。200円なりを払って店の奥にある浴室へ。

女性用には湯をためてないようで、男性用にだけ湯が入っているとか。浴
室に入って笑ってしまいそうになる。かなり大きな浴室なのだが、湯船は右
隅っこにちょこんと2畳程度の小ささで、白濁した湯が満たされているのだ
が、なんと洗い場のその湯船の5倍程度はあろうかという大きさ。カランま
で行くのに相当歩くのだ。これほど洗い場と湯船の大きさのバランスがお
かしいのは初めて。何ともおおらかな浴室だ。
Img_0128


湯は典型的な硫黄泉で、たっぷりと溜まっている湯の花が真っ白に。ちょっ
と温めで浴感が今ひとつ。ただほのかに香る硫黄臭が気持ちよく、のんび
りといつまでも長湯が出来る湯だ。それにしてもこんな場所で長く商売が
出来て来たものと感心してしまう店でもあった。
Img_0131
Img_0132


|

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその11、古遠部温泉で溢れる湯を堪能し、料理にも大満足 | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその12、恐山手前の民宿「しゃくなげ荘」でひと風呂:

« 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその11、古遠部温泉で溢れる湯を堪能し、料理にも大満足 | トップページ | 東北ぶらぶら気まま温泉一人旅ドライブその13、25年ぶりに再訪の恐山で共同浴場をたんのう »