« 小津安二郎の「秋日和」でさりげない日常描写と巧まざるユーモアに心おだやかに | トップページ | 今日もヒッチコック見てしまった。「三十九夜」はスピード感溢れてやはり大傑作 »

2006年10月22日 (日)

ああどうしようもない国民だわ。アベ政権がそれほどお気に入りなのね。ブルース・ウィリスがいい味出す映画「16ブロック」は拾い物だった

ちょっと秋葉原のヨドバシカメラへお買い物に行き、久しぶりに日本の
ハイテクの面白さをたっぷりと触って楽しんできた。いつもながらすごい
客でごった返していた。そのあとは1本ぐらい映画を見て帰ろうかと考え
て、さて何にするかなと。やはり爽快な気分になるのがいいやと公開され
たばかりの「16ブロック」を見ることに。大好きな刑事物、主演がブルー
ス・ウィリスに、脇にいつも光るデヴィッド・モースだ。しかも監督が職人
監督として信頼感あるリチャード・ドナー。あまり期待していなかったの
だが意外な拾いものだった。

以前の警察官としての仕事への後悔もあって酒浸りでほかの刑事から
も馬鹿にされた存在に落ちぶれているジャック刑事(ウィリス)は夜勤
明けに裁判所へ証人の移送を依頼される。証人は黒人エディ。移送
距離はわずか16ブロック。ニューヨークで16ブロックがどの程度にな
るのか、ニューヨークに行ったことはあるがちょっとわからない。10分
か15分程度の距離のようだ。嫌々ながら引き受けた移送だが、途中で
証人を暗殺しようとする襲撃があり、片手間仕事のはずだったものが
大事件に。自暴自棄だった生き方を変えることにもなって行く。

ウィリスの自暴自棄を絵に描いたような自堕落ぶりがすごい。最初登場
するシーンではこれがあのダイハードのウィリスと思えないほど。薄汚い
ひげ面に、だらしない服装、殺人の捜査現場でも酒に手を出す堕落ぶり
で全身からアルコールの臭いが漂ってきそう。しかも、精悍な顔もかな
り頬あたりがこけているし、全身の筋肉が落ち、腹はでっぷりと出ていて
まさにキャラに合わせた体作りをしたようで、意外に気合いが入っている
映画かもしれない。黒人の証人とその相棒となる刑事というとあの大傑作
「48時間」を彷彿させ、喋りまくる黒人とそれをうんざりしながら聞く刑事
などに、台詞の面白さも含めてまさに同じパターン。エディの真面目に生
きようとする姿勢に次第に惹かれて行く成り行きなどちょっと描き足りない
部分もあるがいい雰囲気だ。

映画が始まってあっという間に襲撃から、その背後にある悪徳警官のこ
とが暴露され、あとは裁判所まで行く逃走と実にシンプルなストーリーで
刑事物好きには堪えられない。それに、時間進行がリアルタイム設定な
のもまあまあの緊迫感がある。移送の始まるのが午前8時頃、裁判所に
は午前10時までに絶対到着という時間設定なのだ。間に合うのは当然
なのだが、その一点でジャック刑事の心意気を見せる落ちがあり、単な
るアクション映画なのだが人生捨てたものじゃないぜというテーマさえ
見せる。さすが老練なドナー監督。最後がほろりとさせて気分良く映画
館を出られた。まあ映画史に残ると言うような作品ではなく、いわゆる評
論家からの評価も悪いかもしれない。大作とかじゃないいわゆるプログ
ラムピクチャー的作品だ。しかし、甘い評価なのだろうが私はこの映画
がたまらなく好きだ。男心をさりげなくくすぐる最近あまりない人間味の
ある佳作だ。好きな映画なのだが、エディを演じるモス・デフという初め
て見る黒人俳優、顔はちょっと寂しげな面影もあり良いのだが、声がな
んだか耳障りで、その声が喋り続けなのがちょっとマイナス。喋り続け
るのはキャラなのだから良いのだが、もう少し明るい声が欲しかった。

気分良く映画見て、そのあとちょっと酒飲みながら居酒屋で軽く食べて
帰宅したら、なんと衆院補選で神奈川、大阪と両方とも自民党候補が
勝ちとか。滋賀県栗東市では自民推薦候補が勝ちと自民の勝ちばかり。
衆院補選は投票率が低いね。選挙民は何考えているんだろう。戦争へ
あおり立てているアベシンゾーがそんなに良いのかい。そんなに平和が
嫌いなのか。不幸にさらになるのが好みなのか。そう言う選択の岐路に
立っている時こそ投票するべきだろう。なのに投票に行かないのね。公
明党の思惑通りの展開だよそれじゃ。共産党も共産党だね。勝てる見
込みゼロの選挙でもいつも無駄に候補を擁立するその唯我独尊ぶり。
野党として自民党政権を倒そうとかの気もない訳だ。共産党こそもっと
も自民党政権に利していると言うのに気づかないのか、気づいていても
それでもう安住の気分の政党なんだろうな。共産党議員なんて皆顔色
良いしな、健康そのもの。

|

« 小津安二郎の「秋日和」でさりげない日常描写と巧まざるユーモアに心おだやかに | トップページ | 今日もヒッチコック見てしまった。「三十九夜」はスピード感溢れてやはり大傑作 »

コメント

久しぶりに全編、楽しませていただきました。

最新の映画は切り口逞しく始まるのですが、あれ、息切れするのか、ホンがまずいのか、途中でつまらなくなるんですよ。
せめて先が見えてても本作のように語ってくれないと・・。

と、来週・さ来週の劇場公開品目をズラッ観る・・・「16ブロック」は観たし、「父親たちの星条旗」、どうしようかなあ~、「太陽」?天皇さんかあ~で、ホント、観たいのが、ない。
どうしよう!(笑)

TBさせていただきました。

投稿: viva jiji | 2006年11月 2日 (木) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/12384760

この記事へのトラックバック一覧です: ああどうしようもない国民だわ。アベ政権がそれほどお気に入りなのね。ブルース・ウィリスがいい味出す映画「16ブロック」は拾い物だった:

» ♪勝った、負けたと騒ぐじゃないよ・・・ [南城悪口三昧]
大阪と神奈川の衆議院補欠選挙で勝ったというので、自民党はほっとしているらしい。 いずれも、自民党議員が死去しての選挙であり、もともと勝って当たり前の選挙である。 塩崎官房長官は、「安倍政権のこれまでの政策が有権者に認められたということだと思う」などと語っているが、これには笑ってしまった。 発足1ヶ月そこそこの内閣で、これまでの政策も何もないだろう。... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 23時12分

» 自民、「ダブル補選」連勝 [りゅうちゃんミストラル]
22日に投開票が行われた神奈川16区と大阪9区の補欠選挙。ともに自民党公認候補が当選した。衆院補選は自民2勝、安倍政権に弾み(NIKKEINET)これで一部からすれば「安倍新政権は信任を得た」ということになるのだろう。全国で2ヶ所の選挙ではあるものの、与党はそ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 11時24分

» 16ブロック [映画と暮らす、日々に暮らす。]
いいよねえ〜〜〜! こういうテンポの アクション映画! すごく、いい! あん? な〜〜に? ちょっとそこで文句言ってる そう、あなた。 えっ?何ですって? 「ダイ・ハード」みたいの期待して来たって? ー あなた、何十年前の話してんの? え?ブ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 13時53分

« 小津安二郎の「秋日和」でさりげない日常描写と巧まざるユーモアに心おだやかに | トップページ | 今日もヒッチコック見てしまった。「三十九夜」はスピード感溢れてやはり大傑作 »