« 久しぶりにドン・シーゲル監督の映画「突破口!」を観て、あまり知られていないルーセルの曲を味わう | トップページ | ヒッチコックの「バルカン超特急」は時代を感じさせるもののやはり楽しい傑作だ »

2006年10月21日 (土)

小泉の狗だったタケベがそのアホぶりをまた晒していて涙を誘う

日本政治史上最悪の売国政治屋小泉の走狗としてアホを晒していた
それこそ究極の恥さらし狗だったタケベと言うライブドアのホリエを我
が弟だとまで言ったほかアホ発言満載の奴がまたまた究極のアホ発
言をしていてその知性のかけらもない実体を晒していてもう涙を誘って
しまう。

各マスゴミが報道しているが、朝日新聞ウェブによると・・・・

CM犬が小沢代表と民主応援 「動物虐待」自民かみつく
2006年10月20日21時48分
 衆院大阪9区と神奈川16区の両補選で20日、民主党の応援に、小沢代表と一緒に党のCMに出演しているシバイヌの「もも」(メス、10歳)が登場した。この日は小沢氏と菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長と民主党候補の応援に回り、22日の投票日を前に「猫の手どころか、犬の手も借りての戦い」(菅氏)となった。
 「もも」は小沢氏の愛犬「ちび」に外見がそっくりだとしてCMに起用された。この日、赤いスカーフを巻き、昼過ぎに神奈川県厚木市で小沢代表と街頭を歩いた後、新幹線に乗って大阪府茨木市に駆けつけた。
 これにかみついたのが自民党の武部勤・前幹事長。「民主党は街宣車にワンコを使っている。動物虐待じゃないか。選挙運動は人間でも20歳にならない方々は携わってはいけない。許せない」
・・・・・・・
という記事。犬のことをワンコと言うこと自体がこの政治屋の言語感覚の
低能ぶりを示していて内容を云々するまでもないのだが、このことを
動物虐待と言う思考回路はどこから来るのか不可思議。セックスにしか
興味のない女ホラー作家が飼っている猫が生んだばかりの赤ちゃん猫を
投げ捨てて殺すみたいなものなどを虐待と言うんだよ。また、日本中で
捨てられては焼却処分になっているような数多くのペットの飼い主のこと
などが虐待していると言うんであって、そう言う虐待現象をお前はこれ
まで糾弾でもしたことがあるのか。ないわな。自民党という小泉に
拝跪するだけしかない馬鹿集団のなかで意見が一つ違うと言うだけで
集団でいじめ、虐待するのを率先して指揮したのがタケベという奴
だものな。虐待が趣味の奴が他人が犬を可愛がっているのを虐待
というあまりのお粗末。それをまともな発言であるかのように記事にし
て、民主党をおちょくることしかできない政権マンセーだけの世界の
恥さらしのエセジャーナリストの集団であるマスゴミの薄ら寒さ。

|

« 久しぶりにドン・シーゲル監督の映画「突破口!」を観て、あまり知られていないルーセルの曲を味わう | トップページ | ヒッチコックの「バルカン超特急」は時代を感じさせるもののやはり楽しい傑作だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/12363576

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉の狗だったタケベがそのアホぶりをまた晒していて涙を誘う:

« 久しぶりにドン・シーゲル監督の映画「突破口!」を観て、あまり知られていないルーセルの曲を味わう | トップページ | ヒッチコックの「バルカン超特急」は時代を感じさせるもののやはり楽しい傑作だ »