« ある映画ブログに刺激されてなんだかいつも以上に映画を見たくなり、昨日は1日に7本も見てしまった | トップページ | 久しぶりの小泉の発言「政治家は使い捨てだ」にはこのクズのどうしようもない人間性崩壊を見る »

2006年11月 7日 (火)

東京・足立区の愚か極まる学力テストの結果によっての予算配分という馬鹿政策

毎日新聞ウェブに出ていた記事を読んであまりの役人たちの馬鹿さ加減に
あきれて絶句してしまった。その記事が東京・足立区と我が地元だけになお
さら頭にきてしまった。こういうクソどもが教育行政を動かしていると思うと
怒りが収まらない。

そのウェブ記事の一部を見ると、

・・・・・・
東京・足立区:学力テストの結果で予算配分に差 小中学校
 東京都足立区教委は07年度、区内の公立小中学校(72小学校、37中学校)で実施した学力テストの結果を基に、予算配分に差をつける方針を決めた。最大約300万円の差がつく。「地域格差の拡大につながる懸念がある」との意見もあり、論議を呼びそうだ。
 同区教委教育政策課によると、学校独自の取り組みを支援する「特色ある学校づくり予算」(04年度導入)の一環。都と区がそれぞれ年1回実施する学力テストの平均点などを中心に、学校独自の計画などを加味し、A〜Dにランク分けする。Aランクは全体の1割で最大約500万円、Dランクは全体の4割で約200万円を配分する。・・・・・
云々と言う内容。

学力テストで点数が悪いと言うことはその学校では塾などに行かせられない
家庭が多いということのほかに、教員たちの指導自体に問題があることも要因
と思われる。そういう根本的な要因を無視してテストだけの結果で学校への予
算配分しかも義務教育での予算に差をつける愚か極まる思考がどうして出て
来るのだろう。むしろ、テストの成績の悪い学校に予算の傾斜配分をすると言う
ならまだ理解できる。それがさらなる格差を生じさせようという政策を考えると
はこいつらは精神異常者どもか。小泉の格差拡大政策にズッポリと嵌まってし
まってまともな思考能力を失ってしまったとしか言いようがない。

|

« ある映画ブログに刺激されてなんだかいつも以上に映画を見たくなり、昨日は1日に7本も見てしまった | トップページ | 久しぶりの小泉の発言「政治家は使い捨てだ」にはこのクズのどうしようもない人間性崩壊を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/12599911

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・足立区の愚か極まる学力テストの結果によっての予算配分という馬鹿政策:

» 低脳者たちの教育改革 [南城悪口三昧]
東京の足立区が、学力テストの成績が上位の区立小・中学校に予算を手厚く配分する新制度を導入する方針だそうな。 ここの教育長か誰かが、「頑張ったところには、それなりの対応を」とか何とか言っていた。 学校というのは、ましてや小、中学校というのは学力だけではないだろう。 数学が出来なくても、上手い絵が描ける子供。 英語の成績が悪くても、走ると人一倍早い子供。 勉強が出来なくても、他人の面倒をよく見る子供。 いろいろな子供がいるのが学校であり、それぞれの特性をみつけて伸ばしてやるのが教育...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 10時03分

« ある映画ブログに刺激されてなんだかいつも以上に映画を見たくなり、昨日は1日に7本も見てしまった | トップページ | 久しぶりの小泉の発言「政治家は使い捨てだ」にはこのクズのどうしようもない人間性崩壊を見る »