« 「美しい国へ」は「美国へ」ではないかと鋭い指摘のマスゴミの中でも一番まともな東京新聞の論説 | トップページ | 政治は駄目でも株式に関してだけはさすが凄腕の糸山英太郎大富豪です »

2007年1月25日 (木)

日本破壊の責任者はコイズミと正論を吐くまともな政治家城内実

売国政治屋コイズミの詐欺的手法による郵政民営化ワンフレーズ
でB層国民をまんまと騙した先の衆議院選挙で郵政民営化は日本
日本にとって利益にならないとコイズミの日本売り馬鹿スローガンに
反対しただけで、かつての自由な自民党では考えられない粛正を
受けた城内実が自身のホームページで宮崎県知事選挙に関して
地方を破壊し、自民の保守政治への信頼を地方住民から喪失させ
た一番の責任はコイズミにあると正論を吐いている。
http://www.kiuchiminoru.com/blog/2007/01/post_144.html

・・・・・・・・・・
宮崎県知事選挙
 昨日も今日もテレビでは、宮崎県知事選挙で当選したそのまんま東氏の話題でもちきりだそうである(小生はほとんでテレビを見ないので良く分からないが)。
 中川秀直幹事長は、敗因を「保守分裂選挙だっから、負けた」とのたまわったそうであるが、そう言えば多くの国民は納得するかもしれないが、ことの真相はそう単純ではない。もし自民党内で保守分裂させたというのなら、その責任者の統率力が問われるわけである。その責任はきちっと本人が負うべきではないのか。
 そもそも今回の敗因は、一昨年に日本国民の負担が増えるかどうかろくにマスコミが中身を検証しなかった、例の郵政民営化○か×かの劇場型選挙が行われたことにあることは明らかである。私の同志である宮崎選出の若き古川禎久及び江藤拓代議士は、城内実同様郵政族でないにもかかわらず、族議員のレッテルを貼られ、無所属の出馬を余儀なくされた(宮崎1区から3区しかない)。私も選挙の時に、武部幹事長(当時)、竹中大臣に選挙区でマスコミが集まっている前でさんざん誹謗中傷された。その当時の記録はビデオにとってある。名誉毀損と選挙妨害で訴えたらという支援者もいたが、ぐっとがまんした。748票差、得票率にして1%以下、どんなに汚い選挙をやられても負けは負け。臥薪嘗胆である。
 我々三人は、単にあまりにもアメリカの外資に都合の良い、三事業をばらばらにしての(要は構造的に赤字の郵便事業を切り離した)郵政民営化であるからこそ、悩みながら自己保身よりも郵政改悪法案に反対したまでである。宮崎は一昔前は自民党支持率が75%近い自民党王国であったそうである。今や45%すれすれ。小泉・竹中構造改革路線で地方が疲弊しきっている。票もカネももらえる都市部を中心とした都市型政治や、ホリエモン万歳、村上ファンド万歳、カネのあるところにむらがる利権型政治ばかりやっているから、地方が反乱を起こしたのである。
 今や全国で既存政党に対してノーがつきつけられている。誰とはここでは言わないが、有権者をなめきった権力亡者には早晩転天誅が下るであろう。政界再編もあるかもしれない。
 若者よ後に続くを信ず。   1月24日(水)
・・・・・・・・と。首相在任5年以上の間に日本を地方を破壊し、治安不安を増大
させ、日本から倫理観を消失させ、責任という観念を忘れさせ、アメリカだけに
尽くしたコイズミは破壊のあともあのゲビタ薄ら笑いを浮かべて自らの政治の
責任をまったく感じる様子もないようだ。この城内のようなまともな感性の政治
家が政治の場に戻るのを期待するばかり。

ただし、コイズミ批判では正論でもこの城内実は実質はアホのアベシンゾーの
手下。新自由主義的傾向には批判的でも、政治思想面では憲法改悪などア
ベらと変わらない思考のネオコン的極右だろう。コイズミ批判勢力増加では
この手の人物が議員に戻るのもいいのだが、本質的には日本には要らない政
治屋ではあるのだが。

|

« 「美しい国へ」は「美国へ」ではないかと鋭い指摘のマスゴミの中でも一番まともな東京新聞の論説 | トップページ | 政治は駄目でも株式に関してだけはさすが凄腕の糸山英太郎大富豪です »

コメント

同感です。政治家だけでなく、まともな大人が少なくなっています。
どうにかしなければいけませんね。

投稿: great920 | 2007年2月 5日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13651810

この記事へのトラックバック一覧です: 日本破壊の責任者はコイズミと正論を吐くまともな政治家城内実:

« 「美しい国へ」は「美国へ」ではないかと鋭い指摘のマスゴミの中でも一番まともな東京新聞の論説 | トップページ | 政治は駄目でも株式に関してだけはさすが凄腕の糸山英太郎大富豪です »