« 面白い展開になっている宮崎県知事選挙情勢 | トップページ | 今年も見放されたままか中小型株 »

2007年1月15日 (月)

賞味期限切れの品使用程度で老舗潰せの馬鹿騒ぎ。まあ社長など幹部の管理能力もどうしようもないが

ちょっと賞味期限切れのミルクかなにかを使用していただけで老舗の
不二家が崩壊へ一直線のようなバッシングで馬鹿騒ぎ。外資証券なん
か今回のことを知っていたかどうかなぜかちゃっかりと株式を大量に保
有しているとか。空売りでがっちり儲けをかすめ取っているようだ。そし
て、不二家は禿鷹外資ファンドに乗っ取られるんじゃないのかな。こうい
う馬鹿らしい大騒ぎをしては外資の餌食になっているのが日本企業の危
機意識のなさ。賞味期限切れの食品なんて家の冷蔵庫などにいくらでも
あるし、それを食べたところでどうともない。ヨーグルトやマヨネーズなん
てのも期限切れてもまったく味もたいして変わらない。それよりほとんど
の食品会社を精査したらいくらでもこんな程度の話出てくるのではないの
かな。正社員を減らして安月給でパートが増えている工場も多いだろうし、
不満を持っているパートなんかが管理体制の不備を暴露したら日本中の
食品会社なんてすべて問題発覚になったりして。だいたい中国のどんなに
お粗末な食品管理下で作られているかも分からない激安食品を食べてい
る国民ばかりなのにあまりの馬鹿騒ぎ。そして、同族経営でユルフン状態
になっていて、管理体制もまともに機能していなかった老舗。

朝日新聞ウェブに出ていた記事によると、雪印の時と同じようなクソにたかる
ハエのような奴がまたまたわき出して来たようで、こういう国民を育てたのも
売国政策コイズミの無責任が膿のように出ていた政権のおかげか。

・・・・・・・・不二家への「健康被害」の電話、36件
2007年01月15日23時27分
 不二家によると、同社のお客様サービス室には、問題が公になった11日以降、「体調を崩した」などと昨年11月以降に健康被害があったとする電話が36件寄せられたという。同社は「個々の因果関係については特定できていない」としている。・・・・・・・

今回の不祥事で不二家の製品を食って体がおかしくなるなんて実質的には
普通あり得ないだろう。しかも昨年11月からって、不二家の製品を食った時
期を良く記憶しているものだ。だいたい菓子類なんて昨日食ったものでもほ
とんど記憶の彼方だよ。こういう電話して来る奴に限って毒物農薬漬けの中
国製野菜食って、マックバーガー食いまくって、アメリカ産狂牛肉を使いまく
りの牛丼食っているんだよな。

|

« 面白い展開になっている宮崎県知事選挙情勢 | トップページ | 今年も見放されたままか中小型株 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13510215

この記事へのトラックバック一覧です: 賞味期限切れの品使用程度で老舗潰せの馬鹿騒ぎ。まあ社長など幹部の管理能力もどうしようもないが:

« 面白い展開になっている宮崎県知事選挙情勢 | トップページ | 今年も見放されたままか中小型株 »