« 久間防衛相「米のイラク開戦判断は間違い」と言うのに、アホアベは閣内は皆同じ考え方なんだと。感想と考え方はアホのアベにとっては違うそうです | トップページ | 日本破壊の責任者はコイズミと正論を吐くまともな政治家城内実 »

2007年1月24日 (水)

「美しい国へ」は「美国へ」ではないかと鋭い指摘のマスゴミの中でも一番まともな東京新聞の論説

大新聞、テレビ局とどいつもこいつもコイズミに恫喝されて以来政権マンセー
一筋でジャーナリズム精神を喪失した愚か極まる世界の恥に成り果ててい
る中でわりにまともな報道・論説を載せているひとつが東京新聞。

その東京新聞の24日付の私説・論説室からというセクションでなかなか鋭い
論説が載っていた。東京新聞ウェブによると・・・・・・

『美しい国』と『美国』と
 「美しい国へ」−この言葉を聞くたび、何かこそばゆい感じがする。安倍晋三首相が就任して四カ月が過ぎた。年頭記者会見や先の自民党大会でも「美しい」を連発したが、慣れるどころか、ますます違和感を覚える。
 この形容詞は、極めて抽象的で情緒的な言葉だ。「美しい」に反対する人はいないだろうが、何を美しいと見るかは一人一人異なる。中学校の作文ならともかく、国家運営の最高責任者が使うにはふさわしくないのではないか。
 いま世の中を見渡せば、所得格差の拡大、教育の荒廃、治安の悪化など、ぎすぎすして落ち着きがない。国民は安心して暮らせる日本や世界を求めている。そんな時、「美しい国へ」と言われても、落差が大きすぎて戸惑うばかりだ。内閣支持率低下の一因はここにもある。まして、タカ派、硬派のはずの安倍首相が口にすると「勇ましさ」を隠すためかと勘ぐりたくなる。
 もう一つ加えると、筆者は韓国にいたことがあるせいか「美しい国」というと「美国」を連想してしまう。韓国語で「米国」のことだ。中国語でも同様に使う。
 安倍首相は、防衛庁を防衛省に昇格させ、集団的自衛権の行使に意欲をみせ、憲法改正を強調する。「戦後レジーム(体制)からの脱却」というが、かねて米国が強く日本に求めてきた安保政策と一致する。首相が強調する「成長優先戦略」は、競争重視の新自由主義、米国流グローバル化に沿った政策である。これでは「美しい国へ」ではなく「美国へ」とならないか。
 今週末には初めての施政方針演説。せめてカタカナ語を極力減らし、美しい日本語でお願いしたい。(小林一博)
・・・・・・・とね。マスゴミの中でここまで当たり前のことを言えるのは
なかなかである。だいたい政策スローガンに曖昧模糊とした解釈する
人間によってどうでもなるような「美しい」なんて漠然とした形容詞を
使うこと自体がすでに政治家として完璧に馬鹿で失格。まあ、この
アベって奴は学校でボランティアを義務化するべきとか、日本語も
不自由なアホ。だいたい自ら進んでするからボランティア。義務
化したらそれはボランティアの意味が消滅なんだよな。その程度の
日本語も理解できていないほどボケ発言満載の馬鹿なのだが。その
ことをいまだに気が付かないほどアベシンゾーって男は馬鹿がスー
ツ着ているだけの低能でしかないのだが、こんな馬鹿を人柄が良い
とか会ったこともないくせに支持理由に挙げるアホがわんさかいる哀
しい現状が日本。まあ、詐欺師まがいの売国政治屋コイズミをいま
だにワーワーと黄色い声張り上げる薄ら馬鹿おばはんがウジ虫のよう
に日本中にいるけどね。

|

« 久間防衛相「米のイラク開戦判断は間違い」と言うのに、アホアベは閣内は皆同じ考え方なんだと。感想と考え方はアホのアベにとっては違うそうです | トップページ | 日本破壊の責任者はコイズミと正論を吐くまともな政治家城内実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13645989

この記事へのトラックバック一覧です: 「美しい国へ」は「美国へ」ではないかと鋭い指摘のマスゴミの中でも一番まともな東京新聞の論説:

« 久間防衛相「米のイラク開戦判断は間違い」と言うのに、アホアベは閣内は皆同じ考え方なんだと。感想と考え方はアホのアベにとっては違うそうです | トップページ | 日本破壊の責任者はコイズミと正論を吐くまともな政治家城内実 »