« 今年も見放されたままか中小型株 | トップページ | ソニーのデザインセンスってどこへ行ってしまったんだろう。Windowsヴィスタ搭載新型パソコンの一つには失笑のみ »

2007年1月17日 (水)

納豆がスーパーにまったくなく消えてしまった。日本人の付和雷同の笑えない恐ろしさ

嫁さんがこの数日嘆いている。毎日買い物から帰って来てはブツブツ文句を
言っているのだ。何があったんだと聞いたら、近所のどこのスーパー(下町
の小規模なもの)に行っても納豆が一つも置いてなくて消えてしまったんだ
という。まさかね。納豆なんて何種類も安いのから高級品までいつも山積み
なっている品。それが消えるなんてあり得ない。

それが、その消えてなくなったというのがここ数日続いているのだ。なんで
やとネット検索で調べてみたら、
 産經新聞ウェブの11日の記事に載ってましたがな。・・・・・・・

「あるある大事典」で紹介 納豆が品薄

ダイエット食材として放映
フジテレビ系の情報番組「発掘あるある大事典II」(関西テレビ制作)が納豆をダイエット食材として放映した影響で、全国のスーパーなどで納豆が品薄になった。増産が間に合わないメーカー各社は、11日付の全国紙朝刊に「おわび」の広告を掲載し、生産態勢を強化するなど対策に追われている。
 騒動のきっかけは7日放映の「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」。納豆をダイエット食材として、1日2パックを朝晩に分けて食べるだけで効果があると紹介、番組の出演者が2週間で数キロやせたと報じた。翌8日からスーパーなどで納豆を大量に買い求める人が相次ぎ、品薄状態になったという。
・・・・・・・
そんな前から品薄になっていたんだ。それがまだ続いていたとは。新聞は産
経と言うアホの政権翼賛新聞を朝刊だけしかないエコぶりと購読料の安さに
クラシック雑誌(最初は無料で始まりだんだん定価が上昇し、現在千円もす
る)を無料でくれるから取っているだけで、ほとんど読まないのでそんな記
事があったのかどうかも知らなかった。

それにしても日本国民ってそんなにダイエットに関心があるのかいな。周囲
ではそれほど太った人間がいないし、私を含めて家族はまったく太らない質
なのでダイエットには関心ゼロ。納豆はただただ美味しいおかずとして昔か
ら食べ続けている安くて栄養のあるだけのもの。好きと言ってもそんなに大
量に食べる訳でもなく、2日間で3個ほどあれば間に合う程度。スーパーの
安売りの目玉商品にも頻繁になっている食材。その程度のものがテレビの健
康番組でちょっと喧伝されただけでこれほどになるとは日本人の付和雷同ぶ
りには怖いというか笑うしかない。

この種の健康番組である「あるある大事典」や「ためしてガッテン」それに
加えて「おもいっきりテレビ」などで紹介される食材ばかり食べることの愚
かさは栄養学的に見ても明白。基本的にはバランスよく様々な食材を取り入
れた食べ物を取るようにすれば良いだけ。この種の番組の胡散臭さを指摘
した記事も一つぐらい挙げておこう。

http://news.livedoor.com/article/detail/2972631/
・・・・・・・
納豆で血液サラサラ」は嘘 「あるある大辞典」とNHKのトリック
「あるある大事典」は納豆の血液効果、「ためしてガッテン」は納豆の血栓防御効果があるかのように視聴者に思い込ませてきた。NHK「生活ほっとモーニング」も納豆効果を9月に放映したので、私が医師の立場から疑問をぶつけたところ、「ナットウキナーゼ(納豆菌がつくる酵素)が血液中に吸収されないことは認識している。血栓を溶かしているとは言っていない」と放送内容とは矛盾することを言い出し、さらに「否定の論文がないから肯定した」とあきれる回答をしてきた。
【Digest】
◇健康トリック番組が流す間違った健康情報
◇試験管内を体内に見せかけた「あるある大事典」
◇「納豆で血栓が防げる」と宣言した「ためしてガッテン」
◇「血栓を溶かす作用を確認」という「生活ほっとモーニング」
◇NHK「血栓を溶かさない論文がないから肯定」と回答
◇医学的な信頼性を検討せず取り上げる健康番組
◇血液サラサラは出血ドバドバ
◇血栓が脳梗塞や心筋梗塞のすべての原因ではない
◇健康トリック番組が流す間違った健康情報
 今や「1億総病人」といわれる時代である。
そして、ガンになりたくない、認知症(痴呆症)になりたくない、花粉症になりたくない、風邪を引きたくないなどと思っているときに、テレビで「体にいい食べもの」と紹介されれば、すぐにスーパーへ買いに行ってしまう人がいる。
しかし、「健康番組」で言っていることをそのまま信じてしまえば、1日に緑茶を7杯、ココアを3杯、コーヒーを5杯、にがり水を5杯、さらに水を2リットル飲まなくてはいけなくなる。
 こんなことをしたらご飯など食べられない。常識で考えればとても信じられないようなテレビの内容でも、真剣に受け止めてしまう人がいるようだ。
 健康トリック番組が流し続ける間違った健康情報について、医師のわたしも見逃すわけにはいかない。
・・・・・・・というのがその記事の一部分。テレビのワイドショー的健康番組を
そのまま信じてしまい妄信する人がいることの愚かさ。まあ、この騒ぎで喜
んでいる一つには納豆の原料大豆の輸入国アメリカがあるだろうね。日本人
の馬鹿さ加減を腹抱えて笑っているだろう。

しかし、この付和雷同ぶりが怖い方に一気に行ってしまったのが、売国政治
屋コイズミのワンフレーズ政治で洗脳されて、郵政民営化の一言でまんまと
騙されてしまった衆議院選挙。納豆がスーパーから消える程度ならまだ笑い
の範疇だが、コイズミ詐欺のおかげで首相に成り上がったアホのアベシン
ゾーが教育基本法を改悪し、さらには憲法まで破壊して戦争が好き放題にで
きる体制にしようと奸計を錬る事態になってしまっては怖いばかり。日本国
民の雪崩現象のような付和雷同ぶりはどこかやはり知性に欠陥がある証左な
んだろう。

|

« 今年も見放されたままか中小型株 | トップページ | ソニーのデザインセンスってどこへ行ってしまったんだろう。Windowsヴィスタ搭載新型パソコンの一つには失笑のみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13539391

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆がスーパーにまったくなく消えてしまった。日本人の付和雷同の笑えない恐ろしさ:

« 今年も見放されたままか中小型株 | トップページ | ソニーのデザインセンスってどこへ行ってしまったんだろう。Windowsヴィスタ搭載新型パソコンの一つには失笑のみ »