« 日本人の人間性を破壊しまくった小泉カイカクの成果か、東京渋谷はバラバラ殺人のメッカ人間解体場に変貌 | トップページ | 面白い展開になっている宮崎県知事選挙情勢 »

2007年1月12日 (金)

読んだ一瞬、被害者が間違いじゃないのかと思った楽しい事件.最近のヤクザなみの経営者もいつか大きな反撃食うよ

ネットでニュースを見ていたら何とも楽しい殺人事件が載っていた。

読売新聞ウェブによると・・・・・・
組員3人刺され死亡、会社員ら3人逮捕…鳥取・米子
 11日午後10時30分ごろ、鳥取県米子市朝日町のスナック「Ego(エゴ)」で、ソファに座っていた暴力団組員3人が、入ってきた3人組の男に背中や脇腹などを包丁で刺され、3人とも間もなく死亡した。
 店からの通報で駆け付けた鳥取県警米子署員が、近くにいた同県境港市芝町、水産会社員西元正治容疑者(29)を発見、「自分が刺した」と認めたため、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。容疑を殺人に切り替え、調べている。
 一緒にいた同僚の境港市栄町、林隆造容疑者(26)、米子市皆生温泉、解体業石田英基容疑者(25)も殺人容疑で逮捕した。
 死亡したのはいずれも山口組系暴力団の江原孝組員(40)、吉岡幸樹組員(45)、奥園隆治組員(40)。
 調べでは、事件の約1時間半前、石田容疑者が店の近くで組員3人と口論になった。西元容疑者と林容疑者は、石田容疑者から携帯電話で呼び出され、合流して店に押し入り、西元容疑者が車に積んでいた仕事に使っている包丁で3人を刺したという。
(2007年1月12日12時27分 読売新聞)
・・・・・・・・と言うのが記事。

最初見出しを見ていた時にはヤクザが殺したと無意識のうちに読み始めた
ので、中身を読んでヤクザ3人が会社員に殺されたってんで、なんだか楽し
くなって来た。こういう嘘のような事件は単純に面白い。この逮捕された男性
がマジに水産会社社員というなら相当の強者。水産会社だからふだんから
包丁を使い慣れているんだろうね。さすがプロって感じ。記事見ている限り
最初に因縁かなにかつけたのはヤクザだろうし、殺されても自己責任。そ
れにしても凄い男性だ。ヤクザ3人を瞬殺とはね。スティーヴン・セガールも
顔負けのマッチョ。一種の必殺仕事人だね。また店の名前がエゴね。どこま
でも楽しい事件。

ヤクザも市民を馬鹿にしていると反撃を食らうってことね。これと似たような
のが最近の経営者の労働者をコケにした態度。キャノンの御手洗なんていう
奴隷作業所のような工場(以前NHKで見たキャノンの工場の非人間的な
環境には驚愕した)で労働者をこき使っている奴が、偉そうに労働者の
人権を無視したような発言をしている。こいつ以上に勘違いしまくりの発言をし
ているのが人材派遣業というピンハネ業ザ・アールの奥谷禮子社長。この
ババアが「週刊東洋経済」最新号で、 労働者の過労死について労働者側
に問題があるという見解を示し、さらにインタビューの中で、「格差社会と言
いますけれど、格差なんて当然出てきます。 仕方がないでしょう、能力には
差があるのだから」「下流社会だの何だの、言葉遊びですよ。 そう言って甘
やかすのはいかがなものか」と労働者を挑発、しかも労働基準監督署なん
て無駄でいらないかのような時代錯誤の傲慢発言をしたとネットでは大騒ぎ。
しかし、ここまで労働者をコケにし奴隷扱いしているといつか大きな反動が来
るよ。いくらおとなしい日本国民といえどもコイズミ以来の馬鹿扱いには相当
怒りのマグマが蓄積しているはずだ。過労死が自己責任なら、そういう労働
者をコケにした発言をした結果痛い反撃を食らうのも自己責任だしね。もっと
経営者としての倫理感などを涵養しておくべきだね。

|

« 日本人の人間性を破壊しまくった小泉カイカクの成果か、東京渋谷はバラバラ殺人のメッカ人間解体場に変貌 | トップページ | 面白い展開になっている宮崎県知事選挙情勢 »

コメント

プロの包丁さばき、かなうわけないです。いまのやくざはハジキがなければ何にも出来ない素人です。
家の親父が恐かったわけが分かりましたよ。

投稿: toshiki | 2007年1月14日 (日) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13453048

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだ一瞬、被害者が間違いじゃないのかと思った楽しい事件.最近のヤクザなみの経営者もいつか大きな反撃食うよ:

« 日本人の人間性を破壊しまくった小泉カイカクの成果か、東京渋谷はバラバラ殺人のメッカ人間解体場に変貌 | トップページ | 面白い展開になっている宮崎県知事選挙情勢 »