« コイズミ・アベマンセーの自称評論家大宅映子は予想通り「辛口コラム」で柳沢発言を大擁護、手のひら返しての野党攻撃でした | トップページ | 女性機械発言で自民党の青木参院議員会長が「頭の中で考えてもいけない」と批判。独裁国家でもそこまで言わないけど »

2007年2月 3日 (土)

政府との共催フォーラムで産經新聞また4件のサクラ動員、ほかに地方紙3紙でもサクラ動員。どこまでもコイツラは政権の狗なのだ

コイズミマンセーなど政権べったりの報道しか出来ないくせに国民に向って
は愛国心を持てみたいな偽善ばかリほざいている産経新聞。その偽善マスゴ
ミが裁判員制度フォーラムで金を出してのサクラ動員してまで政府のための
世論醸成を図っていたのに、なんとその他にまだ国などとの共催イベントでも
サクラ集客が新たに4件あったんだとさ。実態とはまるでかけ離れたような内
閣支持率を横並びで出したり、こいつらどこまで政権にゴマをすればいいのだ。
6
                                                                                               
     

その4件は★平成17年7月9日に和歌山市で開催の「防災・減災フォーラ
ム 2005 in 和歌山」で、1人3000円66人。全体の参加者は
135人。★18年5月18日に和歌山市で開催の「モノ作り・人作り 地
域フォーラム in 和歌山」で、1人3000円100人。全体で285
人が参加。★18年12月17日に和歌山市で開催の「Let,s シンポ
ジウム 裁判員制度を知ろう@和歌山」で、99人。全体で350人が参
加。★17年7月12日に大阪市で開催の「防災・減災フォーラム 200
5 in 大阪」で、1人5000円15人。全体の参加者は270人。

またこのほかに、読売新聞ウェブに載っていたのが、河北新報社(仙台
市)、岩手日報社(盛岡市)、西日本新聞社(福岡市)が公的機関との共催
イベントで、謝礼を払って参加者を集めていたことが3日分かったそうであ
る。このうち、河北は東北、西日本は九州のそれぞれいわゆるブロック紙と
いわれるもので、その地域の代表新聞。岩手日報にしてもそれぞれの地域で
は自称全国紙の産經新聞など目じゃない影響力を持っている新聞だ。
5_1
                                                                                              
     

 コイズミ政権になってからの政権べったり、政権への批判まるでなし、コ
イズミがいくら「人生いろいろ・・・・・」「自衛隊がいるところが非戦闘
地域」などの柳沢厚生労働大臣の女性機械発言なんか問題じゃないほどの暴
言を吐いて開き直ってもなんの批判記事も書けなかった新聞マスゴミらしい
ね。すっかり政権の宣伝広報機関に堕落してしまっていたようだ。アベ政権
になっても戦後の平和の礎となって来た教育基本法を戦争大好きアベが改悪
してもまったく無反応で戦後の平和を築いた人々に泥を塗ることしか出来な
かった便所紙らしいや。


|

« コイズミ・アベマンセーの自称評論家大宅映子は予想通り「辛口コラム」で柳沢発言を大擁護、手のひら返しての野党攻撃でした | トップページ | 女性機械発言で自民党の青木参院議員会長が「頭の中で考えてもいけない」と批判。独裁国家でもそこまで言わないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13774080

この記事へのトラックバック一覧です: 政府との共催フォーラムで産經新聞また4件のサクラ動員、ほかに地方紙3紙でもサクラ動員。どこまでもコイツラは政権の狗なのだ:

« コイズミ・アベマンセーの自称評論家大宅映子は予想通り「辛口コラム」で柳沢発言を大擁護、手のひら返しての野党攻撃でした | トップページ | 女性機械発言で自民党の青木参院議員会長が「頭の中で考えてもいけない」と批判。独裁国家でもそこまで言わないけど »