« JR春の時刻改定で「ムーンライトながら」の下り時刻改定は18きっぷファンには懐が痛む改悪ですね | トップページ | 最近の落語(落語家)ってまったく面白くも何ともなく、笑えないんだけど »

2007年2月 9日 (金)

南極海で不明の反捕鯨団体の2人を活動を妨害されていた日本の捕鯨船が救助。日本人あまりに優しすぎ

夕方のテレビニュースでも放送していたが、日本の捕鯨船が南極海で
調査捕鯨しているのを過激自然保護団体がガラス瓶を投げつけるなど
して妨害し、捕鯨船の乗組員がケガをしたとか報道していた。グリーン
ピースからの分派団体のようで、グリーンピース同様、自然保護の名を
かたる利益集団であり、差別主義者たち。かなり潤沢な資金があるよ
うで、バックにはコイツラを利用することで利益を得る黒幕がいるとか
は以前から言われていること。それほど捕鯨が問題なら、テメエらが食
う牛などを食うことも反対しろ。コイツラにとっては科学的な調査なんか
もまったく関係なし、日本の調査捕鯨の調査結果にも一切耳を傾けよ
うとしない一種の白人優位主義の原理主義テロリストたちだ。

この馬鹿どもが日本人を攻撃し、ケガや船に傷まで負わせている訳だ
が、その馬鹿のうちの2人が行方不明になったのをなんとその攻撃
していた日本の捕鯨船に救助されたんだとか。日本人もちょっとお人
好し過ぎるんじゃないのか。そんな奴らのこと放置しておけばいいだけ
じゃないか。不明になろうが知らなかったでいいじゃないか。

そのニュースをAFPが流していた。
・・・・・・・・・・
【シドニー/オーストラリア 9日 AFP】南極海で9日、反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」の活動家2人が一時行方不明になったが、日本の捕鯨船の支援で約7時間後に無事救助された。
 行方不明となった2人はオーストラリア人と米国人の活動家。濃い霧が立ちこめる中ゴムボートに乗り、日本の捕鯨船「日新丸」の活動を妨害しようとしていた最中に行方不明になったが、日本の捕鯨船がこの2人の捜索活動を手助けをしたという。
・・・・・・・・・・・のだが、このAFPの記者はテロ側の船に乗って取材していた
んだね。妨害など完全に国際法違反のことをしている側の立場にいる訳で、
最初から日本の捕鯨を敵視しているヤラセ臭紛々のクソ報道。

6_3

|

« JR春の時刻改定で「ムーンライトながら」の下り時刻改定は18きっぷファンには懐が痛む改悪ですね | トップページ | 最近の落語(落語家)ってまったく面白くも何ともなく、笑えないんだけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13847918

この記事へのトラックバック一覧です: 南極海で不明の反捕鯨団体の2人を活動を妨害されていた日本の捕鯨船が救助。日本人あまりに優しすぎ:

« JR春の時刻改定で「ムーンライトながら」の下り時刻改定は18きっぷファンには懐が痛む改悪ですね | トップページ | 最近の落語(落語家)ってまったく面白くも何ともなく、笑えないんだけど »