« 「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川自民幹事長が嘯くほどに自由と民主の気風を失った自民党の最終段階 | トップページ | 税金の確定申告に行って来た。今回は税金の還付がある情けなさ »

2007年2月18日 (日)

アベシンゾーの体はガタガタじゃねえかと言う楽しい情報が。そらねクリスマスにお粥食っていやがるんだから

立花隆が残業手当ゼロ奴隷化政策が少子化対策に役立つと卓抜な理論
を展開したライス長官並の知能指数持っているだろうアベシンゾーの健康
の悪化を書いたり、
もともと顔の皮膚の色が汚くてたるみ切った不健康そ
のものだし、政治屋どもなら大好きな夜の酒席もまったく見向きもしない
体たらくぶりだからアベの病気持ちぶりは巷間に山のようにある。

そんな中、面白い記事があった。想像以上にアベの病状は進行している
のかもしれない。日本の戦後の平和を支えた教育基本法や憲法の改悪
を企む平和大嫌い、日本国民を戦争に駆り出して殺したいのが趣味らし
いクソッタレヤロウが病気で消えて行くなんて最高だぜ。もうお粥しか食
えないぐらい消化器系はガタガタなのか。ならさっさと総理を辞めてどこ
かにひっこんでいろや。

その面白い記事は
・・・・・・・・・・・・
2007年02月17日
安倍総理の人間ドック騒動
 本ブログで既報通りに、安倍総理の健康状態については、永田町でもかなり話題になっている。
「最近、安倍総理は元気がない。我々で激励しよう」
 2月7日、ホテルオークラの山里に集まった菅義偉総務大臣、桜田義孝、山口泰明らの3人は、安倍総理を囲んで、激励・慰労の食事をおこなった。
 安倍総理は酒を一滴ものまずに、「ペリエ」を飲みながら一人静かに3人の話しを聞いていたという。
「このままでは、安倍内閣はもたない。会期末には必ず内閣改造を行って、参議院選挙をたたかったほうがいい」
 と一人がいうが、
「うーーん」
 と安倍総理はあまり反応しなったという。
 食の細い安倍総理だったが、この日の食事は残さずにすべて食べた。それでもあまり元気がない様子だったという。
 最近の安倍総理の激ヤセぶりは、テレビをとおしてみてもわかるかもしれない。
 目の下には黒い隈が2重3重になり、ホオがコケ、服もタブダブになっているようにみえる。
「総理大臣なんだから、洋服代ぐらいケチらずにばんばん新調しろ!」とうちの、ボスなんかはいっているが、新調が追いつかないのかもしれない。
 総理の日程をみると、公務を終えて公邸に入るのは午後6時過ぎ、遅くても8時半頃には公邸にはいる。
 土日には必ず、富ヶ谷にある自宅へ帰っているし、夜の日程も旧知の友人か、昭恵夫人の父親か親戚である牛尾治朗らが訪れるぐらい。
 当然、総理の激ヤセは国会でも話題になる。
「あれは絶対に病気だ」
「総理の激務は想像以上にきついのだろう」
「もうもたないな」
 などと、安倍総理の病状を巡って噂が飛びっている。
かなり具体的な病名を指摘する人もいるが、ここは武士の情けでそれは書かない。
 官邸番記者の一人がいう。
「そもそも安倍総理は自分の体調のこともあって、公邸にはいりたくなかった。安倍総理は内臓、大腸、腎臓が悪いときいている。それを内外から『なぜ新しくなった公邸に入らないのだ。危機管理の面からも、総理は公邸に入るべきだ』という声におされて、しぶしぶ総理就任2ヶ月後に公邸へ引っ越したという経緯がある。それでも相当のストレスがあるらしく、最近は土日には自宅に帰っている」
 つまりこの自宅で、主治医が安倍総理の体調管理をしているというのだ。主治医の名前はわかったけれど、これも武士の情けで書かない。
 それが2月10日、急遽、朝早く安倍総理は慶応病院へ、半日間の人間ドックの受診となった。
 同じく官邸番記者の一人。
「歴代の総理も定期的に人間ドックにはいった。しかし、よほどの事がない限り、夏休みにあたるお盆とか、国会休会中にはいるもの。年度明けの国会会期中、しかも大事な予算案審議中に人間ドックにはいるとは?」
 別の官邸番の記者。
「よほど、体調が悪いのかね。外出時はタートルネックにブレザーという姿。良く見ると首から下の肉は相当にそげてみえる。人間ドックといえども、半日の間で病気の治療はできる。中で何が行われたのかわからない。安倍総理は、数年前に、こっそりと2−3週間入院したこともある・・・・」
 父親の晋太郎さんが、ガンで死去する直前、ゴルバチョフ大統領が訪日していたが、この時、晋太郎さんは病院が抜け出してゴルバチョフ大統領と会っている。この時も、晋太郎さんは激やせで、服もブカブカの状態だった。
「現総理も、晋太郎さんも似てきたような気がする。内臓の状態は顔にでる湿疹でかなりわかるともいう。それがあるかどうからしらないが、メイクで隠しながらテレビ会見に臨んでいる」(自民党長老)
 内閣官房長官、秘書官、事務方副長官が動かない。なかなか機能しない。閣僚のあいつぐスキャンダルに、問題発言、予算委員会が続くかぎり、頭の痛い問題が続発しそうなのだ。
 体調不良・・・・・。
 安倍内閣も正念場にさしかかった。
・・・・・・・・・・・だ。
イヤー楽しいね。弱者をいじめ抜く政策ばかり
して、大企業の太鼓持ちばかりの一文字漢字には「責任」と答える
素晴らしい頭脳の持ち主アベシンゾーがくたばるなんてご機嫌だぜ。

|

« 「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川自民幹事長が嘯くほどに自由と民主の気風を失った自民党の最終段階 | トップページ | 税金の確定申告に行って来た。今回は税金の還付がある情けなさ »

コメント

こんばんは~

安倍さんはそんなに体が悪いのですか?
顔は嫌に、たるんでるなぁと思ってましたが。
それに万年下痢症状だとも知ってましたが。
ストレスに弱いのですね。

だけど最近入った人間ドックで、全く異常なしと
言ってました。
もっとも異常があろうと、異常はありませんと
言わなければ、政治生命が終わる世界だから
なんともいえませんが。。。。

投稿: まるこ姫 | 2007年2月18日 (日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13961189

この記事へのトラックバック一覧です: アベシンゾーの体はガタガタじゃねえかと言う楽しい情報が。そらねクリスマスにお粥食っていやがるんだから:

» 教育基本法改悪反対のたたかいから何を学ぶか? [平和への結集ブログ]
吉岡 滋子 教育基本法改悪案が強行採決によって成立させられてしまいましたが、この間の経過を振り返るなかで思ったことを記しておきます。 まず、どうして「成立」という結果になったのか?相手が安倍政権という道理の通らない極右勢力であるため、強引に強行されてしま...... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 23時55分

« 「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川自民幹事長が嘯くほどに自由と民主の気風を失った自民党の最終段階 | トップページ | 税金の確定申告に行って来た。今回は税金の還付がある情けなさ »