« 映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる | トップページ | 映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」と「守護神」。まあ楽しめることは楽しめますが »

2007年2月14日 (水)

「そのまんま劇場あす開幕」と朝日新聞。どこまで馬鹿なのかマスゴミは

朝日新聞ウェブに出ていた記事の一部。

・・・・・・・・・・
県議会舞台、そのまんま劇場あす開幕 取材陣殺到に備え
2007年02月14日17時21分
 宮崎県の東国原(ひがしこくばる)英夫(そのまんま東)知事は15日、初めての県議会に臨み、所信表明をする。「オール野党」の議会との「初対決」とあって全国のメディアが注目しており、問い合わせも殺到。議会事務局は「前代未聞」とうれしい悲鳴を上げつつ、「取材活動のしおり」を作るなど対応に追われている。一般の傍聴希望者も多く見込まれるため、初めて抽選券やモニターテレビを準備するなど、混乱回避にも懸命だ・・・・・・・・
とね。見出しが「そのまんま劇場」とはね。劇場ね、知性放棄の見
出しだね。真面目に政治に取り組んで地方政治に身を投じた人間
をここまでおちょくるとはね。

どこまでコイツラ馬鹿なのか。いまだにコイズミマンセーに毒された
ままの状態のようだ。朝日新聞などは新自由主義経済マンセーに
心まで腐敗したせいか、アベシンゾーを批判するのに「カイカクの姿
勢が弱まっている」趣旨の書き方で、まさにコイズミの売国政策をい
まだにマンセーしているアホ状態。まあ、適当に政府・財界発表資料
をヨタ記事にしていれば紙面が埋って便所紙を出している本来の目
的である広告が載せられて、ジャーナリズム精神喪失の馬鹿記者ど
もの高給が維持されるのだから政権マンセーするのも至極当然か。

|

« 映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる | トップページ | 映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」と「守護神」。まあ楽しめることは楽しめますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13910458

この記事へのトラックバック一覧です: 「そのまんま劇場あす開幕」と朝日新聞。どこまで馬鹿なのかマスゴミは:

« 映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる | トップページ | 映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」と「守護神」。まあ楽しめることは楽しめますが »